Home > Archives > 2003-07

2003-07

(旧)2003.7月の日記

  • 2003-07-01 (火)
  • Blog

2003/7/31
今日はもう何もしないでおこうと決めていた日。
毎日毎日楽器触ってるのは楽しいんだけれど、手に疲労がたまってきてるし、
何よりも精神的になんだかちょっとしんどくなってるので、
今日は一日ゆったり過ごしてしまえーと。

でもなんだかんだとこちょこちょやってしまうのよねぇ。
明日の準備だったり、買い物いったりとかね。
歩き回ってちょっとつかれてしまう(あーあ)。

はよ寝ないとあかんのに、
なんか明日のライブのことで頭がいっぱいになってコーフン。
なかなか寝付けない。

2003/7/30
龍旋風@BigApple

今月は久々に3回もこのお店にきたなー、楽し!
時間どおりにはいってメンバーも順次揃ってリハーサル。
こないだの練習いけなかったので、
オリジナルとかやらなあかん曲を一通りさーっとやってもらう。
なかなか難しいなぁー。

で、本番。・・・がお客さんの出足が・・・・。
でもそんなん関係なく、いつもの調子でI島さんがMCをして演奏スタート。
何度もやってる曲も増えてきたからか、バンドの滑り出しはいい感じ。
が、僕の滑り出しはいまいち、なんかうまく体と頭がくっついてない。
それでもいろいろ曲をとりまぜやってるんは楽しかった。

終わって、かきーんて打ちあがりたかったのだが、
今日もこのあとUSHの秘密特訓(だからバレバレやって)なので、
ライブの後の余韻を楽しむ間もほどほどに大阪へ出発。

スタジオであさってのライブでやる曲の音源を使いみっちり練習。
まぁ、疲れきるほどではないけれど、一生懸命やる。
なんかねぇ、いい感じよーーー!!

2003/7/29
夜SDSのリハ。
梅雨もあけたというのに、
昼過ぎからじとじと降ってる雨のせいで前は見えにくいわ、
阪神の調子は悪いわ(これは違う?)散々。
毎週末ごとの移動~ライブ~移動の疲れでメンバーは疲労色濃い。
今日は軽めに新しい曲のおさらいをしただけ。

沢木耕太郎「人の砂漠」(新潮文庫)読了
昭和50年代に書かれたルポタージュ・ノンフィクション形式の短編集。
いろいろな人々がその心の内面でどう感じたかというのを本当に鋭く描いている。
だいぶ前の話なので、今から考えると信じ難い話ばかりだけれど、
そういう時代があったのかーと何か感心してしまう。
「棄てられた女たちのユートピア」「視えない共和国」「不敬列伝」が面白い。

2003/7/28
AcousticMotion@三宮BigApple

割と早めに入って準備。
でもバンドのサウンドは慣れているからいまさらわーっとリハする必要はない。
でもちょっと試しにライブRECしてみるみたいなので、
そのサウンドチェックをちょこちょこと。

月曜日なのにさすがN島さんというかすごく沢山のお客さんが来てくれてうれしい。
ここBigAppleでこのバンドをやるのは初めてなので、
最初いつもとは違う響き(この店には慣れてるけれど、このバンドでは初めてだし)
なんかちょっと吸われるような感じに違和感があったが、次第になれていつものように。

つくづく面白いバンドやと思う。
みんながよく出てる音を聴いてるから演奏はどうにでも転ぶことが出来る、それが面白い。
が、なかなか僕からこうバンドを左右していくようなことは難しい。
これはまだまだ修行が必要か!

終わって片付けをして、R哉さん他とちょっと飯を食いにいく。
連日の昼夜ひっくり返りではよ帰って寝たかったのだけれど、
酒の席としてはなんだかまじめでオモロイ話で盛り上がった。楽しかった。

2003/7/27
SDS@東京新木場。

朝早くに起こされて、、、というか昨日寝たの覚えてない。。。。
どうやら爆沈したらしい、あまりにも楽しくてつい飲みすぎてしまった(反省)。
とにかく起きて名神の菩提寺SAまで送ってもらう。いつもおーきに>K

京都から来た魔H一行と合流して一路東京へ。
レンタカーがすばらしく乗りやすい車で、すいすい走って3時には東京へ。
昼間にこうやって走ってくるのはこのところなかったので珍しい。
途中行き過ぎて浦安まで行ってしまい、
TDLが見えてきて乗員一同「こっちのほうがいいー」と絶叫するが、
ライブ会場のほうに連れ戻されてしまう(笑)、あぁ、いつになったらねずみに会えるんやろ。

今日はペルー祭、大きな会場に沢山の人が集まっている。
せっかく早くついたのだが、プログラムの都合で出演は一番ケツに。
というわけで暇になったので、飯ついでにとお台場方面へ出かけるのだが・・・・
これがいけなかった!日曜のお台場を甘く見すぎていた!
混んでる混んでる、どんなけ人と車おんねん!!!って感じ。
飯を食いたくても車停めるところあらへんし、渋滞しててイライラするし。
結局1時間半ぐらいぐるぐる走りまわって腹へって機嫌悪くなっただけ。
しかし東京の方々ってあんなけの渋滞とか並んだり待ったりとか平気ねぇ?
気が長いのかしらん。

結局会場近くの駅前でささっと済ませて(最初からこうしときゃーよかった)会場付近で出番まち。
最終の出番だったけれど、お客さんもたくさーんいて楽しい感じ。
バンドも先日のFUJI ROCKのうっぷん(?)も手伝ってか勢いのある、
なかなかいいステージが出来たんじゃないかなぁ。やってて面白かった!
大使(だったのか?)もえらい喜んでくれて、双方幸せ、あぁよかった。

そのまま帰りたかった(個人的には)んだけれど、みんなが飯いくってもんだから、
最初は焼肉屋を目指してたのだがなくて、結局もんじゃ焼き屋へ。
初体験なので楽しみにしてたのだけれど、
やっぱり素人が作るとなんだかわからんものになってしまい、
僕は結局これが美味しいものなんなんか何なのかわからず仕舞、うーーん。
美味しいの?コレ。

午前1時ごろ出発して神戸組はぐんぐん飛ばして午前7時前には帰宅。
車にゆられっぱなしで体ががたがただわい。

2003/7/26
UNITED SOUL HORNZ@甲賀町マイスター館

明日は東京でそんまま行くので珍しく電車での甲賀行き。
ひさびさにゆっくり本を読めて楽しい。
甲賀駅に降り立つと、ちょうど苗場帰りのF原とP氏に出会う。
何も言わなくてもわかる、かなり疲れているよう・・・・・。
「で、どうやった」「・・・・」だそう。どうも雨と寒さでかなり悲惨な目にあったらしい。

マイスター館に入り一休みしながらメンバーを待って準備。
先日のリハでできなかったことを全部さらっとおさらい。
会場の準備をして本番を待つ。

久しぶりのマイスター館での本番はお客さんにも恵まれて、
なんだかあったかな雰囲気。ソウルのライブなのにほんわかというのも面白い感じだけど。
ま、なんのかんのでK柳さんもえぇ感じ(まるでプロレスのようなMCやったが)で、
ライブは盛況に終わった。

いつものようにK工房へお邪魔して宴会という運びになったんだが、
久しぶりにこうやって車座で酒飲めるってのと、
Pチくんがおるので妙に騒いでしまうのと(ついつい)、
大好きな酒があったの、の3点が揃ってしまい、
もうすんませんっ!呑みすぎ呑みすぎ~~。
別に大してメーワクをかけたわけではないようなのだれど、
自分でいつ沈没したのかも知らないくらい、爆沈していた模様。
(これは僕のケータイのカメラに写されていたので知った 涙)。
いやー、ごめんなさい、反省!

2003/7/25
E.D.F.@M’sHall

今日は天神祭の日なので早めにでると、
予想通りやっぱり街じゅう混んでる。
普段はのんびりしている僕だけれど、
どうしても渋滞だけはなんだかイライラしてしまうので、
こういうライブ前の渋滞はとても精神衛生上よろしくない。

早めに入ろうというてたのだが、M’sにはメンバーが揃わず。
ちょうど横のもと家具屋さんだったところがイタ車屋に変わっており、
チンクが4台もはいってるので、かわいさ珍しさで、
眺めたり乗ったりひとしきり楽しむ。かわいい車だ!

ライブはこのところの流れでちょいといつもとは違う選曲を。
そろそろ次のアルバムへの収録曲を考えんとあかんから、
こうやって前の曲とかやってないの掘り出してもらえるのはうれしたのし。
でも細部をよく間違ってしまうので、隊長の機嫌を損ねた、すんません。

終わって七福へGO。
すると珍しい先客がいてNYからいったん帰国してる奴までおった。
店全体で音楽関係者ばかりになり、これはこれで楽しい。

2003/7/24
夜、UNITED SOUL HORNZのあさっての甲賀ライブのリハ

特別にボーカルにK柳さんを迎えてのSoul三昧のライブをやるので、
そのリハーサルと、8月のUSHのライブのネタの練習をちょっと。
ソウル系の曲はちゃんと準備さえしておけばそう苦労しないので、
まぁ、無難にやる、でも時間切れで全部やりきれなかった。

終わってからF原とP氏はそのままM木に連れられて苗場(FUJI ROCK)へ。
がんばれよ~~!

2003/7/23
E.D.F.@俊徳道Crossroad

最近ほんとこのお店でやるときのベーカー兄さんはJazzドラムの音している。
最近新しいシンバルを手に入れたということで、
それをたたいていたのだけれど、これがまたえぇ音で・・・
(なんか最近やたらとシンバルの音が聞こえる)いい感じ♪

今日も(最近は割とそういう傾向でやってるけど)おなじみのナンバーよりも、
いつもやってない曲をいろいろ取り揃えてやってみた。
やってみて「あぁ、この曲もえぇなぁ」と思ったりすること多々。
やっぱりS水隊長はほんま凄いメロディーメーカーなんやなぁとひっそり感心してたりする。
今日もいいライブだったと思う。

終わって七福・・・・と行きたいところだったのだが、
その足でUSHの秘密特訓(ばればれ?)に。
今回は僕らはそんなにアレなのですけれど、
○○○○が○○て○・・・・って伏字ばっかじゃん・・・ってことなので(笑)
ステージ全体としては今までで一番華やかでかっこよくなる予定なのです。
横から見ててもめっちゃ楽しみ。。。。でもカッコよく決めるのは難しいねぇ。
体をひとしきり動かすと楽しいが、やっぱへとへとになった。

それでも結局空が白みかけるまで、、、、眠いっ!

2003/7/22
一応オフ。家の片付けなんぞしたりなんじゃかんじゃやってると一日がたつ。
でも一日誰ともしゃべらないとかなり退屈。というか声が出ない(苦笑)。
夜のかかりから譜面起しに没頭していたら、
龍旋風のリハーサルに行けなかった(というか気づいたらえらい時間やった)。
ごめんなさいっ!!!!30日のライブではこの分がんばりますっ!

2003/7/21
昼から新幹線で東京へ。
今日はSDS@渋谷クロコダイル。

メンバーは皆昨日から関東入りしているので、現地で落ち合う。
季節ごとに来てるここクロコにはだいぶ慣れて、「おー、また来たかー」って感じ。
対バンさんのリハ終わりをまってセッティング&リハ、ちゃちゃっとすませる。

今回は先なのでセッティングそのままなので楽。
ライブのメニューもちょっと変化球な感じで。
休憩ほどなく始まったステージ。
今日は最近の中では一番楽しめてできた。この何回かのローな感じがウソみたい。
思いっきり踊ったし、ちょっとは気が晴れたかな?>自分。
でもステージから降りるとやっぱりなんかどよーんとした気分、あかんねぇ。

ライブ全体が終わるのをまって完全に片付けて、
お客さんとかとうだうだして、
久しぶりに顔をあわせたYと「どない?」って小一時間しゃべって
(彼女はめっちゃ忙しいらしい。一○○とか森○○○○とかとか)、
そのまま大阪へ向けて出発。

メンバーの次の日の予定で車を振り分けたら、
神戸組のぼくとKぬちゃんの2人だけになったので、
2人で仲良く(笑)激走して、朝の6時半には僕は帰宅!うーんふらふら。
やっぱり長い時間車に揺られるのはつらい。

2003/7/20
今日はちょっとしたお仕事@舞子ビラ

とはいってもメンツは豪華なもんで、
M口さんに隊長、N川さん、Mっちゃん。
仲のいい5人だけれど、この組み合わせは実は初めてだったりする。
へー、意外。こんなこともあるのね。

ステージにセッティングをして(めちゃ広い会場だった)、
曲の打ち合わせをちゃちゃっとする。
こういうときこういうメンツだと話が早いので非常に楽。

で、宴もたけなわでの登場。
大きなパーティーだったのだが、
それに全然負けてないM口さんはめちゃめちゃかっこいい!
あれよあれよとお客さんも巻き込んで、軽いMCもとても快調に、
ステージももうパーフェクトな感じで、めちゃめちゃ楽しかった!
それにお客さんにも楽しんでもらえたようで、とても嬉しい。
いやーやらせてもらった甲斐あったなー。

終わって、なんか食べよという流れになったので、
ひさびさに明石に玉子焼きを食べにいく。
遅い時間だったので開いているお店がほとんどなかったけれど、
その中の一軒に入ってみたら、閉店間際だったけれど美味しかった♪

その後も「どっかいきたいー」というMみさんの一言から、須磨海岸へ(そんな単純な・・)。
夜遅くまで開いている浜辺のバー(かな?)で静かな暗い海をながめながらみんなでボーっと。
こういうのもとてもいいもんだ、静かなのっていいなぁ。

でもよくよく見ているとなんだかえらい外国人が・・・多い。
しかも民族も雑多、なにか大会かなんかでもあったんかいな?
あまりにも外国人ばかりで、日本人が少ないものだから、外国におるような錯覚に見舞われる(笑)。

誰かが派手にやってる打ち上げ花火を見ながらグラスを傾ける。
あー、こんなゆったりした時間、、、、いつまでもつづくといいなぁ。。。。でも眠い・・・。
その後には浜辺で隊長の鍵盤ハーモニカでのセッション(?)もやって、
なんか夏の夜の海を満喫気分。あー楽しかった!

2003/7/19
TpのT巳さんの誘いで難波にあたらしくできた(というか出来る?まだ完全に内装ができてない)、
JazzCafe ”NU Things”で東京から来たボーカルのHさんのライブのお手伝い。
新しい感じの楽曲なので、どんな風にやるのかが楽しみ。

会場のセッティングなどに手間取り、
リハが十分にできる時間がなかったのだけれど、
MACとの同期でやる、わりとクールな雰囲気ものの楽曲は難しく、
T巳さんのコンダクトがないと多分できないかも。
それでも譜面がきちんとしているのと、構成的には複雑でないので、
書いてあるとおりにやれば、まぁ、できるかなーという感じ。

決まったのも最近だったので、お客さんの寄りも少なかったのだけれど、
ライブは始まった。
こういう同期ものとかってやっぱりPAが(とくにモニタ関係とかね)
もうちょいないとしんどい。ぼくはまぁ、合いの手とかソロとかそんななので、
全然苦にならないんだけれど、ピアノ・ベースとかボーカルとかはしんどいと思う。
でもそんな中でも集中してみな演奏をした。

結局どんな雰囲気でどういう感じで伝わったのかはわからないので、
ライブがどうだったのかはよくわかんなかったのだけれど、
演奏もさることながら、ステージングとか、構成とか、
そんなんをもっと考えるともっといいものができそうな気がするなぁ。

T巳さーん、やっぱ曲データを立ち上げながらは時間がかかってMCするの大変そうだよー。

2003/7/18
今日はほどよい天気、曇っているけれどうっとおしくなく、
暑くなく、湿度も低い。ゆっくり過ごすにはとってもいい日。
体と気持ちをローペースに設定して、ゆったり過ごす。ま、こういう日もいいよね。
あまり家事もがちゃがちゃやらずにゆったり気分。

入院させていた車が退院したのでとりに行く。
すごく快調!いろいろあちこち目を配ってもらったおかげですこぶる元気そう。
普段過酷につかってるせいもあって見えないところでガタが結構きてたみたい。
説明を受けながら、もっと普段から気を配らないといけないなーと気を改める。

そのあと、先日会えなかったのでと、M口さんのライブに遊びに行く。
ちょうど2NDが始まるところからだったので、ゆったり見れて、聴けてよかった。
日本語の歌がとってもいい感じ、というかいいサウンドだった。
あぁいう感じの日本語の響きで歌ってもらったらとても気持ちいい。
一緒にやるときはぜひやってもらおうとひそかに決意。

ライブにお邪魔とわかりながら一曲お邪魔する。
が、ほんまにお邪魔してしまったみたいで、ごめんなさーーーい!

ライブ後、N島さんやらN島さんやら(あ、同じや)M口さんらとうだうだしゃべり、
そのあとラーメン屋さんに行って、うまいラーメンというか中華そばを食べながらうだうだしゃべり、
挙句の果てにM口さんとまた近所の店に移動して、うだうだうだうだ。
来月のライブに何しよかーって話から始まっていろいろしゃべる。
なんか面白いことしたいもんなー。
というか、なぜかこの人としゃべってるといつもとんでもない方向の話をしてしまうのだ、何故?
でもオモロイのでいいのだー!

2003/7/17
夜、荒崎BigBand@BigApple

今日もなんだかTpが4人もおってすごい、というかそれだけで楽しい。
若い奴が4人もそろうとお互いなんとなーく牽制し合ってるのがオモロイ。
今日も新しい曲があって刺激的(僕の頭はおかげでふらふら)。

でも昔からやってる曲をまた違うやり方でトライするのも好きだなぁ。

昼暑かったのでTシャツ半ズボンだったのがたたって、
クーラーが寒いのなんの、もう少しで風邪引きそうだった。
でも楽しかった!

2003/7/16
昼にM師匠と会って次のUSHのライブの相談事&お願い事。
まだまだUSHのステージではやってみたいこともアイデアも沢山あるので、
それを一つ一つ考えてやるのは楽しい。
が、失敗するかもしれないけれどねぇ。でもやってみんとわからんからねぇ。
皆さんお楽しみに!

大阪へ出たついでにちょっと茶屋町の方へぶらぶらしていくが、
平日だからか、目に付く露店もなく、なんの収穫も無く家に戻る。
しかしええ天気だ。

そうそう、今日昼過ぎ、ついに聞いてしまいました。セミ鳴いてるよー。
もう夏ですね!!

2003/7/15
昼前から京都へ。今日の午後はちょっと頼まれたREC。
今出川にあるスタジオへ。
今日はいい天気なのでちょっと離れたところでも歩いていくのは苦じゃない。
でもちょっと暑いけれど。

で、今日のRECはイントロやらのメロディー入れとソロなのだが、
これがまた、ケーナで(苦笑)。別に吹けないことはないのだが、
普段からやってるわけじゃーないのできっと苦労するだろうなーと思ってたけれど、
楽しそうなので引き受けたのである。
事前に曲を聞いていたので、一番合いそうな笛をもってきたが、
これは普段全然吹いてないやつなので、果たしてはたして・・・・・

スタジオは前にも来たことあるところで、
雰囲気も音もいいので、こちらは安心。あとは自分だけ。
最初はやっぱり音が、というか体が笛になじまないので苦労したけれど、
ここはやっぱりねぇ、科学技術の進歩といいますか、なんちゅーか本中華(死語)・・・
素人同然の僕でもなんとか聞くに堪えうるものになったような、ならないよーな(どっちゃねん!)。

まぁこれだけだと心もとないので、
あとは同じことをソプラノで。
でもねぇ、雰囲気全然ちゃうのよねぇ。やっぱりサウンドは笛なのよねぇ。
さて、出来上がりがどうなるのかは、お楽しみ、と。

しばらくうだうだしてから四条にもどると、あれ?かまぼこ・・・じゃない山鉾があるやん!?
そうなんですわ、今日は宵宵山、京都は祇園祭の真っ最中。
人が多いのがうっとおしいけれど、それはそれで浴衣のおねいちゃんが沢山いるので僕はうれしい。
が、が、が、前にも書いたことがあると思うけれど、ちゃんと着れてないというか、
かっこ悪い着方してる人いるよねぇ。

はじめは姿勢とか、もう体型(やっぱり最近の若い女性はほんとスリムだからなぁ)のせいかとも思ってたけど、
そうでもない。すらっと着こなしてる人もいるし。
よーくみてると、ひとつはやっぱり姿勢。
やっぱり姿勢が悪い、腹をだして、あごを突き出し、背中が丸くなってる女性が結構多く、
その人たちは大抵着崩れている、だからかっこ悪い。
あともうひとつは歩き方。どたどた大またで歩く人が案外多い。
大またじゃなくても普段のパンツ着とかの感覚のまま歩いているので、どうしても崩れる。
結構気づいてないけれど、ちょっとだけおっさん風の歩き方の人もいるし(苦笑)。
やっぱり歩幅は狭く、足を縦にそろえるように歩かないと崩れるもんねぇ。姿勢もよくしないと!

っていうわけで、浴衣の人が多いのはとってもうれしいのだけれど、
かっこ悪い着方をたくさん見たので、幻滅したーーー、うーん残念。

夜はSDSのリハ。今週末から毎週のようになんじゃかんじゃーとあるので大変。
しかも短い目のステージも多いようで、曲の調整にてんやわんやですわー。

2003/7/14
ほぼ一日家にいた。楽しい。でもつまらん。どっちやねん!
思いつきでへんな料理を作ってしまう。まーまーだった。

2003/7/13
ちょっと都合でお休みに。
「MATRIX」・・間違いなくギャグ映画やで、ほんま!
さてこの映画の3部作のオチは一体どういうものになるんだろうか?楽しみ。

僕の周りでは最後にネオがほんまに死ぬシーンになって、
画面に「GAME OVER」ってでて、ゲーセンに入るキアヌリーブスが
「ちくしょう(SHIT!)」とかいうんちゃうかーとか言ってるけど(笑)。

2003/7/12
Acoustic Motion@岐阜市アイランドカフェ

昼ごろにのそのそっと起きだして準備。
昨晩の宴会の最後に食べた鍋が効いてる、ちょっとおなかがヘビー、うーん。
腹が減ってるのか減ってないのかわからない。
が、ご飯を食べに行くとそれなりに食べてしまう。昨日から明らかに食べ過ぎだ。
太りたくないのにー。

土岐市から岐阜市は21号線でつるつるっと行けばつく。
ゆっくり走って2時間弱の旅。どうやらこの道は中山道のよう。
途中山城がたくさんあった、登ってみたい!というか山登りしたい。
やっぱり明らかに運動不足やよなぁ。
いまは六甲山さえちゃんと登りきる自信がない、いいのか<自分!
ステージの上ではかなりわーってできるのに、普段こうも力ないとは、
人間の体って不思議なもんですねぇ。

アイランドカフェは町の中心地近くにあるガラス張りのお店。
ライブをはじめたのはここ3,4年といってらしたが、関東からさまざまな人がきている。
早速準備をして(R哉さんのタイコの出し入れは毎回毎回引越ししてるような感じ(苦笑)、
でもえぇ加減慣れた)サウンドチェックなど。
昨日の今日なので、もうなれたもの。
PAがちょっと手間取るが、まぁ問題はないだろう。

で、本番。
ほんとうに沢山の人が来てくださってとてもうれしい。
アコモは去年来て一年ぶりということもあったのか、
前回来てくれてた方も結構いる。
このバンドにはだいぶ慣れたので、
あまりいらん力入れれずに楽しくできる。
というかこのメンバーだから、ほってても面白くなるしなぁ、楽しい!
最後はR哉さんの「ほらいけ!」の一言で会場を練り歩く。
こういうのん、照れくさいけど、実は好きなのよね。
USHでやるのとはちょっと趣違うし。いやぁ、好き勝手やらしてもらいました。

おわって面倒な片付けも終わらせて、ちょっと宴会。
このお店のご飯はおいしい♪
なんじゃかんじゃと楽しくしゃべって食べて呑んで、頃合でハケ。

岐阜市からは思ってた以上に近く、2時間半かからずに家に到着(S野さんご苦労様)。
帰ったらうちのねこさんが「退屈やってんでー、あそんでや」としつこくまとわりついた。
かわいいやつ(笑)

2003/7/11
Acoustic Motion@土岐市Bird&Diz

昼過ぎに集合して出発。
岐阜県って実はどこにあるのかどれくらいの広さなのかよく知らない。
ちゃんと行った事ってだいぶ前のことだったような気がする。
出発が遅れたので別行動のR哉さんに電話してみると、、、、
「わっはっはっはー、飛行機乗り遅れた、まだ沖縄じゃー」「えぇぇぇーっ!まぢですかっ!」
「すまんのぅ、いまからワープするからな~(笑)」だと?
まじなのかウソなのかわからないのが面白い。
結局本当にワープしてきたようで(苦笑)、京都付近で合流。
しかし遠目にも一発でわかる装束で、やっぱ南の島の男はちがうねぇ。

そっからえっちらおっちら岐阜へ。
が、途中車の下からイオン・・・ならぬ異音が!
かたかたかたかた震動がある、ということは回転系?
停まって見ても素人目にはわからない、が、異音はつづくので、
つぎのSAにはいってスタンドで見てもらうと、
「タイヤの中のワイヤーが切れてますね。もうちょっとでバーストでしたよ」「ひぇぇ~~」
タイヤ交換でよかったものの、無理して走ってたら車交換になるとこやった(苦笑)。
みなさん、普段から車の異音には注意しよう(当たり前の教訓)

で、なんとか土岐市に到着、もうここは長野県との県境ほど近く。
小さな街の幹線道路沿いにBird&Dizはあった。
結構老舗でもう長い間やっており、いろんなミュージシャンが来た様子。
早速準備してぱらぱらっとチェック。まぁいいでしょ。

で、本番。
久々なので覚えてるかなーって心配してたけれど、
先月のツアーのことを体が(ってついこないだか!)覚えてて、
最初からもともとの状態。楽しい。やっぱりこのバンドって楽しい。
というかJazzに飢えていたのかねぇ。

おわって宿泊所近くの(宿泊所自体は隣町だった)飲み屋で飯を。
なかなかどれもおいしかったが、
最後に「超プロ級」の辛い鍋を食べ(これも美味かった)、満腹というか食べ過ぎた。。。。

2003/7/10
夜、Y倉さんとUSHについて打ち合わせ、さて今後の展開は?
その後Mコちゃんと次回のライブのことについていろいろ相談。
小1時間で終わるやろって言ってたのに、
この人としゃべってるとなんだか妙に真剣にだったりふざけたりしながら話が盛り上がるので、
終わってみたらすっかり明け方になってた、、、体きっつー(苦笑)。

2003/7/9
首はだいぶましになった、まだ痛いけれど歩いたり楽器吹いたりはできる模様。
みなさまご心配おかけしました。

というんでめちゃめちゃ久しぶりにストリートをしに。
今日はいつもの京橋じゃなくて(京橋に覗きにきた人おられたら、すいません)、
急遽変更になって淀屋橋の市役所横の橋の上。これまた楽しい。
音は散っていく一方なのでちょいとしんどいけれど、
初めての場所というのはまぁ楽しいものか。

演奏しているとどこからともなくテントな方々があつまってきてご機嫌さんに騒いでる。
やたらとメッセンジャーズの「危険な関係のブルース」を歌いつづけるおっちゃん
(他には昨日つるべがうんぬんかんぬんと言う話を5回くらい聞かせてもらった笑)、
やたらと有名人の出身大学をしってるおっちゃんなどなど。楽しいねぇ。

こんなところ人通るんかいなーと思っていたけれど、
割と通るのね。梅田いくより淀屋橋から京阪乗る人とか結構通るみたい。
やっぱりサラリーマン風の人がおおい。
なかには中ノ島をウォーキングやジョギングしてる人、
単に散歩してる人、いまからデート(このくらい闇で一体・・・?笑)な感じの人などなど。
演奏をするのも楽しいけれど、道行く人たちを眺めてる(もちろん演奏はしてる)のも楽しい。

気づいたのだけれど、結構手をつないでるカップルが多い。
それも若い人じゃなくて僕くらいの30過ぎの男性とまたそれくらいの女性のカップル。
べたべたーって感じじゃなくてうふふって感じ(わかるかな?)に見えるので、
見ていてなんだかほほえましい。彼氏彼女なのか夫婦なのかはわかんないけれど、
ああやって仕事帰りとかに一緒に帰るのって楽しいやろうなぁ。

京橋よりもここは人の歩く方向が一定なので見学しやすい。
ま、その他はどうしても女性ばっかし見てしまう僕でした。ちゃんちゃん。

2003/7/8
起きてみるとあちゃこちゃ体が痛い。というかだるい。クーラーが悪かったかなぁ?
ま、でもそれはえぇわぁと起きてシャワーを浴びていたら、
「ぐきっ!」え?・・・・首から肩にかけてがめちゃ痛い。
どうやら寝違えてたかなんかしてたのを一層痛めてしまったみたい(苦笑)。

おかげで首は回らん、腰もまわらん。
まるでP氏のよう・・・(冗談です>P氏)。

夜はSDSのリハだったんだが、これでは楽器を吹くはおろか歩くのも難儀なので休ませてもらう。
すんません。。。。はぁ、情けなや。

2003/7/7
七夕。でも一日どんより曇り空、星がでなくて残念。

ほんまに楽器の調子が悪いのでそれを直してもらいにいつものK藤楽器へ。
今回は本当に調子が悪いのかそれとも単に僕がアカンのか、ちょっと自信なかったのだけれど、
どうやら楽器の調子が悪かったみたいで、ちょっと安心。

そのあと例の土建屋までいっていろいろ作業。

2003/7/6
名古屋へ向かっているとき、どんどんそらは白んでいき、明け方が近くなるにつれてもやが立ち始める。
まるで雲の中へ突入していくような気分。
田畑や山にかかるもやがとても幻想的な感じをかもし出している。
時間がとまっているよう、静かな風景。
もう何でもいいから、ここで降ろしてほしいとほんまに思ったりする。

でもそうもいかないので名古屋までKぬちゃんにお付き合い。
音も出さずに淡々と車が走る音だけする静かな空間にいるとすこし気分が楽。
すっかり夜が明け、もうすぐしたら街が活動をはじめるな・・・というぎりぎりの時間に名古屋到着。
F原が調べてくれていた、繁華街の外れにあるサウナに逃げ込む。
皆は風呂はいったりビール飲んだりしてたようだが、
明るくなったわ風呂はいったわーとかしたりするとすっかり目が覚めてしまうので、
そのまま仮眠室で寝る。

11時ごろにぱちっと目がさめて(でも体はめちゃダルい)風呂に入り、
念入りに体洗ったりしてなんとか気分が晴れるように努力する。でもなんだかローペース。
お昼の集合にぼちぼちっと集まって、そのまま会場へ。
今日は中心街ほどにある映画館を改装したという大きな会場OZONでの、
Cuban Salsa Danse Fes 2003なんだそう。おっきなイベント。
さすが映画館だっただけあって、広いし、天井もたかく、なかなかいいスペース。

やっぱりローな気分と、重たい体を引きずってリハ。
気分と楽器と体調がうまくシンクロしない。ばらばら。
でも久々にこんな広い舞台でやるということを思うとちょっとだけ楽しい気分。
どうやら昨日よりはましな感じかな、自分が。

リハを終えて、近所にご飯を食べに行く(そういえば昨日のイベント前に飯を食って以来何も食ってなかった!)。
お気に入りの中華が近所にあったのだが、あいにく昼休み中。
しかたなく近くのきしめん屋に入る。
メニューを見てびっくりというか笑う。「卵とじきし」「きつねきし」「江戸たぬききし」・・・などなど、
きしめんの”めん”を略して(というかこれが正しいのか?じゃぁラーメンは”ラー”?しょうゆラーとか?(笑))
いるのだった。だからメニューに”きし”がずらーーーって並んで、きしきし言うてる(笑)。
僕は”親子たまごとじきし”を頼んで食べる。胃というか五臓六腑に染み渡るとはこのことか。おいしい。
やさしい(というかちょっと薄め)の味がとてもよかった。

会場に戻る。今日はダンスイベントなので、
日本各地からサルサダンスのインストラクター(やっぱキューバ人が多い)が一同に会してるので、
えらい騒ぎ。お客さんもたくさん入ってなかなか盛況。
そんな中始まったSDSのライブ。サルサ界ではだいぶ知られるようになっただけもあり、
ライブはいい感じで盛り上がる。僕の気分もだいぶましになったような気もする。
楽器の調子が気に食わないが、昨日のライブよりは楽しめた。
ちょっと長めのステージだったので、途中でふらふら来てしまったがなんとかやり終えた。
最後にはインストラクターがいっせいに同じダンスとかし始めるので、
会場中がそれと同じことをはじめたりして、ステージから見てるとすごい景色だった。
うーん、インストラクター恐るべし。

本番おわってそのまま楽屋でダウン。

イベント終了後、昼にいけなかった中華屋で打ち上げ。
食欲もそんなないのだけれど、まぁおいしく食べられたからいいか。
そんなに遅くならないうちに名古屋を出発し、大津付近まで連れ添って走っていたが、
やがてばらばらになり、神戸組は4時ごろ到着。お疲れ様でした。

群ようこ「またたび読書録」(新潮文庫)読了
またねこさんの話かなと思ってよく見ずに買ったのだが、そのまま読書録だった。
いろんな本の感想がそのほかの事柄と結びつけてうまーく書いてある、感心。
中でもこれ読んでみたいなーと思わされたのが、
「生活図鑑」「サザエさん旅あるき」「風邪の効用」「そこに文字が」の4冊。
いつか見つけたら読んでみよう。

2003/7/5
今日は京都MUSEでの割と大きなサルサイベント。
SDSとBananaが出るので、僕は3ステージの出演になる。
魔Hはかわいそうに4ステージこなさなければならんらしい、魔Hらしいといえばらしいが。

さすがに電車でテナーとバリサクを持ってくるのは前に一度RAGのときにやって懲りていたので、
今日は愛玩動物Iっちに借りることにしてた。んで、三条までえっちらおっちら取りにいく。
借りたのはよかったのだが、運ぶ手立てがなかったので、そのまま肩にのっけてMUSEまで。
かなりのハードワークだったが、黙々と突き進む。周りの人にはメーワクだっただろうなあ。
考えてみればこれがよくなかったのかも。これで疲れてしまったみたい(苦笑)。

気分は昨日と変わらず、というか昨日よりひどくローな状態で、
楽器をもってきたところまではよかったのだが、リハとか始まるとほんとしんどくて。
何が原因かよくわからない(ちょっとはわかってるんだけど、実は)のだけれど、
楽器吹くのがだるい、とかしんどい、というよりも、気分的に乗らない。

SDS、Bananaと両方のリハを終えて解散。本番はえらい遅い時間(そう、今日はALL NIGHT)なので、
いつもどーりにまんが喫茶へ現実逃避。しばしの時間まんがに没頭して頭をリセットする。
最近これが唯一のレクレーションになってない気もしない・・・。

戻ってさて本番。
だいぶましになったか・・・・と思っていたが、逆。もう全然だめ。
楽器吹いてるというか、ステージに上ってるのが苦痛になっている。こんなことほとんどあらへんのに!
でもちゃんとやらんとあかんので、気持ちを騙し騙し。。。
単純に顔にでるタイプなので、まぁバレバレなんだろうけど、
それでもちゃんとこなすのが精一杯だったので許して!

次にLatinJazzのセッションがあって、
ここでゲストできていたつづきさんがめっちゃかっこよかった!
今日はこれを見れたのが救いか。

そして休憩をはさんだあと、また戻ったかと思ったが、Bananaも似たような状態。
まぁ、今日は借りてきたバリサクがよく鳴るのでそれは楽しかったけれど。
でも気分は落ちていく一方。なんとかしてくれ!!!かなり悲痛よ。

んで、最後にまたSDSのステージ。もうどん底(苦笑)。
楽器の調子がかなりアカンというのにこのとき気づくが時すでに遅し。
気分がローやわ、楽器は鳴らんわ、何をやっても面白くなく、もうだめ、だめ、だめ。
はやく引っ込みたい。。。。

本当滅多に楽器吹くのが嫌になることなんてないのに、今日はもうだめ。苦痛。
それでもなんとか最後までやって(ライブ自体は結構いいものだったと思う)ダウン。
でも僕自身はほんとだめ、普通に動いてるので精一杯。
体調もあわせて悪くなってくるし、気分はローだし、疲れたし、何よりも退屈。
退屈すぎて死にそう。違うとこにいきたい。違う音楽聴きたい、というか何も聞きたくない。。。

終わってこれでもう解散だったらよかったのだが、
あいにく今は夜中、しかも明日は昼から名古屋なので、そのまま片付けて名古屋へ向かう。。。。。

2003/7/4
Banana@梅田MANIAC

夕方頃店へ入る。初めてのお店だけれど、こんなところにあったのかー。
梅田からは歩いて来れるけれど、でもちょーっと遠い。扇町ミュージアムのわりと近く。
しゃれた広いバーという雰囲気。

早速準備をはじめる、あー、バリサク重い!リハをちゃちゃっとやって本番待ち。
なんか今日は気分的に乗らない、というかはっきり言ってロー。
まだ”バリサクを吹く”という行為自体が新鮮なので、それなりに楽しい気もするのだが、
でもやっぱり今日はとても腐っている。あんまり楽しくない。

それでも本番はやってくるわけで、
でもまぁステージ上では嫌な気分もローであったテンションのことも忘れて、
割とちゃんと見えるように(笑)できるのだが・・・・アカン。
バリサクはただでさえ重いのにキーも普段と違うし、
しかも全然モニタできなかったので、自分が何やってるかわかんないし、
ことにソロになったりすると、僕は聞きながらやるタイプなので、
自分が何やってるかわからずにやるのはかなりのストレスだった。

退屈。

2003/7/3
夜Bananaのリハーサル。2時間ぶっ通し。やっぱバリサクは重いわー。
それとなんか今日(というかこのところ)の体調にはこたえる、しんど。

昨日のこと。
ビアガーデンにいくのに梅田の大丸前の交差点を渡ろうと信号待ちしていたときの話。
よくあるのだけれど、そこで街頭の募金をやってた。
詳しくは聞いてなかったけれど、どなたかの心臓移植のためのものだとか。
「1億円いるんです」「もう時間がないんです」
等々、切々と声を張り上げる若者になぜかふと気が動いてちょっとだけ募金。

僕はめったにこんなことする人間ではない
(冷たいと言われるかもしれないけれど、本当にそれが募金になるのかどうかとか、
怪しいものが多いのも事実だと思う。赤い羽根とかは信用してるけれど)
んだけれど、その時はふと思ったのだった。
最近自分の親も年をとってきたし、いつ自分が同じ立場になるか・・・と考えると、
本当恐ろしくなってしまう。
”孝行したいときには親はなし”なんて冗談じゃない。洒落にならない年齢になってきたもんなぁ。

普段の生活って毎日の連続で、昨日があって今日があって、そして明日がある、ってそう信じてるし、
実際そうなって来ている。
だから信じて生きてられるんだけれど、実は毎日僕らは時間を旅してるわけだから、
昨日あったものが明日無くなるかもしれないってのも事実。
ものならともかく、人間の場合って全然実感できないんだけれど。
そんなこと思ってるもんだから、こういうこと(募金、というか明日をも知れぬ人がいるってことね)
に敏感になってしまうのかも?

思い起こせば、というかまだすぐ隣にある気持ちだけれど、
8年前の地震のとき、最初のショックから立ち直って最初に実感したことって、
「生きてるってめっちゃ偶然やねんなー」ってこと。
そうだからこそ大事に生きていきたいし、周りの人も大事に生きてもらいたい。
そんなこと漠然と思ってしまう。

昨日の募金、一億円って途方もない額だけれど、なんとかなりますように。

2003/7/2
お休み、というかもう体動かない~~(苦笑)。
予てから計画していたとおり、今日はビアガーデンへ行こうと言っていたので、
このところの天気が心配だったのだが、今日はうそのように綺麗に晴れた!わーい!

17:30のオープンから数人で入って飲み始める、天気はいいがまだそんなに暑くないのでいい感じ。あとからあとから三々五々とメンバーが集まってきて結局10人に膨れ上がる。
しかしこの阪神百貨店の屋上、ふだんは何てことないところなのに、
今年の阪神の強さに何もかもがもてはやされている感じ。

最初はまだまだ明るいのでスクリーンが何も見えなかったのだが、
そこで機転をきかせてくれたBさんがラジオ片手に実況の実況(笑)。
それに周りの別のお客さんも反応しての盛り上がり。
試合はのっけから阪神が点をとりまくって、もうサイコー!

檜山のサイクル安打はあるわ、片岡のホームランはあるわ、
うれしくて飲みすぎてしまいました、反省!でも楽しいもん、しゃーないわー。

2003/7/1
UNITED SOUL HORNZ@桜ノ宮PataPataDeLaSalsa

昨晩おそくまでやってたので、フラフラの状態ながら、昼過ぎにはいって、
まずは秘密練習の仕上げ。実際ステージに上ってみないとどうなるかわからないので。
さすがにもう体は・・・ってまだパーフェクトに覚えられていないのでめっさ不安。
でもこうやってステージでやってみると、様子も知れて、どんどん楽しみになってくる。

他のメンバーもやってきてセッティングをし、一通りリハーサル。
バンドはほんとスムーズになってきたので、やりやすい。あとは本当自分たち次第やな。
時間どおりに切り上げて本番を待つ。でもねぇ、この時間がいろいろいちばん緊張するのよねぇ、お客さん来てくれるかなぁとか、演奏大丈夫かなーとか。

ちょっと今日は平日の上に月初めの上に雨だったので、お客さんの足が遅かったので、
ちょいと遅らしてスタートするものの、さびし目だったなぁ。
でもステージ自体はかなりよかったんじゃないかと、勝手に思ってるのだけれどどうだろう?昨日(というか今朝)考えたネタもすごい面白かった(自分たちが笑わないようにするのに必死だった)しー。

大勢でもっとわーいって騒ぎたかったなぁ。
でもこういう日でも全然力抜かないでやるべしやるべし。
また次につなげていけるからねぇ。次回はさらに面白くやるつもり、皆さんお楽しみに!

終わって七福で打ち上げ。みんなえらい食欲で店のものほとんど食いつくした。すごい!
みんな喜んでくれたし、オモニも喜んでくれたので、自分のことのようにうれしかった。

しかしMっちー、適役でしたねぇ。うぷぷ。

Home > Archives > 2003-07

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。