Home > Archives > 2003-09

2003-09

(旧)2003.9月の日記

  • 2003-09-01 (月)
  • Blog

2003/9/30
調子悪し、やっぱり東京往復は身体にコタエル~。
朝からもさもさ動くが、動き悪し。
もうすぐ終わってしまうのでというので映画「ゲロッパ」見に行く。
さんざん人の映画を酷評してる監督がオモロイいうて作るんやから、
さぞオモロイねやろなぁーと思って見に行くと、面白かった(笑)。
まぁ、映画全編にちりばめられるJBをはじめとしたソウルの名曲の数々もさることながら、
この映画のキャスティングが見事!
西田敏行はまぁわかるとして、岸辺一徳がめさえぇ味だしてる、あんな幹部ほしいわぁ(笑)。
冒頭しかでてけーへんトータス松本もえぇ味やった。ほかも個性あふれてて、
ミスキャストなし、すごいなぁ。おもろいなぁ。

頭は楽しいが身体はつらい。結局声がでないような状態になってしまって(風邪かな?)、
SDSのリハや休ませてもらう。すまん。

2003/9/29
結局始発から何本目かの電車で長岡から神戸へもどる。
自分でもよく起きたなぁ~と感心。あのまま寝てたらどこまでいってたことやら。
こういう日曜夜中に帰ってきて朝一の電車とかのると、
週明けのすがすがしい人々にまじって自分だけがやたらと汚いような気がして、
ちょっと嫌。

帰宅してとりあえず一度寝るが、久しぶりの帰宅なもんだから、
うちのねこさんがなーなー甘えてうるさい(でも可愛い)。
それでもすぐに眠りに落ちる。

昼に起きて、ちょいと用事を済ませる。
本格的な秋晴れ、気持ちいい。
こういうときにうだうだーっとして昼寝とか昼風呂とか最高なのだが、
なんかかんかしてて眠らず。

夜、今週末の甲賀用のリハ。大半がUSHのメンバだが、
魔HとかAゆAゆとかおるし、なんか雰囲気違って楽しい。
リハもやりなれた曲ばかりなので、とんとんと進んで気持ちいい。

練習後、スタジオのロビーでうだうだするが、
なんかやたらめったらMこちゃんのテンションが高かった。オモロイ。

2003/9/28
昼頃のそのそっと起き出す、体調あまりすぐれず。やっぱ呑むとだめね。
吉祥寺の駅まで送ってもらい電車を待つが、
なんかJRの夜中の工事の見積もりミスでダイヤが乱れ・・というか電車全然こない(怒)。

ようやく電車にのりこみ新宿方面へ。
たまにこうやって全然違う風景の電車にのると楽しい。土地全然知らないし。
秋晴れで空が高くめちゃめちゃ気持ちいい。

新宿について、先日UooMooのリーダーに薦められた新宿御苑へ。
都心にこんな大きな公園があるのはとてもうらやましい。
一歩中にはいると都会の喧騒は遥か頭の上のほうでぼんやり鳴っているだけで、
公園の中は別世界のように静か。日曜日ということで家族連れや恋人同士がいっぱい。

そんな中をてくてく歩いて気持ちを癒す。
そういやあ最近散歩してなかったなーとか思い出す。
池の端でぼーっとしたり、木の陰で休んだり。
割と広い御苑内はあちこちちょっとずつ風景が違って楽しい。
あぁこのまま何も用事がなかったらごろっと芝生に寝っ転がるのになぁ、残念。
年配の方から若い人までいっぱいごろごろしてる。
しょうもないところいくより、こういう天気の日はここにきてごろっと横になるのが一番の休息かも。

そのまま御苑を千駄ヶ谷方面に抜け、明治通りに出て、そのままクロコまで歩く、時間にして25分くらいか。
電車のっていくのとそう変わらない気がする。
裏通りは静かだったけれど、渋谷に近づくにつれてうるさくなった、ま、しかたないか。

この散歩の様子を作ってみました >> ここでーす。

クロコ入りして準備してサウンドチェックなどなど。
Bananaはほんと短めのリハ、あとは対バンの時間に。

終わってほんとおなかも減ったので魔Hと渋谷の町を徘徊。
なんかB級グルメを楽しみたい(というかこれしか楽しみがない)とあちこち探すが、
全然見つからない。3,40分歩いたかも?
しかーしあきらめかけたときハンズの近くにハンバーグ屋を発見。
店構えといい雰囲気といい、これはいけてそう!とのどを鳴らす2人(ねこではない苦笑)。

案の定、ハンバーグはめちゃくちゃうまかった!ソースがなんとも最高!
渋谷きたらまたいこうっと。GOLD RUSHというお店。有名なんかな?

帰るとライブが始まるちょっと前。
サルサ界の大御所たちがあつまったラテンJazzバンドは、そらかっこいい。
演奏もエキサイティング!おもしろい。
続いて出たBananaは先ほどのバンドの勢いに負けてイマイチぱっとしなかったが、
まぁ、進むにしたがって踊る人も出たし、まぁよかったんではないかなぁ。
でも昨日のSDSが盛り上がっただけに、今日は少し寂しかった。

終わってさっさと片付けてすぐに出発。しんどいのもあるけど何より早く帰りたい!
魔Hがとばすとばす。僕はその隣で下らん話にまた花を咲かせるのでした。
このペースでいくと、太陽登る頃には帰り着けそう~。

2003/9/27
めっちゃ眠い目をこすりこすり、もうだいぶ慣れ親しんだ(?)川崎の道を。
例によって例のサウナに入って仮眠。あいかわらず館内放送がうるさい。何度も起こされる。
おばちゃんの掃除&無駄話にもめげずに眠りつづける(苦笑)。

12時過ぎにおきて風呂に入る。みんなもぼちぼち起きてきた。
そろって眠い顔(結構ひどい)をしているが、出発。
途中元SDSメンバーのHやんの家によりドラムをもって彼も一緒東京へ。
途中なんだかちょと混み気味の道を渋谷へ。やっぱり休日の渋谷は人通りが多い。あーうっとおしい。

よーやくクロコに到着して荷降ろし。今日はなんとワンマンなのだ。ひえー大丈夫かなぁ。
セッティングとサウンドチェックをさっさと済ましてあとは本番待ち。
近くをうろうろして美味しそうなご飯やさんを探して晩御飯(かな?)。

本番は初ワンマンということでお客さんの入りもとても気になったが、
なんとか格好がつくくらいはお客さんもきてくれて、上々。
演奏もまぁまぁよかったんちゃうかなぁ。久々に2ステージはキツかったけど。
東京では何故かホーン隊が人気あるようで何かやらないと怒られる(苦笑)ので、
先日の能古島での雪辱を晴らすべく、新ネタで勝負!どうだったかねぇ。
僕的にはかなり面白かったけど。

終わって打ち上げに行く元気もなく(体調わるし)、
泊めてもらうためにOnAirのほうでライブ打ち上げしてるY子のとこへ。
全然関係ないよそ者だけど隅っこに置いてもらって、ちょっと参加。
結構えぇ感じに酔っ払ってるYをのっけて帰宅。
うだうーだいいながら明け方までくっちゃべって寝る。しんど。

2003/9/26
夜、S水隊長とのDUO@俊徳道Crossroad

今夜から東京へいくんで重い荷物をよっこらせと持って、
週末の帰宅ラッシュの中(迷惑ですんません)を電車で東大阪へ。
なんの打ち合わせもなくステージをはじめるが隊長のリードでライブは自然といい方向へ。

前回M’sでのDUOと違って割と2人E.D.F.みたいな感じ。
でも普段2管でやってて、主旋律を吹いてないので、ぱっとでてこないことが多々アリ。
隊長に苦笑いされながらもなんとか四苦八苦して思い起こしたりしながらなんとかかんとか(苦笑)。
でもこの方とのDUOはまた違ったイマジネーションがあって面白い。
それと基本的に暖かなのがとてもいいなぁ。
かみ合ってるかどうかさえわからないMC&つっこみもやってて面白い。

幸せなステージをおえてそんなにゆっくりする暇もなく、庄内へ移動。
送ってくれてありがとう > D&S。
荷物を綺麗に積み上げて、出発。
何度もやってることだけれど、いつもこの出発前ってのは不安&面倒な気分で一杯。
それでもまぁ仕方ないなーと出発。
途中で魔Hをひろって一路東京へ。

浜名湖までなんとか仮眠して、そっからは魔Hと2人でくだらんことしゃべりながら関東へ向かうのでした。
富士山から妙な煙でてるらしいけど、噴火せんといてくれよー(祈)

2003/9/25
先日森山くんのライブでこっちに滞在してるY子に誘われて、
彼女がやってるバンドUooMooのライブにお邪魔しに。
ひさびさに訪れた北浜のCafe DETAJ。内装が替わってるし、
隣にこれまた落ち着いた空間ができてるし、いい感じ。

いろいろ用事でおくれてしまったけれど、参加する曲の説明をぱぱっとうけてリハ。
譜面を見てもあんまりわからない僕は、とにかく一回やってみてーというのばっか。
民族系とか土着系な感じだけれどもなんとなくちょっとPOPな感じが楽しい。
聞きながらイメージをつくっておいて参加。なんかいい感じになりそう。

お客さんには懐かしい中国ツアーのメンバーがわんさときて、
もう話はそればっかり、もう3年ですかー、いろいろありましたなー!そんな調子。

ライブは普段は3人だけど今日は2人でのUooMooということもあってか、
大阪がはじめてというのもあるけれど、ちょっと緊張したというY子の言葉とは関係なく、
とても気持ちのいい音楽だったし、可愛い(ちょと表現ちがうかも?)らしい感じもしたし、
懐かしい感じもしたし、ぼくはこういうのんちゃんとやったことないけれど、
何かしら自分の中にあるものの一部であるような気もした。

事実ゲストで参加した曲はなんか妙にぴったりしたような気もしたもんなぁ。
こういう民族調なんって入りやすいのかなぁー。
Y子のジャンベの音がとても力強くて気持ちよかった。
しかし次から次へといろんなアイテムを出してくるこのUooMooのリーダーは只者やないねぇ。
楽しい~~。

今日も雨で試合流れた・・・・

2003/9/24
夜UNITED SOUL HORNZの練習。
だいぶ曲もこなれてきたし、とにかくもっとノレるようにとの練習もだいぶ功を奏してきた感じ。

試合雨で流れる・・・

2003/9/23
昼間でごろごろ、ゆっくり起きてうだうだしゃべりながらご飯をたべて、なぜかもう夕方(苦笑)。
やっと山を降りて大阪へ。今日はもともと誘われていた森山直太朗のコンサートへ。
友人Y子がそこでDrs&Percをやってるんで、久しぶり会いたいちゅーのもあるし、
森山くんを見てみたいというのもあったので。
7時からの開演と聞いていたのに突然Y子から「ごっめーん、6時半からやったー!」とTEL。
大慌てでいくもののやっぱり7時ごろになってしまう。

コンサートは面白かった。どういう趣向なのか遅れていったのでいまいちつかめなかったけど、
ステージの要所要所でちょっとしたお芝居がはさまれててユニーク。
森山くんの歌声はCDで聞いていたようにのびやかな透き通る声で心地いい。
普段歌モノが不得意でどーも聴いてても歌じゃなくてバックの音とかに耳がいってしまうんだけれど、
今日はよく歌が聞こえた。

初めてのシアタークラスのハコでのライブということ、しかも大阪、
というのでやりにくいところもあった(きっと大阪のお客さんってつかみにくいんじゃないかなーと)けれど、
すごい頑張ってるなーって感じとか、歌もギターも上手いのがよく伝わってきた。
これからもっとよくなるのかどーなるのか楽しみな感じがする。

ほんとの最後の最後にオフマイク、オフラインでやったのが一番よかった。
やっぱりPA通していると、綺麗に聞こえるのだけれど、
いまいちストレートに伝わりにくいところがあるような気がするので、
こうやってもらうとよーくわかる、やっぱりいい声。

もっともっと綺麗なーってだけじゃなくて、苦しかったり、怖かったり、
いろんな声が聴こえるともっと楽しいなーと思いました。

終わってY子とか、同じく招待されてたY倉さんとかといろいろお話。
ま、あさってもみんな揃うので積もる話、詳しい話はまたあさってと。

夜遅くからSDSの練習に。
はやくピアノが落ち着いてくれるといいなー。

あー、Gに3連敗した、甲子園やのにー、何やってんだか、もー!

2003/9/22
静かな暗いところにいるといつまでも寝てしまう癖があるので、
起きるとすっかり昼。しかしこの台風が過ぎていったお陰で一気に気温が下がって寒い!
ストーブの前に陣どってしまう。。。。

今日ものんびりごろごろ。
昼過ぎからお出かけして、図書館にいったり、
ジャスコに買い物いったりなんだらかんだらしてたら日が暮れた。
うーん、まさに田舎のゆっくりした暮らしじゃーございませんかっ!
一つ用事するのに一日がかりってのも、
いらちの僕にはたまにはいいのかも。

夜遅くに知人が訪ねてきて楽しくおしゃべり。
が、しゃべるしゃべるしゃべるしゃべる。女の人恐るべし。
あまりも長いので僕は途中で挫折して寝てしまう。ごめん・・・・

わかぎゑふ「大阪の神々」(集英社文庫)読了
とにかく大阪(というか関西)で神さんとあがめられるものについて描いた本。
阪神、宝塚から芸人、食までいろいろ大阪のことが楽しく書いてある。
大阪の人には「あーそうそう!」と首を縦に振ることばっかりだけど、
大阪を知りたいと思う他地方の人が読んでも、へーっとは思うけど、
実感は難しいかもー。でも楽しい本!

2003/9/21
退屈なので遊びにきてーというのに誘われて比叡平へ。
もともとこの秋分の日あたりはお休みしてどっか旅行行こう思っていたのだが、
かくかくしかじか(笑)で断念してたところにこの話なので飛びつく。

秋はビデオでしょ!ってので沢山レンタル屋で借りて持っていく。

台風が近づいているが、まぁ大丈夫。
快適にドライブをして2時間かからず比叡平へ。
ついたらもう荷物を運び込んでどろどろーっと、何もする気なーーい。

お茶飲んだり、ビデオ見たり、しゃべったり、ギターを練習したり(持っていった)、
と夜遅くまでだらだら過ごす。

2003/9/20
腑抜け状態になるが、まぁ、昼頃起きる。
阪神百貨店にすごい行きたいのだけれど、混んでるのはわかってるのであきらめて、
阪神西宮のショッピング街へ。ちょっとはグッズ売ってるかなーと期待していくが、
もう売り切れてた、残念(涙)

昨日は負けた巨人戦に勝った!(83勝)。
これを見届けてひさびさに西宮のCornerPocketへ。セッションの日なのだ。
雨なので少なかったが、サックスはてんこもり(笑)。
先輩から後輩までいろんな人でサックス三昧で楽しかった。

2003/9/19
キムサク、ラストライブ@梅田Mr.Kerry’s

どんなものにも終わりはあるけれど、
あまりにもかかわった時間が短いし、これからもいろいろありそうな楽しみなものだっただけに、
こうやってなくなってしまうってのが分かっている、その上でのライブってのはあらわしきれない複雑な思いがある。
ちょっと早めに会場入りして準備しているとメンバーが三々五々集まってくる。
来るとは聞いてなかったD輔も来てびっくり、そら来るわな。
今日でとりあえずの最後だとわかっているけれど、みんないたって平静。

サウンドチェックをささっとやって、いくつかの曲をさらってリハは終了。
近所のいつもの中華屋に飯をたべにいく。ほんとこれまでと何もかわらない。

お客さんは大入り満員。
N村君の印象的な一言から始まったライブは、ほんと静かな気持ちを抑えるかのようなもの。
いたって普通に、それでいて限りなく大事に演奏されている。
僕はただそこに居合わせて見つめているかのような感覚。
改めてこうやって立ち会いながら、
K村さんの作品のよさ、というかすばらしさ、というかうーんうまく書けない、
とにかく「好き」なんですわ、にただただ感心したり、いいなぁと思ったり。
そしてそれらを具現化するミュージシャン。
あくまでも音と作品、そしてそれを表現することに全精力を使う、その姿勢がとても気持ちいい。

最後だからもっと派手だったり、えらく大げさだったり、なんやらお涙頂戴ーみたいな感じではなく、
ほんとただ単にいい音を作り上げることだけ、それだけ。
そんな気持ちがやっぱりお客さんにも伝わるんだと思う。
というかそういう気持ちを持つお客さんに囲まれるからこんな演奏になるんだと思う。
ほんま大事に大事に音を出すような感覚。

ぬけて、ボーカルツインでやってる曲を眺めながら、
惜しいなぁ、という思いでいっぱい。
しかしM口さんってなんて声だすんやろうなぁ、D輔ってなんでこんなやわらかいんかなぁ、
そんなことばっかり思ってしまう。
たしかにバンドは消え去ってしまうし、
ここでこうやって演奏した音も消えていってしまうけれど、
ここでこうやって体験したことは、みんなで創り上げたってことは消えない。
N村君の言うたとおりやな。

ほんともう何も言うことはない。
これがほんとすべての終わりではなくて、単に何かの始まりになるだけなんだし。
でも、キムサクを体験した人達とバンドにかかわったすべての人には
確実にキムサクの何かの種が植わっているんちゃうかなーと。
こんな場で演奏させてもらえたことに何よりも感謝。
んで今後のキムサクメンバー各氏のいろんな活動に期待しよう。

終わって久々にDonShopにいってうだうだうだうだ。
ええ感じに酔ってたのだが、セッションまでさせてもらった。へろへろやったけど。
始めてお会いしたけど、ベースのY川氏、すごいなぁ。

東京ドームで負けた・・・・うーん。

辻仁成「ミラクル」(新潮文庫)読了
なんだか寂しい話。子供向け・・・ではないか。
ふわふわーとした感じで辻氏の本でははじめての感じ。
挿絵としてたくさん描かれている望月通陽さんの絵がとてもいい、好き。
一本の線でここまで描けるのか!!

2003/9/18
最近NHKの朝ドラ(といいつつ昼に見てるが)「こころ」を見てるけれど、
まぁ話はおいといて、主人公の和服姿がとてもいいなーといつも思ってる。
きちんと着こなせばやっぱり和服って日本人の黒髪に似合うよなぁ。
なんか昨今浴衣がちょいと流行って夏場に着るひとが増えてるんだろうけど、
こんな風にしゃきっと綺麗に着てる人がすくないし、
またこういう風に着るときっと気持ちいい(のかな?)んだろうなーということを知る人は少ないのでは?
和服姿の人が増えたら素敵かなーと勝手に想像するこのところなのでした。
でも街のつくりが和服には便利にはできてないけどねぇ。

さる人がタイガースの優勝セールでいいもんGETしたといっていたので、
僕も便乗してひさびさに街へ出掛ける(笑)、三宮のジョーシン。
ぼーっと歩いてたらせいでんについてもーた、間違った間違った、長い間ジョーシンいってないもんな、日本橋じゃないし。
ま、家電とかPC関連とかいろいろ買いたいものはあるのだが、
家はご存知の通り(て、誰も知らんちゅーねん)モノがあふれ返ってるし、
さしあたって必要なものは特にないのだが、でもあれこれ物色してしまう。

で、結局買ったのが(ま、セール対象品だったのもあるが)コーヒーメーカー。
家ではよく飲むのだが、いままでは手でやってたんだけど、イマイチ下手で美味しいのいれられないしメーカーがほしかった。
安いものなんだけれど何故か今までは手がでなかった。「わざわざ・・・」というのがあったんだと思う。
でも、買った(たかだか2200円也)!なんかとても嬉しい。
家で使ってみると便利やわ、早いわ、自分よりよっぽど美味いわーで満足。

なんか久しぶりに食料品以外を買った気がする。たまには買い物いいかもねぇ。

2003/9/17
夜UNITED SOUL HORNZのリハ。
毎週リハやるってのはいいことだし楽しい。
今日も先週同様踊れるバンドにするための特訓!!
それと新しいカバー曲への取り組み、構成なんかを決めて、とりあえずライブでできるように。

しかしあれですわ、ちょっとしたことなんだけれど、
めっちゃ大事なことってのがやっぱりあって、
USHの場合、みんな器用なので、ぱぱっと何でもやれるのがいいところなのだけれど、
ライブとかのビデオを見ている限り、そればっかりでは何にもならんということで今こんなことやってる。
でもとくにMコちゃんが信念をもってあーだこーだ言う(でもそれはその通り!のこと)ので、
バンドもちょっとずつ成果がでてきたみたい。
実際まえよりすごく乗りやすくなった!!(嬉)
これが持続できれば、ほんと、冗談じゃなく、僕ら3人フロントがなにもしなくても
十分楽しめるものになると思うぞー、楽しみ楽しみ。

ぶり返した目の腫れ、治らず、小康状態続く。

あ、甲子園で久々に負けた。

2003/9/16
優勝したときにわーっと一緒に騒げなかったのでイマイチ消化不良気味。
でも、駅のキオスクに5紙買いにいって、それを家でずらーっと並べて眺めてたら、
ようやくじんわりと実感が湧いてきたみたい。
読む記事読む記事に、なんだかちょっとずつ涙する僕。

昨日の騒ぎはなんやってんってほど、町は静か(ま、神戸やしな)だけれど、
なんかお祭りが終わったあとのような虚脱感があふれているような気もする。
各店が優勝記念セールとかやってるけど、なんかおかしな感じ。

学校にいって久々にちょいと練習。
学生たちがたくさんいる。
ま、そんなんはおいといて音を出すと気持ちいい。
そうやってぼーっとしているうちに、なんか「優勝してんなー」とじわじわ実感。
今日も試合テレビでみなきゃ!

おお、昨日あんなけ騒いでたのにわりとみんな元気やん、勝った!82勝目。

夜中、はよ寝なアカンと思っているのに、
「阪神これまでの全試合ダイジェスト」みたいな番組やるもんだから、ついつい見てしまう(苦笑)。
3月にはじまり4月、5月と、うーーーんめちゃめちゃ強い!

というか見ていると「あぁこんな試合あったなぁ」「あ、これ甲子園でみた」「あ、これビアガーデンで見た」
なんかなんか、かなりの試合覚えてる。うーん、にわかファンにしては今年よく試合観戦してるなーと自分に感心。
ロードで思いっきり負け越して、甲子園帰ってきていきなりビハインドからの金本の逆転HRから始まり、
あれよあれよとMが一桁になって、そっから勝てなくて対象チームの負けでずるずる減って、
M2から本当に勝てなくて、で、昨日の試合!!片岡のHRは感無量やったわー!
ってな一年分の感想をテレビ見ながら回想してた。めちゃ疲れた(苦笑)。もう罪な番組作るなよーー(笑)

2003/9/15
なんかまた目が腫れてきた。いじってないのになぁ、抵抗力がないのか。

昼過ぎからの試合をテレビで見るが、やっぱりプレッシャーなのか、いまいちつながらない。
1点ビハインドのまま、E.D.F.のライブ会場へと。今日ははじめてのお店、街の森山荘というところ。
大阪へと向かう車のなかでももちろんラジオを聞いている。
8回の片岡代打HR!!ちょうど信号で止まってるときだったので、拍手拍手!!
窓を開け放してるのでまる聞こえなのだが、周りの車は閉め切ってクーラー聞かせてるので、
ラジオ聞いてない人がみたら、おかしな奴に見えたか?

生玉にある森山荘について荷物を運び込む。店内はえぇ感じのログハウス風のもの。
そんな感じのマスターもいらっしゃる。
店の奥に別スペースがあって、ライブできるようになってる。
ほんとログハウスの中にいる感じ、ただ音がデッドなのがちょっとしんどいかも。

ドラムのセッティングが一からなので、それを待つ間また車に戻ってラジオを。
するとちょうど9回裏えーとこや!片岡がまた打って、沖原が敬遠されて、赤星。
このところいまいちなので、もう一つうまく行く気がしないのだが、
「星野監督がなにやらどーのこーの」というくだりから「これはいけるかも??」。
膨らむ期待に、赤星初球をタイムリー!!!!やったねえ!!やっと勝った!M1!!
あーーー今日甲子園いってる人、うらやましすぎ!!

ということはヤクルト負けたら優勝?!時間的にはライブと重なるか重ならないかのぎりぎり。
うーーーーん、というかヤクルトめっちゃ負けてるやん!やばい。

ま、野球ばっかりにかまけてられないので、準備もできたのでサウンドチェックを。
悪くないのだが音がデッドで響きが違うので慣れるまで気色悪い。
ま、言ってしまえばえぇ感じのライブ感なのだが、、、、、M’sで慣れすぎてるのよね。
それでも慣れるべく音をだして感触を確かめる、まぁお客さんはいるとまた変わるしねぇ。

あとは本番待ち。
店の前(千日前大通り)の坂をやんやいいながら下っていく若者が増えてきた。
どうやらひっかけ橋の上空あたりにヘリが飛んでるし、
町が「いよいよや」という空気に満ちている。
これ優勝したらえらい騒ぎなって、帰れないんちゃうかーとまじで心配。
ラジオを聞くが、ヤクルト6点差で大敗中。9回裏の1アウトまで聞いた時点でライブの時間、ああああああ~。

気になるがライブには影響しちゃだめだめ!なので、気持ちを新たに集中してと。
やっぱり感触がまたお客さんはいってだいぶ変わったので、
慣れた曲をやりながらそれになれる。慣れたらまあ大丈夫だしな。

ええ感じの広さなので、お客さんとの距離もすごく近く、
すごくアットホームな雰囲気のライブになる。
なんかまたメンバーがMCしてみたり(僕にしゃべらせないでっ)、
なんのかんのとどんどんE.D.F.色になるライブ。楽しい。
隊長の新曲はどれも秋っぽいサウンド、なんかついに秋になったねぇという感じか。
このバンドのサウンドは秋も似合うのよねぇ。

ライブ中に優勝は決定!イエイ!その瞬間に立ち会えなかったので、イマイチ実感がない。
帰り道、ちらっと見たが道頓堀付近はすごい騒ぎ。ケーサツだらけ(帰ってからのテレビでその様を知る)。
その他は普通の連休最終日の夜のように静か、ところどころに阪神のはっぴ着た奴がおるだけ。
43号線で帰ってたので、途中甲子園に寄り道してみたら、
やっぱり思ったとおりまだ騒いでる奴おった。近所迷惑やっちゅーねん!!(怒)

帰ってテレビをつけると民放は阪神一色、そらそーか。え、NHKまで?!
それらを次々まわして見ながら、今日あったことをせめて全部知ろうと必死になるが、なかなか。
しかし今日甲子園いってた人、本当にうらやましいなぁ。。。O迫さんとかI島さんとかK村くんとかなぁ。くそう。
結局「記念につくってやるー」と思ってた絵を作りながらテレビを見続け、
番組終了まで見てしまう、あー疲れた。

祝!阪神リーグ優勝!!

2003/9/14
昼からヘルプにいってるさる会社のパソコンいじりに。
先日見にいったところどーも怪しいなーと思ってたらやっぱりウイルスやった。
というので駆除とかいろいろやるのだが、
もともとこのPCの設定かなんかがおかしくて気に入らなかったのもあるのだが、
やっぱりブラックボックスなXPはおかしくて、再インストールすることに。あー面倒。
作業自体は簡単だけれどもやたら時間がかかってしまい時間切れ。
だいたい復旧したが、もうちょいかかるなぁ。

そんなんで、リハに間に合わず本番前にJazzOnTopへ。
今日は荒崎BigBand、珍しくこういうお店で。
今日は豪華にいつもよりまだメンバーも多く、久々に会うM谷くんも何故かいるし。
ところ変わればバンドの雰囲気も演奏も変わるもんで、
なんかこんところよりもはりがあるような気がする。
あとなんといってもTP陣が元気なのがいいねぇ。

ボーカルもありーのTPは豪華だの、Saxも5人おりーのとなかなか音量もでかくていい感じ。
今日はなかなかいい運びのステージだったように思う。
僕自身もある意味なにも考えてない、リラックスした状態(たんに眠かったのか?)でできてよかった。

2003/9/13
見原洋子@南草津マスタッシュ

久々になる見原さん、前回ってやっぱりここマスタッシュだったっけ?
気になる阪神のデーゲームに後ろ髪引かれながらも電車で南草津へ。
なんかこのところの眠れないせいで、あやうく寝過ごすところだった。
電車で寝るのってめちゃ気持ちいいよねぇ。

会場入りしてさっそくサウンドチェックとリハーサル。
今回はリハしてないの+ゲストでピアノのK垣内さんが入るのでいろいろとやることがある。
僕自身も曲とかうろ覚えになってるしねぇ。とくに笛が不安・・・・

が、まぁ大体覚えているみたいなので(前回必死こいて練習したからなぁ)、まずまず安心。
相変わらず見原さんの曲の数々は景色と色があって楽しい。

終わって近所の回る系のすし屋でごはん。まぁまぁうまい。
やたらと皿を重ねて積み上げてよろこぶメンバーたちはもしかしてアホ?
こういうときっていろいろ個人の性格でるからおもしろいよねぇ。

さて、戻ってほかの出演者を聞きながら出番まち。
そして最後の出番。
なぜかいつも同じようにぐっと来る(なんかそう心にくるのよ)歌声で始まるステージ。
ここではほんと影のような感じに徹しようと試みるけど、なかなか難しい。
でも自然と見原さんの声にあわせるような感じになっていく。

今日も見原さんはステージ中に涙がじょーっと。
それにつられて僕もなんだかちろっと(照)。「あの日」ってなんかすごく好きな曲なのよなぁ。
今日もいいステージだったと思う。
やっぱりこういう本当にちゃんと色のある人はいいなあ。
いいものもらった。

思ってたとおり負けた、M2で足踏みのまま。

栗本薫「グインサーガ91巻 魔宮の攻防」(ハヤカワ文庫)読了
もう話が勝手に流れていくのをただただ読み取るだけ。
どうなるのかまたわくわくしてくる。次巻が待ち遠しい。

2003/9/12
E.D.F.@M’sHall

先月「夏の終わりに」をやったので、もうすっかり秋らしくなってるはずなのに今日もあつい!
しかも台風が近づいてきている影響もあってか、今日はE.D.F.ひさびさの雨。
(そう一時はE.D.F.のライブの日の雨率は8割近くあった)
今日もはやめにM’sHallに入って曲の練習とか。こういうのを続けるのはとても意味がある。

今日は阪神のせいか(違うと思うが)お客さんは少なめ。寂しい。
でもバンドはなんかえー音だしてましたねぇ。楽しかった。

しかし眠い、眠いのに眠れない、体のなんかバランスというかタイミングというか、
も変な感じで、疲れてるのか違うのかもわからん。なんなんだー。
めばちこの後のしこりものこってるしー、あーやだやだ!

粘ったが結局1点差で惜敗。あとひとつってところが出ないのよね、このところの阪神。
マジック減らず。

2003/9/11
暑い暑い、なんでこんな毎日暑いんやー!?
あまりの暑さにクーラーつけると今度は体だるいし、ほんまあきません。

今日は家でいろいろごちゃごちゃと。
そして久しぶりに学校にいって練習した。
もう9月も中旬にさしかかろうというのに学校は静か。
あ、そうかまだ休みなんかー!なんか国公立もひまなところになってんなぁ。
僕らがおったころは今ごろっていうたらテストの準備で大変やったのに。
ま、お陰で静かなので嬉しかったけれどねぇ。

そらにぽっかり浮かぶ大きな入道雲。
そういやぁ、最近こういうのをじっくり眺めることってないよなぁ、と妙に感心。
子供のころもじーーっと飽きずに見ていたけれど、今も同じコトしてる僕。
入道雲ってじーっと見てるとそんなに変化ないように見えるけど、
ちょっと目をはなしてまた見てみるとすごく形変わってる、
っとかそんな経験ないですか?不思議

5時間弱に及ぶ長時間の試合、逆転・追いつき・逃げられ・追いつきの連続で、
見ていて非常に疲れた。結局引き分け、マジック減らず。体力減った。

2003/9/10
今日はひさびさにUNITED SOUL HORNZのリハーサル。
来月3本あるライブに向けて新たなUSHをつくるべく選曲とかして、
また楽しめるものをつくっていきたいのだ。

まぁ、曲の仕上げとかは大事なことなのだけれど(当たり前)、
でも今日は趣旨をちょいと変えてバンドのレベルアップのために、
昔はみんな一生懸命しただろうような基本的な練習ばっかりする。

いままで半年ほどライブやってきていろいろいい点、
よくなった点なんかは見えてきたけれど、逆にあかんとこもたくさん見えてるので、
それをなくして、とにかくもっと踊れるバンドにしたいのだな。
だからリズムをもっと強化しないと!というので。
でもこういう練習ってもうやってないから、久々にやるととても新鮮。
自分がいつもどれくらいいい加減かよくわかるしねぇ。

さて、来月のライブで「がんばるおっさん」達がどう変貌するか、乞うご期待
(ってわからんかもな・・・笑)

井川力投するも、サヨナラ・・・あう。でも広島負けよった、もう!M3

2003/9/9
そろそろやらなあかんと、USH用の音トリなどなど。
CDプレイヤーの動きがいまいちなので(やっぱうちホコリ多いからかなぁ)いらいらしながらやるが、
なんとか終える。あーつかれた。

今日はほとんど家からでなかった。
初盤の桧山のHRで盛り上がっていたにもかかわらず、あれよあれよと大敗。
でも広島負けよった(もう!)M4

矢野晶子「今日も一日楽しかった」(角川文庫)読了
文字で書いてもあっこちゃんはあっこちゃん。あぁ早くコンサートいきたい!

2003/9/8
この4日間の疲れがさらに(特に昨日のかも?苦笑)でて午前中はへたばる。
でもそれでは嫌なので、家事とかして体を動かす。
でも基本的に今日は何もする気がしない。。。。ので、何もしなかった。
阪神戦もないし、つまらん!

2003/9/7
さすがにこの3日間のライブは疲れ果てた・・・・起きたらぐったりしてる。
でも目がだいぶましになってるし、首の腫れもひいてるのが助かった。

昼過ぎからでて夕刻のSDSのライブへ。
去年もあった(ちょと趣旨はちがうのかな?)ACTY大阪前での野外ステージ。
ほんと残暑厳しいのであついあつい、テントの中なんておれないくらい。
他のバンドのリハが終わったら僕らの番。
さっさと準備してサウンドチェックをちゃちゃっとやって本番待ち。

本番となってステージに上るが、何もしないうちから暑くて汗が。
30分だけのステージだったけれど、演奏とかパフォーマンスよりも、
このうだるような暑さで体力奪われてしまった。
まぁもともと残り少なかったけど・・・(笑)

終わってこの暑さに耐えられなかった+友達もおるし、
梅田にいるし、こんな時間だしーとなったら向かうところはビアガーデン!
阪神百貨店のやつは終わってしまったので、その南にある野宴というガーデンに。
ここもやってますもちろん、阪神線の中継!!
いつもの呑み仲間(応援仲間?)も呼び出しーの、SDSのメンバもおりーのとにぎやかな宴に。

で、肝心の阪神は、5回に金本の先制とジョージの満塁ホームランがあって、もう盛り上がりちぎり!(笑)
ついにマジックも5まできましたなー!!!(嬉)

終わってからSDSのメンツとビルの外にだべってミーティング。今後のこととか。
こっから一年くらいに大きく変動するだろうね。

2003/9/6
3日目。今日はおっきなイベント、いたみミュージックフェスタ2003@伊丹アイホール。
対バンとしてGlobalJazzOcheがでるのもあるけど、僕ら3人にドラム・ベースを加えてクインテットになる。

先に会場入りすると、このアイホールはじめてきたけど、とてもいい大きさのホール。
コンサートグランドあるし、へーこんなとこにこんなホールあったんかー!
沢山のスタッフが準備を進めるなか、僕らも準備。
ステージの準備がととのった時点でステージで場所から音からいろいろなチェック。
ぼくら3人はだいたいイメージ出来上がってるので、あとの2人にアイデアを伝えて、と。
サウンドチェックとリハーサルは短時間で済ませた。
溝口さんもだいぶ調子を戻してて(ぱっと聞くのにはわからないと思う)、今日もいいステージになりますように。

グローバルの演奏から始まったコンサート。
フルバンはやっぱ迫力あるし、そこで大きく歌う溝口さんもめっちゃ魅力的。
本領発揮してますなぁ。

んで、舞台の転換を終えて僕らのステージ。
最初はここ2日と同じく中村君とのDUOから。
でもねぇ、お店とかとちがってこういうホールになるとなんだかえらい緊張感が。
久しぶりに緊張してます、僕。中村君も冗談でそういうてるけど、演奏には全然支障なし。
彼のピアノはこういうホールでよく鳴らすのに合ってるなぁ。

DUO、カルテットときて(ここまで僕は自分が何を演奏してるか、まったくわからなかった)、溝口さんが登場。
こういう立場になると俄然余裕がでてきていろいろ演奏に一層集中できる。
スカボロフェアも椰子の実もこの3日でいちばんいい出来だったとおもう。
こういうのんって人数少ないとうまくいって多くなるとごちゃごちゃするねんけど、
それがさすがに宮野くんと小前くんというところ、すばらしすぎ!
んで最後の曲をわーーーとやって(速い曲はほんま吹けん!)ステージは終了。
もしかしたら時間足りなかったんちゃうかーと思ってたけど、実は結構長い時間やってたのね。

最後にGlobalの若手とセッションをして(みんな上手い!汗)コンサートは終了。
終わってみてよく考えると、これって溝口恵美子オンステージ!やったなぁ(笑)。
いいコンサートだった!

バンドのメンツ+αで飲み屋にいって打ち上げ。
毎度の禁煙話からはじまって、めちゃくちゃまじめな音楽の話(オモロイ)まで話すことは尽きず深夜まで。

2003/9/5
2日目、@伊丹STAGE

この3日間はもう演奏以外なにもしない!と決めてるので、
会場に行くまでは家で好きなことしたり、家事したり、昼ねしたりと、
まこともっと勝手な生活させていただいてます。
うちの猫以下ちゃうかーと自分で思ったり(笑)

で、今日はちょっとアクシデントが溝口さんにあり、
昨日から調子悪いなーと言ってたのだけれど、
どうやら風邪とかなんやらで非常に調子が悪くなり病院へかけこみ。
電話口にでたときはまったく声出てなかったし、心配。

先に中村君と店にはいってちょっとリハーサル。
今日やろうと彼が持ってきた彼のオリジナルは、
なんというかほんと彼の本質の一部分がよーくでてる(と僕は思う)
静かなハーモニーの変化とメロディーに素直なリズムの変化がある曲。
譜面を見てもよくわからんので一度弾いてもらうとよくわかる、イメージの有る曲。
なぜか僕にもよくなじむ気がする。

やってきた溝口さんは声は出るようになってたけどつらそう。
身体的により精神的にもっとつらそう、これ、自分やったらめげるわ。

今日は昨日と比べてだいぶ落ち着いたようなステージが。
あと面白かったのは語りでの演奏を実験的にやってみたこと。
これって結果としてのイメージはできるんだけれど、
実際やってみるとめちゃくちゃ難しい。
昔芝居に生でやったときはもっと指定があったし練習したし、
話もわかってたしーってんでこれよりはだいぶ違ったのだけれど、
読む話も偶然、それにアドリブでってなると、想像以上に難しかった。
でもこれは面白いアイデアだから、もっとやり方を考えると
(もちろん語り手は溝口さんなのだが)よくなるかも?

ていうので、今日はちょっと静かめなライブでした。

矢野の劇的なさよならHRでM6!
かえってテレビでニュースも再放送も見て万歳しまくり。

江國香織「なつのひかり」(集英社文庫)読了
これはいままで読んだ彼女の作品のなかでもわけわからん度が高かった。
この人の本を読むときはできるだけ心を殻にして、
現実から離れて想像の世界だけになって読むのだけれど、
あまりに話が飛ぶので「なんでやねん!」って突っ込みたくなってしまったりして。
そうやって読んだらちっとも面白くないんだけど。
もっとおとぎ話のように喜んで読めるようになりたいなぁ。

2003/9/4
今日から中村氏と溝口さんと3人でのちょっとしたツアーというか3連戦というか。
非常に楽しみにしていた企画だけに、なんとかいいものにしたい。
前にやったときとかキムサクとかのときは異常に緊張していたのだが、
今回は目が痛くてなんかそれどころじゃないというのもあってか、
演奏自体に問題はないのに加え、なんだか妙に平常心、不思議。

まず今日は梅田のMr.Kerry’s。
ドラムやベースをどけたステージは広々としてるが、居心地なんとなーく悪い。
おととい溝口さんといろいろ話したアイデアを中村君に説明しながら、
彼の意見も取り入れてどんな風にやろうか打ち合わせ&リハ。
お互い手の内がわかってるというか、サウンドになじんでいるので、
音を出していけば大体どうなっていくかがわかるので、やりやすい。
とりあえずアイデア先行だったので、今日は探り探りの演奏になるかな?
僕はこういうUNITだといろいろあれもこれもとアイデアが湧いてくるのよねぇ。
イメージ有るミュージシャンていいわあ。

で、本番。こんな風変わりなステージになるのにもかかわらず沢山の人が来てくれてうれしい。
めちゃ久しぶりの大学の同期とかも来てますますうれしい(久しぶり!H&S)。
DUOから始まったステージ。2曲続けてやったけれど、やっぱり中村くんのピアノは凄い。
というのと前にやったときよりやさしさがあるような気がした。
音とハーモニー、それらのつながり方がなんといってもいい。
やりながらついつい聞きほれる。

んで溝口さんを迎えて数曲。
スタンダードジャズをめちゃくちゃにしたものあり、日本語の歌あり、
本当のインプロありと、普通の「ジャズボーカルでーす」
というてるような人にはまずやれない(やってもらえない?)ようなことばかり。
でもこの人はでけへん~!とか言いながらもやるし、なんとかやり通す。
僕らのめちゃくちゃな注文もちゃんと考えてくれる。
音楽を一緒に作ろうとしてくれる、それがとてもすばらしいことだと思う。
道理でえぇステージできるわけよ!

っていうんで、2ステージ、ほんとジャズのライブか?といわれると??なんだけれど、
聴こえは違っても間違いなくコンセプトはジャズだったし、それ以上のものもあったかも。
やっぱりこのメンツでやるってのはかなり面白いしエキサイティングなことだなと。

2003/9/3
今日は一日休憩。目の調子が悪い(腫れが引かない)ので出かける気にもならないし。
早くにおきていろいろ家事やらUSHの用事やら明日からの3連戦
(といいたくなるようなライブになるんだろーなー、楽しみ)の準備を。

片岡が活躍うれしい。秀太のHRも。M7

2003/9/2
朝起きると目がなんだかごろごろしている。
と思って鏡覗いてみたら、腫れてるやん、まぶたが。うーん片目になってしまった。
目も赤いし、結膜炎かなぁ。でも様子見で一日がまんしてみることに(あかんのかな?)

午後一で映画「HERO」観にいく。
ストーリーとかは期待してなかったけれど、
何よりも映像の色彩の美しさとか、中国というかアジアンテイスト満載の美しさに感動。
西洋人が見たら「なんでやねん」って突っ込みたくなるようなことばかりだけど、
それをそのまんま受け入れられるのって日本人だからかなぁ。
建物の美しさ壮大さ、景色の雄大さがほんまいい感じだった。
あ、アクションもよかった(ついでかい!)

どんどん目の調子はわるくなる。
とにかくK藤楽器いって楽器を直してと。あつい。今日も真夏日か。

明後日からのライブの作戦を練るためにM口さんと会っていろいろ話をする。
ほんまいろいろ脱線しまくって(いつもメーワクをかけてます、すんません)、
音楽からバリからなんだかんだ。それでも何とか話はまとまって・・・・
というあたりでダウン。目が気になって、かゆくはないけど、もの考えられない。

夜にあった別のミーティングは欠席。すんません。

うーん、快勝!M9

2003/9/1
ぼーっとしているつもりはないのだが、もう9月。あと4ヶ月で来年やん、愕然。

昼からUSHのミーティング。8月はゆっくり休んだ。
来月にライブが3本あるので、それらをどうしようかというのもあるけれど、
基本的に今後どういう路線、展開でいこうかってところからまた見直したいので、
いろいろ曲とかやり方とかを中心に考える。
こういうミーティングは産みの苦しみあるけれど、なんぼやってても楽しい。
自分たちが楽しめるように、お客さんにはもっと楽しんでもらえるように、
っていろいろ想像しながら考えていくのは楽しい作業。

途中ではSoulFucktryの面々もきて、10/18のイベントのダンサーとの打ち合わせ。
これまた楽しい。ダンサーさんと一緒にやるのはこないだのKNAVEのときでもそうだったけど、
ぼくらに出来ないことをやってもらって、うまいコラボができたりすると、
ステージのレベルがぐっと上がる(と思う)ので続けていきたいことだからなぁ。

しかし休憩もはさみながらだけど、7時間くらいやってたらさすがにつかれた。
ふらふらーーーとかえる。

Home > Archives > 2003-09

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。