Home > Archives > 2004-06

2004-06

(旧)2004.6月の日記

  • 2004-06-01 (火)
  • Blog

2004/6/30
昼、たのまれごとあって、ちょっと大阪へ。
そんなに難しくない作業だったはずなのだが、
ちょっとしたことでひっかかってしまい最後まで完了できず(T.T)

夜、魔Hにさそわれて(?)某ロックバンドRRのレコーディング。
同じロックでもシカゴとかみたいなやつだったらアレンジも簡単というか、
想像しやすいのだけれど、RRは若いやつらのバンドなので、
ほんまにギターサウンドメインだから、
ホーンののっけかたはたぶん結構苦労するやろなーとおもってたら、
やっぱりなかなかえぇアレンジがでない。苦悩する魔H。
でももともともってきたアイデアにちょっと手を加えたらまぁまぁえぇ感じに。

吹き込むこと自体もちょっと手間取ったが、
あとはMIXのときに取捨選択してくれたらいいやー。ごくろうさまー!

かえって明日からの準備。荷物つめなきゃ。
なんか少なくしようとおもっていても、膨らんじゃうのよねぇ。

2004/6/29
家でひたすら用事。疲れた。
でもなんかこのところ家からでるのが面倒というか億劫というか、
家にいたい気分。しんどいけれど家にいると落ち着く。
なんかプチ引きこもり?

うーーん、Gに快勝!

2004/6/28
夜、ストリート。
久しぶりの大阪の街でやるストリート。湿度が高くて気持ちわるい。
湿度が高いと手の指の隙間がねばねばしているような気がして、
そのせいで指のすべりが悪いような気までしてくるから嫌だ。

なかなかお客さんが立ち止まってくれなかったが、
夜もふけるにつれて聞いてくれるひともふえ、やってて楽しい。

でも今日の演奏は自分的には結構イマイチやった。。。。

2004/6/27
結局明け方近くまで呑んで・・・・というかあんまし覚えていない・・・・
そのまま比叡平まで拉致してもらう(あれ?言い方おかしい?)。
んで、そのまま布団に倒れこむ。

昼頃に起きだすが、みんなボー–っとしたまま。
あまり話もせずひたすらぼーっとする。

まぁ、こういう日があってもえぇかぁ。

2004/6/26
M原洋子@京都陰陽

昼過ぎにお店へ。準備をしてリハーサル。
今日はいつになく曲数が多い。でもこれくらい聞きたいなぁ。
新曲もあるしとってもたのしみなライブ。
でも相変わらずフルートと笛は心配のタネだ。

満員に近いお客さんの中、ライブが始まる。
なんでかわかんないけれど、今日のM原さんは妙なテンション(に見えた)で、
MC飛ばすわ曲とばすわ、えらい騒ぎだ(笑)でもM原さんペース。いい感じ。
曲になれてくると、ほんとこの人の歌声がよく聞えてくるので、
やっているのか、聞き惚れているのかわかんなくなってしまいそう。

今日はM原さん泣かなかった・・・ような?
それとはじめてまともにフルート吹けた気がした。うーんうれしい。
笛は・・・・どきどきものだった。はよいい加減に自分のリコーダー買おう・・・。

ああ今日もいい歌たくさん聴けて幸せ。

終わってから家には戻らず甲賀へ。Kぽんの誕生日兼マイスターのライブの打ち上げ。
すっかり遅くなってしまったのでミュージシャン連中は帰ってるだろうとおもったが、
M口さんをはじめS村君やT岡さん、T橋さんまで・・・みんなおるがなー(笑)。
おまけにオーストラリアから帰国中のAもいるしー、いつものメンバーもいるし。
USH専属忍者(本物)もいるしー(笑)

賑やかーに楽しく呑みました~♪

2004/6/25
E.D.F.@桃谷M’sHall
なんか個人的にはとっても久しぶりな感じのするE.D.F.。
一ヶ月半もあいたもんなぁ、間にCUBAいってたしー。
しかし、雨だ。E.D.F.はほんま雨の率が高い。
だれが雨男というわけではないようなのだが、
ほんまここM’sでやるときの半分ぐらいは雨のような気がする。

早い時間にはいったのだが、ありゃ?だれも来てない。
ま、いいわと、マスターとおしゃべり。
しかしなんか話が世間で腹立つことの方へ方へと移って、
なんかしらん、えらいご立腹モードになってしまう僕。なんでやろ?
最近ちょっと子供じみすぎてるというか、えらい短気になったよう。
カルシウム足らんのかな?
というか、でも、ナベツネとブッシュと小泉首相は腹立たしい!!

ぼちぼちメンバーが集まりはじめたが、B兄さんが来ない。
電話がかかってきたところ、どーやら現場が終わらなかったらしく、
遅れてしまうとのこと。「なんか適当にやっといてくれー」って(苦笑)

でもやらんわけにもいかんので、ぼちぼちはじめると、一曲目の途中にすべりこみ。
そっからはやっぱりいつものE.D.F.。
ちょっと攻めた感じでやってやろうとしたけれど、
やっぱりE.D.F.の大きな風呂敷にのっかったほうがいいみたい。

今日はお客さんは少なめ、雨やからかな。
でもすごい久しぶりの人も来てくれたし、楽しかった♪

ライブが3日続くとさすがに疲れが・・・・うー。

2004/6/24
I上4@京都ル・クラブ・ジャズ

初めてのお店。三条付近はまぁたまにくるけれど、この店は来たことがない。
店に入る直前(探していた)、M原さんにばったり。
予想しない人に会うと(って京都やからなぁ)ちょっとびっくりしてしまう。
明後日のことをちょっと教えてもらう。

店に入るともう他の3人はセッティング終わってた。うー、またべべかぁ。
というかなぜかI上H氏がいる。まえにもRAGでおったなぁ。なぜ僕の行く先々に??(笑)
とっととセッティングしてサウンドチェック。
曲をやる必要はないしね。

平日だからかお客さんの足はとても遅く、はじめたときはぱらぱらだったのだが、
はじめたらぼちぼちお客さんが来てくれた。京都なので、ドキドキもんなんだけれど。

途中団体さんが。えぇ感じのお父さん連中+舞妓・芸妓さんたち。
演奏しながら釘付けになってしまう、私(苦笑)。だってものめずらしいんだもーん。
どうやら御茶屋遊びの途中らしい。いやー京都ってすごいなぁ。

休憩時間にいろいろお話をお父さんから聞く。
芸妓さんと舞妓さんの違いとかとか。
お茶屋遊びで一番大切なのは信用だ、とか。
男ならこういう遊びできるようになるために、若いときはモーレツに働け、とかとか。

しっかし連れてる方たちがみんなべっぴんで、どうやらこの界隈では売れっ子ばっかりだったらしい。
恐るべし、謎のお父さん軍団!
他のところに行くために先に出る舞妓さんが「ごめんやすー」「おーきに」なんていいながら行く姿、
かーーっ、たまらんなぁ。いいなぁ、ビバ京都!

というわけでミョーなテンションになったが、
演奏はいたってまじめに。慣れてる曲ばかりとはいえ、気は抜けないのだが、
でも楽しく演奏できた。アンコールももらえたし♪
もっとこのバンド出番ほしいなぁ。

2004/6/23
N村~M口~たけい@三宮クレオール

三宮のハンター坂をのぼったところにあるクレオール。
今日は暑いのでちょっとあるいたら汗がじわっとにじみ出てくる。
馴染んだにしむらコーヒーを曲がってちょっとのぼるとクレオールがあった。初めてのお店。
どこかの雑居ビルにはいっているのかと思ったら、
実は新しく建てたのねぇ。すごい、こんな北野の真中に!

どうやら早く来すぎたのか、まだマスターは来ていない。
向かいの陰にへたっているとマスター登場。そのうちM口さんも登場。
N村君はちょっと忘れ物で遅れると(苦笑)

お店はまだ新築の香りがぷんぷんする。
コンクリートブロックで反響よさそうな部屋にコンサートグランドがどーーんと。
こりゃピアノ向きのハコやなぁ。
生音でも十分いけそうな感じ。
そのうちN村君も到着してリハーサル。
曲は見えてるから、音決めを。
とくにM口さんのボイスをどれくらいPAに通すかが難しい。
何度もいろいろ試しながらボリュームを決める。本島は全部生がいいような気がするけれど。

平日だからかお客さんの入りが結構おそくてドキドキものだったのだが、
ちょっと押してはじめたのだが、結構(ぼくの予想より)たくさんの人が来てくれてた。
さすがN村君、さすがM口さん!

で、本番・・・・正直言ってどうだったかよくわからん。
というのはほんとその場その場で音をつくっていくので、どうだったのか憶えきれてないのだ。
でもやってるほうからすると、これはスリリングというかこれからももっともっといろいろやれる感じがする。
やりながらまたいろんなアイデア湧いてくるし。ほんま何でもできそう。
今回はオリジナルを持ち寄ったり、ありモノの曲や日本の曲を僕らなりのアレンジを加えて・・・という形。
これからもこの方向はもっとできるやろし、楽しみ。
また急に頼んだけれど、僕の曲につけてくれたM口さんの歌詞がとっても良くて・・・ありがとうー!
僕の思った感じのとおりの歌詞だったのでうれしかった。

というわけで、何かよくわからなかったけれど、えぇ感じのライブになったんちゃうかなぁと。
前に3人でやったときよりよりはっきりした感じがしたし。
またはやくやりたいなー。

2004/6/22
家でいろいろ用事。
昨日のリハのことも思い出しておかなければならないし、
明日からライブ続きなので、
今日片付けておかなければならないことをいろいろと。

2004/6/21
台風!!昨日の晩から近づいてきていた台風。
どーやら関西にストライクコースの模様。
不謹慎だが、ぼくは台風が好きなので(あの荒れ狂う感じとか、非常時だ!という感じが)、
内心楽しみにしていたりしたのだ。被害にあった方々にはほんま申し訳ない・・・・。

しかし神戸付近はたしかに雲が見たことないスピードでびゅんびゅん流れてはいるのだが、
雨はぱらぱら、風もちょと吹く程度・・・・うーん。
なんか子供のころに台風やというと、
窓ガラスに×の字にガムテープ貼ったり、
家中の雨戸を閉ざしたり、昼から電気つけてテレビに食い入るように見入ったり
(また、風でアンテナがゆられてたまに映りが悪くなったりしたり(笑))、
と、そんな感じだったのに、なんか今日はたいしたことなーーーい。残念。
でも南のほうはえらい雨みたい。実家大丈夫かなぁ?

夜、明後日のM口さん・N村氏とのライブのリハ。
新幹線は止まってるし、どーなるんやろう?と心配していたのだが、
あの風雨の中を車で戻ってきたらしい(昨晩は岐阜でライブだったそうな)。
ようやるなぁ。聞くと「10Kmごとに車が事故ってた」らしい。ますますようやるなぁ・・・・あんたら。
(でも運転してたのは、K前くんだったそう)

で、集まってから、とりあえず腹も減ったしと飯をたべて(ごちそうさまー♪)
(実は今日はじめて知ったが、N村くんは結構包丁捌きが上手い。く、くやしい)、
お茶しながら、いろいろ構想をしゃべってから、音を出すことに。

以前のキムサクのコンセプトを受け継いだ形にもなるけれど、
また新しい音をこの3人でつくりだしていきたい。
そのためのまず一歩として、みんなで曲を持ち寄る形にした。
オリジナルなら尚更いい、と。
N村君のオリジナルから、ありモノの曲だけれど新しいアレンジを加えたもの、
日本の歌、ぼくのオリジナルなどなど、集めれば集められるものだ。

音をいろいろ出して試しながら、やり方を練る。
やっぱりすっごいイマジネーションというか世界が拡がる感じがする。
やってみたら、思っていた以上に、とか、もっとほかにものがでてくる、楽しい。
本番なったら一体どうなるんやろ?

結局深夜3時ごろまであーだこーだと続けて、みんな疲労困憊。
お疲れ様でした。

2004/6/20
Kさん@大阪BlueNote

昼過ぎに会場入り。お客さんでくることも最近少なくなったここ大阪BlueNote。
めちゃくちゃ昔に一回だけ(なんの時だったのか、いまも覚えてない)ステージ立ったことがある。
しかし、今日は堂々と(?)ステージに立てるぞー、ちょっとうれしい。

メンバーも集まってきているので早速セッティング。
うろ覚えしていたよりもステージが広いような、狭いような。
でも今回のメンバーが乗るには十分。
用意ができたら早速リハーサル。ちょっとしかやらないつもりだったのだが、
やり始めると確認することもたくさんあって、結構やってしまう。
でもみなさんやることきちんとやるのでめちゃ楽ちん♪

終わって開場を待つ。
結構楽屋が狭いので、Mこちゃんと地上に上がって入り口横で今日のお客さんを眺める。
いやー、想像以上にいろんなお客さんがくる。
おねーちゃんおにいちゃんとか(苦笑)、子供から年配の方まで。
あれやこれやと詮索しながら2人で眺める(失礼なことやけど・・・笑)

で、本番。満員になったBlueNote。
Kさんのお客さんがたくさんなので、会場はあったかな雰囲気。
ライブ開始で登場してから、曲中でも曲間でもあったかい拍手がいっぱい。
一緒にやってる僕らもなんかうれしい気持ち。
改めてこうやって本番やりながら、「えぇ曲やなぁ」とか思ったりする。
自然と気持ちもはいるし、えぇ演奏になったんちゃうかなぁ?

アンコールまで大いに盛り上がってコンサートは無事終了。おつかれさま!

その後片付けして、Kさんのお店に移動してお客さんも交えて打ち上げ。
なんかKさんも店長はじめスタッフのみなさんもお疲れなのに、
それでもちゃんと店をやってはるのが素晴らしい。
メンバーも深夜までわいわいと飲んでしゃべって楽しませてもらった。
おおきにです!

次の機会を楽しみにしてまーす!

2004/6/19
いよいよ明日にせまったライブのリハーサル。
もうだいたい出来上がっているのだが、主役のKさんにもっと慣れておいてほしいし、
バンド側も気づいてない細かなことごとの詰めをやっておきたくて。
しかしほんま今回やるメンバーはえぇわぁ、すっごい話早いし(これ大事)。
何よりも積極的なんがほんと助かります。ありがとうです。

全部確認できたので、リハは終了。明日楽しみ♪

そのあと今後のUSHのことをちょいちょいとしゃべる。
時間作って作曲しないと先にすすまない。なんとかやらなきゃ!
いろいろ宿題をつくってしまうが、、、まぁいいか。

かえってテレビ観戦。めっちゃ緊迫した試合で見てるこっちが参ってしまいそう。
しかしこんな結末やだー、負けた・・・・(T.T)

2004/6/18
昼からK-スケバンドのリハーサル。
いつものように仁川にある公共施設へ。
たいがい誰もほかに利用者がいないのだが(ま、概ねそんなもんじゃろ)、
今日は年配の方々の社交ダンスをやってた、へー、かっこいい。

来週あるル・クラブでのライブはこれまでのネタから選りすぐりという感じでやる予定なので、
前やったやつの確認を。忘れてるようで忘れていない。
でもだいぶなじんできたのでやりやすい。

おわって一旦家に戻ってから三宮へ。
久しぶりにNO_QUARTERの出番、これまた久しぶりに三宮FLAT FIVE。
到着すると前のバンドがリハやってるところやった。店内の模様がちょっとだけ変わってる、かな?
ともかく準備。まもなくリハ。
このUNITも社会人が増えてきたので平日だと早い時間にメンバーが揃わない。
リハというか回線チェック?ぐらいやって終了。
出番は夜中でちょっと時間が空くので一旦家にもどる。

テレビを見る。阪神まけた!なんでやねん!
金沢好投したのにー。

もどってちょっと打ち合わせ。
なんせNO_QUATERの場合は曲の構成を覚えておかないとなんやわからなくなるので、そこが肝心。
リーダーから方針を聞いて、構成をあわせる。なるほどなるほど。
まもなくライブが始まったのでお店にはいって拝聴。
今日はJazz系というので色とりどりでおもしろい。おもしろくないのもあるけど(苦笑)。

好んで聴くわけじゃないけれど、どうも空間・環境系の音って好きみたい。

さてぼくらの出番。ちょっとトラブったりもしながら、でもいい出来なんちゃうかなぁ。
前に出てる音がどんな感じになったのかはわからないけれど(聞いてみろということか?)。
聞くのは好きだがやるのは難しい。エフェクトは時分でかけたほうがいいのかなぁ。

結局結構深夜までライブを聞いたりしてすごすが、明日もあるので帰る。おつかれさまー。

2004/6/17
来週から海外なのでちょっと設定をして・・・ということで某所にPCの面倒を見に。
それ自体はすぐできたのだが、
サーバーのバックアップがもうパンパンな状態になっていて、
さてどうしようかと結構悩む。DVDがあるので、それを利用するのだが、遅い!
あー、DATかなんか買ってもらおうかなぁ。HDがでかくなるとやっぱバックアップはほんと厄介。

久しぶりの南大阪、なんだか懐かしい。

帰りは環状線に揺られて、なんとなーく大阪の街を感じる。

2004/6/16
夜、来週とか8月とかにライブのあるM原さんのリハ。みんなごぶさた。
にゅるっとしてたら(どうもCUBAから帰ってきてから、
普段よりよりいっそうにゅるっとしていて、ルーズだ、いかんいかん)
ちょっと、というかだいぶ遅刻してしまった。ごめんなさい。

今回は新曲もあり、ぼくの知らない曲もあり、
新しいサウンドに加わっていくってのはとても刺激的で楽しい。
とくにM原さんの場合は、全体からどういうサウンドが僕に求められているかをよーく想像してやらないと、
単なる間奏SAX吹きになってしまうし、余分でもだめだし、足りないといけないし、
難しい、でも面白い。
なんといっても、M原さんとP氏の書く曲が大好きだから。
そういえば最近M原さんのCD聴いてないなぁ。

久々に長いスタジオ時間だったので、結構疲れた。疲れた。疲れた。
荷物は軽かったのだが、足取りは重い。


2004/6/15
今週末にあるライブのリハ。先週に引き続き。
先週で曲のだいたいの像はみえてきたので、まだ決まってない細かいところを詰める作業と、
先週やれなかった曲、それとちょっと増えた部分の確認などなど。
メンバーみなさん達者なので何のストレスもなく、とても快適なリハ。

終わってしばらく時間があいてから、
夜SDSのミーティング。
最初にキューバ行ってた時に出演したテレビ番組の録画をみたんだが、
これがおもろいのなんの(ま、内輪ウケだけれど)。普段見慣れてないモンを見た感じ。わははは。
そのあと、CDのこととか今後の予定とかを話し合う。

2004/6/14
ひさびさのSoulFever@京都RAG
いつもはバリサクをIっちに借りるんだが、
今日は借りることができなかったので、
どうやって持っていこうか検討したけっか、テナーと一緒に台車にくくりつけて電車でいくことに。
だって京都まで車でいくのん、面倒なんだもーん(苦笑)。
なんとか楽に楽に(なるべく昇降しないように駅の乗換えを選んで)と電車を乗り継いだらえらい時間かかってしまった。
RAGについたらもうへとへと。

で、リハをちょちょいとやって、飯。
ちょうど都合があって、今後もしかすると(うまくいくと)USHがお世話になるかもしれない方が来てくださり、
一緒にしゃべりながらご飯をたべる。楽しい。なんかうきうきする。来月の沖縄が楽しみー♪

で、本番。
最近M田さんがお客さんに冷たくされてもそのまま突っ走っていく感じになってるのがめちゃオモロイ。
後ろからいろいろ大笑いする。
今日もGッチさんが抜群にかっこよくてまた惚れてしまった。いいわぁ。

結構長いステージになってしまったので、ビールをゆっくり飲む余裕もなく、店を飛び出て帰る。ケロケロ

2004/6/13
朝からちょっと仕事。
なんかまだ体の時計がちゃんと作動していないというか、
なんだかずれがあるような気がしてならなくて、
朝はやくに起きられるかどうか自信がなく、
「起きられるかなー」とか思ってたら眠れなかった(:_;)情けない・・・・

ってんでずーっと一日眠いまま。

夕方から9月にやるイベントの下見に服部緑地へ。
何度か出たことがある場所だけど、久しぶりなのでどのくらいの大きさだったのか実感するのにちょっと時間かかる。
あんまり見えなかったけど(開いてなかった・・・)。
そのあとその辺に座り込んで打ち合わせ。天気がいいからとても気持ちいい。
だいたいイメージが湧いたのであとは細かく詰めるだけだー。
なんだかまだふらふらするので、素直にそのまま帰宅。

今日も負けた、見てられん・・・・

2004/6/12
まだ雨が収まってないので、家でゆったり過ごすが、
なんだか家に居てもつまらんので、ガッコへ。
そんなに気合が入ってるわけではないが、ぼーっとでも楽器を吹いていると気が落ち着く。

テレビでやってたアメリカ映画みてちょっとムカっとする。
なんでこいつらこんなにヒステリックなんや?!最近ちょっとアメリカ嫌い。

2004/6/11
台風がめっちゃ近づいている。今日は梅雨の雨というより台風の雨っぽい。
朝から風がびゅーびゅー吹いている。

午後、ちょっとましになったのでまたガッコへいく。今週はヒマなのだ。
家でやることはもちろんあるのだけれど、日が昇っているときにしたくない性分なのだ。
ガッコで気分よくしていると、また雨がひどくなってきた。
湿気が多いときはなんか体もねちゃねちゃしてくるようで、気持ち悪いし、
なんとなく手の動きも鈍い。やだやだ。

そのうち風雨がもうえらいこっちゃ!になってきた(六甲山から吹き降ろす形になるので、
下のほうより数段ひどくなるようだ)ので、帰るにも帰れない。ましになるまでまつ。
結局夜になってから降りる。降りてみたら全然まし。山の天気ってなぁ。。。。

なんか何もやる気おこらない。テレビもおもしろくない。
早々に寝てしまう。こういうときは寝るに限る。

2004/6/10
すでに入梅してしまってる。でも今日はその間の晴れ間(というか曇ってるが)らしいので、
家事をする。掃除は楽しい。でもキチンとやるわけじゃーないんだけれど(苦笑)

もうめちゃくちゃ久しぶりにガッコにいく。
外で吹くのは気持ちいい。

2004/6/9
なぜか早くに目がさめてしまう、というか明るくなると目が開いてしまう癖がCUBAでついたのが直ってない。
うだうだーっとすごして、ちょっと用事をこなし、昼ご飯をつくって食べたら眠気に襲われて寝てしまう。
あーいかんいかんとまた用事をして、おでかけ。
先週のリベンジをと、某H百貨店の屋上(笑)のビアガーデンへ。

試合開始前ちょっとにつくと、すでにいつもの仲間がどどーんと。
今年はいまのところ去年みたいに首位独走!ってわけでもないので、
なんかこのビアガーデンも空き気味。
去年はえらくすみっこのほうにしか陣取れなかったのに、
今年は予約入れてなくても真中あたりに。どういうことだ?

ビールをもらって早速乾杯!さー頑張って応援するぞー!
しかし、初回からイキナリ井川乱調・・・・・3点も取られた、あわわ。
我がタイガースは再三チャンスをつくるものの、あと一本が出ない。
ノーアウト満塁からも点が入らない・・・・どうしたのだーーー。

最後までちょっとは盛り上がるけれど、大盛り上がりできずじまい。
一点差で敗れる・・・・また負けたよー。去年とのこの違いはナニ?
帰ってすぐに寝てしまう。

2004/6/8
6/20にさる方のバックをするのだが、そのリハ第一回目。
大半のメンバーは知った顔なのだが、初めての人もいるし、先輩ミュージシャンもいるので、ごあいさつ。
3月頃から準備はしてきたのだが、結局本番当月までばたばたして何もできてなかったので、不安。

が、しかし、みなさんちゃんと予習(というんかな)してきてくれていたので、
全然問題なくあわせができる。
ただモノホンとの楽器構成やらの違いがあるので、一曲ずつそれを確認しながら。
譜面が完璧じゃなくても、そのへんをお互い意見をいいながらひとつずつ決めていけるあたりが、
さすが熟練のミュージシャンばっか集まったという感じか。

おかげでKさんもことのほか喜んでもらえたようで、内心ほっと。
来週末までにいいライブが出来る状態になりますように。

2004/6/7
結局そんな睡眠時間もとれずじまいで宿をチェックアウト。
しかしM口さんがさすがにしんどいみたいで、しばらくロビーでダウン。
なんとか動けるようになるのをまって、とりあえず出発。そろそろっと運転。
この車は静かだし運転しやすい、M口さんゆっくり寝ててね。

松山道をすすっと通って川之江で降りてR192へ。
だいぶ前に出発したS水さんたちにうまくいくと会えるかなぁと思いながら、
でも運転が荒くならないように気をつけながら走る。

貞光のPエリアでいったん休憩。M口さんもだいぶ復活模様。
S水さんにTELしてみると「いま山内~」。えええええーずるい!
そうか今日は平日かぁーーー!しまった!こういうチャンスなかなかないもんなぁ。

にわかにうどんのことで頭がいっぱいになる2人。
ちょっとしんどいけれど、行きたい気持ちが勝ってまたもや峠を越えて香川へ。
行きもいった三島にいくとS水さんとKのさんが。先に食べ終わってたようなので、
ぼくらも店にはいると、昨日のおばあちゃん。ぼくらを覚えてくれてた♪
さっそくまたもやすすっと2杯いただき、しかも生麺のお土産もかって(一玉50円やった)大満足。

そっからまた峠を越えなおして、吉野川の北側をひた走って帰る。
藍住でフェリーで帰るというS水さんと別れて、そのまま鳴門へ。
そっから高速にのってのんびり~と走る。
淡路SAでいつもたべてる美味いほうのソフトクリーム(同じSAでも奥のほうにあるとこにしかない)を食べながら休憩。

いつも思うんだけえれど明石大橋をわたると一気に都会になる感じ。空気もなんかどよんとしてる。

よるぼちぼちな時間に帰宅。おつかれさま~。
M口さんもすっかり回復したようでよかったよかった。

2004/6/6
今日は毎年秋に松山で行われているSugarVillageの初夏版、VillageVoiceに参加のために松山へ。
S水さんは別途和歌山からフェリーで、ぼくとM口さんはひろってもらって淡路まわりで。
どこでどーなったかのかは不明だが(笑)、M口さんのだんなさんはくるし、
何の関係もないN川さん家族まで同行。目的は・・・・もちろんうどん!

ちょっと予定より遅れ気味での四国入りとなったが、
鳴門から徳島市を通り、徳島道で美馬まで、いつもの道のり。
そっから峠を越えて香川入り♪もうお昼もとっぷり過ぎている時間だったので谷川米はあきらめて、
もうちょい先の最近気に入ってる三島へ。ちょうどお昼休みにあたっている時間だったのだが、
入ってみるとまだ玉があるというのでたべさせてもらう。感謝!

しあわせ、です~

しあわせ、です~

まずはぬくいのにたまごを割って・・・・・かーーーっ、ウマーーー!
にゅるにゅるーーっと!やっぱりこれよね、これ!味わっても美味いし、呑んでも美味い!幸せ。
つづいて冷で。これまた締まってうまーーーウマーーー!あぁ一気に食ってしまった。
見るとMくちさんもだんなもN川家族もみんなもくもくと食ってる。
いちばんオモロイのはN川さん、いつもうどんくうときはしきりと「美味い」と連発しながら、
それでももくもくとたべてる(笑)

勢いづいた一同はそのまま善通寺の香の香へ。
のっけから釜揚げをずるるるーーっと食す。あぁうまい、あぁ幸せ~~っ♪
この小麦の香りがぷーーーんとするんがたまらんのよなぁ。
みんなも一杯では収まらず冷やしを次々とたのむ。
それが終わってもまだとまらず、もうちょいもうちょいとめいめい頼む。
結局3杯くってしまう、わはは。食いすぎじゃ!
でもN川さんはまだ名残おしそう(笑)。それぞれ持ち帰りようのうどんまで買う始末。

ここでN川さん家族とは別れて、ぼくらは一路松山へ。
松山道は全面2車線になったからほんと楽になった。
1時間半ほどで松山はRISKY着~。ひさしぶりのママやK-やんと顔をあわす。
いついっても温かく迎えてくれてうれしい。
S水さんもまもなく到着。とりあえず宿にチェックインだけしておいて、店に戻ってちょっと音合わせ・・・・
と思っていたがもうすぐに開場してしまう。
いつもSugarVillageはあっというまに開始時間になってしまうので困っちゃう~。

今日は都合上3ステージ。
最初は昨日のつづきのようにS水さんとのDUOからはじまる。
昨日のことがあったので自分が信用できてなかったのだが、だいぶコンディションももどったみたいで、
楽しく演奏。んで、M口さんもはいってもっと楽しく演奏、あっというまの一時間。
んで、一時間、地元のバンド(これまたオモロイバンド、途中で急遽参加させられる。
でもSAXじゃなくて、語り・・・・なんでじゃ!)の時間があって、またぼくらたけタケえみこ。
今度は時間をあんまり気にせずにやるが、一応3回に分けようとしてしまったのがちょっとよくなかった。
いい感じになったとこで一旦休んでしまったので、またリスタートする気分になるのに時間がかかってしまう。
でも3回目のステージは結局えぇ感じになることができた。

んで、一旦VillageVoiceは終了するが、そっからぼちぼちっとセッション開始。
お酒もはいって気分よくなってきたので、もー何も考えずにわーと演奏
(結構えぇ感じやったらしい)。そのうち他でやってたKAJAもやってきて、
M口さんとDUO。これがしびれるいい演奏!
S水さんもめっちゃえぇ感じ。

そっからまた僕も参加してえんえんと演奏。もうえぇ加減酔ってきてたので、
どんなけやったかちっとも覚えてません(苦笑)。
しっかしKAJA、えぇわぁ~~。

結局4時近くまでやって、そっからもうだうだーっとやって、
ママたってのリクエストで、M口さんとS水さんで「Sensuous Love」やって(かっこいい)お開き。
すっかり明るくなりかけの空の下を宿にもどったのでした。

あとで聞いたところによると、忘れ物をしてMくちさんが一旦店にもどったそうなのだが、
そっからまたやんやのリクエストで7時まで歌ってたそう、タフ!!

2004/6/5
たけタケ@俊徳道Crossroad

帰国してから初のライブ。
というかずーっと違う楽器、違うセッティングで吹いていたので、
いきなり普段の奴に戻すと、さすがに違和感がある。
というか体力がほんと落ちてて楽器吹くのがちょっとしんどい感じ。

でもS水さんに助けられてライブは楽しい。
しかし自分のなかからJazzな感覚がすっかり抜けてしまっているのに気づき唖然。
思ってるように体は動かないし、耳が感じているように音が出ない。くーーー。
でもなんだか待ったりした感じでよかったかも?

明日は早いので、電車でとぼとぼかえる。ちょっと雨に降られる。
微妙に濡れるのはいやだー。

2004/6/4
昼から来月のイベントのチラシつくり。キューバいくまえにやっておきたかったのだが、時間なかったのだ。
こんなデザイン仕事はまったくの素人だし、どーやったらいいかもわからんのだが、
お金もかかるのでなんとか自分で・・・と・・・。うー、難しい。

悩んで作りつづけること数時間、やっと形になってくるが、これでいいんかな?
(というかこれくらいなら2時間もあったらできそうなんだけど)
とりあえずこの時点で専門家の手にゆだねることにする。

阪神、途中までえぇ感じやったのに安藤が・・・・・あぁぁぁ。いやな負け方すんなよなぁ(T^T)

2004/6/3
時差ぼけになってるのかどーかさえわからない。
朝に一旦起きるがまた寝てしまい、昼前に起床。
やらねばならないことがたくさんある(帰りの飛行機から頭痛かった・・・苦笑)のだが、
今日だけは休ませてくれー、ってことでずーっとごろごろ。

夕方になってからお出かけ。
そうCUBA行きの前から楽しみにしていた甲子園でのヤクルト戦だ!
体調が万全でない(おなかがね・・・)ので全力で応援できるかどーかが不安なのだが・・・。
甲子園駅ででたところで待ち合わせ。今日はOS師匠にT山君、魔Hとあと2人の計6人での応援だ!
早速スタンド入りして(今日はバックスクリーン横、めちゃいい席!)乾杯、かーーーっ、いいねぇ。
なんでもいいけど、OS師匠は甲子園の青芝を見ると、映画FieldOfDreamsのサントラが頭をよぎるそーな(笑)。

さて、試合開始。今日は福原なので安心していたが・・・・が・・・・。
なんだかずるずるとうまーく点を取られていく、ジャブみたいに。
ヒットの本数では我がタイガースもそう変わらないのに、点は入らない・・・うー。
ずるずるーと5点入れられる。なんかいやーーーーなムード。
これまでまだ甲子園黒星のない僕にもついにか・・・・???

結局いやーなムードは9回裏までつづき、最後にちょーっとがんばって2点返したがそれが限界。
あーーー、負けたーー(T^T)。
OS師匠は呆けた顔で立ち上がれない・・・・沈没する6名・・・・。

その後駅前でうだうだーっとし、やりきれない気持ちをもてあましたまま帰宅。
見るテレビもなく、おもろないー(T^T)

ちょっと文句:
ライトスタンドはそんなことないけれど、レフト外野スタンドの阪神ファン!
負けたからゆーて物投げるなよなー(怒)なんでそんなことするかなぁ。もー。やめてほしい。

2004/6/2
日付変更線の都合上、昨日と今日は、ぼくらにとっては同じ日。
ロシア領を避けるようにしてアリューシャン列島(だったけ?)にかかったぐらいで日付変更線を越える。
知ってます?日付変更線って赤いんですよ、飛行機から見たらみえるんですよ!(ウソ)

それでもまだ日本までは遠い遠い・・・・。
で、数時間後。やっと日本領内までもどってきた!もうすぐだ。
わくわくどきどきしているうちに成田はずんずん(といってもなかなか近づかない気分)近づき、
あまりの時間の経過ののろさにぼーーっとしはじめたときに、軽いショックが・・・・・・成田着!
やっとこさ日本に帰ってきた!あぁうれしい、素直にうれしい。

入国手続きをとって入国。あぁ字も言葉も全部わかる。安心できる。
思いのほか成田空港はのんびりした雰囲気で、いま遠いところから帰ってきたのだということがウソのよう。
3時間弱成田でまって伊丹へ。もう飛行機乗るのも飽き飽きした!
安心したからか、すーーっと寝入ってしまった。気づくと・・・・見慣れた景色、奈良上空。
上からみていてもあれがどの道で、おお、生駒山やー、あれはどれだーとなじんだ土地が目に飛び込んでくる。
そして伊丹着。あぁ長かった!ほんま長かった!こんなに日本が遠いと実感したのははじめてやわ。
ほんまP氏、AゆAゆ、魔H、おつかれさま。。。。。

帰りがけにおなかのことはさておき、口がいうことを利かない(笑)ので、
日本料理屋に。何食べても美味い!美味い!うまいんだよーーーーーーぅ!

あぁ、無事帰ってこれてほんと感謝・・・・・おつかれさまでした。

2004/6/1
結局昨晩はみんな12時ごろにはねたみたい。
疲れがピークに達してるのと、ちょっと緊張が抜けたからかなあ。ぼくもすーーと眠りに落ちたよう。

朝4時半ぐらいに起きて準備。5時に宿をでて(昨日のタクシーが迎えにきてくれてた)一路空港へ。
まだ真夜中のように真っ暗。30分ほどで空港につく。
どうせがらがらやろうとおもってたら・・・・僕らが利用するAAのカウンターにはずらーーーっと人が!!
えぇぇ~!まぁ2時間近くあるけれど大丈夫ぶかなぁ。
ここのカウンター、荷物をいちいち一つずつ係員がひっくり返すのでめちゃめちゃ時間がかかるのだ。

じりじり進む列を前にやきもきしていたら、さすがにマズいと考えたのか、
僕らと同じダラス行きの便の乗客のみ別に受付を開始してくれた。
荷物ひっくり返すのもなし。なんじゃ?えぇのか?(苦笑)

で、「急いでくださーい」とか言われたのだけれど、手荷物検査を受けて出国したらまだまだ時間余ってる、なんじゃいな。
でも出発ゲートが2度も変更されるし、時間も?だし(前もって「いいかげんやよ」という忠告を受けてたから平気だったが)、
いったいどの飛行機乗るのか、乗るまでとっても不安だった。
結局ちょっと遅れてカンクーンを出発。海の上をずっと飛ぶので退屈。でもとっても明るいので寝る気にもならんし(^_^;)

2時間半ほどでダラス着。
行きとおんなじゲートについたんちゃうかな?またえんえんと歩かされる。
今回は入国はすっとできた、ふぅ。
往路の反省を活かして、あんまりあちこち歩き回らずにすむように、ゲートはさっさと近い奴を選ぶ。
で、さっさと出発ロビーまでいってしまう。
今日はちょっと時間に余裕があったので、おなかもへったし昼飯を。
魔HとAゆAゆに頼んで勝手に買ってきてーとオネガイしたら、中華のテイクアウトを!
おおーー、久々にちゃう味のもん食えるぞーと思ってパクつくと・・・・あぁぁ、アメリカンな味、大味~~。
アメリカやったこと忘れてた(^_^;)。昔NYにあった店のほうがだいぶ美味かったぞー(怒)
胃がちぢんでいるのか、いっぱい食べられず。

んで、案内があってようやく成田行きに搭乗。さよならアメリカー。
機内では疲れているので眠いのだが、ずーーっと昼のままだし、
なんか体のリズムもおかしくて、ちっとも眠れない。
機内の映画もなんかスケジュールと違うのやってるし。

アラスカ上空

アラスカ上空

しかし、飛び立ってから数時間後に現れたアラスカ上空からの景色は素晴らしかった!
雪をいただいた厳しい山並みや、一面の氷河、はじめてみる光景。
ちっさな窓にかじりついて飽きるまで見る、でもちっとも飽きない。
真っ白な世界がこんなに素敵だとは本当にしらなかったなぁ。感激!感激!ただただ感激。

その後もアラスカの先までいって、そのままロシア領をなめるように南下。
映画も飽きたし、かといって眠れないので、目の前の画面には延々とGPSで得られる現在位置情報が表示されている。
日本まであと9時間、8時間、7時間・・・・東京は現在何時で・・・とかとか。
いまみんな何してるころかなぁ、なんてぼーっと考えながら、
「はよ時間よ減れー減れーー!」と一生懸命願うがなかなか減らない・・・・。

Home > Archives > 2004-06

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。