Home > Archives > 2005-09

2005-09

栗本薫 – ヤーンの朝(グイン・サーガ103)

足早にでてた(月刊のようなペース、おそろしい)ので、読むのが追いついてなかったのだが、やっと入手(しかも古本で、早っ!)。読んだ。おもろいなぁ。あまりにもおもろいので3時間ぐらいで読み終わってしまう。もったいない。

ようやく100巻で迎えなかったなんとなーくな節目が前巻でついて(たのか?)、今回は小休止のような感じ。お話はあまり進まないけれど、次への大きな展開が。

しかし魔道師同士のたたかいって、すごいなぁ。やるなぁイエライシャ!すげー。LOAD OF~のあの白い人よりすごいぞー(なんとなくイメージは似てるんだけれど<想像で)。

ところで、表紙のヴァレはちょっと男前すぎじゃない?笑

早川書房 2005

栗本薫 - ヤーンの朝(グイン・サーガ103)

栗本薫 – ヤーンの朝(グイン・サーガ103)

チャーリーとチョコレート工場

行ってきましたよ、この映画、ようやく。ジョニー・デップが今度はどんな味を出してくれるのか楽しみで。

映画は筋をいうたら一瞬でおわってしまえるぐらい簡単な話だけれども、それを映像とうまい場面の展開で2時間をあっという間に思わせえてしまえるティム・バートンはすごい。

中途半端なつくりだったらきっとアラが見えまくってしまいそうな映像も、すみからすみまで丁寧につくってあって、見ているだけで楽しい。工場に入ってのシーンはTDLのスプラッシュマウンテンを彷彿とさせた。すごくいい出来栄え。全体にCGも極力少ない目でよかった。

繰り返しでてくる小さい人たちのばかばかしさの徹底さ加減が最高。でも一番の功労者はリスか?笑。ジョニー・デップの「ちょっとおかしい人」加減もめちゃいい。カリブの海賊といい、この人って、ちょっとネジゆがんだ人やらせたらハマるよなぁ。脇役では主人公の父親役の人がえぇ味だった。

たしかにヘンテコな世界のヘンテコな映画。それだけにハマれる人には楽しい。

アメリカ 2005
2005/9/10 公開

辻仁成 – パッサジオ

久しぶりに辻氏の本を読んだ。古本で買ってたやつ。

なんかコノ人の本を読んでると、何故にそんなに破壊的かなーと思うことが多いのだけれど、この本の場合は穏やかに壊れる感じだったので、しんどくなくてよかった。

しかし色彩的だ。本人の意識の奥底へ落ちていくような描写のとき、きっとこの人が書くスピードと同じ速さで読まないと、感覚的に理解しにくい個所がいくつかある。前にもこんな描写あった。どれだったっけな?

すっと読める感じでよかったけれど、こう、どこか引っかかったまま、引きずったままの感覚がのこる。そういうひとなのだろうな。

文芸春秋 1998

辻仁成 - パッサジオ

辻仁成 – パッサジオ

田口ランディ – 縁切り神社

半分ぐらい実話なんじゃないかと思ってしまうほどに、色濃く深く男女のさまざまなシーンを描いた短編集。ほんとに実話じゃないのかなぁ?

ランディさんの書く小説などで使われる一人称の「あたし」っていう表現がとても好き。本当に「あたし」がしゃべっているように読むことができる。しかもその性格もなんとなく想像できてしまう感じ。きっと作中の「あたし」とランディさん自身を勝手に同一人物と思って読んでしまうからなのだろうけれど。

秋に読むとちょっと悲しくなる。実際世の中は寂しくなるコトガラのほうが、多いの、かも。

2001 幻冬舎

田口ランディ - 縁切り神社

田口ランディ – 縁切り神社

最後の聖戦

劇場公開以来初めて観たので、もうかれこれ20年ぐらいぶり?それでも結構内容や映像を覚えている自分にびっくり。若いころは集中力があったのね(^^;

こういう昔々の物語が実は現在どこかにひっそり存在してる、っていう話には弱い。すごくロマンを感じるから。こういうのって日本的なものより西洋的(キリスト的といったほうが早いか)なもののほうが好き。なのでこのシリーズも全部好き。盲目的に。

3作目は何といってもショーン・コネリーが格好良すぎる。当時007以外でのショーンを知らなかった(見たことなかった)ので、この映画でいきなりスキンヘッドで出てきた彼を見て驚いたのと同時に、「ハゲってかっこえぇ」と思わせたのも彼が最初。回りにいるおやじたちの情けない頭に比べて、なんて格好いいんだろうと、子供心に思ったのが懐かしい。

あれからだいぶ年月経ったが、いまや、スキンヘッドはかっこいい一ジャンルを確立するにいたって、もしかしたら彼の功績も大きかったのでは?と勝手に賞賛を贈る次第だ。

ドッジボール

お馬鹿(笑)。こういうノリ一発ものの映画が好きな方にはとってもオススメ。ストーリーうんぬんより、悪役のベン・スティラーがいい味を出しすぎている。いかにもいそうなトレイナー振りがGOOD!きっと英語で観れて、アメリカ文化を知ってる人ならもっと笑えるんだろうなぁ、とちょっとうらやましい。

しかし、こういうオバカ映画には必ずといっていいほど、なんらかの決めポーズがある。サボテンブラザースしかり、ゾルダン星人しかり、オースティンパワーズしかり!この映画の場合は「パン・パン・シャー!(コブラの真似)」だった。あほらしくて最高!

秋の夜長の退屈しのぎ、しっとりした映画ばかり見すぎたときの口直しにオススメ!笑

アメリカ 2004
2005/4/29公開

(旧)2005.9月の日記

  • 2005-09-01 (木)
  • Blog

2005/9/30
リーガロイヤルでなんだか会合パーティーでの演奏。
お昼過ぎに入って準備。先輩諸氏に混じるのは楽しい。
今日はフルバンでダンスモノの曲ばっかりを。
ちうか、曲めちゃくちゃ多い。30曲ぐらいあるやん?!
こういう仕事にはまったく慣れていないし、第一譜面読むのが苦手なので大ピンチ!

リハで一通り流すが、もう譜面にかじりついて必死。わお。
でもまぁ、いわゆるフルバンのための譜面ってやつじゃなくて、
歌モノとかそんなんが大半なので、キビシー譜面はそうなくて、助かった、ほっ。

で、そのパーティーの途中から登場しての演奏。
日本人に混じってたくさん外国人もいてたようで、演奏が始まると器用に踊る人たちがたくさん。
曲ごとに拍手する(お互いのダンスパートナーに)あたりが、ちょっとセレブな集まりっぽい。
なんか別世界みたい、へへ。

1時間半ぐらいずーっと休みなしで演奏(しかも譜面ばっかし)したので、
大変疲れました。あーつかれた。でも勉強になったからよしとしよう。

明日はうどんツアーに拉致される、しかも出発3時半なのだが、
阪神今年の全試合放送!って番組を見初めてしまい、
「おー!この試合見た」「あーこれ負けたよなぁ」と今年もいっぱい試合見たり聞いたりしてたことを思い出し、
キーポイントとなる試合にうなずき、マジックが減っていくにつれてうるうるし、
やっぱり昨日の試合で涙してしまって・・・としてると、3時。あらら・・・(^^;

2005/9/29
廣田昌世(B)3@武庫之荘Mクアトロ

今日タイガースが優勝するかもしれんので、そればっかりが気になる。
ラジオを聞きながらお店へ。ちょっと音だししてお客さんを待つ。
が・・・・今日、来るかなぁ?不安。ぼくやったらテレビの前でかじりついてるなー。きっと笑。
てなわけで、待ちながら、みんなでラジオを聞く。
お客さんも来てくれるのだが、これがまた超身内なので、一緒にラジオを聞く笑。

結局そのまま人も増えず、ラジオを聞きつづけ・・・・・9時前にリーグ優勝決定!!!わーーーい!!
映像として見れなかったのが誠に残念だったけれど、優勝の瞬間を体験できてうれし。
だって2年前はちょうどライブやってるときだったもんなぁ、たぶんステージの途中だった
(相手の試合結果待ちやったもんな)。
ママの粋な計らいで、みんなで乾杯。いやーよかったよかったと言い合って、おもむろにライブスタート。

しかしこんなことが許されるのも地元だからか。普通アカンよね(^^;。
ママ、お客さん、ありがとう!

ちょうど少ししてI島さんも現れて、カルテットで演奏。
気分も軽く、うきうき演奏。久しぶりのライブなので、自分で不安だったのだが、まぁ大丈夫だったみたい。
いつもより遅い時間にずれてしまったけれど、2ステージきちっとやってライブは終了、おおきにでした。

帰ってから優勝特番を見ながら祝杯。
今日の試合をみてうるうる、下さんや矢野、金本らのインタビューを聞いてうるうる、
今年の名シーンを見てうるうる・・・・いやぁ、タイガースってやっぱり、えぇなぁ。
何がこんなにえぇのかちっともわからないのだけれど、こう、心に響くのよねぇ。
そんなに熱心なファンでもないし、たかが野球やん、て言われると、そうなんだけれど。。。

ま、とにかく、今年は強かった。ほんとに。負けそうで負けなかったもん。
岡田サンの采配がよかったし、彼の哲学でチームが出来てたんだろうし。
なによりおっさん連中がめちゃ頑張ったもん。それがうれしい。
おっさんなっても一番ガンバレるってのを証明したもんな。ぼくもがんばらんと!

ビールかけに参加したかった!赤星HGめちゃ似合ってた・・・笑

阪神優勝おめでとう!ありがとう!お疲れ様!

2005/9/28
今日もひたすら。昨晩遅くまでやってたので、ちょっとフラフラする。
なんだか卒論とか修論書いてたときを思い出すわー。音楽なんか聴きながらねー。
夜中になると過激なやつはしんどいので、割と流れるようなやつ、
たとえばボサとか、結構静かなアレンジモノのJazzとか、そんなん聴きながらやるのだけれど、
ああいうの聴いてると(聴いてるからかどーかはわからんのだが)、時間経つの早いなぁ。
いまは、まだ夜が長いからいいけれど。。。。(^^;

虚塵が目を覆いたくなるぐらい弱く、ついにきたで!M1!!!明日か?!

2005/9/27
今日もずーっとパソコンの前。だいぶ頭が切り替わったので、
デザインとかを考えながらあーだこーだ。
でも、ずーっとすわり仕事は尻がイタイ(あ、ぢ、ではないよ)。
作業に飽きたらちょっとテレビみたり、ねこさんと遊んだり、
メダカをながめたり。。。。。当分終わりそうにないぜ(T_T)。

今日は中日買ってマジック減らず。

2005/9/26
昼からずっとパソコンの前で作業。座ってはいるのだが、頭が切り替わらないので、
なかなか作業がはかどらない。やっぱり頭の切り替えに時間がかかるようになってしまったなぁ。

夜、一平師匠に誘われて、この夏のいろんなイベントの打ち上げに。
谷六にある、たまり場すかんぽ、というお店へ。
界隈のひとはよくくる有名な店だそう、何しろ安い。

韓国料理店とはまた違う感じのもつ鍋をつつく。
もうこういうの普通に食べられるぐらいに涼しくなったのねぇ。

酒が進むにつれ師匠とB兄さんの話がめちゃ面白くなっていく。
が、同時にしゃべるもんだから聞き取れない。あーわがままな二人(笑)。
でもいろいろ勉強になる話を聞かせてもらえて感謝。

いや、まだ音頭のことなんてちっともわかってへんから、教えてもらわないと。
まずは歌の内容からですな。

2005/9/25
夜、堺のSAM’sレコードの30周年のパーティーに出かける。
先月ちょっとしたことでオーナーから声をかけてもらったのもあるけれど、
今日このイベントがある、ミナミのSANSUIにも行ってみたかったので、ちょうど良かった。

Mコちゃんも一緒にいこうということになってたので、
ついでにちょっと何かやらせてもらおうと、RのHデキさんに相談して、DJタイムに一緒にやろうと。
その相談をしに、3人でRに集合。毎度のことながら適当にトラックを選んで、
それをどうこうつないで最終的にこうしよう、みたいなことを打ち合わせ。

えぇ時間になったのでSANSUIに移動。
地下にある店に入るともう人だらけ、さすが老舗の人のつながりはすごいなぁ。
よくお世話になってるソウル系のバーの方々から、ミュージシャン関係、
音楽好き人、なんとB兄さんまでいた笑。いろいろ挨拶する。

ぼくらの前にはThirdStoneのバンドが出てたので、
もう知り合いばっかなので、ステージにかじりついて見る、これまたタノシ。
久しぶり会う人もいたりして、これまたウレシ。

で、Hデキさんの時間がきたので、ちょっとまわしてもらってから、
ブースの中に入って、DJとのセッション。もう適当。でもちゃんとついてくるMコちゃんさすが。
うわーっと適当にまわしてから、USHのトラックにもっていって、そこで一曲まるまるやって終了。
適当な打ち合わせだけでやったわりには、ちゃんと形になるあたりが、さすがやん。>オレタチ笑。

そっからまたフロアに戻ってみなさんと談笑。
SKさんと阪神話で大盛り上がり。また別で飲み屋話で盛り上がりと楽しい。
最後のほうでJAYEさんのステージあり、ラストはセッションあり(SKさん弾き、しゃべりまくり)で楽しいイベントやった。

そっからも店でうだうだして、ラーメン食べに行って、
Hデキさんが行ってるので、SoulFucktryに移動。2Fでだべる。
ここでもセッションしようというてたのだが、結局だれてしまってせず。始発までうだうだする。あー眠い。

今日も勝ったぜ!M3だ。

2005/9/24
オフ。先日からまた家具を買いたい病がむくむくと出てたので、
最近お気に入りのOne’sが入ってるとこ、ということで、伊丹駅前のダイアモンドシティー・テラスへ。
六アイにもあるのだが、先日いったし、遠いし・・・(^^;

ここもまぁよくあるような複合商業施設。
最初に映画「チャーリーとチョコレート工場」の予約をして、フロアをぶらぶら。
ららぽーとほど広くないから、しんどくなくていい。
One’sに行くと、ちょうどこのダイアモンドシティー自体がセールやってて、
10%引きだというので、先日から欲しいなーどうしようかなーと迷っていたものを、
えーい!と買う。ついでにクッションまで買ってしまう。これゴキゲン♪

で、映画を観に。
いやー、「カリブの海賊」といい、この「チャーリーと・・・」といい、
ジョニー・デップって、ちょっとヘンな人演じさせたら上手いなぁ。
コミカルにヘンさ加減がいい具合でとっても楽しい。
映像も徹底的に手が込んでてとても綺麗。ストーリーよりも、
その綺麗さとか、へんてこさで2時間があっという間。こりゃ楽しい映画だなー。
脇役の人たちもよかったし。あー楽しめた。

で、すっかり夜になってしまったので、いそいそと帰る。
もう風がすっかりつめたい。秋だな。

今日も勝った、M4

2005/9/23
昼過ぎから、NO_QUARTERのリハ。しかしメンバーがなかなか集まらず。
ようやく集まってからスタジオへ。
先月のライブのときの前にちょろっとリハをしてそのまま本番やったので、
全然曲を理解していなかったが、今日のリハでよーやくちょっと理解。
あと、前にレコーディングした曲とかも。よーあんなん吹いたなぁと自分で思う。
だって難しいもん。

帰ってから飯を作るのも面倒だったので、
なんかないかなーと西宮浜方面へふらふら。
こっちにきてから粉ものの店を見つけてないので、それを探索しに。
前からしってる交通公園(っていうのがある)そばのお好み焼き屋さんにいくが、なくなってた。
やっぱこの辺は商売難しいのか・・・・?
そのまま臨港線をふらふらっと走って(チャリでね)、白鷹ちかくにできてた焼肉屋さんへ、匂いにつられて(^^;。
腹いっぱい食う。というか、食いすぎた、腹いたい(^^;

タイガースが順調に勝ってる、M5


2005/9/22
昼から、たっちゃんのバンドのリハ。来月頭のライブに向けて。
前回からまた曲をいろいろ変えて。昨日さらっただけなので、ちょっと不安だが、ま、それはみんな同じよう。
さっといく曲はいいのだが、今回もあるチャカレラの曲がめちゃくちゃ難しく、難儀する。
でもこのリズム、慣れるととても楽しいのだ。なんどか練習してコツをつかむ。
ま、あとは本番だなー。楽しくなるといいな。

ちょっと寄り道して買い物とかしたついでに、古本屋によってしまう。
なんか買ってしまうのよねぇ。いっぱい読む本あるのにー(^^;

2005/9/21
オフ。ゆっくり家事とかする。
のんびりしてたが、はっ!と明日のリハのことを思い出し、
慌てて譜面とかをさらう。あぶないあぶない。


2005/9/20
ストリート。
京都だったので、Tイガくんとかなーと思っていくが、違った(^^;。
だいぶ京都も肌寒くなってきていて、じっとしていて、風が吹くと寒い。
でもまぁ演奏してる間は全然大丈夫。

そのせいもあってか今日は演奏していてもみなさんの食いつきが悪い。
ま、それでもやってることが楽しいのでわーわーやりつづける。
そのうち立ち止まってくれる人も増えて、やりがいあってよかった。
やっぱり観光地だけあって(ま、それ以外にも理由あるだろうけど)外国の方がおおい。
でも、日本語達者な人もおおい(^^;

結局終電ぎりぎりまでやる、あー楽しかった。


2005/9/19

こんな状態だ(^^;

こんな状態だ(^^;

オフ。昨日結構飲んだので昼までぐーぐー。
昼からご飯ついでにちょっとお出かけ。そう、ビールの買い置きがなくなってしまったのが最大の要因。
というわけで、六甲ILの会員制ディスカウントスーパーへ。

またビールを次々と物色。
といっても種類だけでいうたら100どころか・・ってぐらいあるので、
片っ端から飲んでも結構時間かかるのだが、とりあえず美味しそうに見える(ほんと見かけだけで選んでる)ものをチョイス。
あとオリーブオイルとか、なんかそんなもんをいろいろ物色。
レジに向かうカートを見ると、ほとんど全部が液体だった。何してんねやろ笑。

その後ファッションマートとかをぐるぐると物色して、
映画を観ようとするが、見たかった映画が満席で入れず、残念。すごすご帰る。


2005/9/18
伊丹谷良介ジャパンツアー2005@宝塚造形大学学園祭

朝もはよから宝塚へ。
学園祭の初日だそう。宝塚といってもずっと東、ほぼ川西に接するぐらいのところ。
ステージがお昼過ぎからなので、朝に入るというわけ。

少しだけ先についたので待っていると、みんなが到着。
一台に便乗して学園内へ。場内は準備でおおわらわ状態。
その間を器用に抜けて、一番奥のホールがあるところへ。
ホール手前に野外のステージがあったのだけれど、今日はここじゃないそう。よかったほっ。
だって今日の衣装、きっと暑いんだもん。

スタッフと挨拶を交わして楽屋で準備。
どうやらホールコンサートの実習も兼ねているのか、学生さんスタッフはその感じの人がおおい。
PAは久しぶりにあったTイチ。元気そう。相変わらずぐにゃぐにゃしてる笑。
ちょとぼけっとした後に、サウンドチェックをして、一通りリハーサル。
結構時間が無い。
あと、今日はVJオペレータおよび、エアキーボード(笑)としてDスケも。こいつもまた久しぶり!

リハ終わってからちょっと腹ごしらえして、着替えて本番を待つ。
今日はMリちゃんに黒いハットを借りてみたのだけれど、赤の衣装に合うね、これ欲しい♪
開演前に舞台裏へ移動。鏡張りの部屋なので、自分の衣装姿にちょっとうっとり(笑)。
最初からここ楽屋でもいいのになぁ。
緊張するものあり、やたらと眠いものあり。

お客さんの入りがちょっと遅かった(そら真昼ですもんな)ので、
ちょっと恥ずかしい学園内アナウンスがあったり、呼び込みあったりで、ちょい押しでスタート。
良くできたVJから、いつもの入場のBGがあって、スモークの中みんなでステージへ。
ちょいとそれにSAX重ねて雰囲気作ると、曲が始まった。

ホールは満員。イキナリの登場でちょっと面食らってるぽいけれど、
そんなことはお構いなしにMシェルはいつものハイテンションで「たらかづかーーー!」
慣れた曲をとんとんやって、キメをキメるとお客さんものってきてくれる。
ちょっとおいてけぼりだった場内もやっとあったまってきて、いい感じに。

立て続けに2曲やってMC。バラード、中国の曲。そしてラストと、せわしなく短いステージだったが、
Mシェルの感じはわかってもらえたかなぁ?
久々のステージだったけれど、やっぱこれはこれで面白いなぁ。
散々やってるバラードをやると、中国でのツアーのことを思い出す・・・・・いろいろあったのぉ。

アンコールをせがまれるが、応えられず。Mシェル一人で対応。
このあたりの成長はさすが。

終わってからぼーっとしたり、中国関係の人があつまっておつかれさん言ったり。

学園祭が終わるまで車が出せないので、メンバーとその辺をうろちょろ。
うろちょろしてみて分かったけれど、この学校、すごく敷地狭い。人も多くない。
学生達もあまり元気じゃない感じ(ぼくらがバカすぎたのかも)。
あまり見るものも食べるものもなく、楽屋へ戻ってみなとうだうだ。

ようやく時間になったので、出る。Hっくんを駅で降ろして、おうちへ、ちょっと混んでて時間かかる。
帰ってからご飯を作るのも面倒なので、駅前になんかお店を物色しにいく。
京料理のお店があったので、敷居高いかなぁ?と思いつつ入ると、
高くないし、美味しいし、あたり☆!
その後、前から気になってたバーにいって、珍しくへろへろ。上機嫌で帰って、バタンQ~!


2005/9/17
SOUL DISCO FEVER@南堀江KNAVE

お昼過ぎてからお店に入る。ちょっと久しぶりのKNAVE。
メンバーがぼちぼち集まって、ぼちぼち準備して、ぼちぼちサウンドチェック。
M田さんの喉はだいぶマシになったようだが、まだ痛そう・・・。

チェックしないといけない曲をチェックしてから、
DISCOもんをささーっと一通り。リハでやってない分に関しては、
エンディングとか曲のつなぎとかを忘れてるのが多くて、
みんなであーだこーだ言いながら思い出しながらやる。

リハ後、今日はDJも入るので、本番までその準備もあってだいぶ時間があるので、
ちょっと外をふらふら散歩。だいぶ涼しいので歩いててもうっとおしくない。
オレンジストリートの家具屋さんを外から覗きながらぶらぶら。
あと欲しいのはコーヒーテーブルの可愛いやつなのよね(他にもあるけれど)。
なにわ筋ぐらいまで歩いたが、えぇのん見つからず。店に戻る。

で、本番。今日は一部がSOUL FEVERもの、2部がDISCOもの。
でもいつものようにしつこいことはせずに割とすすっとステージを進める。
M田さんもなんとか大丈夫のようで、一安心。

2部のDISCOもんのとき、結構リハで決まってたことがあるのだけれど、
場のノリとかそういうのもあって、その場でちょっとずつつなぎやエンディングを変えたのはいいのだが、
うまく意思疎通できなかったときに、結構あぶないことになったりして(^^;。
でもまぁ曲が楽しいもんだから、それはいいだろう。
しかしYMCAっておバカで楽しい曲やなぁ~。

終わってから来てくれてたWさんとうだうだしゃべる。
いろんな近況を知らせてもらったり、写真みせてもらったり。

明日はめちゃ早いので、帰ってとっとと寝る。

2005/9/16
今日はしんどいことに、リハ2発。

夕方大正にあるFPへ。リハのまえにちょっと打ち合わせ等々ということなので、はやめにいく。
久しぶり(っていうても4ヶ月ぶりか?)にあるI丹谷氏。
髪型変えてさっぱりしていいかんじ。Hっくんもきた。
あと今回北京から同行したT田くん、タイコで参加してくれるMリちゃん(HONEY SACてバンドしてるそう)。
挨拶したり近況を知らせたりして、まずは顔合わせ。

いつものスタジオ(鏡張り)で、練習。新しい曲が一曲あるだけで、
僕にはなれた曲ばっかりだが、やってみないと覚えてるかどーかわかんない。
でも以前あんなけ練習した曲ってのは覚えてるもんだねぇ。一瞬「ん?」と思う瞬間とかもあるけれど、
やっぱりちゃんと覚えてて、最後のキメまでできたりして。

今回も同期モンでいくので、そのあたりを調整しながら。
新しい曲はちょっとまえに中国でネットから爆発的に売れた曲の日本語版ということで
(まだ、知られてないよね、日本では)、これは完全生で。
「ねずみ」と題された曲。”ねずみが米を好きなような気持ちで君のことが好き”というような歌詞なのだが、
もともとは中国故事かなんかからとられたそう。
面白いのは、英語版では、米→チーズ、になってるところ。
やっぱ国違えば文化が違うもんね。ジェリーが米食ってたら変だもん(笑)

てな感じでリハ一発目は終了。本番はあさって。宝塚造形大学だそう。

そのまま同じスタジオで次のリハ(移動じゃなくて助かった)。
明日のSOUL FEVER(DISCOもんばっかやるけれど)のリハ。
メンバーが集まるのをうだうだ待って、上のホールで練習。
ま、前回と大体同じ曲をやるので大丈夫なのだが、
普段のSOUL FEVERでやってる曲もやるってことで、ポイントだけ練習。
しかしM田さんが、扁桃腺腫れてるらしく、明日が危ぶまれる。痛そう。


2005/9/15
昼から南大阪へ。ちょっと例の土建屋さんがらみで。
その足で日本橋へいき、HDDとかを買う。
相変わらず日本橋は誘惑がいっぱい。欲しくなるものいっぱい。
長い滞在時間は体に悪い(笑)

夜、清野拓巳(Gt)4@俊徳道Crossroad

今日はセッションのような感じでライブを。
S野さんとこういう形でやるのは久しぶり。
ぼくとS野さんの組み合わせでわーっといきそうな曲を選んでみるが、
曲が懲りすぎたのか1回目はちょっとばたばたしてしまったために、
2回目はスタンダード中心に自由にやろうということになってやる。
やっぱりこっちのほうがいい感じになる。

初めての組み合わせでやったので、
落ち着かない部分が多かったけれど、これ、慣れるともっと自由になれそう。
またセッションしたいなぁ。


2005/9/14
夜、USHリハーサル。
来月のライブの準備もしないといけないのだが、
それともちょっと絡むのだが、
あるアイデアがあって、それのためにUSHなりのアレンジをずるずる考えてきてたのだが、
それを音に出してみるリハーサル。

実は内心うまくいくかどうかめちゃ不安で、
うまくいったらいいけれど、「いまいちやなぁ」てなったときにどうしよう?とかしょうもないことを考えていたので、
ちょっと不安な気持ちで入ったスタジオだったのだが、
曲とその曲を仕上げるイメージを伝えながら、音をだして修正して、ってのを繰り返していくうちに、
メンバーの方々もイメージがわかってきてくれて、どんどんいい方向になってきた。
この辺はさすが先輩諸氏という感じか。

結局思っていた以上にいい感じ(その場で考えたものもあったのに!)になった。うれしい。とてもうれしい。
これでちょと次に進むことができるなぁ。

あぁ、だいぶ心配事が減った。

2005/9/13
今日はオフ。一日家にこもる。頼まれている本の監修作業をしたいのだが、なかなかすすまない。
明日のUSHのリハのための準備もまだ中途半端なので、そっちをなんとかやる。

夜になっても帰ってこない。
あちこち街をあるきまわって、探すが、こんなとこ探しきれるわけないやん!てぐらい、
ねこさんがもぐりこめそうなところがある。それでもぐるぐる歩き回る。
車に轢かれてたりしたらどーしよーとか、そんなことばっかり考えてしまう。

しかしねこさんひとつイナイだけで、この取り乱しようは何だ?<自分

冷静に考えてみると、たぶん、玄関から出て、ちょっと回りをふんふんしてたら
(実際ドアから5Mもよう離れない)どっかの人がでてきて、
わっ!とびっくりしたが部屋に戻れず、そのまま階段のほうへ追いやられて・・・・
という風に下まで降りたか、どっかに潜んでいるのか、って可能性が高い。
何しろびびりんちょなので、外を闊歩したりできないタイプなのね(ネコなのに)。
ベランダがわから落ちて・・・というのもあるのだが、うーーん。

そっからもいろいろ探すがいない。

夜遅くになって、未練がましく廊下から道路を眺めていると、
階段の踊り場付近にある窓の枠のところがいつもより太く見えるので、
じーーーっと目をこらしていると、お?ネコが乗ってるように見える。

というので、すすっと階段を下りて、近づいてみると・・・・・・
あ、うちのネコさんやん♪♪♪呼んでみてもうらめしそうな顔をしてるだけ。
近づいて捕まえてもうんともすんともいわない。素直に抱かれる(普段はこんなことまったくない)。
毛もばさばさ、なんかくさい。ちょっと痩せたみたいに見える。

連れて帰るとそそくさと押入れの奥に避難。そっからでてこない。
彼にとってはめちゃくちゃしんどい3日間だったよう。
後になってがつがつ飯食ってた。水もずーっと飲んでた。
きっと飲まず食わずやったんやろなぁ。ごめん不注意で。

無事帰ってきたのはいいが、ちょっとびっこひいてる。
折れてるようには見えないが、念のため病院にもっていかなきゃな。

やっと僕の気分も落ち着いた。ふぅ。


2005/9/12
結局まともに眠れず。たまにいなくて、明け方なってベランダでにゃーとか言うたりするので、
それをちょっと期待していたのだが、帰ってこない。飯も喉をとおらない。

日中も帰ってこず。何もやる気が起きない。こりゃいかんな<自分。

夜、ストリートに。久々。で、久々に淀屋橋。
体調もへんてこりんだし、それ以上に気持ちがあさってなので、
なんか自分で自分の演奏がコントロールできない。でもとにかく一生懸命にやる。
ちょっとでも気分改善できたらーと思うのだが、池の底に沈んでるようだ。

ま、そのせいもあるのか、選挙のせいもあるのか(なんやねん!この結果は!思うだけで腹がたつ!)、
立ち止まってくれる人少なし。なんかしょうもない世の中やなぁ。


2005/9/11
誘われて、おでかけBaseよしもと、へ。
めずらしく神戸であるようで、僕の好きな方々もでるようなので、と。
夕方にでかける。ぎりぎりに会場に到着するともう満員。
若者が多いかなぁとおもってたけれど、週末だからか意外と家族連れが多く、
やっぱりミナミのベースよしもととはちがうよなぁ(行ったことないが)と勝手に感心。

イキナリでてきたのが、レギュラー。
テレビとかとは違って積極的に客席にからむからむ。
いつ見ても漫画みたいなキャラ二人やなぁ。あるあるネタを連発。
次に中山功太、はじめてみた。芝居かもしれないけれど、メモみながらやるのはずるい。でもちょっとオモロ。
次にとろサーモン、こういう会場だからのノリだったのか、ちょっと怖かった。
んで、ちいさな人ネゴシックス。コノ人もモノネタなので、ちょっとずるいとおもう。2回は見ないなぁ。
んで、千鳥、やっとまともぽい漫才。面白い。テンポもいい。
全体に会場が広いので声が聞こえにくいのがちょっと不満。
間にだらっとしたコーナーがあってから後半戦!

後半一発目はNON STYLE。おもしろい。
次にイシバシハザマ。後ろのおばちゃん達は初めて見たみたいだったのだが、
大受けしてた、特に超クール宅急便。だいぶ笑いは六分咲き以上になってきたな♪
次に麒麟。さすが。人気があるからみんな期待するし、
それ以上に応えられるってのがスゴイと思う。笑いっぱなし、涙でた。
トリは笑い飯。西田氏の髪の毛がえらい綺麗やった(見てたのはそれだけか?!)。
僕は切ったからこれでだいぶ差別化できたかな(笑)。
先の麒麟がおもろすぎたので、笑い飯ちょっとつらし!でもオモロイ。テンポ若干遅めな気分。

やっぱり大きすぎる会場ってのは難しいんやろなぁ、と思う。
声の届きもわるいしなぁ。がんばってねー。やっぱNGKとかにいきたいな。

家に帰ると、うちのねこさんがいない!?
いつも本当意外なところにいるので、あちこちひっくりかえして探し回るがいない。
ということは出て行ったってことか?メダカ可愛がりすぎて拗ねたんかな?
ベランダづたいに隣いったか、落ちたか、玄関から出て行ったか・・・・まったく消息不明。
心配で眠れない。

2005/9/10
たけタケ(E.D.F.2)@桃谷M’sHall

今月のM’sはみんなの都合がうまく合わなかったので、僕とS水さんの2人「たけタケ」。
前2人でやってたときは、そりゃもうしっちゃかめっちゃか、やりたい放題のDUOをやってたけれど、
最近は「たけタケ」といってもE,D.F.2と名乗ってるように、
E.D.F.すなわちS水さんの曲ばかりやるようになった。

準備をしてうだうだーっとS水さんとお客さんがくるのを待つ。
この2人でやるときは準備やら打ち合わせ一切なし。でたとこ勝負(っていつもか笑)。
みんなに、来て来てーって言ったせいか、たくさんのひとが来てくれた、うれし。

おとといのCrossroadの時っぽい選曲から始まったけれど、
自然に秋を感じるようになったからか、なんだか静かな曲とかが多かった。
また、先月の爆発的なMCはすっかり影をひそめ(あんなん狙って考えてできるわけないもんね)、
今夜は演奏にしっとり浸るような感じで。今日も新曲をやった。えぇ曲やなあ。

2人でやっても5人でやっても同じぐらいの曲数しかしないのに同じぐらいの時間が経つ。
なんでかな?長い?そりゃー我ら「オール西日本ソロ長いもの同盟」の会員ですから(笑)。
でもやっててちっとも長いとも退屈とも思わない。静かに静かに流れる時間がいい。
それに身を任せてるだけでいい。

終わって、S水さんはどっかいきたそうだったけれど、
しんどかったので帰る。なんだかお客さんもすーーっと引いちゃったし。

が、やっぱり腹が減ったので、帰りがけに野田のおでんやに行く。ここうまいのよ。
みんなで行きたいなっと。朝までやっとるしー笑


2005/9/9
HIRO野口(Tp)5@姫路ライラ

先週につづいてこのUNIT。
今日は姫路。時間があったら山陽電車とかのってのんびりいってみたかったのだが、
どたばたしてたら時間なくなって、仕方なくJRで。
でもなかなか明石より向こうには電車でいかないので、車窓の景色が楽しい。

前回もこのUNITできたライラ。ちょっと早く着いたらまだマスターしかいなかった。
うだうだ話をしながら、準備しながらみんなを待つ。ぼつぼつやってくるメンバー。
集まったところでちょっとだけリハーサル。曲も若干入れ替えて、と。
終わってから近くのコンビニまでみなでうろちょろ。

今日はお客さんの足が遅く、
20時ぐらいスタートの予定だったのだが、結局は21時前ぐらいにスタート。
つづけてやるとやっぱり馴染む(といっても最近よくやってる方々ばかりだし)ので、
やりやすくていい。でもなんだか僕の場合楽器の感触が気持ち悪くてしっくりしない。
それでもバンドは快調にすっとばす、今日も楽しい。

HNさんのラッパは今日も良い音。気持ちいい音というのはこういうのいうんだろなぁ。
2回目のステージではふらっと顔を覗かせてくれたTpのH川さんも参加。
ブルースなジャムとなる。結構吹きまくるタイプの2人だが、
その違いが面白い。大人やし。

アンコールまで含めて12時達しようかという時間まで続いたライブ。
姫路の夜は毎回熱くて楽しい。あぁ、おもろかった。

帰り、N川さんに送ってもらう。
最近忙しかったみたいで、結構ふらふら。西宮につくころにはだいぶおねむさんだったけれど、
ちゃんと帰れたのかな?心配。お疲れ様でした。

2005/9/8
夜、E.D.F.@俊徳道Crossroad

今日はT中くんがお休み。カルテット。
さらに、僕とB兄さんがこのあとがある(月火の台風のせいで、
結局河内音頭のお祭りが今日明日に延期になったので)ので、
異例の長い1ステージでのE.D.F.ということに。

ちょっと遅れてぎりぎりに着いてしまったので、準備してすぐにライブがはじまった。
気分的に落ち着かないので、最初はふらふらしていたが、やっぱりそこはE.D.F.。
すぐに調子が合うようになってくる。
ここCrossroadでやるときはB兄さんも明らかにJazzぽいのが普通になってきた。

今夜は新曲もでてきて、いい感じ。
ただ、やっぱり1ステージだとやりたりない感じがしてしまう。すいません。

時間が結構ぎちぎちだったので、ステージを終えてすぐB兄さんとともに若江岩田へ。
普段は駅前の広場でやってるそうなのだが、
今年は衆議院選挙があるせいで、その場所に事務所が建ってしまい、
やむなくちょっと離れた公園に設営してのお祭りとなったそう。

到着すると、ちょうど菊水丸がやってるところだった。
狭い公園にうわーーって人の山。みんな菊水丸ということだからか、
あんまり踊らずに見てる。やっぱ人気者は違うねぇ。

楽屋に入って一平師匠やおんどりゃーずのみなさんとあいさつ。
はっぴを貸してもらって準備する。出番は次の次。
えらい押してる模様。
そらそうやなぁ、6時半から20人ぐらいでるねんもん。
短くしてもやっぱり延びたりするし、交代時間あるしねぇ。1時間近く押してるの??えぇぇ。
あんまり遅くなりすぎると打ち切られるかもしれないと、師匠も不安顔。
トリというのも良し悪しですねぇ。
前の出番の人にはよおわれーと合図する師匠。やっと僕らの番。

山中一平師匠&河内おんどりゃーず@若江岩田駅前。
やぐらに上がれるってんで、めっちゃ喜んできたのだが、ちょっと低め(苦笑)。
さらに他の方々も小編成でやってるので、楽器がなく、
結局タイコ、しゃみ、ギター、キーボードにSAXというおんどりゃーずとしては変則的な構成で。
なので、音がちょっとすかすかでへんな感じ、僕の居所も難しい。

それでもなんとか演奏。時間も押してるし、あまりいい状況ではなかったけれど、
さすが師匠、きりりと歌って皆を躍らせる。トリということもあって、
輪になって踊ってもらえるというのは、やぐらから見ていて気持ちいいもの。
ほんとはバンドでしたかったなぁ、と。

終わるとお客さんはさーーっと引いていった。
明日もあるのだが、明日はおいらは姫路、参加できない、悲しい。


2005/9/7
今日はもともと完全にオフ。
来週からまたはじまるUSHのリハのためとかに、譜面起こし。
ま、どれが採用なるかわからんけれど、とにかくわわーっと譜面を起こす。量が多くて大変。
でも曲が好きだから楽しい。

台風は日本海に抜けた後にするするーっとそのまますすんでいく。
今日が最接近する日だったはずだが、雨も大して降らず、なんだったんだろう?という感じ。
この台風が秋を運んでくるかな?

2005/9/6
台風はまだのろのろ九州付近をうろついている。
ニュースで見ていると宮崎とか大変なことになってるよう。大事に至りませんように。
この台風のおかげであちこちでのライブがキャンセルになってる模様。
そういえば、今日NH氏が佐賀にいくっていうてたはずなのだが、大丈夫なんかなぁ?

僕の住んでる辺りでは昨日より天気はまし。
雨もそんな降らないし、風がたまにびゅうと吹くぐらいか。
河内音頭が延期になったのが寂しい。


2005/9/5
のろのろと進んできた台風がいよいよ九州にさしかかったそう。
近畿は風雨ともに大丈夫だけれど、風がちょっと出だしている。
雨は断続的にずっと降ってる。
昼頃連絡があって、今日明日に予定されていた若江岩田の河内音頭のお祭りは延期になるそう。残念。
台風のばかー!

近所へほしかったのものを買いにちょっと出かけたりするが、その他は家でひきこもってた。
テレビの映像がものごっつ過ぎる。

2005/9/4
友人Iの関係の結婚式へ la bossa で営業(といってしまうのが一番簡単か)。
南港のHYATTはほんと格式高く見えてそれだけでなんだか緊張してしまう(ぐーたらな格好をしてるせいかな)。
会場入りして、N村、I橋、I橋姉と合流。さっそくセッティングしてると、Tさんも現れた。ひさしぶり~~♪
こういう大きな会場ってのは音響がやりにくいのだけれど、それをなんとかだましてセッティングして、
なんとかマシになるようにする。

出番はご当人達の退場(いやー、ハイホーハイホー、なんてもう2度とやらんやろな、あぁハズかし(^^;)から、
入場までだったのだが、予想外に長い時間で四苦八苦。ライブでもBGMでもないってのが一番つらい。

終わって皆に別れを告げて、大阪へ。
僕にしては珍しくこんなんが2つ続く。今度はRITZ。なんかパーティー職人になった気分。
某銀行がお客さんへの感謝をするようなパーティーだったのだが、
僕を知ってる人がいたりしてびっくり。も、もしかして、お金持ちですか?せ、セレブですか?
(USH関係だったので、スーツを着ている僕はちょっと違って見えたそう)

メンバーはこれまた久しぶりの人ばかり。K作さんとかN美ちゃんとかとか。
スタンダードを小粋にやってパーティーに花を添える。
こういう場合は(ヘンな意味はなく)女性がいるほうが華やかでいい。

終わって解散。朝からやったから疲れた。
南のほうから大きな台風が近づいてる。直撃か?

2005/9/3
明日ちょっとある仕事のリハ。
山本ってとこにはじめていった。ここどこ?何市?宝塚?
どうも頭の中の地図上では、宝塚・三田あたりは空白地帯なのだ。

la bossaで久々に集まる、っていうてもTさんはお休み。
ボサの曲を数曲練習、ま、適当にやれるので大丈夫。
それ以外に注文のあった曲を2曲ほど、これが、ちょっと、ねぇ、大変。笑っちゃうぜー(笑)

その後東大阪へ移動。
岩崎さん廣田さんと@俊徳道Crossroad

I崎さんははじめて。この業界では大先輩(だそう)。
日曜日のお昼のNHKとかにも出てるそうな。
うまく時間があわなかったのでリハはせずにぶっつけ本番。

初めてやる人というのはちょっと緊張する。
やってる曲もお互い違ったりするしねぇ。
聞いたことあるけれどもやったことない曲とかもあった。
ライブは最初なかなか僕がかみ合わない感じだった(と思う)のだが、
まぁ、進むとなんとか合うようにはなってくる。
でも曲が結構難しくて・・・って言い訳?(^^;

こういうセッションてのも刺激的でいいよなぁ。冷や汗めっちゃかいたけれど・・・わは。


2005/9/2
HIRO野口(Tp)5@梅田Mr.Kelly’s

夕方お店へ。ぼちぼち集まってくるメンバーを待ってリハーサル。
ま、リハをすでにやってるので、確認程度に。
オリジナルから軽いスタンダード、ハードな曲もあって、なかなかすごいラインナップ。

最近のKelly’sは開始時間が早い。
時間になってしまったので始める、最初はちょとお客さん少な目だったが、そんなの関係なし。
いやー、いつ聞いても惚れ惚れしますなぁ、NH師匠のラッパはー!
結構わーっと吹くのだけれど、音が果てしなくまっすぐなのでうるさくないし、
バラードのときはほんと繊細な音。上も下もばっちりコントロールされてる。

何よりも思うのは、あ、長い管が鳴ってるねんなー、という音の感じ。
ま、当たり前のことなのだけれど、
この人の場合その感じがすごくするのね。
管の長さ全部で音が鳴ってるような感じ(うまく書けない)。
それがとても心地いい音で、
彼の繊細なバラードとともにすっと心に入ってくる。

しっかし一曲、普通そこまで速くやらんやろーってテンポでやられたので、
ほんと参りました。すんませんー。冷や汗ばりばりですわー(T_T)。

来週も楽しみだぞー。

2005/9/1
昼から明日のHN師匠のバンドのリハ。HN師匠久しぶり!
前回と同じメンバーが集う、PacificBridge。さて今回はどんな感じでいくのかなー。
曲を一新しますーという話だったのだが、前にやった曲もちょっと織り交ぜつつ・・・という感じで。
HN巨匠の新たな曲は今度は透明感のあるバラード主体。TPが活きますなぁ。
ってな感じで3時間弱のリハ終了、明日、来週のライブが楽しみ。

うだーっとしてから寝屋川方面へ。
このあたりはまったく土地鑑が無いのだが、今回は迷うことなく
(前回はすごく迷った、近くまでいって)お店に到着、ほっ。

井上幸祐(B)4@香里園SeaPress

今回はみんな忙しかったのでリハをとる間もなかったため、
今までやってきた曲と新曲をひとつ足してのラインナップ。
前にライブやらしてもらってだいぶ音の感じはわかってるので、
楽器を並べてちょちょっと音をだしてチェックしたらリハーサルは終了。
あとは本番を待つ。

実は今日、O野くんがボリュームペダルを持ってきたことで異様に盛り上がってた笑。
このペダルひとつでごっつい表現力の幅が広がるし、サウンドが変わって聞こえるし、
やってるほうは楽しすぎ!J麻氏もえらいハイテンションだしー。おもろ。
ライブ前からなんだかアイドルの話やら、胸キュンな曲の話やらしてたので、
バンドのテンションが最初から異様に高かった。

さて、そんなこともあってライブスタート。
前回来てくれた人も含めたくさんのひとが来てくれた。
ライブは最初からええテンションでぽんぽんといくもんだから、自然と流れも音もよくなって、
めちゃめちゃ楽しい。やりなれた曲が並んでいるせいもあるけれど、いやー、
今日はJ麻氏のハイテンションの賜物かも(いつもクールなのにねぇ)。

1ステージ、2ステージとほんといい音を奏でられたんじゃないかなーと思う。
Kースケ様さま。彼がこのバンドをまとめてくれるからこんな音がでるのよねぇ。
自由にやらせてくれて感謝。ほんと今日のライブはみんなに感謝したいようなライブだった。

終わってからもバカ話というか、好みだなんだーって話でひとしきり盛り上がる。
おなか痛いのに来てくれてたM口さん(めちゃ久しぶり!近所なのに)とも会えたし、
なんだかとてもハッピー。のんびり走って帰宅。あー、楽しかった。


Home > Archives > 2005-09

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。