Home > > 村山由佳 – 星々の舟

村山由佳 – 星々の舟

ある家族の母(継母だった)の死を契機に描かれる家族模様。娘の視点、兄の視点、腹違いの妹の視点、末っ子の視点・・・・などなどいろんな視点から、彼女の死からはじまる波紋を描き、ひとつの家族とはどんなんか?みたいな話(になってるんだとおもう)。

とくに最後の章の、その夫の視点で語られる物語は、戦争体験に基づくものになっており、先妻とのこと、そして後妻とのこと、そして戦時中に出会った女性のことが描かれるのだけれど、そこで作者が語ろうとしたことが、まだちゃんと理解できていないけれど、幸せとはどういうことなのか?という作者なりの意見をふっと感じさせる、そういうところがとても気に入って、気になった。

人の幸せって、何やろね?

文芸春秋 2006

村山由佳 - 星々の舟

村山由佳 – 星々の舟

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2006/03/04/%e6%9d%91%e5%b1%b1%e7%94%b1%e4%bd%b3-%e6%98%9f%e3%80%85%e3%81%ae%e8%88%9f/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
村山由佳 – 星々の舟 from Ending Of Beginning II

Home > > 村山由佳 – 星々の舟

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。