Home > まんが > 星野之宣 – ヤマトの火

星野之宣 – ヤマトの火

めちゃ面白い。しかし未完に終わっているようで謎は途中のまま、こっからおもろい展開になるのに・・・・ってとこでおわっちゃう。どうやらこの作品をだして、また「ヤマタイカ」という作品で改めて書き直し、続きもかいているらしい。

沖縄と九州などにつたわる火に関係する祭を主軸に卑弥呼伝説の謎にせまる。実際3~5世紀ごろの日本にどういうことがあったのか?民族はどこからきたのか?神話と古文書から垣間見える事実とは?はっきりいって自分の国の昔のこと、まったく知らないあたしたちにとっては、謎に興味を湧かせるいい材料。おもしろい。

メディアファクトリー 2005

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2006/11/17/%e6%98%9f%e9%87%8e%e4%b9%8b%e5%ae%a3-%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%88%e3%81%ae%e7%81%ab/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
星野之宣 – ヤマトの火 from Ending Of Beginning II

Home > まんが > 星野之宣 – ヤマトの火

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。