Home > > 秦建日子 – 推理小説

秦建日子 – 推理小説

テレビドラマ、および映画にもなる、「アンフェア」の原作。テレビドラマをみてから読んだので、主人公が篠原涼子の姿がだぶってしまって、それはそれで読みにくかった(笑。だって小説ではもっとスゴいから・・・笑)

推理小説の中で推理小説へのアンチテーゼというか、推理小説にはない推理小説をなりたたせようとする物語を書くというのが非常におもしろいアイデアだとおもうし、描写もかなりこっているというか、話の語り口が視点やらなんやらかんやら、いろいろ凝ったつくりになってて、でも難解になってしまわないようにうまく調合されてるのがすばらしい。

あとがきによると、この秦さんはドラマとかの脚本のキャリアがすごいらしい。なるほどなぁ。そんな描写にも思える。

話をしっていても最後まで飽きずに一気読みできた。これはよくできた小説だ。全体の配分もとてもいい。

河出書房新社 2005

秦建日子 - 推理小説

秦建日子 – 推理小説

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2007/04/20/%e7%a7%a6%e5%bb%ba%e6%97%a5%e5%ad%90-%e6%8e%a8%e7%90%86%e5%b0%8f%e8%aa%ac/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
秦建日子 – 推理小説 from Ending Of Beginning II

Home > > 秦建日子 – 推理小説

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。