Home > > 荻原 浩 – ハードボイルド・エッグ

荻原 浩 – ハードボイルド・エッグ

フィリップ・マーロウに憧れ、その言動を真似て生きていく孤独な探偵最上。ハードボイルドな生き方とその探偵業に憧れるが、舞い込む以来はペット捜索ばかり。ある日秘書にと雇おうとした女性は憧れのグラマーではなく和装の婆さん。一体この先どうなるのやら?

軽妙な語り口と、最初からテンポのある文章で、矢継ぎ早に場面や対象が変わっていくので、車にのって車窓を眺めているように飽きずに物語りがつづいていく。そのこまかな事柄たちが実はひとつずつ小さな伏線となって気づくと大きな崖の淵にきている、というような見事な構成。すばらしい。でもそれらがシリアスにならないのは、自称ハードボイルドだけれど、なにかしら抜けのある主人公最上と、時折口にするマーロウのセリフのギャップ感とかユーモア。

やがて一人の身近な人物の殺人事件から、おおきな土地権利取引のウラ話が浮上し、そこに絡むヤクザ、そしてペットの犬。すべてが綺麗に解決するかと思いきや、実は巧妙に糸を引いていたのは・・・・。悲しく驚きの結末。うーん、おもしろい。

双葉文庫 2002

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2010/08/03/%e8%8d%bb%e5%8e%9f-%e6%b5%a9-%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%9c%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%89%e3%83%bb%e3%82%a8%e3%83%83%e3%82%b0/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
荻原 浩 – ハードボイルド・エッグ from Ending Of Beginning II

Home > > 荻原 浩 – ハードボイルド・エッグ

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。