Home > Archives > 2012-08

2012-08

kumiレコーディング

春先だったか?にもデモレコーディングしたKumiのレコーディングが昨日、今日とありました。

フルート吹いてるの巻(photo by 島田さん)

フルート吹いてるの巻(photo by 島田さん)

全部で6曲予定の中、5曲に参加したのだけれど、見事に楽器バラバラ(笑)、テナーとソプラノ、フルート、クラ。曲は新曲と新アレンジもあったものの知ってる曲がほとんどなので、楽チンでした。しかも場所はなじみのBig Appleだし。なじみのメンバーとなじみにお店、んで近藤さんとだったらなんでも愉快って感じ。

今回もアレンジを担当した島田さんがおもしろいホーンアレンジをもってきてくれたので、新鮮でよかったなぁ。木管と金管、いろんな組み合わせで意外な音がでたりするのがやってても楽しい。でもどれもうまいこといったかどーかはミックスできてくるまではわからないー、楽しみだけど。

貴重なショット?クラ吹いてまふ(photo by 島田さん)

貴重なショット?クラ吹いてまふ(photo by 島田さん)

このバンド、スースーハーは10/13にBig Apple でライブありますよ。

ライブは10/13ですよ

ライブは10/13ですよ。ポップでアヴァンでときどきすごくじゆう。

奥田英朗 – 最悪


こんなタイトルだし、えらく分厚い(600ページ以上ある)のでどんな話なんだろうと読み出したけれど、これが面白くて、しかもタイトルどおり主人公たち(3人の群像劇である)が転がり落ちていくので、いや面白いというより「どうなるんやろ?」感が強く、一気に読んでしまった。いまひとつなにもやる気がおきずだらだらと退屈な日常をすごす青年、変化のない毎日が少し憂鬱な女子銀行員、そしてこつこつまじめに仕事に追われる町工場の社長。最初の青年はさておき、女性行員と町工場のおっちゃんは実際にそのへんにいそう。

それぞれがちょっとしたことから巻き込まれるトラブルや人間関係の隙間などから日常を少しずつ逸脱していく。そしてそれらがやがて結びつく・・・これだけ分厚い本だと散漫になりそうなのに、ぜんぜん退屈するところがない。また3人が介する(2人でもいいが)ときにそれぞれの視点から同じシーンを描くのだけれど、それがまたリアルな感じで、ひとつの物事を立体的に見せ、物語に奥行きが出来てゆく。ああ見事。

最悪といえば最悪だけれど、最低なことにはなってなくてよかったが、ほんとのほんとに最悪になるような感じでもよかったな、と思わなくはない。読んでるほうは気が滅入るだろうけれど。

とくに同じ自営業だからか町工場のおっちゃんの気持ちは痛いほどわかる。明日はわからない身だもんな。身につまされるな。

講談社文庫 2002

2012.9月のスケジュール

■■ リーダーライブ ■■

9/8(Sat) 武井4
大阪 心斎橋 COMODO 06-6258-8088
20:00~ 2,300
[メ] 武井努(Sax)、堀智彦(Pf)、井上幸祐(B)、斉藤洋平(Ds)

■■ その他のライブ ■■

9/5(Wed) たけタケ
神戸 三宮 Big Apple 078-251-7049
19:30~ 前2,300/当2,500
[メ]清水武志(Pf)、武井努(Sax)

9/6(Thu) たけタケ
寝屋川 萱島 OTO屋 080-6126-1529
20:00~ 2,500
[メ]清水武志(Pf)、武井努(Sax)

9/9(Sun) Words Of Forest
神戸 三宮 Big Apple 078-251-7049
19:30~ 前1,800/当2,000
[メ] 森本太郎(Ds)、清野拓巳(Gt)、三原脩(B)、武井努(Sax)

9/10(Mon) 生島~武井DUO
高石 Re楽xs 072-266-8839
19:30~ 1,000
[メ]生島大輔(Pf)、武井努(Sax)

9/13(Thu) 権上康志5
神戸 六甲アイランド シェラトン 神戸ベイ スポーツパブ アリーナ 078-857-7040
19:00~ 1,000
[メ] 権上康志(B)、木畑晴哉(Pf)、武井努(Sax)、大野こうじ(Gt)、 光田じん(Ds)

9/16(Sun) 福原タカヨシ
大阪 大正 サレガマ 06-6555-0239
詳細後日
[メ] 福原タカヨシ(Vo,Gt)、土本浩司(B)、武井努(Sax)

9/19(Wed) MITCH
大阪 梅田 ニューサントリー5 06-6312-8912
Live Time 19:50~20:30/21:00~21:40/22:10~22:50 1,800
[メ]MITCH(Tp,Vo)、永田充康(Ds)、武井努(Sax)、時安吉宏(B)、杉山悟史(Pf)

9/20(Thu) Satoko(Vo)
武庫之荘 Mクアトロ 06-6433-3126
19:50~ 2,500
[メ]Satoko(Vo)、清水武志(p)、武井努(Sax)、西川サトシ(B)

9/22(Sat) 荒崎英一郎(ts)岡野正典(ds)BIG BAND
明石 POCHI 078-911-3100
19:30~ 2,000
[メ]ランディー・コナーズ(as)、古谷光弘(ts)、武井努(ts)、荒崎英一郎(ts,arr.)、内藤大輔(bari)
菊池寿人(tp)、渡辺勉(tp from 名古屋)、長山動丸(tp)、ジェームズ・バレット(tp)
今西佑介(tb)、佐竹寛美(tb)、太田健介(tb)、中山雄貴(tb)
布施明仁(gt)、枡田 咲子(p,arr)、岡野正典、中西さん(b)

9/23(Sun) チャーリーニーシオ
和泉の国ジャズストリート
和泉中央駅ステージ 15:35~
投げ銭制
[メ] チャーリーニーシオ(Vo)、村上剛(Pf)、三夜陽一郎(Ds)、武井努(Sax)ほか

9/24(Mon) 武井~野江Duo
東大阪 八戸ノ里 BAR 蓄音機 06-4307-0080
20:00~ 1,500
[メ]野江直樹(Gt)、武井努(Sax)

9/25(Tue) しげのゆうこ(Vo)
大阪 北新地 Mr. Kelly’s 06-6342-5821
19:30~ 前3,500/当4,000
[メ]しげのゆうこ(Vo)、武井努(Sax)、牧知恵子(Pf)、萬恭隆(B)、橋本現輝(Ds)

9/26(Wed) E.D.F.
大阪 芦原橋 studio & cafe MAKE 06-6562-3294
19:30~ 2,500 (1drink付)
[メ] 清水武志(Pf)、西川サトシ(B)、光田じん(Ds)、田中洋一(Tp)、武井努(Sax)

9/27(Thu) 小濱・武井テナーサミット 2012
名古屋 栄 jazz inn LOVELY 052-951-6085
19:30~ 前1,800/当2,000
[メ]小濱安浩(Sax)、武井努(Sax)、藤井浩樹(Pf)、徳田智史(B)、倉田大輔(Ds)

9/28(Fri) MITCH
大阪 淀屋橋 ROYAL HAT 06-6204-1327
20:00~ 1,000 & チップ制
[メ]MITCH(Vo,Gt)、武井努(Sax)、TAKU(Gt)、時安吉宏(B)、永田充康(Ds)

9/30(Sun) しのMINT
大阪 芦原橋 studio & cafe MAKE 06-6562-3294
19:00~ 前2,300 / 当2,800(1drk付)
[メ] 大倉詩乃美(Vo)、清水武志(Pf)、折笠誠(Perc,Chello)、武井努(Sax, Fl)、林三菜子(B)

重力ピエロ – 伊坂幸太郎

ずいぶん前に読んで感想かかずにほったらかしにしていたので、忘れたけれど、ちょっと読み返すと思い出すし、ぱらぱらめくって斜め読みしても、伊坂さんの書くセリフってどれも気が利いてるなぁ。

血が半分だけ繋がっている兄弟のお話。弟の春(はる)は不幸な出生の秘密をもっている。街に出現するグラフティーアート(落書きというひともいるかもしれない)と謎の放火、レイプ、いろんな問題がハルを悩ませる。それらの謎解きが兄に意外な事実をもたらす。

相変わらず話のもっていきかた、意外すぎる落としどころが見事。映画化されたけれど、それは見ていない。

やっぱり感想って読んですぐ書かなきゃだめね。

新潮文庫 2006

野沢尚 – 破線のマリス

あるテレビ局のニュース番組の特集コーナーの映像を編集する凄腕の主人公遠藤瑤子。彼女がつくりだす映像は視聴者に問題を提起し、想像力をかきたてさせ、テーマとなる事件に彼女なりの考えを訴える。いろいろ問題は起こったとしても、あまりにも圧倒的な彼女の映像の力は、局内でもなかなか強く責めうるものではなかった。

しかしある事件にまつわる一本のビデオテープが持ち込まれたことから、彼女は追い詰められていく・・・・

現在いろいろ報道の偏りや情報統制、倫理などが問題になっているが、メディアの力は絶大。短い時間であっても繰り返せばあるイメージを視聴者にあたえることができる。真に客観的、平等、虚構なき報道ならば大丈夫だが、いろいろな圧力、思惑により、メディアはまっすぐであるとは到底いえないとおもう。しょうもないバラエティーならいざ知らず、ニュースやそれに並ぶ報道番組ではかなりキケンな兆候。

解説で郷原さんも引用しているが

「テレビジョンは現実そのもので、直接的で(中略)こう考えろと命令してくる。正しいことであるはずだ。そう思うと、正しいように思われてくる。あまりにもすばやく、あまりにも強引に結論を押し付けてくるので、誰もがそれに抗議している余裕はない。ばかばかしい、と言うのがせいぜいで」

なるほど、その通りかもしれない。だから正々堂々とウソ(タイトルでいうところのマリス=虚構)をつかれてしまうと、メディアの前の人間はそれがどうであるのか、考えることができない。それでも、最近はネットのような別メディアによって、違う角度からテレビメディアをけん制する動きもでてきたが、思っているほど大きな力(まんべんない層に届いていると思えない)にはなっていないようだし、さらに最近のテレビはウソをつくかわりに「わざと報道しない」という方法をよくとっているような気がする。

でも当たり前か。テレビや新聞もそうだけれど、ありとあらゆる情報が書かれていると勘違いしがちなネットでさえ、”書きたい人がある意思をもって書いたこと”のみ存在しているに過ぎないということ。

講談社文庫 2000

Home > Archives > 2012-08

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。