Home > Blog > 「オフィス座の怪人」ありがとうございました

「オフィス座の怪人」ありがとうございました

20170317-2少し時間が経ってしまいましたが、先週末3/10-11と上演された劇団レトルト内閣 本公演「オフィス座の怪人」にいらしてくださったみなさま、ありがとうざいました。各方面からお芝居はもちろんですが、楽団にもたくさんのお褒めの言葉いただいたようでとても嬉しく思っています。

劇団レトルト内閣のお芝居に参加させてもらうのは一昨年ぶり、2度目ですが、今回のお芝居もとても面白かったですし、前回よりもっとお芝居に参加していること自体を楽しめたようにおもいます。今回は準備がなかなか時間とれなくて、お芝居と楽団の合わせも数多くできなかったので、当日を迎えるまでどうなるかと思っていましtが、そこは演出と役者さんたちの力によって素晴らしい仕上がりになっていき、3公演目はほんと何もかもうまくいったんじゃないか、と思えるほどでした。

普段の演奏とは違い、お芝居にあわせて演奏するというのは難しいですが、楽しいものです。前回もですが今回もお芝居の最初から最後まで出ずっぱりで、音きっかけのものも多く、緊張をしつづけるので消耗します。でもお芝居に熱がはいってくると、音が自然になってくるというか、きっかけの音や効果音、楽曲もお芝居や役者さんに引き出されるような感じになっていきます。稽古のときもそうですが、本番を迎えてさえ役者さんたちの熱意と集中力、あくなき探究心・研究心に圧倒されっぱなしでした。自分の普段の音楽生活を省みて、いろいろ考えさせられます。

あっという間の3公演でしたが、その時間はまったく違うものが近鉄アート館のあの空間に出現し、一つのおおきな世界を作り出し、そして跡形もなく消え去っていく、音楽も同じようなものですが、お芝居はもっと複雑でいろいろな要素が絡み合って一つのものに結実させていく、これはほんとすごいことだと思いました。そんな時間に立ち会えてとても幸せです。それらの膨大な作業のひとつひとつがその世界を形作る大事なものになっていて、そこに費やされたエネルギーがちゃんと観劇している人々にも伝わっていく。表現すること、そのために必要なこと、普段何気なく行っていること考えていることを見つめ直すこと、お芝居の中には気づいてないけど、音楽をするにあたっても大事なことがたくさん示唆されているようにおもいます。

ああ、僕もすっかり劇団レトルト内閣の一ファンです。改めて、スタッフのみなさん、劇場のみなさん、制作のみなさん、バンドのぼくたち、役者のみなさん、お疲れさまでした!そしていらしてくださったみなさんに感謝します。またお会いしたいです。

夢のような2日間でした。
ありがとうございました!

20170317-1

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2017/03/17/%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9%e5%ba%a7%e3%81%ae%e6%80%aa%e4%ba%ba%e3%81%82%e3%82%8a%e3%81%8c%e3%81%a8%e3%81%86%e3%81%94%e3%81%96%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
「オフィス座の怪人」ありがとうございました from Ending Of Beginning II

Home > Blog > 「オフィス座の怪人」ありがとうございました

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。