Home > > 伊坂幸太郎 – ジャイロスコープ

伊坂幸太郎 – ジャイロスコープ

gyroscope

伊坂さんの短編集。デビュー15年を記念した文庫のオリジナルの短編集。あちこちに書いた短編を(でもそれらもなんだか関係ありそうな感じもしたり)あつめ、書き下ろしを一編。オムニバス映画を見ているようで、話ごとに状況やテイストが違っていて、面白く読めた。

とある知らない街で相談屋と名乗る男に声をかけられる「浜田青年ホントスカ」、謎の巨大生物が存在して街が破壊されたらしい「ギア」、どこか文学的な不思議な世界が描かれる「二月下旬から三月上旬」、後悔ばかりしてしまう男がバスジャックに出会う「if」、一年に一度その日のために全てを準備し注ぎ込むあの方達の会社があったら、、、「一人では無理がある」、丁寧にやれることをできるだけするがモットー「彗星さんたち」、そしてこれらの短編をつなげる受け皿として書き下ろされた「後ろの声がうるさい」。どれも素敵だな。

「一人では無理がある」は伊坂さんぽいなーと思う素敵なお話。「彗星さんたち」も好きだな。文章もだけれど描かれている新幹線の掃除する方々が素敵だなと。たまにでてくる、登場人物が読んだ本から引用する格言のようなもの(今回はパウエル長官の本ということだった)がいちいち「いいな」とか思えるところも(余談だけど、こういういの描かれると、その本読みたくなるのよねえ)。そして書き下ろし「後ろの声がうるさい」は短くてもほろりとするロマンチックな話だった。やっぱり伊坂さんいいな。

そして伊坂さん作品をいろいろ読んでて今更気づいたけど、本のタイトルって邦題(というのか?)と英語のタイトルついてるのね。ちなみにこのジャイロスコープは「a present」、なるほどなーという感じ。他のも見てみよう。英語の方が本のイメージわかりよいかも。だからどうだって話だけど^^;

新潮文庫 2015

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2018/02/22/%e4%bc%8a%e5%9d%82%e5%b9%b8%e5%a4%aa%e9%83%8e-%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%97/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
伊坂幸太郎 – ジャイロスコープ from Ending Of Beginning II

Home > > 伊坂幸太郎 – ジャイロスコープ

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。