Home > > 東へ、北へ。

東へ、北へ。

今月はアンサンブル・シッポリィのレコ発ツアーもあって、週末毎に関西を離れてあちこちいく機会にめぐまれました。その中で先々週は本当に久しぶりに東京へ、そして先週末はこれまた久しぶりに札幌に参りました。どちらの滞在もとても楽しく有意義な日々でした。本当に楽しくいろいろいい演奏できたのでその気持ちを少し書き残して。

20180227-1 20180227-2
20180227-3 20180227-4
20180227-5 20180227-6

ーー

東京は2/16-18と3日間。初日は初めましての神楽坂u-ma kagurazakaで敬愛するサックスの津上研太さんと。そして研太さんに紹介してもらってギターの加藤一平さん、ベースの伊地知大輔さんと。研太さんはほんといつ一緒に並んで吹いても、そうなのか!とか、それでいいんだ!とかいろいろ気づきを与えてくれます。なんというのでしょうか、あの精神性。音楽の広さやなんたるかというものを音で伝えてくれている気がします。同じサックスだから尚更そう思うのかもしれません。若手二人もとても音楽的で素晴らしかったです。加藤さんはほんと面白すぎです。まさにキレッキレというのは彼のような演奏をいうのでしょうね。

そして2日目はシッポリィで本拠地のようになっている下北沢のアポロへ。ここはなんか落ち着くというか、あのアングラ感に安心感を感じるのです、不思議。東京最初ということもあってたくさんの方に聞いてもらえて嬉しかったです。ツアーを重ねてきてバンドもよりバンドらしく、演奏も音楽もすごく面白く発展してきてます。

3日目は二本立てで。昨日のアングラ感から一変して、お昼の太陽がサンサンと降り注ぐ堀切菖蒲園のカフェ・aire amenoでシッポリィ。気持ちよく響く空間で、しかもお昼となると演奏も自然に変化するのが面白かったです。打楽器で白石さんがシットインしてのセッションも楽しかったし、何よりここでもたくさんの、しかも初めましてのお客さんに聞いていただけて嬉しかったです。

そして東京でのラストは、西早稲田のバー・諏訪金属(スワキン)

戻りますが、2日目はお昼間時間があったので、国立近代美術館で開催中の熊谷守一展にいってきました。また帰る当日も時間があったので、国立新美術館で開催始まったばかりの至高の印象派展にいってきました。どちらも素晴らしかったです。東京って美術館やそれに類する施設が多いのがほんと羨ましいです。これらについてはまた別途。

ーー

札幌は2/24-25と2日間。ちょうど2年ぶりの来札。先週ぐらいまでだいぶ雪が降ってたようですが、新千歳におりるころ外を見てみるとそんなに雪が多くない印象。実際札幌市内も、もちろんすごく丁寧に雪かきされているせいもあるとおもいますが、雪が少ない印象でした。何日か降ってなくて、しかも少し暖かかったようです。しかし、これが関西人にとっては悲劇(?)。踏み固めらたり、すこし溶け出した雪が寒さで凍って、雪がかかれていない道はことごとくアイスバーンというか、アイスリンクのようになってて、コケないようにするのに必死でした^^;

で、1日目は老舗くぅにてピアニスト南山雅樹さんとのセッション。ベースの柳真也さんとは初めまして。今回えらい面白キャラだったドラマー舘山さんとのカルテット。ほとんどぼくの曲ばっかり演奏したけれど、すごくいい演奏になったし、たくさんの方に聞いていただけてとても嬉しかったです。なんていうかライブ自体の時間的世界が出来上がったという感じでした。やっぱり南山さんがいろんな色彩つけてくれるのですよね。猫好きがおおく、ライブ終わってからもお客さんも交えてしばし猫談義で盛り上がったり、スケートネタで盛り上がったり、楽しい夜でした。そして店をハケてから南山さんとSlow Boatに移動して、すごく久しぶりにボーカル玉川健一郎さんに再開。嬉しかったなあ。お店には演奏おえたミュージシャンもいたし、そのあともつぎつぎといろんな人がきて、深夜セッションも。昔のドンショップ思い出しました。こういう場所があっていろんな人が交流したり切磋琢磨できるんですよね。いま関西にはあまりないのでとても羨ましかったです。

そして2日目はBUDDY BUDDYでジャズ鍋。ぼくは3回目の参加になるこのイベント。いつも賑やかで美味しくて楽しいです。やっぱりバディいいお店ですね。雰囲気ももちろんだけど、そこにいる人、集う人がとてもいい。美味しい鍋を食べたり、演奏を聞いてもらったり。最後にはすごくまったりした雰囲気になって、まるで誰かの家のリビングでくつろいでいるようでした。こういう風になるのもこの店ならではかなと思います。終わってから僕らも鍋とお酒をたっぷりいただいて、幸せな夜でした。

ほんと札幌ではいろんな人に再会できて、それが一番嬉しかったです。

札幌でも2日目の昼間に道立近代美術館で開催中だった、棟方志功展にいきました。去年大阪でもいきましたが、ちがうものもいろいろ出展されていたり、すごく珍しいこともあって、行けてよかったです。ほんと旅先で好きな人の作品に触れられるというのは、貴重で嬉しいことです。これもまた別途。

ーー

というわけで、あちこち移動も一旦落ち着きました。重ね重ね、あちこちで出会えた皆さんに感謝です。そして協力してくださったみなさんに感謝です。一緒に音を紡げたメンバーにも感謝です。この一連のたくさんの演奏で、ますます音楽が好きになりました。ほんといろいろ、いろんな音楽があっていいんだと思います。この気持ちがあれば明日も生きていけます。

またあちこち行きますので、みなさんまたお会いしましょう!

(写真は高木さん、白根さん、寺下さん、まゆみさんから拝借しました)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2018/02/27/%e6%9d%b1%e3%81%b8%e3%80%81%e5%8c%97%e3%81%b8%e3%80%82/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
東へ、北へ。 from Ending Of Beginning II

Home > > 東へ、北へ。

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。