Home > > 五代ゆう – 翔けゆく風(グイン・サーガ142巻)

五代ゆう – 翔けゆく風(グイン・サーガ142巻)

guin142

グイン・サーガの142巻。このシリーズだけは栗本さんがいなくなった今もいつも本当に楽しみで、本屋にたまに立ち寄っては新刊でてないか探したりしている。あらかじめいついつ本がでるよ、という情報を入手しておけばいいと言われるかもしれないけれど、ある日立ち寄ったら新刊が!っていう出会いが楽しいので^^;

ミロクの聖地ヤガで「新しきミロク」と名乗る者たちがミロクの降臨という一大イベントを打ち上げた。それによりヤガに集まっていた人たちはみな熱狂し、その渦に巻き込まれ、大混乱がおこる。その頃神殿の地下では魔導師たちの果てしない戦いがつづいていた。それはヤガに囚われたヨナとフロリーを助けんとする戦いでもあり、その戦いの中の隙をついてイエライシャは見事に彼らと彼らを探していた戦士を救い出す。また別ではそんなことが起こってるとはつゆも知らずスカールとザザ、ウーラが幼いスーティを連れて黄昏の国からヤガを目指すのだった。

一方パロをようやく逃れたマルコたちはカメロンの棺を携えて沿海州に入らんとしていた。故郷ヴァラキアに入るまえにたどり着いた待ちで彼らを待っていたものは。。。。

タイトル通り、いろんなことが一気に大きく転換していく前夜のような感じ。ヤガとヴァラキアは実は近いからこの二つの話が交わったりするんだろうか?ほんと早く早く続きが読みたくてたまらない。というか、これ生きてるうちに終わるんかな、という不安もなきにしもあらず^^; 宵野ゆめ先生がいま執筆できないそうで、、、、がんばって五代先生!(って書いたら、めぞん一刻みたいやなw)

ハヤカワ文庫 2018

楽天ブックスで詳細をみる
Amazonで詳細をみる

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2018/07/19/%e4%ba%94%e4%bb%a3%e3%82%86%e3%81%86-%e7%bf%94%e3%81%91%e3%82%86%e3%81%8f%e9%a2%a8%e3%82%b0%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%ac142%e5%b7%bb/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
五代ゆう – 翔けゆく風(グイン・サーガ142巻) from Ending Of Beginning II

Home > > 五代ゆう – 翔けゆく風(グイン・サーガ142巻)

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。