Home > Review >

残俠(天切り松 闇がたり 2) – 浅田次郎

天切り松 闇がたりの第2巻。留置されている人間たちにはなぜこの小さな老人が優遇されるのかわからない。そんな謎の老人が同じ留置される人間たちに夜な夜な昔話を語る。今やそれは看守はたまた所長までの愉しみとなっている。

大正ロマンあふれるある日、寺の境内でみた見事な剣さばきの老人。その人が目安一家の客人となった。話をきくと彼はかの清水次郎長の子分・小政だという。そんな昔話の人物、、、と皆思うが、実は大正はさほど江戸時代からは離れていなかったのだ。だから江戸の任侠を引きずる人間がこの文明開化の華咲く大東京にもまだ残っているのだ。

そんな昔かたぎの人物の話から、目安の親分の切れ味いい中抜きの話、松蔵の初恋の話、そして松蔵と姉を捨てた父親との話などなど、人情味篤い話が8編。どれも読んでワクワクすると同時に、すこし哀しくなって空を見上げてみたり。ほんとこのシリーズいいな。時代劇でもなく現代劇でもなく。でも間違いなく今の人に向けて浅田さんは書いてるよね、きっと。

集英社文庫 2002

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

浅田次郎 – 闇の花道

大正ロマンあふれる時代。明治の維新は遠い昔になり、まだ東京を大震災が襲うすこし前。街や人々は新しい時代に心躍らせていたが、まだまだ江戸の昔を大切にしていた者たちもいた。それは盗人稼業においても。

時は変わっていまの時代。留置所の隅にうずくまる老人。彼は夜な夜な同部屋の留置人たちに昔話をする。それも昔の盗人が使ったという声音・闇がたりという方法で。知る人ぞ知るこの御仁こそ、その大正の時代に名を馳せた目安一家の小僧で、天切りという大技を継いだ盗人・松蔵だった。彼ら一家が狙うのは盗られても誰も困らない天下のお宝。そして貧しい人には手を差し伸べる。義理と人情、そして何より粋であることを大切にした、そんな人々の物語。

とかく、いまの若い者は、なんて言葉がよく出るけれど、いまも昔もそれはさほど変わっていない。しかしその中でもすこしずつ変化はしていっている。今のご時世に義理や人情、はたまた粋、なんてことを信条にしている人間がどれほどいるものか。昔は本当にそういうものを大事にしている人たちがいて(と信じたい)、彼らの話を聞き、自分のいまを見つめ直す。話は昔話だから古いけれど、そこに含まれる真理や人の情は色褪せるものじゃない。

何巻か続くシリーズ物。「天切り松 闇がたり」シリーズ。一巻目となるこの作品では天切り松こと松蔵が目安の親分に拾われるところから、小僧時代のお話が主。博打好きの父親が借金のかたにと姉を置屋に、そして弟・松蔵を奉公にだすところから始まる。一家の姉御おこんが意地から同じ人物から同じものを盗り、それが人生の中での大きな恋になるお話「槍の小輔」がかなり素敵な話。そして生き別れた姉が吉原の花魁になって再開、そして別れる話などなど。義理人情なんていま流行らないというか二の次にされるようなことだけに、こう話にしてじっくり聞かされると、今はなんなんだろうとか思ってしまう。ロマンとか今ないもんね。そして粋。ほんといまは無粋な事ばかり、嫌になる。

こんな話をみせてくれる浅田さん、いいなあ。続きも楽しみ。

集英社文庫 2002

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

田中啓文 – UMAハンター馬子 完全版

 

UMA – 未確認生物、それらを追っている訳でもないのだが、いく先々(あることを探し求めている)でUMAらしきものやそうでないものに出会う、ただひとり”おんびき祭文”の伝承者を名乗る、蘇我屋馬子とその弟子イルカ。彼女たちのいく先々で出会うものは、ネッシー、ツチノコ、雪男、クラーケンなどなど、UMAとしてその正体も存在も謎だとされる生き物たち(なかには魔界のモノも混じってくるけど)。それらをなぜかやたらと湧き出す知識によって暴いていく馬子。そしてそこにつきまとう謎の男。彼らはなにを探し求めているのか。そしてそれはどういう結果を招くのか?

怪獣やら異形のものやら呪いやらジャズやらなんやら、サックスを吹いていてもまるで叫びか呪術かのような音を追い求めている、そんな田中さんはきっとオドロオドロしいものに興味を惹かれるんだと思う。そして同時に未知なるモノへのロマン。ネットやらなんやらで地上のことはいろいろ明るみにされていってるけれど、いやいや実は我々が見知ってることなんて宇宙のほんのちょっと。でも、そういうことさえ忘れ去られて、なんでも指先一つで調べられてしまうと思い込まされているこのご時世に、ああ、こんな世界がたしかにあった、いや、あるんだ、ということを再認識させてくれるのがこの馬子たちなのかも(大げさ?)

各エビソードはさておき、煮しめたような、皆が想像する最大公倍数的な典型的な大阪のおばはん、馬子のキャラが強烈で、それを読んでるだけでおもしろい。でもこれ面白いって思えるの関西や大阪の人間だけなのかなあ。こなもんやの馬子はもうちょいおとなしいというか、小学校の近くにあった駄菓子屋のおばちゃんぽい感じやったけど、ここでの馬子はもう怪獣のよう。実は小学校のときにお世話になった先生に被るのよねえw

各UMAに対する憧れも、それを現実的にみた正体らしきものも、いろんな夢やロマンを馬子の口を借りて田中さんが語っていくのが楽しい。そして最後にアレがでてきて、ウルトラQだかなんだかのような展開になるのがもう笑うしかなくてー。やっぱり大阪城や高いビルは破壊されなきゃならないですよねえ。完全に最後の方は脳内映像再生になってました。

各章の間に挟まれる解説というか私見もおもしろく読ませてくれるし、このUMA愛に溢れた作品とてもいいです。この完全版ができるまでに紆余曲折しまくったようだけど、よくぞ最後までいってくれたって感じ。なんかうれしい。馬子はそして幸せになれるのかな、石切あたりで商売やってたりするんかなあ、なんて思いながら街をいきかうおばはんを眺める日々なのでした。

ハヤカワ文庫 2005

Amazonで詳細を見る(1巻)
Amazonで詳細を見る(2巻)

有川浩 – 旅猫リポート

tabineko

有川さん×猫、こんな本あったなんて。読まずにはいられない。

以前飼っていた猫をやむない理由で手放したことがある主人公サトル。あるとき彼の車のボンネットでくつろぐ猫と出会う。ひょんなことから彼に飼われることになったその猫はナナ。しっぽが鉤型に曲がって7みたいだから。サトルとナナはすごく仲良く暮らしていたが、5年後、またサトルはナナを手放さなければならなくなる。そこでサトルはナナとの出会いの車・銀色のワゴンに乗って知人の家を回り、ナナをもらってくれないかと旅をするのだった。

ああ、これだけ書いただけでも泣けてくる。犬は飼ったことないからわからないけれど、飼っている猫をだれかにもらってもらわなきゃならないなんて、なんて寂しい状況か。あの、勝手気儘に暮らしているように見える猫も、一緒にいるとお互いの気持ちがよくわかる。そして時間が重なるにつれ明に暗に深く繋がっていく感じがする。お互い何かを共有して分け合ってるような。そういう猫のいる空間といない空間は全然ちがう雰囲気がしてしまう。

もちろん主人公はサトルなので、サトル周りで話は進むのだけれど、たまにナナの一人称で描かれるシーンがある。猫の目線で。この猫目線がよくできてるというか、有川さん猫なんじゃない?と思うぐらい猫の気持ち、生態なんかがよく描かれてる、うれしくなるぐらい。猫の好きなこと・嫌いなこと、子猫はまだバカであまり人語を解さないこと(というのと同時に猫は人語を解するということ、でもそれを人間はわかってないということw)、犬とも会話できること(もちろん犬もしゃべること)、外国の猫とはあまり通じないこと(人間も同じね)などなど。柴田よしきさんの猫のシリーズもよく生態見てるなーと思ったけれど、有川さんはより人間にちかく感じているような。

猫と旅をする。憧れることの一つ。残念ながら今まで飼った猫はみんな外が怖い子だったので、連れ出そうものならえらいことになったけれど、いつかそういことしてみたい。運転する車の中で猫が自由にうごきまわって、窓の外眺めたり、椅子で寝てたり。たまにリードをつけてどこか散歩したり。きっと旅好きな猫もいると思う。出会うかどうかはわかんないけど。いつかそんなことができたら、、、、楽しいだろうなあ。どこ連れてってやろうかな。デザイナーの平松さんが飼ってるノロが羨ましかったもんな(平松夫妻とノロは旅好き、ヨーロッパにも行った)。

かまはいなくなってしまったけれど、最近はPがやたらと甘えてくるので嬉しい。慰めてくれてるのか、単に寂しいのか、それとも単に暖かい腹がすきなのかw。でもくっついて来てくるということは、ぼくはまだ不吉な匂いがしないということだろうな、と猫に乗られながら安心する。猫は不吉なものには近寄らないから。ナナはそれがわかってもサトルと居ようとするのがたまらない気持ちにさせる。ぼくが猫と別れるときもいずれくるだろうけど。

きっとまだ近所に住んでいるであろう有川さんにもし会う機会ができたら、どの作品も素晴らしくて好きです、ってことを伝えるとともに、よくぞこの作品を
書いてくれたという感謝を伝えたいな。ありがとう、有川さん。

講談社文庫 2017

楽天ブックスで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

宮部みゆき – 東京下町殺人暮色

tokyoshitamachisatsujin

宮部さんのミステリーもの。東京の海辺に近い下町。昔は本当に下町だったけれど最近はウォーターフロントだ再開発だなんだで他所から流入してくる人も少なくない。そんな街にくらす中学生の順。彼の父は刑事でなかなか家には帰ってこない。そんなせいで母親は出て行ったままだ。

そんな下町であるときから町内で殺人が起こっているという噂が流れる。ほどなく川や公園でバラバラ死体が。そして警察には声明文が。そんななか順の家にも声明文が。なぜか。警察の捜査にも関らず犯人は一向に尻尾を掴ませない。順たちは町内で噂の家を訪ねてみることに。そこは画壇では非常に有名なある人物の別宅だった。

猟奇的なのか、それを装っているのか、愉快犯なのかそれを装っているのか、まったく犯人像がつかめないまま物語はすすみ、怪しそうな人物がでてきては消え、複雑な人間関係を見せてきたあたりで、からくりの逆転が始まるような感じ、素直におもしろいミステリーだなと思った。スピード感もあっていいし。時代を超えた因果が絡んでるあたりもうまい設定で描いてるなーと思ったり。

オドロオドロしそうだったけれど、なんだか読後感は爽やかな感じのする作品だった。

光文社文庫 1994

楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

阿刀田高 – 猫を数えて

nekowokazoete

備忘録的に。猫っていう字がタイトルにあるので手に取った本。「独り者学校」「同音異義語」「恋の確率」などなど短編10編。どれも男女の恋愛について。肝心の表題「猫を数えて」は飼っていた猫を順番に思い出しながらそれに紐づく男を思い出すというもの。どの短編も大人の男女の物語。でも昔というか昭和的な感じがして、少し懐かしいような、今はこんなことないなーと思うような。でも、時代を超えて共通する部分もあるな、とか。

講談社文庫 1993

楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

誉田哲也 – インビジブルレイン

invisiblerain

背が高く優秀だが周りにあまり好かれてない姫川玲子警部。彼女の直感を大事にする捜査は時に絶大な効果を発揮するが、組織としては邪魔になる場合もある。彼女の班があるチンピラの惨殺事件に関わるが、調べていくに従って、昔あった事件が見え隠れする。その事件では警察の失態があったのだが、実はその陰にもっと大きな失態があったのではないか?そう気付き始めたとき、常総部からその件に触れるなとの指示が。

捜査が進むにつれ、その昔の事件との因果関係が見え隠れするなか、上層部や組織との軋轢に板挟みになる姫川と彼女の所属する班。事件はどう解決されていくのか?

心に大きなトラウマを持ちつつ刑事の仕事をつづける玲子がかっこいい。これは以前読んだ「ストロベリーナイト」からつづく作品だが、今回はもっと玲子が女性的な面を見せる。結構な厚みのある作品だけれど、テンポもよくてすぐ読み終えてしまった。

実際どうなんでしょうね、こういう組織って。たしかに大きくなった組織は自己保身を目的にした選択をしたがったりもする。警察や検察ってなかなか非を認めないってイメージあるもんな。大きな組織の前に市井の人間などどうでもいい、と、組織が組織であるために考えがち(それが個人ではなく組織としてそう結論づけてしまう)なのかもだけれど、その組織もやはり個人のあつまりなのだ。良心をもっと信じたいし、信じれるような世になってほしい。

光文社文庫 2012

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

宵野ゆめ – ヤーンの虜(グイン・サーガ140)

guin140

グイン・サーガ140巻。138巻ぐらいから一気読みしてしまった。いくつか読みたい本がある場合は、なるべくいろんな作家さん(シリーズとか)を順番にするようにしてるんだけど、このグインのシリーズだけは続けて読みたくなってしまう。まあ読むペースが速いってのもあるのだけれど。

ロンザニアで起こった不穏な空気はそのままアンテーヌへ。謎の使者はここでも陰謀の種をふりまくのか。そして無事シリウスを助け出したグインは彼をどうするのか?一方失踪をつづけるシルヴィアは、、、ケイロニアの災難は続きつづける。そしてあの闇の司祭がグインの前に。。。グインが縦横無尽に活躍日が来ると思うとまた読んでいてワクワクしてしまう。もっとたくさん出して欲しいなあ。

ハヤカワ文庫 2016

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

西加奈子 – きいろいゾウ

kiiroizou

久々、というか3作品目の西さん。一昨年直木賞を受賞して一気に有名になった。イラン生まれの大阪育ち、実は高校の後輩だったりするので勝手に嬉しく思っていたり。

「ムコさん」「ツマ」と呼び合う若い夫婦が都会を離れてすごい田舎に引っ越してきた。ムコさんは売れてるのかどうかよくわからない作家。ツマは世の中のいろんなものものの言葉が聞こえる不思議なひと。物語はツマの視点で語られるが、同時にその日の様子がムコさんの日記からも語られる。植物や虫、風や星からもいろいろな言葉を聞くツマがとてもへんてこりんなのだけれど、それは彼女のエネルギーが大きいからだとムコさんは暖かく見守る。なんでもない小さなものごとがおこったり怒らなかったり。隣の鶏がやってきたり、野良犬があがりこんできたり、子供が来たり。そんな日常をすごしていたけれど、実はムコさんには忘れられないひとがいたのだった。そして背中に謎の大きな鳥の刺青があるのだった。

ある日やってきた手紙がこのささやかな生活に大きな波紋を起こす。何も説明しないムコさん。そしていらない想像ばかりしてしまうツマ。二人の溝が埋まらないそんな中でムコさんは決心して都会へ行ってしまう。それは彼自身の問題を解決するためだったけれど。。。

こんな女性が横にいたらさぞや楽しいだろうと思うけれど、よっぽどのんびりしてるか、のんびりできるところや時間にいないとダメになってしまうかも。イラっとすることはないけれど、どうしたらいいんだろうというような気持ちになってしまう。人を愛すること、いろんなことを分かち合うこと、経験すること、生きて行くにはいろいろ必要でいろんなことが怒るけど、このムコさんのように生きられたら素敵だなとおもう。ムコさんの必要なものはシンプルでとてもいい。

きいろいゾウは、各章のあたまに挿入される(架空の?)絵本のものがたり。お月様の光をあびて黄色くなったゾウ。むかしツマの夢にでてきた。そして二人とも子供の頃から読んで好きだった。素敵。

西さんの小説は、こんなにのんびりしている様子を描いているのにスピードがある。感情のスピードというか。感覚というか。堺っこだからというシンパシーはここには感じない。けど、このスピードの感じはなにか知ってる感じがする。速さとか熱さ、というより、深さというか。言葉にするのは難しい。

岡崎武志さんの解説がとてもよくわかる。

2013年公開された映画の原作。

2008 小学館文庫

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

五代ゆう – 豹頭王の来訪(グイン・サーガ139)

guin139

グイン・サーガ、139巻。ああ、手元に買い置きしてあるグインも底を尽きてきた。たまに本屋さんにいって大量に出てるのを発見して喜んで買うのだが(普段チェックしてない)、何冊かあってもおもしろくてずんずん読んでしまうので、あっという間に読みつくしてしまう。

跡目騒動や少しずつあきらかになってきたまた別の陰謀などに悩まされるグインとケイロニア。災害があってあきらかになった皇女の息子シリウスの存在、行方不明のシルヴィア本人、彼らを探しに馬を駆って国中を巡るグイン。寸でのところでその子シリウスを助け出すグイン。

そしてケイロニアのはずれにあるベルデランドにはパロから落ち延びているヴァレリウス、マリウス、リギア、そして魔道の力を持ったがゆえに事件を起こしてしまった子・アッシャが滞在していた。彼らの元へも突然訪れるグイン。旧交をあたためつつもグインとヴァレリウスは会談し、パロのこの先や、現在おこっているケイロニアまわりの異変について語り合う。グインは陰謀の中に潜むある人物の存在にも薄々気づいているよう。

やっぱりグインが剣をもって戦うとわくわくする。単純にヒロイックファンタジーというのはこういうことだ、とか思ったり。外伝一巻で描かれたケイロニアの異変以降、グインの周りには良きにつけ悪しきにつけ、運命の変転が訪れる。どうなるのかケイロニア?!

ハヤカワ文庫 2016

楽天ブックスで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

ホーム > Review >

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。