<p style="text-align: center;"><a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/takei-side-gray.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/takei-side-gray.jpg" alt="takei-side-gray" width="581" height="387" class=" wp-image-5374 aligncenter" /></a></p>
Sax吹き武井努のWeblogへようこそ。

関西を中心にジャンルにとらわれず幅広く活動しています。このWeblogでは僕の活動についてや日々ふと思うこと、読んだり見たり食べたりしたものなどについて、いろいろ雑多に記していっています。楽しんでもらえたら幸いです。

スケジュールは<a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/">こちら</a>へ。(月別になっています)

不定期に適当に書いているブログは<a href="http://tsutomutakei.jp/category/blog/">こちら</a>へ。

読んだ本などのレビューは<a href="http://tsutomutakei.jp/category/review/">こちら</a>へ。

うちのかわいい猫達ほか猫写真は<a href="http://tsutomutakei.jp/category/nekodiary/">こちら</a>へ。

その他の記事はページ上部のメニューもしくは、このページを下にスクロールしていって頂ければご覧になれるように出来ています。ごゆっくりお楽しみください。

&nbsp;

すべてのひとに、恵みある日々を。

<!–
************

【お知らせ】

Follow Club Recordの記念すべき10作品目となる『TAKESHI meets TAKESHI』(渋谷 毅・清水 武志)が発売開始しました。渋谷さん清水さんの魅力的な楽曲を二人がデュオやソロで聴かせてくれる、とても素敵な作品となりました。ぼくもゲストで2曲参加しています。ぜひ聴いていただきたい作品です。
<table style="border-style: none;" border="0">
<tbody>
<tr>
<td style="border-style: none;" valign="top"><a href="amzn.to/1Km7DeE" target="_blank"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/FC-010jacket-150×150.jpg" alt="takeshimeetstakeshi" width="200" height="186" class="alignnone wp-image-7941" /></a></td>
<td style="border-style: none;" valign="top">1. 夢の中 (渋谷 毅)
2. Desjejum (渋谷 毅)
3. This Here (清水 武志)
4. Two Little Brown Dogs (清水 武志)
5. あしたのあしたのまたあした (渋谷 毅)
6. I’ll Be Happy As Long As You Are My Friend (清水 武志)
7. Type3 (清水 武志)
8. 僕の夢 (清水 武志)
9. Thinking World (清水 武志)
10. En Dehors (清水 武志)
11. Shadow Lover (清水 武志)
12. 生きがい (渋谷 毅)
13. Satin Doll (Duke Ellington)Follow Club Record FC-010 CD
\2,315(tax別)</td>
</tr>
</tbody>
</table>
[取り扱い]
<a href="http://diskunion.net/jazz/ct/detail/1006960889" target="_blank">DISK UNION</a>、 <a href="http://amzn.to/1Km7DeE" target="_blank">Amazon</a>、 <a href="http://www.hmv.co.jp/artist_%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E6%AF%85-%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A6%E5%BF%97_000000000659645/item__6903812" target="_blank">HMV ONLINE</a>、 <a href="http://tower.jp/item/4207429/%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%82%B7%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%82%B7" target="_blank">TOWER RECORD</a> 他

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/2J3Ce-Ujf8Y" width="560" height="315" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe>

——————————————————-

2012年9月にその37年の歴史に幕を閉じた兵庫県西宮市の西宮北口にあったジャズ喫茶Corner Pocket。そのラストライブを収録したDVDの制作を手がけました。こんな長編映像の制作は初めてだったのですが、みなさんに助けられて素晴らしい作品が誕生しました。映像もですが、やはり演奏、そしてその音が素晴らしいです(Corner Pocketのお店の音そのままです)。

2014.6.7追記:DVDが全国の店舗やネットショップにて取り扱いされることになりました。是非よろしくお願いします!
[取り扱い] <a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00JRS9FBG?adid=06WYCWVFJVJJGD9RNRPJ&amp;camp=243&amp;creative=1615&amp;creativeASIN=B00JRS9FBG&amp;linkCode=as1&amp;tag=tsutomutakei-22" target="_blank">AMAZON</a>、<a href="http://tower.jp/item/3570531/ラスト・ナイト・アット・コーナーポケット" target="_blank">Tower.jp</a>、<a href="http://www.hmv.co.jp/artist_北川潔_000000000178761/item_Last-Night-At-Corner-Pocket_5742887" target="_blank">HMV</a>、<a href="http://diskunion.net/jazz/ct/detail/1006208962" target="_blank">Disk Union</a>、ほか

[レビュー] <a href="http://www.jazzpage.net/rireki/cd/kitagawa_kiyoshi_lastnight.html" target="_blank">JazzPage</a>

[DVDの詳細]
<div>
<table border="0" width="90%" bgcolor="#eeddbb">
<tbody>
<tr>
<td id="" dir="" lang="" style="width: 80px;" scope="" align="center" valign="top">タイトル</td>
<td>「LAST NIGHT AT CORNER POCKET」</td>
</tr>
<tr>
<td id="" dir="" lang="" scope="" align="center" valign="top">内容</td>
<td>2012年9月1日、2日の二日間にわたる北川潔(B)氏と岩佐康彦(Pf)、大野浩司(Gt)各氏とのDUO LIVEより各日それぞれ選りすぐりの3曲、計6曲75分に及ぶ熱演を収録。Corner Pocket37年間の歴史の最後を飾る、これぞJazz Live Performance !!その圧倒的な美しく素晴らしい演奏をどうぞ心ゆくまでお楽しみ下さいませ。各氏の特別インタヴューも収録しています。

[収録曲]
北川-大野DUO
1. On Green Dolphin Street
2. Alter Ego
3. Backstage Sally

岩佐-北川DUO
4. Stablemates
5. My Ideal
6. Good Bait</td>
</tr>
<tr>
<td colspan="2" rowspan="1"><iframe src="//www.youtube.com/embed/POGnVIhDgmA" width="560" height="315" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe></td>
</tr>
</tbody>
</table>
</div>
&nbsp;
–>

Home

Ending Of Beginning II

[猫日和] うたまろ1st Birthday!

 

maro1stBDさっきまで覚えてなかった(というか知らなかった)のだけれど、今日4/8はうたまろの誕生日でした。お釈迦様と同じ。あ、書きながら、以前このこと話したような気がして来た。なんせ、うたまろおめでとうー!やんちゃすぎて困るけど、甘え上手で可愛い子です。これからもよろしくね。Pをいじめないでね!

[猫日和] かまたま19thHBD

kama19th

 

かま、19回目のお誕生日おめでとう!今日も空の上で美味しいもの食べてだらだらしてるかな。写真を見るたびにいろいろ思い出す。少しざらっとした毛並みとか、匂いとか。懐かしい。会いたいよ。

桐野夏生 – 水の眠り 灰の夢

mizunonemuri

これまたずいぶん前に読んだので備忘録的に。

高度成長期、オリンピックの少し前。東京の下町。フリーの週刊誌記者村野は目の前で地下鉄爆破事件に出会う。折しも草加次郎という連続爆弾魔が世間を賑わせていたため、彼はその関連を追う。そんな彼だったがなぜか彼は女子高生殺人事件の容疑者にされてしまう。その汚名をはらすべく村野は執念で女子高生の殺人の真相を、爆発の真相を追う。

泥臭い事件ものでいい感じ。僕も下町の工場町で育ったのでこういう雰囲気は好きだし、いかにも昭和の有象無象な時期というのは、文章を読んでいるだけで雰囲気が思い出されて、懐かしい気持ちになる。話はとても暗くてかなしいかんじだけれど。

文集文庫 1998

楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

円居挽 – 丸太町ルヴォワール

marutamachi

ずいぶん前に読んだので備忘録的に。

大きなグループ企業の社長である父を殺した嫌疑をかけられた息子・論語。その日彼は起きると謎の女がいたというがその痕跡はまったくといっていいほどなかった。この謎と事件の真相を解明するべく開かれたのが、古くから京都で密かに行われて来た私的裁判である、双龍会。追求する側と逃れるがわがお互いに双龍師という弁士をたてて弁舌をふるう会。そこでの駆け引きが勝敗を決する。

もしかしたら歴史的にこういう会があったのかなーとも思う。いまもあったりして。スリルやスピード感というより、なんだろうねっとり重箱の隅をつつくような感じが京都ぽい感じというか。嫌疑をかけられた論語自身もいまいち捉えどころがなく、のらりくらりとしているのもなんか京都っぽい(悪く見過ぎ?)。ゆっくり話は進行してやがて全体像がぼやっと浮かび上がって行く。あまり爽快感とかはないけど、なんかはんなりした気分になったり。

講談社文庫 2012

楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

大沢在昌 – 調毒師を捜せ

tyoudokushi

大沢さんのアルバイト探偵(アイ)シリーズの2作目。今回も冴木父子の切れ味いい痛快な活躍が楽しい。そしてなぜかモテる父子の周りには美人が集まってくる。

政界と太い繋がりがある財界の大物が残したと言われる日記、それが明かされると政界は大打撃、それを消そうと狙うものと護ろうとするもの「避暑地の夏、殺し屋の夏」。ヌシ様と呼ばれる吸血鬼らしい男が都内に潜伏し若い女をかどわかしているらしい「吸血同盟」、表題作、あらゆる日時を設定してターゲットを殺すことができる毒をつくれる調毒師に毒を盛られた美女が父子を担いで彼から解毒剤や毒の秘密を奪おうとする「調毒師を捜せ」、そして海の底から核ミサイルを引き上げそれを第三国に売ろうとする行商人が日本での取引を「アルバイト行商人」

どれもおもしろい。そしてしつこくないというか、カラッとしていて読みやすい。テンポのいい80年代の刑事物ドラマや映画を見ている様な気分。ハードボイルドすぎもしないし、サスペンスすぎないし、かといって軽くなさすぎない。男のかっこよさが短く凝縮されている感じ。こんなに魅力的な女性たくさんでてくるからちょっとロマンスあってもいいのに、それがないのもいい感じ(三角関係みたいになってる、いや、三すくみかw)もっと活躍読みたいねえ。

講談社文庫 1996

楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

2019.4月のスケジュール

<table style="border-style: none;" width="100%">
<tbody>
<tr>
<td>&lt;&nbsp;<a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/2019-3/">2019.3</a></td>
<td id="" dir="" lang="" scope="" align="right" valign=""><a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/2019-5/">2019.5</a> &gt;</td>
</tr>
</tbody>
</table>
<img class="aligncenter wp-image-9648" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/201904.jpg" alt="201904" width="570" height="760">

※先の予定は随時変更されることがあります。<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/2(Tue) ナニワフレーヴォオーケストラ
梅田 <a href="http://www.always-live.info" target="_blank">Always</a> 06-6809-6696
19:30- 前\3,500 / 当\4,000
[メ] Mika(Pf)、広瀬未来、福冨奏人(Tp)、大島一郎、山内淳史(Tb)、柏谷淳、朝比奈栄美(As)、武井努、浅川宏樹(Ts)、川辺ぺっぺい(B)、太田ピカリ(Ds)、ヤン・トミー(Surdo)

<img class="alignnone size-medium wp-image-9561" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20190402-214×300.jpg" alt="20190402" width="214" height="300">
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
■ KOBE JAZZ DAY SPECIAL BAND feat. PEDRO GIRAUDO
4/3(Wed) 明石 <a href="http://www.pochi-live.com" target="_blank">POCHI</a> 078-911-3100
19:30- 予約\4,000 / 当\4,500

4/4(Thu) <a href="https://kobe-kirakukan.jp" target="_blank">神戸新開地喜楽館</a> 078-335-7088
KOBE JAZZ PHONIC RADIO 公開収録
19:30 Open / 19:30 Start
予約はお名前・住所・年齢・電話番号を記載のうえ jazz@kobe-bunka.jp にメールでお申し込みください。

4/5(Fri) 名古屋 金山 <a href="https://www.mrkennys.com" target="_blank">Mr. Kenny's</a> 052-881-1555
19:30- 予約\3,500 / 当\4,000 / 学生\3,000

4/6(Sat) 京都 三条 <a href="http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ktsin/" target="_blank">Le Club Jazz</a> 075-211-5800
19:30- 予約\4,000 / 当\4,500

4/7(Sun) 神戸 大倉山&nbsp;<a href="http://www.kobe-bunka.jp/hall/" target="_blank">神戸文化ホール</a> 078-351-3535(受付) 078-351-3349(チケット窓口)
■ <a href="http://jazztownkobe.jp/2019/02/04/kobejazzday2019hall/" target="_blank">神戸ジャズデイ</a>
11:30 Open / 12:30~16:00
【一般】当\2,500 / 前\2,000 【22歳以下】当日・前売\500
※高校生以下無料(必ず無料招待チケットを入手の上、ご持参下さい)

[メ] 浅井良将(A. Sax)、横山未希(A. Sax)、武井努(T. Sax)、高橋知道(B. Sax)、大迫明(Trombone)、礒野展輝(Trombone)、広瀬未来(Trumpet)、築山昌広(Trumpet)、李祥太 (Piano)、ペドロ・ジラウド (Bass)、岡本健太 (Drums)

<img class="alignnone size-medium wp-image-9615" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20190403-07-213×300.jpg" alt="20190403-07" width="213" height="300">

<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/8(Mon) 金澤琴美
京都 出町柳 <a href="https://jazzmurra.exblog.jp" target="_blank">Jazz cafe むーら</a> 075-703-0120
19:30- 予\2,800 / 当\3,300
[メ] 武井努(Sax)、金澤琴美(Vo)、金井優貴(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/9(Tue) Maxime Combarieu(Pf) from France
神戸 元町 <a href="http://www.soubei.co/" target="_blank">cafe 萬屋宗兵衛</a> 078-332-1963
19:30- \2,500
[メ]Maxime Combarieu(Pf) from France、武井努(Sax)

<img class="alignnone size-medium wp-image-9641" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/maxime-takei-300×212.jpg" alt="maxime-takei" width="300" height="212">
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/12(Fri) E.D.F.
明石 <a href="http://www.pochi-live.com/" target="_blank">POCHI</a> 078-911-3100
19:30- \3,100
[メ] 清水武志(Pf)、武井努(Sax)、田中洋一(Tp)、西川サトシ(B)、光田じん(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/13(Sat) <a href="http://miceteeth.jp" target="_blank">THE MICETEETH</a>
■ サカイアンズ プレゼンツ 「春の光」
堺 遠里小野 <a href="https://www.facebook.com/71labo-281458885783428/?modal=admin_todo_tour" target="_blank">71labo</a>
(阪堺線 大和川駅降りてすぐ。〒590-0001 大阪府堺市堺区遠里小野町1丁3-18)
13:00 Start 予定
[出演] THE MICETEETH / リュクサンブール公園 / 森雅樹(EGO-WRAPPIN’)&nbsp; / 塾長 / So-much / Count Machaaki
[出店] Kame Barrio / ホルモン カモメ / floresta_carro / 堀本勇樹 / かわにし農園 / RIKA’Sクレープ / 酒歌(サカソングかつみ with B) / hoihoi / 犬吉
[手売りチケット] \3,000
[当日(ぴあ等)] \3,500
・こども無料、学生無料(要学生証写真付)
・当日録音した音源をプレゼント!
[詳細] <a href="http://haruno-hikari.com" target="_blank">haruno-hikari.com</a>
[予約、問合わせ] harunohikari.sakai@gmail.com

<img class="alignnone size-medium wp-image-9624" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20190413-214×300.jpg" alt="20190413" width="214" height="300">
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/14(Sun) ロス・ロン毛ロス&amp;シルヴィア
明石 <a href="http://www.pochi-live.com/" target="_blank">POCHI</a> 078-9113100
19:30- \3,100
[メ] Tommy(Tb)、武井努(Sax,Fl)、おーたかずお(P)、川辺ぺっぺい(B)、冨永ちひろ(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/15(Mon) ジモティーズ
西宮 <a href="http://www.three-codes.com/" target="_blank">Three Codes</a> 0798-55-5184
19:30- \2,000
[メ] 武井努(Sax)、阪本正明(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/16(Tue) Pop’n Rock Brasileira
大阪 北新地 <a href="http://www.misterkellys.co.jp/" target="_blank">Mr. Kelly’s</a> 06-6342-5821
19:00- \3,500
[メ] 高尾典江(Vo,A-Gt)、カオリーニョ藤原(E-Gt,Vo)、武井努(Sax)、時安吉宏(B)、池田安友子(Perc)

<img class="alignnone size-medium wp-image-9562" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20190416-200×300.jpg" alt="20190416" width="200" height="300">
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/17(Wed) MITCH(Tp, Vo) ALL STARS
大阪 梅田 <a href="http://www.newsuntory5.jp/" target="_blank">ニューサントリー5</a> 06-6312-8912
19:30- \1,800
[メ] MITCH(Tp,Vo)、武井努(Sax)、永田充康(Ds)、杉山悟史(Pf)、光岡尚紀(B)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/18(Thu) Maxime Combarieu(Pf) from France
岐阜 可児市 <a href="http://debbyart.com/live/live_p.html" target="_blank">Miz</a> 090-3955-1361
19:30- \3,500
[メ] Maxime Combarieu(Pf) from France、武井努(Sax)

<img class="alignnone size-medium wp-image-9639" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20190418-211×300.jpg" alt="20190418" width="211" height="300">
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/20(Sat) 河村恭子
京都 祇園 <a href="http://candy-jazz.com/" target="_blank">CANDY</a> 075-531-2148
20:00- \2,000
[メ] 河村恭子(Vo)、Phillip Strange(Pf)、武井努(Sax)

<img class="alignnone size-medium wp-image-9563" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20190420-212×300.jpg" alt="20190420" width="212" height="300">
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/21(Sun) 岩高淳4 with 三田裕子(Vo)
神戸 三宮 <a href="http://kobe-sone.com/index.html" target="_blank">ソネ</a> 078-211-2055
18:50- \1,500
[メ] 岩高淳(Ds)、三田裕子(Vo)、永田有吾(Pf)、波戸就明(B)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/22(Mon) たけうまDUO
寝屋川 萱島 <a href="https://tabelog.com/osaka/A2707/A270702/27065263/" target="_blank">アナンカフェ</a> 072-823-5852
20:00- \2,000
[メ] 武井努(Sax)、馬田さとし(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/23(Tue) 武井・関谷友加里DUO
大阪 本町 <a href="http://www.tomon-osaka.com/" target="_blank">燈門</a> 06-4708-8844
14:00- \1,800 + 別途1ドリンク代(\600~)
[メ] 武井努(Sax)、関谷友加里(Pf)
※シリーズ化中、平日お昼のライブです。ぜひ!
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/24(Wed) 高尾典江(Vo,Gt)
大阪 谷町5丁目 グラバー邸 06-6768-5963
20:00- \2,800
[メ] 高尾典江(Vo,Gt)、生田幸子(Pf)、武井努(Sax,Fl)

<img class="alignnone size-medium wp-image-9695" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20190424-200×300.jpg" alt="20190424" width="200" height="300">
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/25(Thu) E.D.F.
滋賀 草津 <a href="http://jazzbar-coltrane.com/" target="_blank">Jazz &amp; Bar Coltrane</a> 077-569-5854
20:00- \3,500 + 1drink
[メ] 清水武志(p)、武井努(Sax)、田中洋一(Tp)、西川サトシ(B)、光田じん(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/26(Fri) 中島教秀・武井DUO
兵庫 尼崎 <a href="http://jammer-jazz.com/" target="_blank">JAMMER</a> 06-7177-7501
20:00- カンパ制
[メ]中島教秀(B)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/27(Sat) 中島・武井 DUO
豊中 <a href="http://www42.tok2.com/home/gastou/" target="_blank">我巣灯</a> 06-6848-3608
19:30- \2,000
[メ] 中島教秀(B)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/28(Sun) <a href="http://miceteeth.jp" target="_blank">THE MICETEETH</a>
■ 「<a href="http://hoshinokanade.com/" target="_blank">星のかなで2019」 MUSIC,CRAFT,FOOD FES</a>
枚方市 ニッペパーク岡東中央(岡東中央公園)
10:00~20:00
[出演] THE MICETEETH / おおはた雄一 / 内田万里 / みちしたの音楽 etc.
(ライブステージは13:00~)
[出店] クラフトショップ35店舗、飲食店35店舗、ワークショップなど(約70~80店舗予定)
[料金] 出店公園区画:入場無料 / ライブステージ有料区画:前\3,500/当\4,000
[チケット] 2月15日(金)発売開始予定 / eプラス、枚方T-SITE蔦屋書店2F、Café Zakka Gallery FLAG
[問] 枚方T-SITE 072-810-2428 / Café Zakka Gallery FLAG 072-845-4566
Produced by 枚方T-SITE/ Café Zakka Gallery FLAG
Supported by FMCOCOLO

<img class="alignnone size-medium wp-image-9564" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20190428-300×255.png" alt="20190428" width="300" height="255">
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/29(Mon) MICTH ALL STARS
泉佐野 エブノ&nbsp;<a href="https://www.cf-izumisano.or.jp/izuminomori/index.html" target="_blank">泉の森ホール</a> マルチスペース
14:00- 前\2,500 / 当\3,000
[メ] MITCH(Tp, Vo)、小林創(Pf)、時安吉宏(B)、武井努(Sax)、永田充康(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">
4/30(Tue) 武井・河村テナーバトル
大阪 堂山 <a href="http://www.jazzontop.com/shop/act3.htm" target="_blank">Jazz On Top Act III</a> 06-6311-0147
19:30- \2,500
[メ]武井努(Sax)、河村英樹(Sax)、志水愛(Pf)、三原修(B)、東敏之(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line">

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

乃南アサ – 風の墓碑銘

kazenoepitafu1 kazenoepiafu2

だいぶ前に読んだので備忘録的に。

貸家だった家を取り壊したら軒下から白骨死体が出てきた。事情を聞こうと貸し主今川に聞こうとするが、彼は認知症でいまひとつはっきりしない。徘徊癖もある彼がある日殺されてしまい、白骨死体は迷宮入りしそうになる。しかも白骨死体は親子の可能性がでてた。これらの事件に関連性はあるのか? 「凍える牙」で名コンビだった、女性刑事音道と何かと相性の悪い滝沢はこの謎に挑む。細い糸をたぐっていくと、それはやがて失踪した女性につながっていく。地道に捜査をつづける二人、相性悪いと思っているお互いの気持ちもやがて少しずつ変化して行く。

乃南さんの作品は、なんだろう、サスペンスでも事件の鮮やかさとか犯罪の巧妙さやトリックというところより、人間の愛憎であるとかもっとドロドロした部分が、明るみにでもなく根底にしっかり流れていて、それがすごくリアルさというか人間臭さを醸し出している気がする。だから事件が解決したとか物語が終わったという感じよりも、人間て哀しいなあ、というような感想をいつももつ。それが最大の魅力な気がする。音道と滝沢、いい組み合わせだと思うけどな。相手にツンケンしていたり、勝手に拗ねてたりするけど、最終的にいろいろ気遣う関係になるあたりが、この全体にくらい物語に少しだけ軽さを与えてて、それもいい。

新潮文庫 2009

楽天ブックスで詳細を見る(上巻)(下巻)
Amazonで詳細を見る (上巻)(下巻)

いしいしんじ – 三崎日和

misakibiyori

まったくもっていしいさんにはまっている。なんだろうねえ、この読んでてほのぼのというか、可愛い動物を見ているかのような感覚。そして美味しそうなごはんと、気持ち豊かな生活。いしいさんが順調にやっていけてるというのもあるのかもしれないけれど、やっぱり人柄なんだろうなあ。

いしいしんじのごはん日記」につづいて2003年のWEB連載していた日記をまとめたもの。神奈川の西のほうの昔すごく栄えたらしい三崎に引っ越してからのいしいさんの毎日の生活。お魚がおいしそうだし、東京行ったり松本行ったり、たまには実家(大阪)帰ったり。いろいろ生活の様子が丸見えで面白いし、ご近所さんとの付き合いも、仕事も含めていろいろ楽しそうでいいなーと思う。羨ましいというより、いいなーって感じw ただの日記なのに読んでて飽きないのよね。この本のおかげで、いしいさんの他の作品が、まるでいしいさんが目の前で物語をその場で作りながら話してくれるような気分で読めるようになった。

まだつづきあるようなので、読もうっと。

新潮文庫 2008

楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

伊坂幸太郎 – 3652

3652

伊坂さんのエッセイをまとめたもの。デビューの2000年から2015年のものまでいろいろ。3652って10年分の日数(最初の1,2年目がうるう年でなければ^^)だけどエッセイは15年ぶんだけどなんでだろう?とおもってたら、最初に出した時に10年目だったからだそう。文庫本は2015年までのものも掲載されているのでなんかお得感あり。

伊坂さんはエッセイは得意ではないといっているけれど、いやいや、なんだろう物語じゃなくて、普通に喫茶店でしゃべってて面白い話とか、ふーんと思うこと聞かせてもらっているような感じがしていい。最近はまってるいしいさんは、なんか腐れ縁の幼馴染と話している感じだけれど、伊坂さんは大学で出会った知的な同期としゃべってるような感じがする(偏見?)。

干支のエッセイにやたら苦労してるところとかもいいけど、この本の場合、そういう書き物をしたからというのがあるんだけれど、毎年伊坂さんが読んで面白かった本を推薦する文章とか、好きな本を紹介するものがあったりして、これがまた他の本を連鎖的に読みたくなってしまう衝動になるので、いいんだけど、困る。そんなたくさん読めないぞーw

こういうエッセイを読んでいても、どこかしら伊坂さんの控えめで、きちんとした(例えば江國さんだったら、もっと堕落した感じがするし、村上さんだったらもっとヒネた感じがする)感触がする。それは物語でも変わらない。そしてそんな伊坂さんがどうやら普通に仙台の駅前をうろちょろしているというのは本当らしいので、いつか出会ったときにパッとCD渡せるようにいつも持って歩こうと思うのでした。なんのこっちゃw

新潮文庫 2015

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

徳永圭 – 片桐酒店の副業

katagiri

徳永さんの本を読むのは初めて。さてどんな物語を書く人なんだろう。

とある地方(どうやら名古屋)の外れの古びた商店街にあるこれまた古びた酒店。ここの2代目の片桐は酒屋なのになぜかスーツにネクタイ姿。もともとはサラリーマンをしていたらしい。そんな酒店の業務はむろん酒類の販売だが、先代が配送ついでに何か他のものも運んであげた(まごころ)ことから、ちょっとした届け物(人間にできる範囲で、法に触れない範疇で)をする副業があった。

アイドルに自作のケーキを届けたい、憎いあいつに悪意を届けたい、記憶をなくした母に贈り物をとどけたい。。。。様々な人が様々な依頼をしてきて、それに真面目に応え続ける片桐。そこまで仕事に没頭する彼には実は忘れてしまえない過去があり。。。

すこしシリアスな感じやミステリアスな感じもあって、ややもすれば暗い感じになりそうなのだけれど、でも、どこかのほんとした感じがするのは描かれる土地の長閑さからかもしれないし、作者の好みなのかもしれない。いいドラマを観たような読後感。妙なロマンスとかがないのがいいのかもな。この話続いて欲しいなあ。ほかもあるのかなあ。

角川文庫 2016

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

Home

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。