ホーム > タグ > 向山貴彦

向山貴彦

向山貴彦, 宮山香里 – 童話物語

指輪物語やグイン・サーガのように隅々まで細かく設定された世界観で描かれる壮大な物語。クローシャ大陸という場所に生きる人々。妖精のいる世界。

主 人公ペチカがすんでいた村を追われ、果てしない旅に出かける。その村で出会う妖精フィツ。ペチカをいじめるルージャン。教会の子守をする怖い守頭。旅でさ んざん世話になるおばあちゃんとロバのテディー。やさしくしてくれるオルレアとハーティー。そのほかいろんなひとや物事にもまれながら少女ペチカは成長し ていく。

ファンタジー感あふれる作品と世界観なのに、主人公ペチカのどこまでもひねくれて捻じ曲がった性格が最初読んでいて本当に 「いーーーっ!!」となる。途中優しい心に出会ったり、心温まる出来事に触れても、彼女の屈折しきってしまった心はなかなか素直になれない。たったひとこ との「ありがとう」さえ言えない。どうしてそんなに歪んでいるのか、読んでいて心苦しくなるほど。「どうしてダメなんだろう」「どうしてうまくいかないん だろう」そんな気持ちばかりが先行してしまう。諦めてしまいたくなるぐらい長い話の果てに、世の中の憎しみ(つまりそれは自分をも含む)に向かい合ったと き、彼女の心に今まで嫌だったり憎んでいたり信じられなかったりした物事を許すことによって、それらは救われ嫌じゃなくなり受け入れられ信じられるのだと いうことを知る。そんな彼女の成長した姿がまぶしい。

こういうファンタジーのようなものの場合、なにか困難とか問題とか冒険とかそういう ところが主眼になりがちだけれど、それもちゃんと踏まえて、夢のある世界だけども現実の世界に近い感じ、冒険の数々を描きつつ、主人公の内面、すなわち人 間の生き方、苦しみ、そんなものを見事に描いている作品というのは少ないのかも。長編だけれど、あっという間に読んでしまった。

ここまでよくできて、楽しく、かつ人間の嫌な部分を見事に描ききった向山氏がこの作品を20代前半で書いたというのが信じられないくらい。また宮山さんの絵がこの作品によくあっている。

童話物語〈上〉大きなお話の始まり

童話物語〈上〉大きなお話の始まり

童話物語〈下〉大きなお話の終わり

童話物語〈下〉大きなお話の終わり

 

Home > Tags > 向山貴彦

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。