ホーム > タグ > 大沢在昌

大沢在昌

大沢在昌 – アルバイト探偵

arbiteeye

大沢さんは初めてかも。生活能力もなくだらだらしているけれど、もしかしたら優秀なのかもしれない、少しダンディーな私立探偵不良中年を父親に持つ、主人公・冴木隆。まじめな(?)不良高校生の彼は、何かにつけて父親の仕事の手伝いをやらされる。この息子も結構やり手だが敵わない相手にやられたときは親父が助け舟に出てきてくれる、実はいいコンビ。

企業向けの手の込んだ恐喝や、闇の強請やの遺産、密輸に美人局、彼らのところには、ごくたまだけれど濃い依頼がやってくる。それは実は父親の昔の職業、通称「行商人」が関わっているらしいが。。。。

少し時代を感じるけれど、痛快というか爽やかな感じのする探偵小説。高校生が主人公だけどこれはハードボイルドといえるのかもしれない。ハードボイルドといえばダンディーな中年親父とかが活躍する感じだけれど、父子で探偵というのが新しいのかも。読みながら、探偵物語とかアキラとかああいう感触を感じた。まだ正義は正義っぽい感じがした時代。

このあともこの作品はシリーズ化して隆が大活躍するようなので、続きもよみたい。

講談社文庫 1995

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

Home > Tags > 大沢在昌

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。