ホーム > タグ > 岡山

岡山

大原美術館へ

20180826-1

おととい8/25に(たぶん)25年ぶりに倉敷アヴェニュウで演奏した(そのときはたしかドラム三科氏に誘われてだったと記憶してる)。ママもその時期のことを覚えてくださってて、お店に来る時に「確かきたことあったと思うんだけどなあ」という記憶が正しかったのがわかった。いやー、その時のことほとんど覚えていないけど^^; Scottさんたちとの演奏はすこぶる楽しく、いい夜だった。また行きたいな。

で、一夜明けて、朝から倉敷の美観地区へ。暑くてウロウロするのもしんどいので、すごく久しぶりに大原美術館へ。

点数こそ多くないけどいい作品ばかり。今日は子供向けのイベントやってて騒がしく、じっくり向き合ったりできなかったけど、普段は静かな美術館に子供の声が響くのもまた楽し。

ビュッフェの「アナベルの像」、ピカソの「牛の顔」「フランコの夢と嘘」、児島さんの朝顔のシリーズよかったな。今日は現代アートはちょっとしんどかった。昔来た時とは展示が違ってたような。草間さんのは楽しかったな(無題 No.RED.Z.A.)。グレコの「受胎告知」は写真とかで見るのとあまり印象変わらず、素敵な絵だけど。

日本美術もたくさんあって棟方さんいっぱい見れて嬉しかった。板画もいいけど取り上げてる詩がいいなあ。以前は展示があるの知らなかった。芹沢銈介がすごくよかった。心にしっくり入ってくる図案がどれも美しくて可愛くて。

熊谷さんの「陽が死んだ日」があってびっくり。先日東京で見て衝撃的だったから。そして今日もやっぱり衝撃的だった。すごい絵だと思う。
あと東洋美術で昔占いに使った骨のかけらに古い文字書かれたものが興味深かった。漢字の起源的な側面もだけど、占っている内容がいろいろ興味深くて。どの日に祭祀をするといいかとか、生贄はどれくらいのものがいいかとか、王がどうしたらいいかとかとか。昔の人々の息遣いが感じられるようで。

やはり民藝的なものや仏像や日本絵画などのほうが今はしっくりくるみたい。西洋絵画は何かと意見や思想みたいなものを投げかけてくるけど、それらはじっと受け入れるというかあるがままにあるだけで、やがて心が落ち着く。もともとそういう違いがあるものなのかもね。

100年ほど前の日本で、西洋美術を勉強するのにあまりにも本物がなくて学生たちが不便ではないかという考えから、大原さんがパトロンとなって児島さんたちが集めた作品はどれも素晴らしい、というのもあるけど、そういう熱い気持ちがいろんなものを動かしてそしてこれらが我々の前にあるということに、本当に感動するし感謝したい。

チャンスあればまた来たい美術館。

岡山・岡崎3Days

先週末MITCHのバンドで岡山、そして毎年馴染みの岡崎ジャズストリートへ出演してきました。週末の3日間、天気にも恵まれてとても楽しかったです。まぁ、移動距離ありましたけど(^^ゞ

岡山も毎年いろんな形で連れて行ってもらってますが、今年はクインテットにバンジョーの青木研さんにゲストで入ってもらって。毎回ここ岡山ルネスホールでのコンサートはえらく盛り上がるのですが、今年は最初からすごく暖かな雰囲気でしたし、最後には輪になって踊ってましたねー、すごい。ステージ前には商店街(昨年はブラスバンドで練り歩いたのかな、たしか)ででも演奏して、これまた面白かったのです。実はバンジョーという楽器、音やイメージはあるんだけれど、どんなもんなのかは全然知らなかったのです。しかし、青木さんのバンジョー聴いてかなりイメージ変わっちゃいました。素晴らしかったです。

盛り上がっております

盛り上がっております

 

そして、そのライブの興奮冷めやらぬまま(?)、夜走りで岡崎へ。こういうとき非常にタフな富永氏がいてくれるので助かります。3時ぐらいには岡崎着。さすがにくたびれているので、今日は何もせず(明日に備えて?)早く寝ました。

翌日3日から2日間岡崎ジャズストリートでした。街が素敵だし、ちょうど市民祭りなども併催されているので街はとてもにぎわっていて楽しいのです。

1日目ははじめての会場東邦ガスさんの会議室でした。ちょっと場所が離れているのでお客さんの足にはつらいかなーと思いましたが、いやいや満員ですごく盛り上がりました。また入れ替わりのバンドがCHAKAさんのトリオで、楽屋もえらく盛り上がりまくり。ソウルから直接来た清水興さんも疲れを見せずだし、久しぶりの小林創氏も元気で、なんか一年てあっという間だなぁとしみじみ。

楽屋でだらだら

楽屋でだらだら

CHAKAさんと

CHAKAさんと(漫才コンビではない)

CHAKAさん・竹下さん・時安くんのトリオをじっくり聴かせてもらったのですが、ほんともうこれ以上なにも必要のない完成度の高さ、そして楽しさで、すでにこんな音楽が存在しているのなら、一体自分は何ができるんだろうと思わされてしまいました。今はとてもいろいろ悩みの時期みたいなのですが・・・。というか今後もっと迷っていくものなのでしょうかねぇ。自分が音を出している意味が今は少し見失っているのかな、と感じ考えさせてもらえました。

CHAKAさん、竹下さん、トッキー

CHAKAさん、竹下さん、トッキー

また別の空き時間にはお世話になりっぱなしの小濱さんのSextetを聴きに。池田篤氏も元気そうでよかったです。そしてはじめましてのJay Thomas氏、ラッパもテナーもスムーズに吹くなんてずるすぎますよね(笑)。3管のアレンジもそれを支える奥村さん(久しぶりでした!)、島田氏、倉田くんもすべてがバランスよくてかっこいい演奏でした。これまた満足満足。

Jay-小濱-池田Sextet

Jay-小濱-池田Sextet

かくいうMITCHバンドは毎回来てくださるお客さんも初めての方もみんな巻き込んで賑やかに盛り上がりました。ゴスペルからスイングからFUNKまでなんでもござれなので(あんまり曲を憶えていないので結構冷や汗かきながらやってるのです、実は)やってるほうも楽しいし、見てるほうは尚更じゃないでしょうかねぇ?

そして盛り上がった後は軽く打ち上げ。今年はみんな宿もてんでばらばらだったので、僕らだけで宿近所の風来坊へ。やっぱ手羽先うまいですねぇ。今は山ちゃんよりこっちのほうが好きかも。そのあと、中村好江ちゃんバンドと合流してちょっと飲んで、さらにその後もちょっと呑んで・・・ってだいぶ呑んだように書いたけれど、ぼちぼちぐらいですよ。だって解散したの2時過ぎだから、いつもよりだいぶ早い笑。

手羽先!!

手羽先!!

中村好江ちゃんバンドと合流して

中村好江ちゃんバンドと合流して

そして2日目。毎回ハコのようになってる岡崎ニューグランドホテルで。入れ替わりのバンドは去年と同じくKen Valdez氏。なので楽屋もほのぼのした雰囲気。リハ後、疲れもちょっとたまってるけれど、天気もいいしお腹も減るしってので、みんなでコメダ珈琲へ(じつは初めて)。そこでまったりしてからちょっと街を散策。ジャズストリートや市民祭り以外にもあちこち盛り上がってて、100円市なんかも。

ストリートアート

ストリートアート

こんなん入手♪

こんなん入手♪

ぶらぶらしながら写真撮ったりするのもいいですよねぇ。そして岡崎城へ。家康の資料館が30周年かなにかで剣の演舞の奉納があったり、おりしも七五三の時期だったりして城内も賑やか。初めて天守の下までいきましたが、綺麗なお城ですねぇ。お城周りの雑木林もほんのり色づいてきてるし、素敵な時間でした。

そして市民広場ではいつものように屋台がたくさん。そして例年のごとくMITCH、そして初めての冨やんがすくいみそにチャレンジ。最高記録でした!

岡崎城天守閣

岡崎城天守閣

秋の気配

秋の気配

剣の演舞

剣の演舞

金を握り締め・・・・(笑)

金を握り締め・・・・(笑)

そして今日も演奏はすごく盛り上がりまくり。昨日も思ったけれど、ほんと1ステージがあっという間で、やりながら、え?もう終わり?と思ってしまうほど。演奏楽しいからでしょうねぇ。この岡崎ニューグランドホテルの会場はお客さんとの距離がめちゃくちゃ近いのでみんなで立つとすごい状態になるのですが、いやー、今年も楽しかったです。ほんとみなさんのおかげですね。いいイベントで出演させてもらう僕らがすごく元気になります。

振り返るとあっという間の3日間でした。楽しかったなーという感想ばかり。あ、結局バンド全体で写真撮ってないなぁ(^^ゞ

とにもかくにも、あちこち来場いただいた皆様、ありがとうございました。ミュージシャンの皆様、お疲れ様でした!

Home > Tags > 岡山

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。