ホーム > タグ > 映画

映画

マイティ・ハート

近年の911からの流れでつづくテロ(といっても、どれがテロなんだか、実際はわからないけれど)。それらを追うジャーナリスト夫婦。ある日、その夫があ る高位の指導者へのインタビューを行える事になり、約束の場所へ出て行ったきり、連絡がつかなくなる。必死に捜索するが、なかなか手がかりはない。そのう ち実はこれはインタビューというものを餌にした拉致ではないか?という可能性が出て・・・・となかなか複雑なストーリー。実話だそう。

ア メリカ映画だったから、またアメリカ寄りなストーリーかと思ったら、そうではなく、わりと中立(?)な立場から描かれてるように見えた。どうしてもこうい う映画をみると、このへんてこな副題のような、愛だとか絆とか、そんなことよりも、政治的な、宗教的な、もっと裏のドロドロした本当の世界のこと、なんか を想像して見てしまう。

しかし、アンジェリーナ・ジョリーのかなり素な演技がとてもよかった。夫を探し、心配する身重の妻、ジャーナリ ストとしての人間性、高度な政治取引の世界になってもたじろがない強い女性。そんな像がとても彼女に似合っていた。また映画全体が妙に盛り上げたりしない のがよく、事件の緊迫感、重さ、その裏にひそむ物事なんかがより浮きだってたと思う。

しかしこういう事件になったときの、外国の警察やら特殊部隊やらの行動力と行使力はすごいな。日本こんなんでけへんもんな。

人の命を取引につかうのは許されない。でもそういう手段をとらざるを得ないような所にまで追い込まれるイスラム圏とアメリカのひずみ、もっと解決する方法はいま採られている方法とは全然違うとこにあるとおもう。

マイティ・ハート/愛と絆

マイティ・ハート/愛と絆 – Amazon

永遠のマリア・カラス

稀代のオペラ歌手、マリア・カラス。この映画はフィクションだが、彼女ととても親交のあった映画監督がとった作品だそう。だから、この映画には彼女への愛があふれている。

物語としてはどうしたこともないのだが、声をわるくして、引退のような生活をしている彼女に、さる音楽プロデューサーがカムバックを薦める、というおはなし。結局カムバックはしないのだけれど。

それでも隠遁生活をしていた彼女がふと街角にあらわれたときに、パリ市民たちが示す反応とか、彼女のひとことひとことに騒動が巻き起こる様とか、どれくらいのスターだったのか、というのが、彼女を全く知らない人にもよくわかる。

本 編中にながれる(それが物語上でプロデューサーが仕立てる作品なのだが)、本物の彼女の歌声をつかい、それにミュージカル仕立ての映像をつけた作品(これ が見事に役者が合わせきっている)が素晴らしい。というか、やっぱり歌がものすごい。カルメンとか椿姫とかとか。オペラには全然なじみがないけれど、その 神が宿ったかとおもえるような歌声に打ちのめされてしまう。

ピアフが人生の喜怒哀楽を歌ったのならば、彼女は神の言葉を歌ったのかも。どちらもすばらしい。

永遠のマリア・カラス

永遠のマリア・カラス – Amazon

エディット・ピアフ~愛の讃歌~

最近のこういう音楽家の半生とかを描いた作品ってのは、ほんと役者さんの徹底さがすばらしい。この映画でピアフ(これって芸名だったのか)役を演じたマリ オン・コティヤールがすばらしかった。なんであんなにできるんやろ。改めて国外の俳優さんたちの層の厚さを感じずにはいられない(って、単にモノ知らずな だけなんだが)歌も歌っているのかー。やっぱすごい。

戦争に翻弄された不幸な生い立ちからか、はちゃめちゃな清秋時代、そしてちいさな チャンスをつかんで大きく成長していく姿は、ひたすらへーっっと思ってしまうのだが、やっぱり才能あるひとというのは、努力ももちろんするのだろうけれ ど、頭角をあらわすべくしてあらわすんだろな。

全編をいろどるピアフの歌、その歌声の素晴らしさ、というか、すさまじさにほかのすべて が消し飛んでしまいそう。この人が歌うシャンソンってこんなんだったのか。内容とかも全く知らずぺらぺらした雰囲気ばかりが伝わってしまうものが多い中、 本当にシャンソンというものがこういうものだったのよ、ということを思い出させてくれただけでうれしい。

しかし筋の方が時間の制約か、 結構人生を描いて行くこと、恋人との日々、そして不幸な別れを描くのに精一杯で、もっと人生の深い、ピアフの内面を描くに至ってなかったような気がするの が残念。もっと一部分だけ切り取ってでも、このピアフのすごさを伝えられたんじゃないかと。

「愛の讃歌」ほんとはこんな歌だったのね。

エディット・ピアフ~愛の讃歌~

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ – Amazon

恋とスフレと娘とわたし

もともとのタイトル「Because I said so」は、主人公のひとり、ダイアン・キートン演じる母親の口癖。なにかにつけて3人の娘の行動に口出ししたがる、ちょーーとイタささえはいった母親が、 その娘の一人といさかいを起こしたり、仲良くなったり、なんだかんだとドタバタを繰り替えすうちに、親子(母子)とは、恋とは、愛とは、親離れ子離れと は、なんてことを知っていくストーリー。

ダイアン・キートンがほんと困ったチャンな母親なのだが、絶妙なセンスの服装がなんとも。演技 も楽しいし、見ていて楽しい、微笑ましい。やもすればうざったい内容になってしまいそうなおはなしだけれど、チャーミングな女性4人が画面をところせまし と走り回るので、にこにこ見てられる。

ちゅうか、母娘ってこんな似るもんですかねぇ。
なんか、ぼーっと見れる映画だった。

恋とスフレと娘とわたし

恋とスフレと娘とわたし – Amazon

ストンプ・ザ・ヤード ストリート・ビート

ストンプ、この映画の場合は道具を使わず体だけで音をだすストンプ。LAでダンサーをしていた主人公が、兄の死からアトランタへ移住し、そこの大学でスト ンプのサークルに誘われ、迷いつつもその世界にはいっていくお話。お話の流れとしては「ドラムライン」とにてる。主人公の感じも。

ま、 お話はおいておいて、冒頭のシーンでのダンスがめちゃめちゃかっこいい。それだけでしびれてしまった。ダンサーといろいろやる機会も多いけれど、やっぱり 黒人の身体能力はほんとものごっついな。見た事ないダンスをたくさんみた。あんなことどーやったらできるのか、全く持ってわかんない。迫力ありすぎ。

ラストのシーン、結局ストンプにもストリートダンスの要素を取り入れたミックスになるのだが、これまたかっこよく、チーム同士のバトルなんかが、またしびれるぐらいかっこいい。これまた「ドラムライン」と似たような展開だが。

いやー。すごいな。

ストンプ・ザ・ヤード

ストンプ・ザ・ヤード – Amazon

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版

ひとはどのくらいの年齢になったころから自分の人生を振り返りはじめるのだろう。その人の人生にはたくさんの出会いと別れがある。それは人であったり生ま れたときから存在するモノであったりする。瞬間的にすれちがうもの、長く時間を共有するもの。そんなたくさんの人やモノとかかわって人の人生は進んでい く。永遠に残るものもあれば、ある日突然なくなってしまうものもある。そういったものたちとの関わりを通してその人の人生は形作られて行く。

で もその人がもつ記憶や感情はその人の主観であり、人生の舞台ではその人からは見えない、でもその人には深く関わる物語がたくさん存在する。それは一生知る 事のないことかもしれないし、あるとき知ることかもしれない。その時最善の選択だとおもったことも、実は違っていたのに、ちょっとした偶然や恣意的なもの によって、違った方向に人生は転んで行く。

でもそういった山谷もやはりその人の歩んだ道は一本道。過ぎ去ってしまえば、それは必然のようにおもえてくることもある。どうしても忘れられない事もあるが、やはり時間とともにあきらめていく、納得していくものなのだろう。

こ の映画を見ていると、そんなひとの人生の不可思議さを考えさせられる。どんな人の人生も、それは未完の物語であり、何歳になっても明日の人生は白紙だし、 昨日までの人生は追憶の対象だ。希望とあきらめ、偶然と必然、いろんな波風で左右する人生は、どうなってもやはりその人の生であり、正解や間違いはない。 なるようになるし、したようになる、のだ。

もしかすると、この映画はなんども見るものなのかもしれない。10年後にみたら、また違った事を思うんだろうな。

完 全オリジナル版ということで、公開時にはカットされていた部分などを50分ぶんぐらい足して3時間弱の長尺映画となっているが、いやいや、全然長さを感じ させない、すばらしい映画だと思う。どこがカットされていたのかは知らないけれど、ぜひともオリジナル尺もみてほしい。話によると劇場公開版とオリジナル 尺版は主題が違うそう。公開版もみたいな。

ニュー・シネマ・パラダイス

ニュー・シネマ・パラダイス – Amazon

男はソレを我慢できない

難しいことなんか考えなくていい、アイデアとノリ、そしてグルーブだ!ってな言葉が聞こえてきそうなぐらい、能天気でノリとスピード感満載で、でも内容なんかあんましない(笑:でもそれがいい)、飲み屋でぐだぐだしゃべってたら盛り上がって一気に撮っちゃいました?!的な、そんな面白さのある映画(だとおもう)

主人公が自称DJということもあるのか、映像にもスクラッチがかかってたり、つなぎや挿入のしかた、音楽や展開の仕方なんかも、VJではなくて、DJの映像版のように見せていて、すごい面白かった。竹中直人のおばかキャラのよさが爆発してて見飽きない。

ま、男ってバカよね(笑)

ゲド戦記

劇場公開で見に行きたかったけれど、結局いかなかった作品。

原作者といろいろ揉めたとか聞いてるけれど、結局原作はまったく読まずにこの作品だけ見てみた。こういう世界観は大好きだし、話の発端からその物語が進んでいく様はわくわくする。

けれど、途中から物語はどんどん細かい方向にいってしまい、もともとの大きな話の流れはどっかいってしまって、この世界の成り立ちやルール、憂慮されているこの世界の行く末なんてことはさておき、主人公の内面、生き方、悩み、そんなことばかりがクローズアップされて、それはそれで面白いのだけれど、肝心の話はどこにいっちゃったんだろー?という感想になってしまう。壮大な物語のプロローグだけ見た、って感じか。

物語のなかでは、今の現実の世界への憂慮や、人間のエゴ、今を生きる人たちへの細かなメッセージなんかが織り込まれていて、それらはそれらでいいんだけれど、じゃぁ、「ゲド戦記」ってなんなの?というと、なんなのかまったく分からない。エピソードが小さすぎるのかな?というか、やはりそもそも2時間ぐらいの映像の枠に収めるのが難しすぎたのかもな。最近の映画はそういう傾向が大きいような気がする。だから続き作ってほしい。

でもジブリ作品ぽいところは、評価できるなー。

あと、もうちょい声優さんは声優さんに慣れた人にやってほしいなぁ。ちょっとぎこちない気がするなー。絵と声がずれている気がする。というかちゃんとした声をもつ声優さんがあまりにもいない、ということなのか。

とにかく、原作を読んでみよう。

赤ちゃんの逆襲

おフランスお笑い映画っぽい作品(笑)同じネタをハリウッドがやったらもっとうっとおしい作りにしてしまうんだろうな。しかしヒトネタだけでここまで映画にできる才能に脱帽。めちゃあほらしい話なのにねー。

知ってる(みたことある)役者さんがたくさんでてて楽しい。途中の(ちょっと)無茶な赤ちゃんのCGぽいのが気になったが、あとはよーしゃべるフランス人たちのほんま勝手な、でも愛情あふれる感じに、フランス的笑いニュアンスがわからなくても、たぶんフランス人の半分ぐらいは笑えたんじゃないかなー。ながら見できそうなぐらいライトな作品。

モーツァルトとクジラ

アスペルガー症候群や自閉症をもつカップルを描いた映画。個人的にはこういうたぐいのものは不得意で、えてして見ないようにしてしまったり(実際の生活でもそうだ)意識の外においだしてしまったりしてるのが事実。でもこれは本当はだめなことだとわかっているのだが。偏見などを生む温床になってしまう。でもなかなか理解しがたい世界。

もしこの映画が単純に社会的なことばかりを描く映画だったらきっと見続けられなかっただろうけれど、この映画の場合、あるカップルの恋愛模様を中心に描くことで、こういう人々がどういうふうに感じてどういう風に行動したりするのか?という一面をやわらかくわかりやすく見せてくれる。しかも、あーよかったね!的な恋愛映画でなく、そういう性質のために苦悩したりうまく言えなかったり、紆余曲折してしまい、うまく恋愛できない。その姿を通して、彼らがどういう人間たちなのか、というのを見せてくれる。実際あたいたちと何も変わらない。

この映画がきっかけとなって、自分のなかにある隠れている偏見たちが減らすことができたら、と思う。

Home > Tags > 映画

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。