ホーム > タグ > 次松大助

次松大助

次松大助新譜「喜劇“鴉片”」

kigekiahen

リリースされてからちょっと経ってしまいましたが、5月半ばにシンガーソングライターで、THE MICETEETHでもずいぶん長く一緒にいろいろやっている次松大助氏の新譜「喜劇“鴉片”」がリリースされました。なんともいえなく、次ちゃんらしいアルバムになったなあと思います。前々作「Animation for oink,oink!」以来の次松氏名義のアルバム制作参加だったので、実に9年ぶり!そんなに経っている気がしないのですが、月日の経過はほんと早いものです。

今回はたくさんのトラックに参加しました。セクションはTbにマイティでも一緒の前田君、そして彼の紹介でTpに佐々木大輔くん。なんかダイスケ(次ちゃんはタイスケだけど^^;)だらけですねw。 ポップスぽいやつやもはやこれはクラシックの印象派の曲?みたいなものまで多彩な楽曲にいろいろ彩りを添えさせてもらいました。今回はフルートとクラリネットを結構吹きましたねえ。難しかったですけど、楽しかったです、

出来上がった作品は、ジャケットからもう素敵で、日本画のよう。そして音楽も極彩色で、頭の中でぐるぐる回ってしまうような感じです。この感覚は手にとってもらって聞いてもらえないと実感できないと思います。言葉で言い尽くせない感じ、ですね。いいアルバムになってうれしいです。

リリースツアーは東京と仙台しかしませんでしたが、次ちゃんいうように「次のアルバム作るまでずーっとツアー(笑)」だそうなので、また日を改めて、あちこちに行くと思います。楽しみに待っててくださいね。

ーーー

「喜劇“鴉片”」

1.喜劇”鴉片”
2.まぼろしの日
3.真夏の雪
4.伽藍
5.花束を
6.枇杷に捧ぐ
7.Dad,why am I ugly?
8.木蓮の花庭
9.ソナチネ”睡蓮”
10.これくらいの
11.世は春の日と

2018/5/16 CD
\2,500(+Tax)

[取り扱い]
楽天ブックスAmazonTower Record ほか

ザ・マイスティースの次松大助、ソロアルバム完成。バンド編成による新録。タイトル『喜劇“鴉片”』の意味とは?!

リード曲「真夏の雪」「これくらいの」を含む全編11曲収録! ザ・マイスティースのヴォーカリスト=次松大助がソロ・アルバムをリリース。バンドによる録音。メンバーはDRUMS:藤井寿光(ex.ANATAKIKOU)、W.BASS:服部将典(NRQ)、FL.bass:織原良次(bophana他)、GUITAR:菅原達哉(EG)、WOOD WINDS:武井努(ザ・マイスティース)、STRINGS:波多野敦子 他。

ジャズ、ラテン、室内楽などをポップな作品に昇華させた新作はそのエレガントかつ抒情的な世界観、ロマンティックな魅力にあふれる作風で、唯一無二の存在といえる。ザ・マイスティースのファンにもぜひ聴いていただきたい。

ラテン・テイストで意味深なタイトル「真夏の雪」、これぞPOPな「これくらいの」ほか、聴きどころ満載の新作。

Home > Tags > 次松大助

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。