Home > Archives > 2003-10

2003-10

(旧)2003.10月の日記

  • 2003-10-01 (水)
  • Blog

2003/10/31
今日も休み、今月連休だったのは昨日今日の2日だけ、あーハードな一月やった~!

昼にちょと所用で譜面書き、面倒だけど仕事のためだからしゃーない。
でも歌モノを譜面に落とすのは難しいなぁ、歌なんてフェイクされたらどないしたらえーんじゃ!

夜、のみに行く予定だったがキャンセル。
仕方ないので家で一人呑む、といってもチューハイ一缶。でも酔うた。酒弱なったわー。

2003/10/30
結局帰宅は朝5時、まだ早いほうか~。
もう何もようせんのでさっさと寝る。でも興奮していたのか午前中に起きる。
もう一度寝るのもなんやしなーってなことで、
出し遅れていた車検に車をだしに行く。大阪までのドライブの眠いこと眠いこと(じゃ、寝ろよって?)

ま、なんとかいつもお世話になってるF岡さんとこに置いて、
天気もまーいいし、朝潮橋から電車のるのもなーって思ったので、
なんばまでとことこちょっとおさんぽ。
が、昨日のライブ、ほんまに思いっきりやったもんだから、腰がイタイイタイ。
よたよたと歩く姿はもしかして情けなかったかも?

神戸に戻り飯食って、久しぶりにコーナーポケットでコーヒー飲んだ。

2003/10/29
UNITED SOUL HORNZ@南堀江KNAVE

いよいよ待ちに待った(毎回これ書いてるような気がするが)USHライブの日。
まぁ今月は対バンだのイベントだのといろいろ出番はあったんだけれども、
やっぱりワンマンのライブが一番力入るのは当たり前のこと。
しかも今回はちょっとまた準備不足っぽいところもあって、
どうなるのかなーって心配なのもある。
それよりも一番心配なのはお客さん来るかなーってこと。
これが毎回いつもいつも最大の心配事。夢見るもんなぁ。

ま、ともかくも、昼過ぎに新しいKNAVEにはいる。
最初地図を見てたにもかかわらずちょっと迷った。こりゃーお客さんも迷うんちゃうかなぁ。
さっそく荷降ろしして(今日は一番多い!)、中へ。
へー、雰囲気はまえとあんまり変わった感じはせーへんなぁ。
ちょっと形が変わったのと天井が低くなったので狭くなったように感じるけど、そうでもないらしい。

メンバーもとんとんとやってきて、さっさとセッティング。ステージ自体はちょっと広くなってて楽!
また今日はPAのH田くんも来てくれて、しかもワイヤレスマイク有りってんで、かなり動き回れるかも!
サウンドチェック、リハーサルとみっちり(いつも本当にみっちり時間ギリギリまで)やる。

今日はゲストにAゆみちゃんをはじめ、ダンサーのムッキーズの2人に、
スペシャルゲストとして先日も参加してもらったKいたさんに来てもらう。
が、いろいろ都合あってムッキーズおよびKいたさんが本番ぎりぎりになるのでリハできないため、
本番前にみっちりミーティング。最近これやるようになってステージングがよくなった。
なぜかこれをMこちゃんがやってるのが不思議。

お客さんも心配していたよりも集まってくれて(やっぱ久々やから?)うれしい。
もうここまできたらあとはわーんとやるだけよー!

そして始まった本番。
いつものようにじわっとでも割と早い展開で一回目のステージを。
オリジナルからりアレンジしたもの、新曲あり、Aゆみちゃん登場あり、ムッキーズありと、
もういきなり一回のステージだけで一回のライブ分ぐらいの豪華な出し物。
がんばれ吉本氏!(笑)

休憩をはさんで2回目はスティービー特集としゃれ込んで(古い)、
インストで楽しんでもらうものあり、Kいたさんの歌爆発するものありーとこっちも盛りだくさん&どこまで盛り上がるねーん、
って感じ。思いつきでやった割にはおもろいMCあり(ノッてるときはなぜかうまく行く)、
Mこちゃんのネタあり(というかKNAVEでジェット風船飛ばしたりするの、僕らが最初で最後ちゃうかな?)、
ほんま盛りだくさん~にもほどがある。
最後には恒例のジャンプ大会になるしー。
今回ワイアレスなんで、あちこち動き回れるわ、跳ねられるわ、もういつも以上に動き回った。

アンコールまで終えて楽屋にもどったときの最初の一言は「もー無理!」それほど体くたくたー。
はしゃぎすぎたせいか腰痛いしー、飛び跳ね過ぎたかなぁ。
でもほんまオモロかった!見ててもオモロかったやろけど、やってる方がもっとオモロイんだなー(笑)。

終わって、重ーい体を引きずりながら片付けて、打ち上げへ。
よくいくアメ村南にあるたこ焼きとかおでんの店。
なぜか久しぶり~~~のKすみ嬢も現れて、なんかへんなのりの宴会に。
といってもUSHの打ち上げは大人な感じです。呑みまくったりしません(たまにする奴おるけど、それは僕か?!苦笑)。
まぁ、えぇ感じに打ちあがって、眠たくもなってきたので解散。
今日は平日なのでファクトリーには行かず。

お疲れ様でした。それと来てくれたみなさん、おーきにでした!

2003/10/28
NoQuaterで難波マザーホールのイベントに。
昼過ぎに入る、久しぶりのマザーホール。
他のリハもやってるはずなんだけど、なんだかがらーーんとステージが広い。
さっさとセッティングしてリハーサル。
いままでこのバンド、こんな大きなとこではやってなかったし、
今日はツインドラムということで楽しみ、というか半分怖いが・・・。

練習に全然参加できていないので、サウンドチェックとリハで思い出そうと努力するが、
なんだかなーだいぶ不安。大丈夫かなぁ。
それでもなんとか雰囲気はつかめるので、それでなんとか乗り切ろう。
あとは直前にちゃんと確認して、と。

リハから本番まで時間があったので、ちょっと用事をやっつける。
これで一応全部おわった、ふぅ。

戻って本番。今日はいったいどんな系統のイベントなのかまったく分かってなくて、
もしかしてノイズ系かなーと思ってたのだが、それも違うし、
なんか空間系のサウンドのバンドが、まぁメインか。へんなイベントー。
お客さんもなんかゆるーい感じで見てるしー、へんなのー。

終わってだいぶ予定よりおそくなってしまったけど、SDSのリハに。
なんかRECのスケジュールがきつくなってるらしく、
どの曲やんのかなどなど、えらい騒ぎ。

2003/10/27
今日はほんとだったらシカゴ交響楽団を聴きにいく予定だったのだが、
先週の雨で日本シリーズの日程がずれ、しかも結局7戦目までもつれこんでしまったので、
最終戦が今日になるということで、
もうこの一週間、日本シリーズの行方が気になって、
何やってても気もそぞろ(まぁ、本番とかやってるときはちゃうけど)になってしまってるので、
えーい、もうこうならいっそのこと試合を見よう!と決心。(ちゃちな決心~ 苦笑)

午前中からいろいろと宿題を片付けて、ローソンでチケットを購入し、
午後5時前に家を出る。
甲子園につくと、ほんまペナントレース中の試合がある日のような騒ぎ。
早速一類側アルプスへ。もうお客さんはかなり一杯。
試合時間が近づくにつれ満員になるのは時間の問題やなぁ。
阪神ファンてほんまアホやなぁ(笑)。

昨日に引き続き吉田元監督もかけつけての解説。
そうこうしているうちに試合が始まる。
選手がいないがらーんとしたグラウンド。
でもファンはスコアボードのモニタにむかって懸命に応援している。
家でじっくり観戦するのもよかったんだけれど、
なんだか気持ちを皆と分け合いたかったんだなー。
それでも、最初はなんでか気分があまり乗らず、じっくり観戦。

試合は終始ダイエーペース。
もう今日はあれこれ言うても仕方ないから、とにかく総力尽くして、
何よりも悔いないようにやってほしい、その一心のみ。
1万4千のファンの応援が届いたのか、届かないのか、試合は大きく形勢が変わることがない。
ペナントレースの頃だったら5点差がぐらい平気のへっちゃらーって感じだったけど、
ダイエー相手となるとそうはいかない。

回が進むにつれ悲壮感が増していくスタンド。
それでもファンはちっともあきらめない。
僕も全然あきらめない。最後まで何か起こることを信じて。

しかし、ファンの祈り通じず、ダイエーの勝利、そして日本一。
とても残念、すごく残念。いや残念というより大きな虚脱感に押しつぶされそう。
星野監督に勝ってほしかった!もうただその一点だったんだけれどなぁ。

一部のファンが暴れたり、グラウンドにものを投げ込んだりしてたけれど(ほんま、やめてよね)、
大半のファンは最後にはダイエーを称えていたし、
何よりも精一杯がんばったタイガースの選手に暖かい拍手を贈っていた。
試合の内容的にはどーだかわからないけれど、
この日本シリーズ、とてもいいもんだったと思う。
・・・・・・いやー、やっぱり日本一になってほしかったなぁ。。。。

まぁ、冷静に見てるとほんとダイエーは強かった。
これは曲げようがないなー。
でも阪神も強かった。もしかしたらホームゲームの数の差だけだったかも?
何がどう起因したかはわからないけれど、今年はダイエーが勝った。
来年みてろよー!!阪神日本一なるからなーーー。

とにかく、ほんとタイガースの選手のみなさん、お疲れ様でした。
そして星野監督、ありがとうございました。とりあえずゆっくり休んでくださいね!

余談:
まぁ、負けてやけ酒・・・っていうのもいいのだが、
あまりにもがーーん!って感じだったので素直に帰ったのだが、
まぁそれもなーということで途中下車してちょっと残念会。

とても残念だったので、酔った勢いで拗ねてみるの図 >> (:_;)

ホントはこーいう感じではしゃぎたかったんだけどなぁの図 >> \(^o^)/

アホですんません(苦笑)

2003/10/26
夜、UNITED SOUL HORNZのリハーサル。
いよいよ29日に迫ったライブの最後の詰め。
先日の作戦会議で曲とかはだいぶ見えているので、
新しくやる曲とかそんなんを中心にみっちり(ほんまみっちり)リハーサル。
演奏さえちゃんとやりゃー、あとはあんなやこんなネタ(またやるのか?!)をやればね(苦笑)。
まぁとにかく、損はさせませんから、
みなさん29日 南堀江のKNAVEまで遊びに来てくださいね!

しかーし、リハ中も(というかリハ前から)日本シリーズが気になって仕方ない。
甲子園での3連勝のあとのそのままの勢いでいってほしかったのだが・・・・・。
あれー、福岡に帰ったらやっぱりダイエーのペースやん(涙)。
3対3のタイに持ち込まれてしまったよー、やばい?やばい?

2003/10/25
今日は日本シリーズがないので、ちょっと張り合いがない・・・(苦笑)。

久々のSoulFever@京都RAG。
午後にはいって準備。まぁSoulFever自体はUSHではいって結構長いので曲にも慣れてるし心配はない。
サウンドチェックと今日新しくやる曲の確認をしたところで今日のゲストとのリハ。
まぁ世の中いろんなところで本当に若い人たちが台頭してきているけれど、
島根から来たゲストドラマーはなんと!12歳の小学6年生!まじですか!?
力哉さんのドラムに座ったら埋もれて正面から見えないんちゃうかーってくらい。
果たして大丈夫なんー?と気になるところだったが、
音を出し始めたらどっこい、もしかしてその辺の中高生のドラマーより上手いんちゃうかーってくらいやし、
時々、オーイエイ!な絶妙の間のドラミングしたりするやん!すげー。
こりゃ本番楽しみねぇ♪

ってんで本番。久しぶりだったせいかお客さんも多く、ライブは盛り上がりそう。
が、なかなかあったかくならない、なんでかねぇ。
それでもM田さんの例によって例の軽妙なトーク(?)とネタのお陰でじわりじわりと盛り上がる。
1ステージ目は結構すぐ終わったような気がしてたのだが、1時間は十分やってた。
これっていい感じなんかもね。

つづく2ステージ目はだいぶノリもよくなり、バンドもノッてきた。
そこにゲストの登場。
最初客席は僕たちのリハのときの反応と同じような反応を示していたが、
曲が始まってびっくり。んでドラムソロがこれまたカッコよくて、
しかもすごく一生懸命にやってるのがとてもいい感じで、
拍手喝采の嵐!いやーすごいすごい!盛り上がった盛り上がった!かわいいってのは得やなあー。

ま、こういうのもあってライブはとてもいい流れだった。
こんな流れなら楽しいなぁ。やっぱエンターテイメントよねぇ。

終わってUSHの3人はすぐにRAGを後にして大阪へ。
DJ K氏からの依頼で最近キタにできたクラブでの演奏。
ちょっと出るのが遅くなってしまったのでめっちゃ飛ばして大阪へ(すごい速かった)。
旧関テレ裏あたりにできたそのクラブはOnAndOn。
出来たてだからめちゃ綺麗!SoulFucktryのようなコアな感じが全然ない。
お客さんも割とライトな感じでちょっと面食らう。

早速準備して出番。
DJブースの中でやる(Fucktryのときも同じ)んだけれど、
外音のバランスがわからないのが悩みといえば悩み。
とにかく踊れるような音になればいいのだが、
カラオケでの演奏ってのは時としてメインの音ばっかになってしまって、
聴くのにはいいとしても踊るのにはちょっと・・・・ってなりがちなのよね。

今日も演奏をはじめたとき、なんかお客さんが聴く体勢にいってしまいがちになったのがとても気になったが、
お店のスタッフとかの協力もあり(まぁ音がましになっていったのもあると思うけど)、
最後はわーっと踊ってもらえてよかった、ふー。

こういう感じでやる機会も増えていくだろうから、やっぱこんな感じ用の準備しないといけないなぁ。
演奏後なんだかんだーとだらだらしゃべって(なんかねぇこの3人だと面白いんよねぇ)、
結局明け方に帰宅、あー眠い!

2003/10/24
今年はダイエーがホント強いので(冷静に判断してそう思う)、
実は日本シリーズは半ばあきらめていたのだけれど、
ここにきての連勝。つーか甲子園でなんであんなに強いんやろー。
タイガースは雰囲気で野球やってるってウワサは本当なのか?(苦笑)。

なんでもう仕事中とかも気になってしかたないので、
でもケータイでの情報はとろいしー。
というのでうれしはずかし携帯ラジオを買って
(あぁ、ぼくは絶対こんなことはしないと思ってたのに。
通勤のリーマンみたいになってしまった)、試合に備えることに(苦笑)

で、今日はめずらしい企画@上新庄BlueCity

ぼくにとっては大先輩である宮さん、北岡さん、
んで最近可愛がってもらってるN秀さんという組み合わせ。
宮さん、北岡さんとステージに並ぶのは実に10年以上ぶりだったりする。
当時は学生やった。まぁ年月ってのははよ過ぎるもんですわなー。

2テナーということで、ぼくはほんとこの歳になって勉強させてもらうつもりで臨んだんだけど、
いやー、圧倒されてしまいました。
というか何もできませんでした。
というか、、、自分で驚いたけれど、こういうJazzのライブで数年ぶりに緊張した。
もう最近全然リラックスしてできるようになってたんだけど、今日はアカンかったー。
でもこういう緊張は快かった、久しぶりにめっちゃ初心になれたし。
いやー、やっぱり先輩方は凄いなぁ。何もかも。ほんと勉強になりました。感謝。
しかし緊張したなーもー。
もしこの組み合わせのライブまたやるなら、もっとがんばろう。ほんま。

で、気になる日本シリーズ。
今日はシーソーゲーム。のらりくらりと下柳が快投。
決勝打は桧山!いえい!一気に王手やー、すげーーーー!!わくわく!
宮さんは南海時代からのファンらしく、ダイエーを応援していたが、
すんません、勝たせてもらいました(笑)

2003/10/23
今月はなんかやたらと忙しくて全然休み(=用事のない日)がないんだけれど、
今日は久しぶりに予定がないのがもともと決まっていた。
というので日本シリーズのチケットを入手していたのに。。。(ありがと > M)。
雨でずれたから行けないーーー!悲しいー!
普段のペナントレースと違って「第何戦」のチケットなのよね。
日程はずれるものなのねー、ドームならこんなことはないけど。
でもやっぱり甲子園のように開放的なとこのほうがいいよねぇ。

でも結局用事(苦笑)。
昼にUNITED SOUL HORNZの面々で集まって、29日の作戦会議。
先日18日のイベントの感触がとってもよかったので、
やっぱり聴かせることも大切だけれど、もっと踊れるような路線でいきたいなーと。
ってんで、ステージの構成をどうするかをあれやこれやと相談。
普段あほなことばかりやってる3人だけれど、
こういうことになるとやたらと真剣になって、
曲順のみならずあの曲はどうするとかこれはどうしようとか、
いろいろ話は飛んだり戻ったりしながら、
でも全体ではUSHのことばかりを考える。
こういう時間ってしんどいんだけれど、とても楽しい。

で、結局4時間以上いろいろ相談してやっとオーダーが出来た。
うーん、今回のライブは最大限に盛りだくさんだよーー!
29日南堀江KNAVE、ぜひぜひぜひぜひ見てほしいライブです。マジで!

体調もすぐれないので夜はおとなしく(?)家でテレビ観戦。
連日の延長ゲーム。。。。。。最後は金本の劇的(ほんまに!)なサヨナラHR!!
もう\(^O^)/万歳、涙でた!
連日のサヨナラで勝敗はタイに。これで振り出しやでー!

2003/10/22
E.D.F.@俊徳道Crossroad

今日は珍しく「普段まったくやらない曲」シリーズだった。
まぁたまにこんな感じの選曲したりもするけれど、
今日は徹底的やったなぁ。。。。
というか譜面持ってたけどはじめてやった曲もあったし。
(E.D.F.の持ち曲は隊長の曲だけでも多分100曲以上ある)
いやぁ、めっちゃ新鮮やった。こんなんまたしたいなぁ。

相変わらずクロスロードでやると、かなりJazzっぽくなる。
今日もそうだった。やっぱタイコの音のせいかな?

日本シリーズ、雨のための順延で今日が第3戦目。
やっぱり甲子園では強い!!というかラッキー?
やったぜサヨナラ!!藤本えらい!おさるさん!

2003/10/21
京都でプライベートなパーティーにSDSホーン隊でお手伝い。

セクション仕事はまぁ久しぶりなのだけれど、
前にやった曲もありだし、こういう系統のセクションはまぁ得意なので、
リハをちょこっとやるとだいたいできる。
というのといつもやってるメンバーなので、横は揃いやすいしねぇ。

本番まで結構時間があいていたので、
京都の日本橋(っていうの?)といわれるところで魔Hとお買い物。
彼はいろいろつるべ(彼は自分のiMacをこう呼んでいる、アホや)の小物を、
ぼくはボードとか小物とかを、これでバックアップもとれるなあ。
あとでかい容量のHDDとカードリーダーほしいなあ。
結局3時間弱うろうろした。久しぶりにこんなことしたら疲れた。

でもまだ本番までは時間がちょいあるので、会場に見に行く。
いろんな(たぶんえらい人が結構いるはず)人たちがいろんなことしてた。
まぁアットホームなパーティーという感じかな。

で、本番。短いステージだったけど十分楽しめた。
でもやり終わって思ったんだけれど、
こういう本当にセクションだけやるってライブは久しぶりだったんだけれど、
なんて楽なんだろう(苦笑)。
ユナイテッドはフロントだし、SDSでも結局は吹いてないときのほうがごちゃごちゃやってるし、
ちゃんとアンサンブルだけやるってことが久しぶりだったもんで、
どんな感覚か忘れてた(笑)。たまにはこういうのもいいなぁ。

しかししかししかししかし!!!
今日雨が振ったおかげで甲子園での日本シリーズが順延に・・・・・。
ということは23日に行こうと思っていた(チケットをとってもらっていた)のに、
24日以降にずれるということは・・・・行けないやーん!雨の馬鹿ー!
結構。。。というかかなりショック!(涙)

2003/10/20
えー、恥ずかしながらもめでたく誕生日を迎えることができました。
これも日ごろの皆様の暖かいまなざしの賜物です。ありがとうございます!!
今年の抱負は・・・・・(内緒)

一日ほぼ何もせずにぼーーっと。幸せ。
夜遅くになってからM’sHallにいって、みんなでケーキ食べた。うれしかった。
(子供の日記みたいでごめん 苦笑)

2003/10/19
さすがに徹夜はつらい、反省するが、仕方なくやっちゃうのよね。
無理やり昼に起きる、ぼーーーっとしてる。全然体動かない・・・・

昼飯くってちょっとぼーっとしてから家を出る。
今日はAcoustricMotion@豊中 我巣灯。
このお店訪れるのもしかして10数年ぶりかも。。。。
何も考えないで道を走ってると吹田に向かってしまったので、
途中であれこれいくが、あれ?豊中ってどこやったっけ?R176沿いよねぇ???

ってんで散々迷った挙句だいぶ遅刻して到着、すいません。
ここは住宅街にあるので、始まるのも終わるのも早い。
さっさと準備してちょっとサウンドチェック。まぁ大丈夫でしょう。

開場してから近所の方々などなどがぼちぼちとあつまってきて、
演奏が始まる頃には狭い部屋が満員。もーどこも行く場所ありませんでー。
こんな空間で爆音のバンド大丈夫かなーとも思いつつ、
始まったらそんなん関係なしに思いっきりやる。
久々のアコモ、楽しい。

短めにやってて、終わらなければならない時間になり、ステージを終えるが、
アンコールが鳴り止まず、ご近所にめーわくなのは分かっているのだが、
マスターの「やって」という一言にバンドも奮起。
今日で一番の大きな音(だと思う)で、わんわんやった。
これまたえぇ演奏だったんじゃないかなぁ。とにかく楽しかった。

帰り道、道路の案内にあわせて普通に帰ったら、えらい近いやん。
行きしなはえらい遠回りしたのね、苦笑。

2003/10/18
朝早くから準備して昼前には難波Hatchへ。
今日はSoulFucktryのDJ SAWADAさん主催の一大イベント「ディスコだョ!全員集合」(べたなタイトル 笑)
なのだ。楽しみ。UNITED SOUL HORNZで彩りを添えるような形での参加になる。

まずは今日のステージの構成などなどのミーティング。
今日はとくにちゃんと踊ってもらえるように綺麗に進行したいしな。
ほとんど練習でいない曲もあるので、まぁいろいろ大変。
舞台の準備ができたので機材のセッティング。
Hatchの舞台は本当に広くてのびのび、でもこのステージでちゃんとアピールできる演奏できるか不安。

サウンドチェックを終えて、早速リハ。
今日のスペシャルゲストのKいたさんを迎えての曲をだだーっと。
選曲は結構ソウルの名曲数々。のうまく盛り上がってくれるといいんだけどな。
USHも歌モノもやるし。

んで、ダンサーさんとのコラボの練習。
こういうのは事前に相談しておいて考えていても、
やっぱり当日舞台の上にたってみないと実際どうなるかわかんないので、
いったん試してみてから、あれこれ立ち位置だの見せ方だのを相談しながら決める。
こういうの時間がないとしんどいけど、結局やるのが楽しいので、無理してでもやってみたくなることのひとつ。
今回は舞台も広いからダンスもダイナミックにあちこち走り回ってやってもらえるし、
それにうまく僕らも絡むような感じにみせられるといいなーと。
予定時間をオーバーしてしまうまでみっちり練習した。
これにてリハ終了。

ここで僕とF原はHatchを飛び出て、SDSがミナミホイールに出る会場、アメ村のBigCatへ。
リハには参加できずごめん。本番前、メンバーはもう盛り上がってる(とくに魔HとTくちゃん。なんかこの2人最近怪しい笑)。
準備して早速舞台へ。

イベントの開始と同時にジングル入るっていうてるのに、バンドがフライング(苦笑)。
一瞬「あっ」という雰囲気になるが、ま、これもご愛嬌。
おかげでえらいハイテンションな、テンポの速い展開になってしまったけど、
たぶんSDSはおろかサルサとかを聴くのが初めての人が大半の中でのステージにしては盛り上がったと思う。

終わってそそくさと難波Hatchへ戻る。
もう開場したてのころで、お客さんの入りも気になるが、もっと気になるのは日本シリーズ(苦笑)。
準備をしながら(メイクとかしてたりする)控え室のテレビ(これは本来ステージのモニタなのだが)
でバンド総出で応援。がんばれー阪神!

が、、、、、4時間近い応援もむなしく、惜敗(:_;)。サヨナラとは・・・一同がっくし。
この辺の様子はUSHのHPにレポートされてます。>> ここ

ま、それはそれ、イベントはいまや大盛り上がり中で、
ミナミ・キタの歴代DJ達が客を躍らせる躍らせる~。ダンスショーもいろいろあり、ほんとすごい状況。
そしてそれがまずピークを迎えたそのときにUSHのステージ。いやーちょっとばかし緊張しますわー。
やっぱこういう今までのUSHのお客さんじゃ全然ない、しかもソウルとかの熱狂的なファンの方々の前での演奏となるとね。
でも、ここはやっぱりチームワークというか何というか、
信頼できるメンバーでステージに立つと不安もすぐに消え、いつものノリで演奏もできると!
今回はホントこの辺の人なら誰でもしってるようなナンバーを揃えたので、
下手するとアカンことになるけれど、でも大丈夫のよう。みんな喜んでくれてるみたいでよかった(内心ほっ)。

あと何といっても今回スペシャルゲストで来てくれてるKいたさんの力が大きい。
ほんとえぇキャラしてはるし、盛り上がるし!
後ろでやったり絡んだりしてても面白い面白い~。これはいい感じですよ、ほんま。

そして一回目のステージの最後にはダンスチームとのコラボもやって(これも素敵だった!)、一回目は終了。
あー楽しかった♪

そっからまた次まで3時間近く空くんだけれど、なんか興奮してしまって、休憩するにも騒いでしまうし
(中には沈んでいくものあり・・・> P&P)、
ってので客席に下りていってちょうど行われてるダンスコンテストをじっくり見物。
往年のダンサーも出てるし、若い人もでてる。いやー、一世を風靡した人はすごいねえ。
ダンスもさまざま。見てて思わず顔がにやけてしまう(あ、やらしい意味じゃーないです)人もいるし、
ただただ格好よさに見とれてしまう人もいるし、すごいな。

で、なんのかんのあって、3時過ぎから2回目のステージ。
深夜なのに客席のノリは衰えることなし、すげー。
今回はオリジナルもやりーの、名曲もやりーのと盛りだくさん。
ちょうどちょっと前にDJさんがかけてた曲もやったので、なんか受けもよかった。
バンドもえぇ調子やったし、言うことなし。

最後には(予定外だったけど)、アンコールももらえて、
そこで出演したダンサーとかをみんなステージに上げて、ほんと最後の大団円までつき合わせてもらって、
ほんとバンド冥利に尽きる!という感じでした。うれしかった。
終わったときに、こんなん久々ちゃうかなーってくらい、メンバー間でお疲れーの嵐。
それほどみんなも楽しかったんやなーって僕も満足。

一切が終わってからちょっとだけSoulFucktryに顔出して一杯。
すぐに閉店になって(そらもう5時ですわ)、さすがにへろへろになったので別れて帰宅。

SoulFucktryのみなさん、DJ SAWADAさん、関係者・出演者のみなさん、
そして来てくれたすべての方々に、お疲れ様でした!!楽しかったっす!

2003/10/17
E.D.F@桃谷M’sHall

秋の夜長にはほんとこのバンドのサウンドはよく合うなぁ。
最近早めにお店に入ってリハをするように心がけているのだが、
今日は諸事情が重なってできず。寺田町駅前の激安飯屋でまた飯をくう。
(学食みたいに安い)

お客さんの出足が遅かったので始まるのも遅かった。
一回目のステージはちょっと乱調気味かな?
最初の曲のイントロ出たときにそれがどの曲がわからなかった(涙)。
ほぼそんなことないんだけれど、虚をつかれたというか。
その場その場でステージを組んでいくから、
隊長の流れを阻害しないように気をつけているのだけれど、
今日はちょっと失敗、反省。

でも2回目は打って変わって流れるようなステージだったように思う。
慣れてるとかそんなんじゃなくて、
やっぱ5人のメンバーのテンポが合うとか、気持ちが、とかそういうところかな。
気持ちよく演奏できてよかった。

終わってから二枚目のアルバムつくりについて意見交換。
僕とか隊長はわりと早く作りたかったのだが、
兄さんがいろいろびっくりするような積極的な意見を出して、
それならもうちょいじっくり育てて時期を見ようかということに
(隊員のみなさんはちょっと残念かもしれないけれど)。
でもこれでまたE.D.F.の新たな側面が産み出るかもね。

2003/10/16
荒崎BigBand@三宮BigApple

めちゃくちゃ寒い。神戸もとくに北野は寒いんかなぁ。
この時期にしては厚着しててもやっぱり寒さがこたえる。

今日は前回から比べるとめっちゃメンバーが少なく感じる。
確かに3人ほど少ないか・・・まぁ前回が多すぎたのかもね。
今日もゲストにI宮さんを迎えてのライブ。

このところこのバンドでは自分的になんかいい感じにリラックスできる
(構えなくていい、気楽)ので、演奏自体が楽しい。
・・・のだけれど、今日は曲の構成とかもあるんだけれど、
決まってほしいところで決まらないシーンが何箇所かあって残念。
それでも演奏してること自体はとても楽しかった。

このバンド、曲をためるためにしばらく休業だそーな、うーん、残念。

2003/10/15
今日はお休み。早起きするつもりだったのだが一旦起きたが・・・・・寝過ごす(涙)。

という訳で本当は午前中にいくつもりだったのだが、
午後一に免許更新をしに明石へ。明石くるの久しぶり・・・って思ったら一昨日通ったばかりか(苦笑)。
平日なのでまぁ割と空いている。
とんとんと申請とか検査とか写真撮影とかを終えて講習へ。
いろいろ違反があったので、2時間コース。ふぅしんどいなぁ。
でも、この講習で大概あるビデオの鑑賞が実は好きで毎回楽しみにしてたりするのだけれど(笑)。

「衝突」ってタイトルのビデオだったけど、これが僕には割ときつい内容だった。
まぁ、事故のドキュメントなんだけど、ホンマに事故ったところの映像ばっかで、
額血だらけのおっさんはでてくるわ、本当になくなってしまった人はでてくるわ、
自分がこの立場になったらたまらんわーというのばっかり。見てて息苦しくなる
(もしかして思うツボ?)。

まぁこれを期にちょいと運転態度を改めようかなーと思うのでした(単純)。

2003/10/14
午前中はぐでーーっと。
夜、SDSの練習。なぜか今日はいろいろ都合があって参加者少なし。
新曲やらアレンジ変えやら、今月からどたばたする様相。。。。

2003/10/13
がんばって宿を追い出される前に起きて、風呂にはいり、一応の準備。が、眠い。。。
連れて帰ってくれる人(笑、すまんのう)と待ち合わせをしてちょっとご飯を食べてから大街道をぷらぷら。
たまにしかこないけど、やっぱりちょっとずつ変わっていくものなのね。
市駅前のデパートが高島屋になってたのはかなりびっくりしたけど。

そっから待ち合わせ場所まで移動して、
乗り換えて(しかもぜーたくな車だった。横になって余裕で寝れる!いいなぁ)松山をでて、
一路新居浜へ、この間ずーーと寝てました、眠いんだもん。

で、さらに新居浜で乗り換えて(すいませんなぁ、ほんま、世話なりっぱなしで)、
そっからまた高速をずずーっと徳島方面へ。
このころ隊長はどーやら香川でうどんをすすっていたようなのだが、
そういう風に言い出す元気もなく・・・・次に起きたのは上板SA。

やっとこさちょっと元気もでてきた・・・が、まだ眠い。
途中どっか寄って行きたいという方々の願いに、さてどうしようかなぁ、徳島まできてしもたもんなぁ~、
なんてぼーーと考えているうちに鳴門。
そうや体もキッツイし、ちょっと温泉でもー(喜)という話になり、鳴門で降りて、
海沿いをドライブしながら洲本を目指す。

洲本温泉は初めてなのでどこに何があるかわからなかったが、
ぼけーっと走ってるとなんとなく風呂だけつかえそうな旅館に到着。
よーやくまるまってた体を伸ばせるときが来た、ふーー。
お風呂は広く期待していた露天風呂もある♪
時間はゆっくりとれそうなので、普段はからすの行水な僕なんだけれど、
じんわりとお湯につかって体の疲れをほぐす。入ったり出たり入ったり出たり、
こんなこと滅多にしないけれどなぁ。

ちょうどこのとき他の団体客もいた。
どうやら知的障害者とその保護者たちのグループだったようだが(この書き方が失礼になったらごめんなさい)、
みんな楽しそうに、あるいはこわごわとお湯をつかっていたのだけれど、
ほんといろんなタイプの人がいるんだなーと何がしか感心しながらジャマにならないようにしてた。

このとき思ったんだけれど、
僕にはこの保護者の人たちがやってる仕事は絶対できないだろうなーということ。
確かに人の面倒見るってこと自体僕は不得意なのだけれど、
まぁ仕事として形だけだったらできるかなーとも思うのだけれど、
本当の気持ちからこういう仕事に真摯な態度で向かえるか、というと、それはNO。
でも、この人たちは多分ほんとうにそうしたいからやってるんだろうなーというのが伝わってきた。
それを見ながら、やっぱり自分は自分なりに無理なくやれることをやらんとあかんねんなーと。
でもそれをやるなら精一杯やらなあかんなーと。
風呂につかりながらそんな当たり前のことをぼーっと考えてしまった。
この先、どうしていこうか?

さて、風呂も終え、ねむ~~くなるのを必死でこらえて、洲本から岩屋へ夜のドライブ。
この辺の道は面白くない、昼は綺麗なんだけれどなぁ。
高速をつかえばいいのだけれど、はっきり言って・・・・・飽きました(笑)。
だからたまには新鮮味のある道を走りたいなーと。

岩屋からは名物(?)タコフェリーにのって30分ばかり海路をゆらゆら。
ちょうど20時ごろに明石大橋の下をくぐっていったので、虹色の照明も見れてラッキー。
風がきつくて寒いけれど、長い間橋の風景を眺めていた。
なんかどたばたしたり寝てただけやったけど、旅の終わりーって感じ。寂しい。

その後、明石で玉子焼きを食べて(そういえば朝から何も食ってない)、
2号線をえっちらおっちら・・・・帰宅。
玄関を開けると待ってましたとばかりにネコさんがなーなーと。
一日おらんかっただけやがな・・・もう・・・・可愛い奴。

2003/10/12
結局帰ってきたのが明け方5時半ぐらい(こんな書き出し多いな・・・)、
そっからなーなーいうネコさんを無視して(ゴメン!)ささっと寝る、
さすがに疲れてるので一瞬で眠りに落ちる・・・。

7時過ぎに起きて、準備をして家をでる。
今日は待ちに待った松山シュガービレッジ!毎年楽しみにしてるイベント!
が、体調はどーやら最悪にちかいかもー(涙)。
舞子まで電車にゆられて、降りて橋をのぼって明石大橋にでる。
一区間だけバスにのって淡路SAへ。
ちょっと遅れてしまったけど、無事N川さん号と合流。
もう一台の松山組とも合流して休憩もそこそこに出発。
徳島でS水隊長と合流せにゃならんし、その先にはうどん・・・・。
ふらふらなのでうとうとしながら車に揺られる。

鳴門から徳島へ入り、徳島道にのる。なんか徳島は大雨?大丈夫かなぁ。
んで最初のSAで無事隊長と合流。こっからはゆったり徳島の道を。
毎度のことながら美馬で降りてR438を香川へ。
三頭トンネルを抜けると、おやー晴れてるやん!うれしい。
ずーっと坂をくだって、谷川米穀店を覗くと・・・臨時休業。ふぅ。
そのまま降りていって、まずは三嶋。まだそんな知られてないから、すいてる。
最近お気に入り。ゆでたてのうどんの小麦粉の匂いがたまらない!
まずは熱いの一杯、んで冷たいの一杯。あーーーーーウマ!
素朴で力強い麺、いいわぁ、めっちゃ堪能、一同も満足気。

んで、さらにすぐそばの花畑へ。晴れてると気持ちいい。
出汁モノがたべたかったのでかけ大を。うーん、こっちはもっと素朴でうみゃー。

まだまだーという一同ともう一軒と山内へ行くが、やっぱり予想通り満員風。
山の下まで車があふれ返ってるので断念。
ほんと一時の若者ブームから広がって、いまや普通の観光の一つになってる風ねぇ。
いいことかもしれないけれど、、、、、どうかなぁ。

しかたなくあきらめて松山方面へ。
豊浜まで抜けて11号を三島へ。そっから松山道にのって小松まで。
わざわざ降りたのは桜三里の名店(?)トレインカフェに寄るため(またか!)。
夏のキャノンボールのときと同じよーな歓待を受けて(ママ素敵!)、
うまいコーヒー(B兄さんも絶賛)を飲んでだるかったムードを払拭。
そのまま松山入り。ちょっと雨曇り空なのが残念。

地元のバンドのリハを見ながら準備したり、チェックインしたり。
E.D.F.のリハもちょっとやったら、もうシュガービレッジは始まった!

一回目のE.D.F.のステージ。
Riskyのマスターの言うとおり「E.D.F.とわかって来てる客が増えた」。
E.D.F.の楽しみ方(ってあんのかな?)をしってる人がたくさん。
いつものノリに加えて、お客さんのプッシュに自然とバンドもヒートアップする。
えらいハイテンションのステージだった。

さすがにふらふら(そいうや、うどん以外何も食ってない)なので、
いつもの小料理屋小六にいって体にやさしい食い物食べてちょっと復活。

2回目のステージとなると、もうのっけからえらい盛り上がり。
しかし、ちょっと前に少し飲んでしまったのが敗因。
なんか酔ってるのかどーなのかわからん状態になってしまい、
前半はろれつがまわらんかった。。。。最近飲んで演奏とかしないから、体がだめになってるのね。反省。
でも汗とともにアルコールは抜け、まともになってきた。
バンドは普段はこんなテンポやらんぞーというものあり、
どこまで展開すんねん!って展開あり(笑)。
当初予定の1時間のステージはあっという間に過ぎ、結局はアンコールも含めて2時間弱やってた。
バンドも元気やけど、お客さんも元気やなーーー、ほんま。

終わってしゃべったり懐かしい人たちと旧交をあたためてたりすると、
やがて他のお店で終わったミュージシャン達も集まってきて
(なんで決まってるわけでもないのに、こんな流れになるんやろ?楽しい!)
どこからともなくセッションが始まる。ここでも隊長と兄さんが大活躍というか大暴れ?!
ぼくもKAJAのセッションには飛び入り。レゲエ楽しい!

その後もお客さんたちと飲んだり騒いだり、まじめなこと話したり。
明け方近くまで遊んでしまいましたとさ。うーん元気なんだかなんなんだか。さすがにふらふら。

2003/10/11
夜、SDS@福島2NDLINE。なんかここってお客さんが集まりにくいので不思議。
どーも体調がすぐれなく、本番前になってもちっとも盛り上がらない(気分が)。
対バンなので1時間ぐらいのステージなのだが、がんばって盛り上げるが、僕自身はいまひとつか。
が、途中の、もう恒例になった?(たまには許してほしいんだが・・苦笑)
ホーン隊のコーナーは、もうギリギリの感じやったなぁ、危ないアブナイ。

終わってしんどかったので、ちょいと休憩。
今日の対バンはとてもいいバンドなので見たい気はするのだが、しんどいのでパス。
体を耳を休める。

夜中にNoQuaterのステージがあるのでと心斎橋までいくが、
1時ごろの予定が結局は3時に(涙)。
演奏は僕自体がリハにいけてないので、うろ覚えで探り探りだったんだが、
バンドはまたえぇ感じに成長してて、すっかりJazzから空間系の即興ものになってる。
こういうの楽しい。というかいい感じで気持ちいい。
時間が遅くなったので眠いのも手伝ってふらふらーーとえぇ気持ちでやらせてもらう。

終わってみるともう4時も大きく回ってしまった。はよ帰らねば!!!

2003/10/10
さて、今日は松江行き。先週も島根いっててんけどなぁ(苦笑)。
朝迎えにきてもらって六甲山を抜け、三田から中国道~米子道~山陰道を抜けて松江へ。
昔に比べて随分楽になったもんだ。
今日は天気もそんなよくなく、大山があんまり見えなくて残念。

今日は十五夜ということもあってのイベント。
松江城近くの法眼寺というお寺の境内にある庭園をステージに見立てて、
そこでの演奏や食事、月見を楽しもうというイベントのよう。
庭には池があり、それをはさんで広間と庭奥のステージがある。
お客さんは池越しに松明や灯篭に照らされた僕らのステージ(多分えー雰囲気やろな)を見るという寸法。

サウンドチェックをしてみると、
外で思いっきり開放的な空間なのにPAなんかいれなくても自然の反響でいい感じのリバーブ感。
裏山が岩なのでそうなるんだという。やってて気持ちいい。
外というとどうしても音が散ってしまうし、ましてや木々に囲まれると吸われるような気もするのだが、
ここは全然違って気持ちのいい環境。こういう場所での演奏ならいつでもどこでも大歓迎!

やがて日も落ちて、残念ながらガスってるのでおぼろ月夜になったが(これもえー雰囲気だわ)、
演奏は松明に灯篭、それに照明をつかってのいい雰囲気の中行われた。
普通にJazzを演奏していても、普段のテンション高めのものというよりも、
よりリラックスした自然なものになっていく。それがやりながら気持ちいい。

すっかりこの静かな空間のとりこになってしまいそう。
地方都市にはまだまだこういうとこあって、いいなぁ。
いやぁ、先週に続いて島根はいい感じ、ビバ島根!

2003/10/9
夜、廣田4@武庫川Mクアトロ。
初めてのお店。今日はドラムはHロシさん。

いつもの龍旋風に近い選曲での演奏。
でもいつもIくちゃんが選んでくる曲はきっついなあ。
今日も聞いたことあるけどやったことない(でも昔やったことがあるかも)な曲もありーの、
龍旋風の曲もありーの、スタンダードもありーの。
ドラムが違うとやっぱ演奏もかわる。面白い。
でもめちゃめちゃ速いのは許してー。

終わってSoulFucktryまでお届けモノ。
18日のダンサーとの共演、だいぶまとまってきたよー。

2003/10/8
昨日のライブで呆けてしまう。今日は何も力はいらない、USHのあとはいつもこれだ。
ほとんど何もしない。でも洗濯物がたまるのでそれを片付けるのと、
掃除をするのが精一杯。。。。。

2003/10/7
UNITED SOUL HORNZ@京都RAG

3ヶ月弱ぶりのステージなので(これは驚き!)、
持っていく荷物で何か忘れていないか?としきりに気になる。
3度ほど点検するが、なさそうなので(でも自信なし)出発。
途中でAゆみちゃんを拾って一路京都へ。
車を置いたりなんだりする時間を考えると、まぁ、早めに着きたいところ。

うまく混んでいるところを回避できたようで、予定よりだいぶ早くついた。
京都は遠いようで案外近い。でも混むとえらい時間がかかる恐ろしいところ。

荷を下ろして、近所に車を置きに行く。
入り時間を越えてもまだ誰もこない?あれー早く着きつぎた?というか間違ったかな?
と不安になったころに、ぞろぞろーっとメンバーも集合。よかった。
早速セッティングをして(もう慣れたもので速い)サウンドチェック~リハーサル。
対バンで1ステージだし、リハもしたとこなんで、全部やるようなことはなく、
要所要所やるだけ。

昨晩突然思いついた、というMコちゃんのネタを挿入するために曲順を変え、
そのネタのいきかたについて説明をうける。でも本番はどーなるやら?
そうしているうちにK-106の面々もやってきたので、
長々とリハやってもしゃーないので、リハを終えて外に出る。

どうしてか、いつもUSHのライブのネタってのは前日夜とか直前とかに盛り上がって思いつくので、
準備が大変。
「うんちく祭り」というタイトル(笑)のライブなので(どんなんや!)、
いろいろ個人個人思いつくままに薀蓄を垂れるが、結構でてこないね。というか知らんのか?
その間にはネタでつかうカンバン(またですか!これでも面白いのよね)を準備。
実はえーーっ!マジですかっ!という腕前の持ち主ということが今日判明したAゆみちゃんにその腕を振るってもらい、
ウエンディーズの店員さんに「すいません当店では・・・」と非常に迷惑そうな顔をされるまで、
一生懸命にネタ作り。いやー楽しい楽しい。作ってるときって楽しい。

RAGスタでコーヒーをよばれながら最後のネタあわせをして、RAGに戻る。
K-106のステージが始まってる。うーん若い!エネルギーがほとばしってる!いいねぇ。
ま、今日のUSHの路線は大人・・・苦笑、なので、ライブ全体としても対比があってよろしいかと。

k-106が終わってステージのセットをがらっと入れ替えてUSHのステージ。
さて、今日は「がんばるおっさんシリーズ うんちく祭り」、なんのこっちゃ。
とにかく大人な演奏と頑張る姿、それに笑いありという感じでいけるといいのだけれど。
曲はもう慣れてるからすすすっと進む。
さて、ネタの場面、ネタ自体はかなり面白いし、
僕が振られたところも、これかなり美味しかったんちゃうかなーと思うのだが、
いかんせん誰もクイズに正解しなかったので、長ーくなってしまった(笑)。
困ってるMコちゃんがおもろかった。

でもそんな「これなんのライブだったっけ?」的展開をしても、
演奏になるとちゃんと戻るところがUSHやなぁ。1ステージだけだったけれども、いいところ見せられたかなぁ。
まぁ、精一杯がんばったつもり。でもやっぱワンマンのようにはいかなかったが。うーん。

終わってささやかーに宴会。呑まなかったがずるずるーってくっちゃべってた。
さて、18日および29日もがんばらんと!みんな来てね!

2003/10/6
さすがに疲れた~~!何もする気が起こらず家でうだうだ昼頃までするが、
頼まれていた仕事があったので、大阪へ出掛ける。

まぁよくある話なのだけれど、
管理している人間がいる間はちゃんと動くのだけれど、
そうでないとなんか調子悪くなる、ってようなシステムとかモノがある。
ここもそうで、僕がいるときは大丈夫なのだけれど、
なんか突然おかしくなったりするらしい、現象を見てないのでなんとも。

ま、そんなことばっかり言っててもしかたないので、
また壊れたというPC(なんでこんなに立て続けに・・・NECのばかっ!)
の設定やらなんやらかんやら。結構時間かかる。
なんとかやらねばならないことをやってつける。ちょっと予定より時間オーバー。

本当はもっと早くいくはずだったのだがだいぶ遅れて、Mコちゃんに会いに。
そう、明日のUNITED SOUL HORNZのネタなどなどの打ち合わせとか、
18日のイベントのこととかとか相談したかったので。
結局ネタなどについては話合わずに、
今後どーするのかとか、どーなっていきたいのとか、
そんなもっと大事な大きな話をいろいろ。このところこんなんばっかり。でも楽しい。

で、遅くなったが誘われてたストリートに。
久しぶりの淀屋橋の上はもうすっかり晩秋な雰囲気。要するに寒い。
体は疲れているけれど、なんだか気持ちはいい感じで(空気が澄んでるからかも)、
演奏はいつもよりリラックスして、好きなよーにできた。
これ楽しい。が、やっぱり寒いからか立ち止まる人はすくなく・・・・
足早に帰宅する人ばかり。
そういえば酔っ払いも減ったなぁ。

夜中、18日に共演するダンサーさんとちょっと打ち合わせ。
はやくオケつくらねば!

2003/10/5
いつもならここ甲賀に来て泊まったときは、めっちゃうだうだうだーってして、
ゆっくり昼飯とか食べて、風呂とかいって、あ、もう夕方だー帰らないとー、
っていうのんびりした感じで過ごすのだけれど、
今日はちょいと昼に神戸で仕事があるので、朝から起きて仕度して帰りの電車にのる。
まぁ、昨日の宴会は早くに終わったし、
ぼくはそれよりはるかに前に寝たし(今回は酔っ払わなかった 苦笑)、
まぁ体は元気なほうか。

家について一瞬だけほぅ~としてから準備して出る。
日曜日の三宮は人通りもおおい。
ちょっとした仕事は、結構汗をかいたり(どっちかいうと冷や汗か?)したけれど、
なんとか無事終了。
いったん家に戻るが、またすぐに出る。
「やっと帰ってきた~」となんとなく喜んでるネコさんはまたぬか喜び、ごめんね。

UNITED SOUL HORNZのリハ。
あさってのRAGでの対バンのための詰め作業。
曲は大体あがっているが、まだパーフェクト(そんなことは難しい)でないし、
やっぱりワンマンと違ったものにしたいので、
いろいろ気を使うところとか、最終的にやっぱり方針を変えるところとかいろいろあり、
やきもきもするが、まぁ楽しい作業。これでいいステージ作れるんだったらナンボでもやるで。

ま、なんとかなるかなーってところまでバンドは詰めたが、
さて、ネタ(笑)はどうしよう?

2003/10/4
結局寝たのは5時過ぎだったが、今日は滋賀まで行かんとあかんので、
早起きして朝食(旅先では早起きや朝飯を食べるというのができるのが不思議)を食べて出発。
浜田道まで国道をはしってあとは高速で再び広島へ。
乗ろうと思っていた新幹線の時間まで随分余裕あっての到着~。

が、が、しかししかし、先日に新新幹線となってのぞみが増えて、自由席ができたのはいいのだが、
逆にひかりが減って、もともとひかり用の乗車券しかもってなかった僕はえらく待つ羽目に。あらら。
ダイヤも変わったので予定よりちょいと遅れての新幹線となった。
電車のなかではもちろん爆睡。

新神戸で降りていったん家へもどり、いらない物を置いて、
忘れてたものをとって(本当は直接滋賀に以降とおもってたのだが、忘れ物があってどうしても。。。だった)、
ちょっとシャワーあびてすぐ出発。あーしんど。

滋賀は甲賀まで電車にゆられてマイスター館へ。
もうみんなメンバーは到着しているので、早速サウンドチェックとリハーサル。
まぁだいたいリハでやってあるのだけれど、今日合流のPちくんとか、
あとやってない曲をさらさらっと確認して終わり。あとは本番。

ちょっとお客さんの出足が遅くて始まるのも遅れたが、
普段やりなれている曲もありーの、S垣さんの渋いボーカルもありーので、
聴きやすい気持ちいいライブになったんちゃうかなーと。
ここ甲賀でのライブは毎回お客さん達のあたたかな雰囲気につつまれてうれしくなる。

終わって毎度ながらお世話になるK工房へいって宴会。
前回のように騒ぐものもなく(それは僕、反省)いろいろしゃべって楽しい時間を過ごす。
しかしほんま貴重な話をきけましたわー、ここには書けません。
書いたら消されたりして(苦笑)

2003/10/3
起きてすぐ出発。今日は島根は桜江へ。
米子を出て9号線(山陰道)で松江までゆき、そこから宍道湖を横に見ながら(空は晴れてるし綺麗な湖面)ドライブ。
途中のトラックの運ちゃんご用達っぽいドライブインというか国道沿いの食堂でしじみ定食を食う、うまいー。

その後もひたすらまっすぐな退屈な、でも天気がいいからまーいいかー、水平線も見えるしー的ドライブをつづけて、
江津で南に折れて江の川(そう、甲子園でも最近強いあの高校の名前はここだったのだ!)沿いを走ると、
やがて桜江に入り、そこにある水の国へ。

公共の美術館というか展示施設なんだけれど、今回はアーティスト真板氏の竹のオブジェのライトアップのもと、
施設中ほどにある池の中に特設ステージをつくってのイベント。
ぼくとN秀さんのDUOともうひとつは筝の演奏。これはいいかも!しかも2曲ほどお邪魔する予定だし。

小規模編成なのでまぁPAはだいたいでOK。
筝との演奏はいまいち自信がないが、なによりも環境が(まわりは山で気持ちいい)いいので、
とにかく気持ちよく演奏できたらいいなーとひたすら思う。

やがて日も暮れ、見事な月がのぼり、演奏会はスタート。
最初は筝の演奏から。3重奏がありソロがあり、日本の歌あり、古典あり、現代曲あり、
ぼくのスカタンなDUOあり、もりだくさんのステージ。
今回はじめてまじまじと筝見たけれど、いろんな種類あるのねぇ、ベース筝とか。
30本くらい弦あるしー、すごい。
間近でいい演奏を見聞きしたので、すっかり和楽器にはまりそうになってしまった。

つづいて僕とN秀さんのDUO。
いつものアコモの曲もありーの、スタンダードありーの、
各人のソロありーのとこちらも盛りだくさん。2人で1時間弱のステージは時間的にしんどいかなーとも思ったが、
やり始めてみるとナンボでもできるし、楽しいし、時間なんて足りないくらい。

一人でソロをやってるとき自分の音が向かいの山肌で反射されて聴こえてくるのがとても気持ちよかった。
寒くもなく暑くもなく、ちょっと湿度は高かったけれど、
水に囲まれて、竹のオブジェに見下ろされて、なんか不思議な感覚のステージだった、

終わって宿にいって、ちょっと宴会。
さすがに3日間の移動の連続で疲れたみたい・・・・・。
が、筝の師匠がオモロイ人で、ひたすら馬鹿な話や、まじめな話から、
こんな筝つくってみたらどないや?オモロイかー?みたいな話まで、いろいろ盛り上がる。

が、が、イベントに一緒に参加していた新聞記者さんから、
今宵隣町で数年に一度の大きな神楽のイベントがあると聞き(彼は神楽マニアだった!)、
しんどいけれど、これは見ておかないといけんじゃろーということで連れて行ってもらう。

30分ほど車で走ってついたのはちっさな神社。
でももう中からお囃子と大勢の人がいる気配が伝わってくる。
お堂の中には沢山の人。年寄った人から大人から子供までいっぱいいる。
ちょうどついたときには「塵倫」という鬼退治の話をやってたのだけれど、
鬼の面の大きいこと!なまはげよか怖い!それが客席に乱入したりするもんだから、子供はきゃーきゃー(笑)。

その後も子供神楽で「八咫」(ヤマタノオロチ)があり、
「貴船」(安部清明が男を鬼女から助ける話、占いシーンが身内ネタでおもろかった)、
「黒塚」(九尾の狐退治の話)
などなど5つ6つの神楽を堪能。
どれも簡単で面白く、また地元の人間がやってるんで、
まわりから「しっかりせー」「はよ言えー」とか声援があったり、
台詞を忘れてたらお囃子の人がこそっと伝えたり(マイクで丸聞こえだった苦笑)、
アットホームな民衆芸能って感じでとても楽しかったし、すごく魅せられた。

中でもすごかったのが御蓙。まぁ単にござを縄跳びのように飛ぶだけなんだけど、
はっきりいってめちゃ難しい。お堂のなかも何回飛ぶかってので大盛り上がり。
いやぁ、えぇもんみせてもらいました。
さすがに眠くなったので中座したけれど、これって毎年朝までやってるらしい、すごいなぁ。
子供とかがまた飽きずにじーーーっと見て楽しんでるのも印象的だった。
こういう風にして受け継がれていくのかなぁ。

帰りがけの山中で車を停めて見上げると満点の星。
都会では絶対見られないくらい、寒気がするくらいのたくさんの星。
あまりの多さに圧倒されて言葉も出ず。
ほんとよく見えたようで人工衛星(多分)まで見えた。気持ちがすーっとした。

2003/10/2
ゆっくり起きて宿を出る。ちょっと体は回復したかねぇ。
まだどうやら酔ってるようなN秀さんを横に乗せて一路米子へ。
時間もあるし、高速道路はどうも遠回りなので、ほとんど地道ではしる。
都市部はやっぱりあまりはかどらないが、山間部にはいると信号もなくすいすい。
4時間ちょいのドライブで米子にはいる。

3ヶ月ぶりのいまづ屋。
ここのメンバーとのセッション。
さまざまな形のDUOあり、歌有り、ツインベースありと盛りだくさんのライブ。
なんやかんやでお客さんもたくさんあつまってくれてえらい盛り上がった。

打ち上げででた魚、美味かったなぁ。

2003/10/1
さて、今日からベースのN秀さんと3日間中国地方へのツアー(というのかな?)。
しんどい体を起こして朝に川西へ合流しにいく。
中国道で車の火災事故があったみたいでえらい混んで、
出鼻をくじかれるが、その後はスムーズに走って、午後2時過ぎに広島着。
7月にアコモで来て以来の広島。今日はそう、JRの新新幹線のイベント。

特設ステージの設営もおわり、リハ。
今日は地元のミュージシャンとのセッション。
3テナーという豪華版。短いステージだけど楽しめそう。

本番は17時からと、いつものライブよりもだいぶ早い時間だったので、
なんだか体がまだついていかない感じ。
なんかこういう生活パターンに慣れているのか、
20時ぐらいに体の調子が上がるようになってしまってるみたいで、
このくらいの時間はまだ寝てる状態なのだったりして・・・アカンがな。
でもなんとか頑張るが・・・まぁまぁ。

終わって(面白かった)、いったん宿でちょいと休憩し、
まだ駅前でつづいてるイベントを覗きに。
神楽が上演されていた、こういうのん見るのは始めて。
簡単なお話と派手な衣装と演出。歌舞伎とかとは違うけれど、民衆芸能(って言う言葉あるのかな)
という感じで結構おもしろいし、はじめて見るだけに、もの珍しい。へー。

その後近所のお好み屋さんにいって広島焼きを食べる(お約束ね)。
偶然入った店だったが安くておいしかった。聞くと広島焼きはお店の数だけ焼き方があるらしく、
どの店も全然違うらしい、、、すごいな。ま、関西のお好み焼きもさまざまやけどなぁ。

んでさらにお世話になった現地イベンターの方と近所の焼き鳥屋へ。
ここもまたサラリーマン系ご用達のお店で安いし、うまい。
うだうだーと飲んで食べてしゃべる。
しかしさすがに6,7時ぐらいからずーっと飲み食いしてて疲れた。
N秀さんは珍しくくてんくてんに酔ってた(あまり覚えてないらしい、笑)

Home > Archives > 2003-10

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。