<p style="text-align: center;"><a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/takei-side-gray.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/takei-side-gray.jpg" alt="takei-side-gray" width="581" height="387" class=" wp-image-5374 aligncenter" /></a></p>
Sax吹き武井努のWeblogへようこそ。

関西を中心にジャンルにとらわれず幅広く活動しています。このWeblogでは僕の活動についてや日々ふと思うこと、読んだり見たり食べたりしたものなどについて、いろいろ雑多に記していっています。楽しんでもらえたら幸いです。

スケジュールは<a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/">こちら</a>へ。(月別になっています)

不定期に適当に書いているブログは<a href="http://tsutomutakei.jp/category/blog/">こちら</a>へ。

読んだ本などのレビューは<a href="http://tsutomutakei.jp/category/review/">こちら</a>へ。

うちのかわいい猫達ほか猫写真は<a href="http://tsutomutakei.jp/category/nekodiary/">こちら</a>へ。

その他の記事はページ上部のメニューもしくは、このページを下にスクロールしていって頂ければご覧になれるように出来ています。ごゆっくりお楽しみください。

&nbsp;

すべてのひとに、恵みある日々を。

************

【お知らせ】

2012年9月にその37年の歴史に幕を閉じた兵庫県西宮市の西宮北口にあったジャズ喫茶Corner Pocket。そのラストライブを収録したDVDの制作を手がけました。こんな長編映像の制作は初めてだったのですが、みなさんに助けられて素晴らしい作品が誕生しました。映像もですが、やはり演奏、そしてその音が素晴らしいです(Corner Pocketのお店の音そのままです)。

2014.6.7追記:DVDが全国の店舗やネットショップにて取り扱いされることになりました。是非よろしくお願いします!
[取り扱い] <a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00JRS9FBG?adid=06WYCWVFJVJJGD9RNRPJ&amp;camp=243&amp;creative=1615&amp;creativeASIN=B00JRS9FBG&amp;linkCode=as1&amp;tag=tsutomutakei-22" target="_blank">AMAZON</a>、<a href="http://tower.jp/item/3570531/ラスト・ナイト・アット・コーナーポケット" target="_blank">Tower.jp</a>、<a href="http://www.hmv.co.jp/artist_北川潔_000000000178761/item_Last-Night-At-Corner-Pocket_5742887" target="_blank">HMV</a>、<a href="http://diskunion.net/jazz/ct/detail/1006208962" target="_blank">Disk Union</a>、ほか

[レビュー] <a href="http://www.jazzpage.net/rireki/cd/kitagawa_kiyoshi_lastnight.html" target="_blank">JazzPage</a>

[DVDの詳細]
<div>
<table border="1" width="90%" bgcolor="#eeddbb">
<tbody>
<tr>
<td id="" dir="" lang="" style="width: 80px;" scope="" align="center" valign="top">タイトル</td>
<td>「LAST NIGHT AT CORNER POCKET」</td>
</tr>
<tr>
<td id="" dir="" lang="" scope="" align="center" valign="top">内容</td>
<td>2012年9月1日、2日の二日間にわたる北川潔(B)氏と岩佐康彦(Pf)、大野浩司(Gt)各氏とのDUO LIVEより各日それぞれ選りすぐりの3曲、計6曲75分に及ぶ熱演を収録。Corner Pocket37年間の歴史の最後を飾る、これぞJazz Live Performance !!その圧倒的な美しく素晴らしい演奏をどうぞ心ゆくまでお楽しみ下さいませ。各氏の特別インタヴューも収録しています。[収録曲]
北川-大野DUO
1. On Green Dolphin Street
2. Alter Ego
3. Backstage Sally

岩佐-北川DUO
4. Stablemates
5. My Ideal
6. Good Bait</td>
</tr>
<tr>
<td colspan="2" rowspan="1"><iframe src="//www.youtube.com/embed/POGnVIhDgmA" width="560" height="315" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe></td>
</tr>
</tbody>
</table>
</div>
&nbsp;

Home

Ending Of Beginning II

2014.9月のスケジュール

<table border="0" width="100%">
<tbody>
<tr>
<td>&lt; <a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/2014-8/">2014.8</a></td>
<td id="" dir="" lang="" scope="" align="right" valign=""><a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/2014-10/">2014.10</a> &gt;</td>
</tr>
</tbody>
</table>
<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/201409.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/201409.jpg" alt="201409" width="570" height="852" class="aligncenter wp-image-6055" /></a>

※先の予定は随時変更されることがあります。

<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/2(Tue) 小濱-武井テナーサミット2014
名古屋 千種区 <a href="http://www.stareyes.co.jp/" target="_blank">STAR EYES</a> 052-763-2636
19:00〜 \2,500
[メ] 小濱安浩(ts)、武井努(ts,ss)、出宮寛之(b)、鈴木宏紀(ds)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10616445_679138985506749_2839887446567153860_n.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10616445_679138985506749_2839887446567153860_n-213×300.jpg" alt="20140902" width="213" height="300" class="alignnone wp-image-6052 size-medium" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/3(Wed) 小濱-武井セッション
名古屋 千種区 <a href="http://www.stareyes.co.jp/" target="_blank">STAR EYES</a> 052-763-2636
19:00〜 \2,500 学生\2,000
[メ] 小濱安浩(ts)、武井努(ts)、坂井彰太郎(as)、平手裕紀(p、tp)、島田剛(b)、倉田大輔(ds)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10616136_679139308840050_1669834065881867056_n.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10616136_679139308840050_1669834065881867056_n-213×300.jpg" alt="20140903" width="213" height="300" class="alignnone wp-image-6053 size-medium" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/4(Thu) 京都 Composers Jazz Orchestra directed by Tomomi Taniguchi
大阪 心斎橋 <a href="http://www.rugtime-osaka.com/" target="_blank">RUG TIME OSAKA</a> 06-6214-5306
19:30〜 学生\2,500 / 一般\3,500
[メ] Leader:谷口知巳(tb)
sax:浅井良将、横山未希、當村邦明、武井努、鈴江愛理、平松太郎
tp:ユンファソン、横尾昌二郎、高田将利、岩本敦、大泊久江
tb:吉岡明美、堤健太郎、菅山光城
関谷友加里(p)、芝田奨(b)、伊波大輔(ds)
Special Guest 栢・雅子(org)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/5(Fri) 武井・箕作DUO
東大阪 俊徳道 <a href="http://www.c-road.org/" target="_blank">Crossroad</a> 06-6736-8870
20:00~ \2,000
[メ] 箕作元総(Gt)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/7(Sun) Words Of Forest
■ 夏の終わりに♪ York Corporation presents A' la fin d'e'te'
~激熱!Quelle chaleur! ~
神戸 三宮 <a href="http://www.varit.jp" target="_blank">VARIT</a> 078-392-66655
開場12:00 / 開演:13:00
前\2,500 / 当3,000 1D別\600
[出演] 作人 / 信政誠 / Vino /たゆたう。 / Words Of Forest / Rinana / キャメレオン
司会者:中野良美

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10565129_793343280717856_5330972981172557363_n.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10565129_793343280717856_5330972981172557363_n-214×300.jpg" alt="20140907" width="214" height="300" class="alignnone wp-image-6028 size-medium" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/7(Sun) たけタケさとこ
東大阪 八戸ノ里 <a href="http://tabelog.com/osaka/A2707/A270703/27054897/" target="_blank">Bar 蓄音機</a> 06-4307-0080
19:30- \2,000
[メ] satoko(Vo)、清水武志(Pf)、武井努(Sax)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10668225_560807924023494_1462882442_n.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10668225_560807924023494_1462882442_n-300×225.jpg" alt="20140907-2" width="300" height="225" class="alignnone wp-image-6060 size-medium" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/8(Mon) 武井・馬田DUO
西宮 <a href="http://www.three-codes.com/" target="_blank">Three Codes</a> 0798-55-5184
19:30~ \1,000 (つけだし\500)
[メ]武井努(Sax)、馬田諭(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/12(Fri) Yasuhito Mori Session
芦屋 <a href="http://www.left-alone.jp/" target="_blank">Left Alone</a> 0797-22-0171
20:00- \3,500
[メ] satoko(Vo)、西島芳(Pf)、森泰人(B)、武井努(Sax)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10440914_673348612753070_687231600055901302_n.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10440914_673348612753070_687231600055901302_n-214×300.jpg" alt="20140912" width="214" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-5949" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/14(Sun) 京都 Composers Jazz Orchestra directed by Tomomi Taniguchi
■The Majestic Jazz Orchestra Festival 2014@ 都雅都雅
Special guest 京都コンポーザーズジャズオーケストラ
京都 四条 寺町 <a href="http://togatoga.jp" target="_blank">都雅都雅</a> 075-744-1497
14:00〜 前\1,500
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/15(Mon) 荒崎英一郎Big Band
神戸 三宮 <a href="http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/" target="_blank">Big Apple</a> 078-251-7049
19:00~ 前\2,000 / 当\2,300
[メ]荒崎英一郎(Ts)、武井努(Ts)、浅井良将(As)、落合智子(Bs)、ジェームズ・バレット、横尾昌二郎(Tp)、幸明男、太田健介(Tb)、 藤山龍一(Gt)、金丸精志(Pf)、中嶋明彦(B)、岡野正典(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/17(Wed) TOMOMI(Vo)
大阪 梅田 <a href="http://www.newsuntory5.jp/" target="_blank">ニューサントリー5</a> 06-6312-8912
Start 19:30 \1,800
[メ]TOMOMI(Vo)、武井努(Sax)、時安吉宏(B)、TAKU(Gt)、永田充康(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/20(Sat) ナガオクミ(Vo)
■ナガオクミ生誕50年!
神戸 三宮 <a href="http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/" target="_blank">Big Apple</a> 078-251-7049
19:30~ 前2,500/当2,800
[メ]ナガオクミ(Vo)、島田篤(Pf)、岡部わたる(Ds)、清野拓巳(Gt)、日置ナオヤ(Gt)、ナスノミツル(B)、福井ビン(B)、武井努(Sax)、瀬戸信行(Cl)、瀬戸一成(Tp)、池田安友子(Perc)、原田博行(Vo/Gt)、MC:上中浜中

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10450149_668044449954111_6881059901213537979_n.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10450149_668044449954111_6881059901213537979_n-209×300.jpg" alt="20140920" width="209" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-5966" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/22(Mon) 中島・武井Duo
豊中 <a href="http://www42.tok2.com/home/gastou/" target="_blank">我巣灯</a> 06-6848-3608
19:00- 2,000
[メ]中島教秀(B)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/23(Tue) THE MICETEETH
■ 想う壺音泉!
大阪 千日前 <a href="http://cavaret-universe.com" target="_blank">UNIVERSE</a> 06-6641-8733
13:15開場 14:00開演
全席自由 \4,300(税込/1ドリンク別)
[出演] 小島麻由美 / 高橋幸宏 with Dr.kyOn、高田蓮 / THE MICETEETH / bonobos / OGRE YOU ASSHOLE etc..
[チケット] <a href="http://www.shimizuonsen.com/ouken/" target="_blank">湯仲間直売所</a>、<a href="http://eplus.jp/" target="_blank">イープラス</a>、ファミリーマート直接販売あり
<a href="http://l-tike.com/" target="_blank">ローソンチケット</a> 0570-084-005【Lコード:53638】
<a href="http://t.pia.jp/" target="_blank">チケットぴあ</a> 0570-02-9999【Pコード:240-449】
[問]電話:06-6357-3666(平日 12:00~17:00)
WEBサイト:<a href="http://www.shimizuonsen.com" target="_blank">http://www.shimizuonsen.com</a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/24(Wed) つのじ会
大阪 中崎町 <a href="http://talkin-about.com/?page_id=68" target="_blank">common cafe</a> 06-6371-1800 (ライブ当日のみ)
19:00open 19:30start \2,000 (ドリンク別)
[メ] 津上信子(fl)、武井努(Ts)、奥田龍弥(As)、萬恭隆(B)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/25(Thu) 中島教秀・武井DUO
尼崎 <a href="http://jammer-jazz.com/" target="_blank">JAMMER</a> 06-7177-7501
20:00〜 カンパ制
[メ]中島教秀(B)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/26(Fri) E.D.F.
大阪 桃谷 <a href="http://www.ms-hall.com/" target="_blank">M’s Hall</a> 06-6771-2541
20:00~ 1,800
[メ]清水武志(p)、武井努(Sax)、田中洋一(Tp)、西川サトシ(B)、光田じん(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/27(Sat) KENZO BAND
徳島 秋田町 <a href="http://tabelog.com/tokushima/A3601/A360101/36000621/" target="_blank">P-Paradise</a> 088-655-0813
19:30〜 前\3,000(1drink) / 当\3,500(1drink)
[メ] 伊藤健造(Pf)、武井努(Sax)、桝井正弘(Ds)、木下キーヤン啓明(B)、シュガー綾子(Vo)
チケット取り扱い店:P-Paradise, DRUM HOUSE, SPEAK EASY, cue!, cafe boosan,橋本眼鏡店, moon at., soul sauce bar BUMP, smilegrafix ltd.
CINDERELLA12
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
9/29(Mon) 武井・馬田DUO
寝屋川 萱島 OTO屋 080-6126-1529
20:00~ 2,500
[メ]武井努(Sax)、馬田諭(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />

池井戸潤 – 下町ロケット

  • 2014-08-31 (日)

いやあ、面白かった!ストーリーが単純というわけではないけれど、はっきりしていて読みやすかった。登場人物もだけれどやはりロケットや技術、町工場、大手重工業なんてシチュエーションも面白いわけで(自分の経験してきたこととかと重なるし)。もちろんこの「下町ロケット」が直木賞を取ったときから気になっていたのだけれど、池井戸さん面白い。文章がわかりやすくてすいすい読めてしまった。理系の話だからかな。

長年ロケットエンジンの研究を続けていた主人公佃はある国家的プロジェクトで失敗し、その責任を感じて辞めてしまう。そして父の築いた町工場を引き継いで社長業をしていた。小型のエンジンを主力製品とする工場だったが、大口契約の取引先からの取引停止や、ライバル企業からの特許侵害訴訟などあって資金繰りに窮してしまう。一方佃自身はロケットへの憧れを捨てがたく独自に研究をすすめていた。その研究の結果取得した特許が、大手重工メーカーの一大プロジェクトの根幹を為す技術であったために、佃製作所を揺るがす騒動に。大手企業と町工場の攻防が(それ以外もあるけど)面白く、そして実に現実的に描かれる。

この話ほんとに面白いなと思ったのは、僕がこの本で描かれるところの帝国重工という企業(現実にはM重工ですな)のようなとこにいたからというのが大きい。だから帝国重工側の人間の立ち振る舞いやら考え方やら組織のありかたなんてのがよくわかる、というか、そうそうそんな感じよねと思わされた。そして町工場。ぼくの父は小さな町工場をやっていた。しかも企業を退職して。この本で絵が描かれるような大きな町工場でもないし、特許をとったり何かを開発したりするようなところではなく、黙々と小さな部品(とくに自転車部品だった)を作るような工場だったけれど、働いている人がみんな家族のようで喜びもつらさも分かち合うような場所だった。描かれる佃製作所はもっと大きな工場でたくさんの人がいろんな考えをもって働いている設定になっていて、働く人たちはここは自分の職場なんだ/金をもらう手段でしかないのだとかいろんな風に思っているんだけど、危機に際すると一致団結するような感じになるあたり、ああ日本の工場だなあという(単純すぎるかもしれないけれど、実際そういうところあるし、そうあってほしい)気がした。僕が育った町の小さな個人経営の工場はみんなそんな感じだったから。

しかしこのお話、夢があっていいな。国産のロケットやジェット機などというものはある技術者たちにとっては長年の夢。それらは戦後解体され多くの技術や人を失った日本の企業が明に暗に持ちつづけてきた夢でもある。まだまだ現段階では純国産で飛ぶものというのは作りにくい(技術的なものもあるだろうけれど外交的なことも大きいだろうし)んだろうけれど、この本で描かれるようなことが現実になったら、うれしいだろうなぁ。そう、スポーツや文化もだけれど、なにか自分たちの技術と力だけで何事かを成し得る、というのは人々や国とか社会にとっても大きな力になるものだと思う。大きな、それこそ国家的なモノ作りは下手をすると談合だ癒着だ天下りだと、モノや技術者とは関係ない世界からの横やりでマイナスイメージが大きくなる感があるが、現場にいる人間たちが大きな夢あるモノを作るというのは何者にも代えがたいロマンがある。単純に「やった!」感が。そういうことを共有できれば、また違う面からこの国を誇れると思うのだけれど、今そういうのすごく希薄で寂しい。モノ作りは金にならんから、もっと安く作れる国があるから、そんなしょうもない理由で先細って行くのは悲しいことだし、生み出されるモノや技術者に失礼。もっともっといろいろできる技術と人間がこの国にはある、と思っていたい。

話が大きくそれちゃったけれど、大企業と町工場が対峙する下りはよその国とこの国の対峙に似ているかもしれない。やっぱりモノ作りは楽しいし、夢がある。この国や人々に足らないのは夢やロマンだ。

解説で村上貴史氏が池井戸さんのいろんな作品を紹介しているので、また見つけたら読もうと思う。池井戸さんおもしろい、しばらく癖になりそう。

小学館文庫 2013

吉村昭 – 仮釈放

  • 2014-08-29 (金)

あるお店Jに閉店間際にいったときに「好きなのもっていきー」といわれてもって帰ってきた本のうちの一冊。なんとなくタイトルだけでもらったのだが、なかなかいい作品だった。

教師という社会的立場もあった人間だったが不貞から妻を殺してしまった主人公。自身が為したその行為におののき模範的な服役生活を送っていたが、やがてその態度を認められ仮釈放されることになった。16年後の社会に戻った彼は戸惑いながらもその社会生活になじもうと努力する。そして一定の社会復帰はできたはずだった。しかし彼は16年前の行為を悔いていなかったことに気づき戸惑う。それに気づいたとき彼は自身のその感覚から逃れることはできるのか?

獄中生活、そして仮釈放の手続きや主人公の心理的な変化、仮釈放後の社会への恐れの描写など、普通想像しても描きにくいことがすごく細かく描かれているので、よく取材した作品なのかなと思う。獄中ものや釈放された人間を扱った作品も数多くあるんだろうけれど、こういう視点はなかなかないのでじゃないかな。すごく興味深く読めた。と、同時に主人公の心のありどころがよくわかり、恐ろしくもあった。犯罪を繰り返してしまう人間。それは悲劇。

1991 新潮文庫

東直己 – 探偵はバーにいる

  • 2014-08-28 (木)

たしか大泉洋さんか誰かが主役でドラマか映画になったのあったよなー、と思って手に取った本。初めて読む東さん。札幌に住んで、まるでこの物語の主人公のようにいろんな仕事を転々とし、どうやって生きてるのかわからん怪しいでもかっこいいおじさまのよう(でも物語の主人公は20代後半)。最近札幌行くことも少なくないので、札幌というあの大きくも田舎ででも整理されててでもごみごみしている不思議な魅力ある街の別の顔も知りたくて読んでみたい。

札幌で便利屋のようなことをしている主人公”俺”に舞い込んだ一つの厄介そうな話。同棲している彼女が帰ってこないらしい。簡単で面倒な話かと思っていたが物語はいろいろな人間関係を巻き込んで怪しげな方向に転んで行く。。。。

まあ、とにかくよく呑む主人公。読んでるだけで酔いそう。朝(昼?)ごはんとともにバーボンストレート2杯とかそんな調子だし、どこの店にいっても一定量以上呑むので、ほんと主人公に入り込んでしまうと本当にそんなに呑んだ気分になっていしまい、酔いはしないものの、「えーと明日の予定大丈夫だっけ?」とか物語(の中で飲み過ぎているなと誤認してる感じ)と現実がごっちゃになってしまうw。

札幌の街の感じとか周辺の土地勘がないとちょっと物語について行けないところもあるけれど、ほとんどススキノで話は進むのでそうややこしいことはないけれど、現実にありそうな(場所はそうだがビルとか)ものもでてくるので知らないと景色思い描けなくてちょっと悔しい。でもこの物語が書かれたのは1992年だからだいぶ街の景色や雰囲気も違うんだろうな。今の札幌しか知らないからなぁ。

酔っぱらった気分になっているからか物語の展開にうまくついて行けない(登場人物を把握しきれなかったり、お店がたくさんでてくるので区別できなくなったり)ところもあったけれど、物語はいろいろな人間を巻き込んで軟着陸する。そのあたりがスキッとした感じでもないのが、またいいのかもしれない。

なんせハードボイルドなのに、ちょっとふにゃっとしたところもあったりするけれど、この主人公”俺”がかっこいい(完璧でないけど)、いわゆる男、なのでこの後も気になるところ。ちょっと続きも読んでみようか。

ハヤカワ文庫 1995

重松清 – 口笛吹いて

  • 2014-08-28 (木)

相変わらず重松さんの描く文章はやさしい。とくにこの本におさめられている物語は弱きものに優しい。何かでつまずいたり、時代についていけなかったり、正直だけど不器用な人たちが必死に生きる姿を暖かく見守る感じ。

幼い頃近所にいた野球のヒーローと再会する「口笛吹いて」、全く生徒に感心を示さず淡々と授業をする毎日の教師を描く「タンタン」、リストラにあった父親を負け組だと決めつける息子「かたつむり疾走」、臨時代理教師の苦悩「春になれば」、嫁子どもが出て行き途方にくれる男の家に不思議な老人が遊びにやってくる「グッド・ラック」。どの物語も小品だけれど、なにか心をくすぐられる。というのはやっぱり歳を食ったからなんだろうか。ちょうどこの本が書かれたころ重松さんも同じ歳ぐらいだった。

中年の苦悩と諦観と少しの希望・夢。うーん。哀しくもまだ捨てられない。

文春文庫 2004

Home

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。