<p style="text-align: center;"><a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/takei-side-gray.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/takei-side-gray.jpg" alt="takei-side-gray" width="581" height="387" class=" wp-image-5374 aligncenter" /></a></p>
Sax吹き武井努のWeblogへようこそ。

関西を中心にジャンルにとらわれず幅広く活動しています。このWeblogでは僕の活動についてや日々ふと思うこと、読んだり見たり食べたりしたものなどについて、いろいろ雑多に記していっています。楽しんでもらえたら幸いです。

スケジュールは<a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/">こちら</a>へ。(月別になっています)

不定期に適当に書いているブログは<a href="http://tsutomutakei.jp/category/blog/">こちら</a>へ。

読んだ本などのレビューは<a href="http://tsutomutakei.jp/category/review/">こちら</a>へ。

うちのかわいい猫達ほか猫写真は<a href="http://tsutomutakei.jp/category/nekodiary/">こちら</a>へ。

その他の記事はページ上部のメニューもしくは、このページを下にスクロールしていって頂ければご覧になれるように出来ています。ごゆっくりお楽しみください。

&nbsp;

すべてのひとに、恵みある日々を。

<!–
************

【お知らせ】

Follow Club Recordの記念すべき10作品目となる『TAKESHI meets TAKESHI』(渋谷 毅・清水 武志)が発売開始しました。渋谷さん清水さんの魅力的な楽曲を二人がデュオやソロで聴かせてくれる、とても素敵な作品となりました。ぼくもゲストで2曲参加しています。ぜひ聴いていただきたい作品です。
<table style="border-style: none;" border="0">
<tbody>
<tr>
<td style="border-style: none;" valign="top"><a href="amzn.to/1Km7DeE" target="_blank"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/FC-010jacket-150×150.jpg" alt="takeshimeetstakeshi" width="200" height="186" class="alignnone wp-image-7941" /></a></td>
<td style="border-style: none;" valign="top">1. 夢の中 (渋谷 毅)
2. Desjejum (渋谷 毅)
3. This Here (清水 武志)
4. Two Little Brown Dogs (清水 武志)
5. あしたのあしたのまたあした (渋谷 毅)
6. I’ll Be Happy As Long As You Are My Friend (清水 武志)
7. Type3 (清水 武志)
8. 僕の夢 (清水 武志)
9. Thinking World (清水 武志)
10. En Dehors (清水 武志)
11. Shadow Lover (清水 武志)
12. 生きがい (渋谷 毅)
13. Satin Doll (Duke Ellington)Follow Club Record FC-010 CD
\2,315(tax別)</td>
</tr>
</tbody>
</table>
[取り扱い]
<a href="http://diskunion.net/jazz/ct/detail/1006960889" target="_blank">DISK UNION</a>、 <a href="http://amzn.to/1Km7DeE" target="_blank">Amazon</a>、 <a href="http://www.hmv.co.jp/artist_%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E6%AF%85-%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A6%E5%BF%97_000000000659645/item__6903812" target="_blank">HMV ONLINE</a>、 <a href="http://tower.jp/item/4207429/%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%82%B7%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%82%B7" target="_blank">TOWER RECORD</a> 他

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/2J3Ce-Ujf8Y" width="560" height="315" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe>

——————————————————-

2012年9月にその37年の歴史に幕を閉じた兵庫県西宮市の西宮北口にあったジャズ喫茶Corner Pocket。そのラストライブを収録したDVDの制作を手がけました。こんな長編映像の制作は初めてだったのですが、みなさんに助けられて素晴らしい作品が誕生しました。映像もですが、やはり演奏、そしてその音が素晴らしいです(Corner Pocketのお店の音そのままです)。

2014.6.7追記:DVDが全国の店舗やネットショップにて取り扱いされることになりました。是非よろしくお願いします!
[取り扱い] <a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00JRS9FBG?adid=06WYCWVFJVJJGD9RNRPJ&amp;camp=243&amp;creative=1615&amp;creativeASIN=B00JRS9FBG&amp;linkCode=as1&amp;tag=tsutomutakei-22" target="_blank">AMAZON</a>、<a href="http://tower.jp/item/3570531/ラスト・ナイト・アット・コーナーポケット" target="_blank">Tower.jp</a>、<a href="http://www.hmv.co.jp/artist_北川潔_000000000178761/item_Last-Night-At-Corner-Pocket_5742887" target="_blank">HMV</a>、<a href="http://diskunion.net/jazz/ct/detail/1006208962" target="_blank">Disk Union</a>、ほか

[レビュー] <a href="http://www.jazzpage.net/rireki/cd/kitagawa_kiyoshi_lastnight.html" target="_blank">JazzPage</a>

[DVDの詳細]
<div>
<table border="0" width="90%" bgcolor="#eeddbb">
<tbody>
<tr>
<td id="" dir="" lang="" style="width: 80px;" scope="" align="center" valign="top">タイトル</td>
<td>「LAST NIGHT AT CORNER POCKET」</td>
</tr>
<tr>
<td id="" dir="" lang="" scope="" align="center" valign="top">内容</td>
<td>2012年9月1日、2日の二日間にわたる北川潔(B)氏と岩佐康彦(Pf)、大野浩司(Gt)各氏とのDUO LIVEより各日それぞれ選りすぐりの3曲、計6曲75分に及ぶ熱演を収録。Corner Pocket37年間の歴史の最後を飾る、これぞJazz Live Performance !!その圧倒的な美しく素晴らしい演奏をどうぞ心ゆくまでお楽しみ下さいませ。各氏の特別インタヴューも収録しています。

[収録曲]
北川-大野DUO
1. On Green Dolphin Street
2. Alter Ego
3. Backstage Sally

岩佐-北川DUO
4. Stablemates
5. My Ideal
6. Good Bait</td>
</tr>
<tr>
<td colspan="2" rowspan="1"><iframe src="//www.youtube.com/embed/POGnVIhDgmA" width="560" height="315" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe></td>
</tr>
</tbody>
</table>
</div>
&nbsp;
–>

Home

Ending Of Beginning II

アンサンブル・シッポリィ 1stアルバム

veryshippolly

4年ほど前に結成して活動しているアンサンブル・シッポリィのファーストアルバムが来月末に発売予定となりました。その名も「Very Shippolly」です。

このバンドの音楽は即興的であったりメロディアスであったりするのですが、曲がしっかり構成されていて、いろんな景色を聴くことができます。このアルバムではそんな音楽のもつ豊かな響きや音色、バンドのテーマである「息の重なり」というものを余すことなく素晴らしい音で録音できました。楽器たちの音のうねりや、声とのハーモニー、かさこそいう衣擦れの音さえ、音楽になっています。録音はエンジニアの五島昭彦氏にお願いし、オーディオDCアンプの第一人者・金田明彦が開発・設計・製作した【金田式バランス電流伝送DC録音 システム】によって収録されました。録音の現場にいるかのような生々しく素晴らしい音です。

メンバーは
西島芳(ピアノ、ヴォイス)
武井努(テナー&ソプラノサックス、フルート、クラリネット)
有本羅人(トランペット、バスクラリネット)
中山雄貴(トロンボーン)

そのアルバムの中からまずは一曲試聴してもらえるもの公開しました。短いですが、どんな音なのか楽しんでもらえるかと思います。ぜひ聞いてください。また、来月からそのレコ発ツアーも始まります。たくさんの方にお会いできたらと思います。ぜひ!お待ちしておりますね。アルバムの先行発売も予定しています。詳細はスケジュールで確認くださいね。

2/2(金)名古屋バレンタイン・ドライブ
2/3(土)愛知吉良 jazz club intelsatインテルサット
2/4(日)岐阜 GHOST V. ※昼間です
2/5(月)大阪大正studio T-BONE
2/17(土)東京下北沢アポロ
2/18(日)東京堀切菖蒲園 aire ameno ※昼間です
2/28(水)神戸三宮100BAN HALL

2018.1月のスケジュール

<table style="border-style: none;" width="100%">
<tbody>
<tr>
<td>&lt;&nbsp;<a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/2017-12/">2017.12</a></td>
<td id="" dir="" lang="" scope="" align="right" valign=""><a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/2018-2/">2018.2</a> &gt;</td>
</tr>
</tbody>
</table>
<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/201801.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/201801.jpg" alt="201801" width="570" height="760" class="aligncenter wp-image-8997"></a>

※先の予定は随時変更されることがあります。<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1">
1/4(Thu) 仁川ファイト倶楽部セッション
宝塚 仁川駅前 <a href="http://salala.kul-site.com/" target="_blank">さらら仁川</a> 北館3F 音楽スタジオ
17:00〜20:00 参加費\500
※いつもより開催時間が短いのでご注意を!主催側のミスがあって今回は短くなってしまいました。申し訳ありません!
※どなたでも参加できるジャムセッションです。特定のホストバンドはありません。ですので積極的に自由に演奏に参加してもらえる場になればと思います。ぜひぜひ奮ってご参加を。
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1">
1/6(Sat) ジモティーズ
西宮&nbsp;<a href="http://www.three-codes.com/" target="_blank">Three Codes</a> 0798-55-5184
19:30- \2,000
[メ] 武井努(Sax)、阪本正明(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1">
1/7(Sun) THE 3 匹
大阪 堂山 <a href="http://www.jazzontop.com/shop/act3.htm" target="_blank">Jazz On Top Act III</a> 06-6311-0147
19:30- \2,500
[メ] 武井努(Sax)、小前賢吾(Ds)、萬恭隆(B)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1">
1/8(Mon) 武井・河村テナーバトル
■新春恒例2テナー
大阪 芦原橋 <a href="http://www5f.biglobe.ne.jp/~make/" target="_blank">studio &amp; cafe Make</a> 06-6562-3294
19:30- \3,000
[メ] 武井努(Sax)、河村英樹(Sax)、志水愛(Pf)、三原修(B)、東敏之(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1">
1/11(Thu) E.D.F.
東大阪 俊徳道&nbsp;<a href="http://www.c-road.org/main.htm" target="_blank">Crossroad</a>&nbsp;06-6736-8870
20:00- \2,000
[メ]清水武志(Pf)、西川サトシ(B)、光田じん(Ds)、田中洋一(Tp)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1">
1/13(Sat) 芝山真知子(Vo)
奈良 <a href="http://kyoto-bluenote.jp/" target="_blank">blue note Naramachi</a> 0742-27-8230
16:00- \3,000
[メ] 芝山真知子(Vo)、清水武志(p)、西川サトシ(B)、光田じん(Ds)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1">
1/16(Tue) 中島教秀・武井DUO
兵庫 尼崎&nbsp;<a href="http://jammer-jazz.com/" target="_blank">JAMMER</a>&nbsp;06-7177-7501
20:00- カンパ制
[メ]中島教秀(B)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1">
1/17(Wed) MITCH(Tp, Vo) ALL STARS
大阪 梅田 <a href="http://www.newsuntory5.jp/" target="_blank">ニューサントリー5</a> 06-6312-8912
19:30- \1,800
[メ] MITCH(Tp,Vo)、武井努(Sax)、永田充康(Ds)、杉山悟史(Pf)、光岡尚紀(B)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1">
1/20(Sat) Tenor Sax Ensamble
神戸 三宮 <a href="http://www.geocities.jp/kbigapple/" target="_blank">Big Apple</a> 078-251-7049
19:30- 前\2,500 / 当\2,800
[メ] 荒崎英一郎、辻田宣弘、篠崎雅史、内藤大輔、古山晶子、イナヤン、落合智子、曽我部泰紀、山内健史、武井努ほか(以上全員ts)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1">
1/23(Tue) The Symphony Hall Big Band ~Music Director 菊池寿人~ Vol.9
大阪 福島&nbsp;<a href="http://www.symphonyhall.jp/" target="_blank">ザ・シンフォニーホール</a>&nbsp;06-6453-1010
18:00 開場 / 19:00 開演
[メ] Tp 菊池寿人、築山昌広、広瀬未来、塩ノ谷幸司
Tb 大島一郎、Tommy、山内淳史、川口哲史
A.sax 小林充、藤吉悠
T.sax 武井努、高橋知道
B.sax 里村稔
Pf 宮川真由美
Bass 藤村竜也
Drs 岡本健太
スペシャルゲスト 加藤ヒロユキ(テノール歌手)
[料金] S\5,400 / A\4,320 / B\3,280 (全席指定 税込)
[問] 大阪アートエージェンシー 06-6459-9612(平日10:00〜17:00)
[チケット] <a href="http://www.symphonyhall.jp/?post_type=schedule&amp;p=9684" target="_blank">ザ・シンフォニー チケットセンター</a>&nbsp;06-6453-2333

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20180123.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20180123-212×300.jpg" alt="20180123" width="212" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-8966"></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1">
1/26(Fri)-1/28(Sun) 劇団レトルト内閣 第27回本公演 / Ho-Me-I-Ku音楽劇
「エピメテウスの眼鏡」
大阪 梅田&nbsp;<a href="https://hephall.com" target="_blank">HEP HALL</a> 06-6622-8802
1/26(Fri) 15:00★/19:30
1/27(Sat) 15:00 /19:00★
1/28(Sun) 13:00 /17:00★
★の回はアフターイベント「ほめ育講座」開催
【脚本/演出/音楽】 三名刺繍
【出演】 福田恵 / 川内信弥 / たはらもえ
向田倫子(ババロワーズ)  / 若木志帆 / 川添公二(テノヒラサイズ)
亀山貴也 / 鈴木洋平 / 佐藤都輝子(劇団とっても便利)
奥田さぶりな美樹てぃー(IsLand☆12) / 古橋定子 / 佐藤みか(crashrush) / 宮本リュウジ
飯嶋松之助(KING&amp;HEAVY) / 森口稜 / 今西由夏 / 酒井未波 / 伊藤卯咲
【楽団】 武井努(sax)、菱沼カンタ(gt)、井上歩(b)、原口裕司(ds)
【チケット】 前\3,500 / 当\3,800 全席指定/税込
2017年11月11日(土)一般発売開始 チケットは<a href="http://ticket.corich.jp/apply/87392/021/" target="_blank">こちら</a>から

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20180126-1.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20180126-1-212×300.jpg" alt="20180126" width="212" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-8934"></a> <a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20180126-2.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20180126-2-212×300.jpg" alt="20180126-2" width="212" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-8907"></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1">
1/29(Mon) たけうまDUO
寝屋川 萱島 <a href="https://tabelog.com/osaka/A2707/A270702/27065263/" target="_blank">アナンカフェ</a> 072-823-5852
20:00- \2,000
[メ] 武井努(Sax)、馬田さとし(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1">

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

エピメテウスの眼鏡PV

まだまだお正月ですが、、、いよいよ今月末に上演が行われる劇団レトルト内閣の第27回本公演「エピメテウスの眼鏡」のPVが公開されました。今回も渾身の舞台となりますし、そこでまた楽団で参加できるのはとても楽しみなことです。主に稽古の様子ですが、その熱さは伝わるかなと。

チケットも発売中です。下記のチケット予約ページより、ぜひ!

—–

「メガネを探す、簡単なお仕事です」という張り紙につられてやってきた男女が巻き込まれるある騒動。エピメテウスの眼鏡とは世の権力者たちが血眼になって探しているという宝。そしてそれを見つけられるのはもっとも愚かな人間なのだという。。。。

 

劇団レトルト内閣 第27回本公演 / Ho-Me-I-Ku音楽劇
「エピメテウスの眼鏡」

【日時】
2018年1月26日(金)~28日(日) 全6回公演
1月26日(金) 15:00★/19:30
1月27日(土) 15:00 /19:00★
1月28日(日) 13:00 /17:00★
★の回はアフターイベント「ほめ育講座」開催

【会場】
HEP HALL

【チケット】
前売り3,500円 当日3,800円
全席指定/税込
2017年11月11日(土)一般発売開始
チケットはこちらから >> チケット予約ページ

【脚本/演出/音楽】
三名刺繍

【出演】
福田恵 / 川内信弥 / たはらもえ

向田倫子(ババロワーズ) / 若木志帆 / 川添公二(テノヒラサイズ) / 亀山貴也 / 鈴木洋平 / 佐藤都輝子(劇団とっても便利) / 奥田さぶりな美樹てぃー(IsLand☆12) / 古橋定子 / 佐藤みか(crashrush) / 宮本リュウジ / 飯嶋松之助(KING&HEAVY) / 森口稜 / 今西由夏 / 酒井未波 / 伊藤卯咲

【楽団】
武井努(Sax)、菱沼カンタ(Gt)、井上歩(Bass)、原口裕司(Ds)

20180126 20180126-2

新年のご挨拶

  • 2018-01-01 (月)
  • Blog

20180101

みなさま

旧年中はいろいろ大変お世話になりました。
今年も何卒よろしくお願い致します。

世界が穏やかで平和な一年でありますよう。
ひとびとが日々の糧に恵まれますよう。

みなさまにとってよい一年でありますように。

2018.1.1
武井努

2017年 ありがとうございました

  • 2017-12-31 (日)
  • Blog

2017end

早いもので、もう今年もあと半日ほどになりました。

今年もたくさん演奏することができ、充実した一年を過ごすことができたかなと思っています。また、初共演の機会もたくさんあって、とても刺激を受けました。まだまだ知らない音がたくさんあり、自分は道半ばだなと改めて考えさせられる一年でもありました。

一方で今年は演奏やいまの生き方に悩むことが多かった一年でもありました。いま演奏することは本当に楽しいのですが、音を奏でるということと、それでいきていくことの難しさ厳しさの挾間で、どうしたらいいのか途方にくれることが度々あります。このままでいいのか、これではダメなのか、結局判断して納得するのは自分なのですが、小さなことに迷ったり、踏み出すことができなかったりと、自分の弱さばかりが出てしまいます。失敗を恐れずに前に進まないと何もやってこないことはわかってるのですけど、難しいです。

それでも、耳にする知らない音や、馴染んだ素晴らしい音楽、演奏の中で感じるさまざまなものごとが、頭が痺れ身体が震え言葉にできないほどの感情をもたらしてくれるとき、もっと音楽を、演奏をしていきたいという思いが溢れてきて、僕に力を与えてくれます。そして音楽の素晴らしさをたくさんのひとともっと分かち合いたいと強く思います。

そうするにはまだまだ未熟ですが、自分を見つめて足らないものは補い、足りているものもさらに磨き、よりいい音が届けられるように来る年も頑張りたいと思います。

この一年、聴いて下さったたくさんの皆さん、お世話になった皆さん、一緒に音を紡いだ皆さん、本当にありがとうございいました!またお会いできることを楽しみにしています。そして未だ会えていないたくさんの音楽、音楽家のみなさん、音楽を愛する皆さん、はやくお会いできますように。来る一年に大きな期待を寄せて。

みなさん、よい年末年始をお迎えくださいね。

2017.12.31
武井努

5拍子の福音

  • 2017-12-29 (金)
  • Blog

今年前半にMBSラジオで放送された「5拍子の福音」というラジオドラマが、文化庁芸術祭の優秀賞に選ばれました。ドラマ制作に音楽で関わったものとしてはとてもうれしいです。その他にもこのドラマは今年のギャラクシー賞入賞、日本民間放送連盟の近畿地区ラジオエンタテインメント部門最優秀作・中央審査優秀賞と合わせて3つの賞をいただきました。

このドラマは昨年度のMBSのラジオドラマ脚本コンクールの最優秀賞の脚本で、吃音に悩む引っ込み思案な少女が、音楽を通しての出会いをきっかけに、人生の困難を乗り越えて幸せをつかんでいく物語で、ぼくはその主人公の演奏するアルトサックスを担当しました。ドラマの流れにも合わせてこういう若い女性だったらどう吹くのかなあ、とか考えて演奏したのですが、難しかったです。自分の好きなこと吹くのは簡単ですが、ある役割をイメージして演奏するというのは、違う側面があります。なかなかイメージ通りにはできなかったですが、聞いていただいて、あ、若い女の子っぽいなあーとか感じてもらえたら嬉しいのですが、はたしてそうなっていたやら、です^^;

このドラマはもうずいぶん前の放送だったので、今は聞くことはできませんが、いつか機会があったらまた聞きたいですし、公共で流れるようなことがあれば、お知らせしたいと思います。

関係者のみなさん、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。そしておめでとうございます!

ジャズ批評

th_IMG_6187

今月25日に発売されたジャズ専門誌「ジャズ批評」のNo.201に僕のインタビュー記事が掲載されました。特集みたいなものではなく、太田さんというライターがずっと連載しているJAZZ FROM THE WESTという記事のひとつで、僕で47人目だそうです。この連載は主に関西で活躍するジャズミュージシャンのこれまでの軌跡というか、その人自身の成り立ちを紐解こうというコンセプトだそうで、いままでにも錚々たる先輩諸氏が記事になっていく中なので、僕が?とインタビュー受けに行く時は少し緊張しました。だいたい自分のこと喋るのは得意ではないですから^^;

読んでいただくとわかりますが、僕の半生がいろいろと書かれてます、そんな長い記事ではないですが。ご存知の方も多いので新鮮なところはないかもしれませんが、改めていろいろ昔のことを聞かれるとはっきりと覚えてないことも多かったりして、時間かかってしまいました。でも話すうちにいろいろ思い出し、僕が育ててもらった環境はいろいろ変化あっておもしろい時代だったなあとか思いました。インタビューは京橋で受けたので、掲載されている写真も大阪らしい写真になっていて楽しいです。

ぜひ手に取ってみてくださいね。もしかして勘違いしてるところあったら訂正してくださいね^^; 特集記事のギター、ベース特集も面白いです。

で、予定では1時間から1時間半ぐらいでという話だったのですが、結局は楽しいのもあって(もしくは僕の話が前後しまくるのもあって)3時間弱かかってしまったのですが、話してるうちに、僕がいまこうやって音楽やっている背景、関西の音楽シーンの成り立ちというか歴史をもっと知ってみたいなあと思うようになりました。全国的にみれば、数々の大先輩ミュージシャンの自叙伝や、ジャズ喫茶、レコードなどの歴史の本等たくさんありますが、それらは残念ながら東京地方中心で、あたかもそこですべての歴史が築かれてきたかのように錯覚しがちですが、他の土地でも同時期に同じようにシーンが展開していってたはずです。特に大阪は大正から大大阪と呼ばれるくらい人も多く、ダンスホールもはやばやとできて、そこにはジャズのバンドもいくつも作られ、数多のミュージシャンが活躍していたはずなのです。昭和一桁ごろ(たしか)のダンスホールのバンドの写真が梅田のニューサントリー5に飾られていますが、そこにはサックスの古谷充さんのお父さんも写ってます。先日ピアノの大塚善章さん、サックスの服部利一さんと話してたときも、戦後すぐぐらいのキャバレーのバンドの話を聞かせてもらい、そこにも僕たちは知らないミュージシャンの名前が多数登場しました。

自分がいまこうやってやっていけてるのも、もちろんジャズという音楽を生んだり、育てたりしたたくさんの人のおかげです。しかしそのほとんどは遠い外国のことだったりします。それも大事だけど、自分の足元の関西の音楽界の成り立ちすら知らないというのは少し不幸なことなんじゃないかなと思います。今であればまだ諸先輩がたの話をきいて、熱かった時代の片鱗を窺うこともできるかとおもうので、そういった機会がつくられることを期待します。ジャズ批評さんやってくれないかな。こういうこと思うのも、コーナーポケットの歴史をたどる映像を作ったこととも関係あるのかもしれませんね。

田中啓文 – お奉行様の土俵入り(鍋奉行犯科帳5)

nabebugyo5

鍋奉行シリーズの5冊目。たまたまいま読んだのだけれど、世間の話題は相撲に相撲。この作品のひとつめのお話は相撲のお話「餅屋問答」。江戸時代、相撲は大名の楽しみのひとつでもありお抱え力士がたくさんいたそう。タニマチが大名だったというわけね。それで権威を示すのに大名たちはこぞって強い力士を抱えたそう。ということは、古くは奉納されるものでもあった相撲に権力争いが持ち込まれるわけで、それに相撲部屋自体が翻弄されたりしたそう。ほんとよく時代考証してるなーとまたまた感心。一見ひ弱そうな関取とものすごく強い関取の一番は手に汗握る攻防で、いまの相撲見てるよりよっぽど面白い。

今作品は3編でこの「餅屋問答」、忠臣蔵の討った側/討たれた側の子孫がひょんなことで関わりになり大騒動を起こす「なんきん忠臣蔵」、そして前作にも登場した釣り名人の孫三平が鯉で儲けようとして騒動に巻き込まれる「鯉のゆくえ」。いずれも大坂の様子をよく知らせてくれて面白い。現在とは違うもっとほのぼのとしてでも勢いのある街の様子が伝わってきて、大坂ってええとこやなーと思ったり。いつかこれらの作品のいくつかを現在の場所で現代劇でやったらおもしろそうなのになーとか思う。ブラタモリとコラボしたりしたら面白そう、かな(?)^^;

お奉行さんの食いっぷりはほんと気持ちいいけれど、役者にやらせるとしたら誰だろうなー、とか配役想像するのもまた楽し。

集英社文庫 2015

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

江國香織 – 犬とハモニカ

inutohamonika

江國さんの短編集。空港への到着からロビーまでの同乗者たちそれぞれから見た人生の一瞬のかさなり「犬とハモニカ」、素晴らしくうまくいっていた恋はずの恋人からの突然のわかれ「寝室」、愛しくてやまない男「おそ夏のゆうぐれ」、近しいのにどこか決定的にずれていて僕をみていないような気がする「ピクニック」、源氏物語の超意訳版「夕顔」、夏のバカンスに訪れるゲイのカップルとそのコテージや街での人間模様「アレンテージョ」

いつも江國さんの物語はその最初の一行から彼女の世界にすっと入るという感じじゃなくて、その空気感に掴まれて身動きできなくなって、そのまま物語の傍観者や登場人物にさせられてしまう力がある。そしてどんな爽やかさの中にもひそむ濃い湿度。それが魅力でもあり魔力でもあり、少し怖い。

とても非現実的な感じがするのに、でもそれらは普段のぼくたちのすぐ隣や自分自身に起ることのよう。だれもが持つ、どうしようもない感情、欲望、あきらめといったものが、濃くなったり薄くなったりしてぼくたちと包み込んでいる。そこらに垣間見えるその模様を織り取ったかのような江國さんの物語たちは、お話としてはときに楽しく、ときに悲しく、ときにへんてこに読ませてくれるけれど、どれもが気づいてない心の隙間に忍び入ってくる感じがして、それが怖くもあり気持ち良くもあり、とても不思議な体験をする。江國さんの物語を読んでいるときだけ、時間が遅く流れたり、ここではないどこかに行ってしまっている気がするのは、選ばれる言葉の魔力もあるけれど、そういった体験をするからだろうなと思う。

川端康成賞受賞作(2012)

新潮文庫 2015

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

三浦しおん – 星間商事株式会社社史編纂室

seikanshoji

星間〜というタイトルをみて、三浦さんと宇宙の話か?なんだこりゃ、とか勝手な想像して手に取ったらある会社の社史編纂室とその人間模様のお話だった。これはこれで面白そう。一癖も二癖もある人間があつまる、車内では窓際扱いされている星間商事株式会社の社史編纂室。社長の鳴り物で社史をつくることになり組織されたが、いるのかいないのかわからない幽霊部長に、やる気あるのかどうかわからない遅刻常習犯の課長、女の子にしか興味のなさそうな先輩、ダイナイトボディの後輩、そんな彼らに囲まれた主人公・幸代は真面目一筋、でも彼女の趣味はBLの同人誌製作だった。

そんな彼らが遅々としながらも進める社史編纂。しかしそれを進めていくうちに、高度成長期のどさくさのころの会社の秘密・闇に気づく。難航する取材、どこからともなくやってくる横槍。そんなてんやわんやのなか、幸代は妙齢の同人誌仲間の離脱、同棲している不思議な彼とのいざこざなど彼女の人生にも風雲がやってくる。

三浦さんのお話にでてくる人間たちはどこか滑稽で、ダメ人間でも許せちゃったりする人もいれば、取りつくシマもないほど冷徹な人もでてきたり、でもみんな人間だな、って感じがする。人間くさいというか。どちらかというとそれなりにいい人というか。だから物語がシリアスになりすぎないような、そういうところが読んでいて心地いい。

この編纂室の奮闘と、社史がどうなったかという筋ももちろん面白いけど、この本で興味そそられるところは同人誌製作のほう。コミケに出店するやりかたやら、同人誌をつくるノウハウ、印刷のこと、中身のことなどなど、結構詳しく描かれていて(もちろん幸代が書いた文章も散りばめられてるし)、三浦さん詳しいんだなーと思ってたら、実は三浦さんその世界では右に出る物いないほどの婦女子だそう。へーー!知らなかった。いままで何冊か読んできてそんな風に感じたことなかったし。やおいに興味あるわけじゃないけど^^;

昔アニメや漫画が好きだったので、この感じちょっとわかるんだなあ。オタクという言葉もまだなかった頃もそういう趣味のひとはたくさんいて、共通するある”匂い”みたいなんがあったんだよなあ。雰囲気というか。ぼくもその一人だったはず。だからこのコミケの雰囲気とか(実際行ったことはないけど^^;)、同じ趣味の人が集まった時の感じとか、なんかよくわかって、うんうんと思ってしまったり。懐かしいな。

まあ、そういうのも、編纂室の面々の活躍も含めて、面白いお話だった。ほのぼの。

ちくま文庫 2014

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

Home

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。