五木寛之 – レッスン

これまただいぶ前に読んだので、備忘録的に。そう、暇なんです。で、読んで積んでおいてある本を片っ端からレビューしていこうとしています。こうやって記録しておかないと、また同じ本を手に取ったりするので^^;(今までなんどもある)

転職してライターとして歩み始めて軌道に乗り始めたところの主人公。先輩との付き合いでいったゴルフ場で彼は謎めいた魅力的な女性・佐伯伽耶と出会う。散々なゴルフをしたあとに彼はひょんなことから彼女の生徒になることに。ゴルフからクルマ、ファッション、などなど人生を生きるすべを。彼女はすべてを教えてくれ彼はそれに必死に応えていくのだが、、、

読んでるときはきっとこれはだいぶ昔に書かれた物語なのかなと思っていたけれど、刊行は1996年なのでそこまで前じゃない(80年代かと思った)。バブルが弾けたあとだけれどなんかバブル前の時代背景の感じがしたから。車にしろファッションにしろ、海外のことにしろ、お金がかかってる物事ばかりなので。五木さんの本ってほとんど読んだことないのだけれど、勝手に思っているイメージと違って意外な感じがした。

もしかしてこの歳になってもこの物語の真髄の部分はまだわからないのかもしれない、もしかしたら永遠にわからないかもしれない。言い方は悪いけど物語は一見ファッション的なもの感じるのだけれど、その奥に五木さんが言いたい深い人生哲学があるのかな、と。少し読み返してみたけれど、そんなことを少し感じた。時間をおいてもう一度読んでみることにする。

にしても、この女性は魅力的。それが描きたかったのかな。完璧すぎる女性とその生徒となる荒削りで若い男。ある意味男のロマンの一つかも。あと主人公が僕と同じ名前なのよねえ(笑)

新潮文庫 1996

楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

本多孝好 – MISSING

これまた随分前に読んだのでちっとも覚えていない。本田さん読むのも初めてだったのに。ちゃんと読んですぐレビューすべきなのだけれど、なんか面倒で、読むばっかりに専念してしまう時もあるものだ。

女性にまつわる短編ミステリー5編。ミステリーというより少し不思議な感覚にさせる物語たちか。熱く面白い展開というより、じっくりゆっくり景色が変わって行くような、日常だけど非日常のような。うまくかけない。

2000年度の「このミステリーがすごい!」の10位。

双葉文庫 2001

楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

乃南アサ – ニサッタ、ニサッタ

最近ちっとも読んでなかった乃南さん。どっちかいうとこのところはコロナや政治に関するTwitterのつぶやきをいろいろ見たりしていた。この本はたまたま友人が譲ってくれたもの。

「ニサッタ」とはアイヌ語で「明日」の意味だそう。北海道出身で東京にあこがれて学生として出てきた主人公耕平。平凡に大学を卒業後就職するがやめてしまい、ようやく転職したが、勤めてそう経ってないときに社長がトンズラ、会社は倒産して失業する。その後派遣会社に登録するが紹介されるどの仕事も長続きせず、やっとつかんだ塾の事務もアクシデントから首になってしまう。

すっかりやる気をなくし逆転をかけてギャンブルに手をだしたところたまたま大当たり。しかし近づいてきた女に騙され、すべての財産を奪われてしまう。そしてそのままギャンブルにのめり込んで借金を膨らませてしまいニッチもサッチもいかなくなる。

借金をだ変えた彼はようやく住み込みの新聞配達の仕事を見つけ、なんとか借金を返しながらささやかでもいいから真っ当に生きていこうとする。ようやく仕事にも慣れてきた時、後輩に女の子が働きにやってくる。何もこんなキツイ仕事のところにこなくてもと思うのだが、彼女は何も話さない。

上下巻に亘る長編の物語。この耕平のツイてなさ、そして我慢力のなさにほんと読みながらうんざりしてしまうのだけれど、ちょうどこの4-5月のコロナ禍による強制的な休業で気分的に凹んでいた僕には、どこかシンパシーを感じるとともに、自分を見ているみたいで嫌だし怖くなった。たまたま僕はここまでツイてないことがないだけで、一歩間違ったらどん底に行ってしまうのは前から想像しているので。なんの保証もないし。たまに道端で寝ているレゲエのおっちゃんたちを見ると「あれはいつの日かの自分の姿、一歩間違ったら立場は逆かな」とか思ってしまったりするので。

そんな全く救いのない、ありそうでまた落ちて行く耕平を見ているとなんともしんどい気分になるのだけれど、東京での生活に見切りをつけた彼が生まれ故郷に戻って再起する姿は嬉しかった(でもやはり、、、なんだけど)。

テーマとして横たわっているアイヌ、そして琉球、そして移民。僕はどれについてもまったく知らないことばかりだけれど(アイヌと琉球民族はものすごく昔一緒だったんじゃないかとは想像したりするけど)興味あること、知りたいこと。それをもう少し知るにはこの「ニサッタ、ニサッタ」の前の話(耕平の先祖が移民でやってくる話)である乃南さんの「地のはてから」を読まねば。

講談社文庫 2012

楽天で詳細を見る(上) (下)
Amazonで詳細を見る

奥田英朗 – 噂の女

奥田さんは久しぶり。以前はよく読んだけれど最近はちっとも読んでなかったので手に取って見た本。でもこれまただいぶ前に読んだのでほとんど覚えていないので備忘録的に。

学生の頃はおとなしく地味で目立たない女性だったのに、短大時代に何があったのかその女としての潜在能力を開花したらしい女性、糸井美幸。たくみに女性の武器を使い、玉の輿を繰り返す。そしてその相手たちは不自然ではないにしろ亡くなっていく。やがて彼女は高級クラブのママにまでのし上がった。黒い噂が絶えない彼女の周りだが、彼女はどこ吹く風。読めば読むほど魅力はあるが怖い女性。くわばらくわばら。

新潮文庫 2015

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

逢坂剛 – さまよえる脳髄

初めて読む逢坂さん。これも随分前に読んだのでどんなだったかなーという感じなので、備忘録的に。たしか伊坂さんが面白いって書いてたんじゃないかな、忘れちゃった。

原因のよくわからない突発的な事件が頻発する。精神科医の南川藍子はそれらは大脳に障害があるためではないかという推論に至った。しかしその藍子を付け狙う人物まであらわれ。。。

当時最先端だった脳科学の研究を積極的に取り入れたミステリーだそう。でもこういうネタって時間がたつと古めかしく感じたり(それは科学テクノロジーもよね)実は間違ってることが後から判明したり、と、なかなか難しい題材だと思う。

しかし内容はともかくとして、タイトルを見るとどうしても「ルパンvs複製人間」のマモーの本体を思い出しちゃうのよねえw

新潮文庫 1992

楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

東野圭吾 – 11文字の殺人

備忘録的に。だいぶ前に読んだのでほとんど覚えてないけど、実はほとんど読んだことのない東野さん。「ガリレオ」だけ読んだかな。最近は本当にすごいペースで本が出てて、本当に一人で書いてるの?って思わないでもないけれど、これは割と初期の作品のよう。ある11文字の言葉をヒントに交わるミステリー。洋上のヨットであった事件の真相とは。

なぜかすごく読むのに時間がかかるというか、読み進みにくくて自分にはあってないのかなーとか思った。「ガリレオ」もテレビのイメージが焼きついちゃってるし、読んだのがこれなもんで苦手な作家さんと思ってしまいそう。

光文社文庫 1990

楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

好きな本

この自粛期間中というのは家にいる方が多いのか、SNSの動きが活発でいつもより投稿なども多くて楽しいのですが、その中にいろいろバトンを渡して行くタイプのものもあり、僕にも一つ回ってきました。それは自分の好きな本を紹介して行くっていうものだったのです。

まあこういうものはチェーン的になりがちなので最初は楽しいけど、どんどん量増えていってしんどくなるので、僕から廻すことはしないですが、その好きな本を考えてて(いっぱいあるというか、本ばっかり読んでるのでどれが一番とか言えない)思いついた本について書いてたら、意外に熱くなってしまい、Facebook上にえらく長い文章を投稿したのですが、読んでみてから自分でも面白いな、と思ったので、こちらに転記しておきます。

SNSってなんでも流れて行っちゃうのがもったいないです。自分の身から出たものの中にも、たまにこうやって留め置きたいものもあります。

ーーーーー

常々、ぼくは読書家というわけではなくて、活字中毒、だと思っています。なんせ字を読むのが好きなのです。でもやっぱり字は紙で読みたい人で、モニターでは長い文章、とくに本のようなものは読みづらいです。そして何より物理的な本だったら、残りの厚みで、ああ、もうすぐ終わっちゃう、どうなるのだろう?読みたいけど読み進みたくないー!とか思えるのも本が楽しい要素の一つでもあります。

いろんな本があって知識や知恵を得られるものもいいのですが、やはり物語(小説)が好きです。本を開いて1行目を読み始めたとたん、リアルの世界から本の中の世界へすっと移ってしまい、読んでる間はその世界の住人になってしまえるから、です。最近大好きないしいしんじさんがある小説で「本は違った世界への扉を開く(中略)。そのかわり、表紙をめくると背後でもう一つの扉が閉まる。本は「外」の世界を一時的にしろ滅ぼしてしまう」と書いてあって、本当にその通り!と思いました。

そして何より活字だと、音も映像もないので、描かれる街や人、景色や空気感は読者の想像の力のみで形作られます。誰かが与えたものじゃなくて、読者それぞれに主人公の顔や声、描かれる世界の景色なんかがバラバラに存在し得るというのがとても楽しいです。僕も読んでいるときはセリフがその人物の声となって聞こえてくるような気がしてます。目で読む字としてではなく。

こういう理屈を書いていると、僕にとって本は、酒や薬物(汗)と同じような立場のものなのかしら、と思えてきました。一時的にでも現実世界を忘れさせてくれ、楽しい気分になり、切れかけ(終わりかけ)たら寂しくなり、また次が欲しくなってやがては中毒、という(笑)もしかしたら本のおかげでそういうものには嗜好が行かずに済んでるのかもしれませんねw

さて、こういうこと書いてるとなんぼでも書けるので戻します。一週間毎日どうのこうのだそうですが、こんなに読書好きなのに、この本!というのがなかなか選べません。なので一冊だけ載せます。

栗本薫こと中島梓さん(ヒントでピントに出演されてたの覚えてる方もいるかな?)のグイン・サーガ シリーズの第1巻「豹頭の仮面」です。SFです、ヒロイックファンタジー(英雄もの)です。グインという豹頭の仮面のものすごい戦士が活躍する、戦いは剣と魔法(ここでは魔導)で、移動は徒歩や馬、さまざまな国があるけどまだ世界には未開の地がたくさんあるような中世的な世界観の物語です。いままで読んでいろいろ影響うけたり、考えさせられたりした本、また好きな物語なんかもありますが、僕の人生の横にずっとあるのはこの物語かもしれません。

この本を手に取ったのは13歳の時だったと思います。友達が貸してくれて一気に5巻ぐらいまで読んでハマってしまい(その時はもう既刊だったので)古書店でまた一巻から買って、途中で追いついて、そっからずーーーーっと新刊で読んでいます。その間矢継ぎ早に出版されることもあれば、しばらくあくこともあり、その時はまた一から読んだりもして毎回新刊がでるのを楽しみにしていましたが、悲しいことに2009年に栗本さんが亡くなってしまい130巻で未完になってしまいました。しかし、嬉しいことにそのあとも有志の作家さんがこの世界を引き継いで描いていて、現在146巻(こないだ読んだ)。これが正伝で外伝がさらに26巻あります。未完のためギネス認定は却下されましたが、事実上は一人の作家が執筆した世界最長のシリーズ小説だそうです。

中身のことを書くと途方もなくなるのでそれはwikiにでも任せるとして、この物語の面白いところのひとつは、始まったときすでに結末が明かされていたところです。刑事コロンボの手法ですね。でもそこに至らず(100巻で終わるっていうてたのに!)栗本さんは亡き人になってしまいました。いま有志で引き継がれているのは、その結末のさらに後の世界です。

もうここまで30年以上この世界に付き合っていると、この小説の世界がぼくの体験の一つとしてリアルに存在していて、もしかしたら行ったことある外国よりも詳細な経験として体の中にある気がしています。そういう意味ではこの現実世界の次に長い時間を過ごしたこの物語の世界は僕の人生に影響を一番与えてる(具体的に何がどうというわけではなく)と言えるんじゃないかと思っています。絵に描け、音にだしてみろ、と言われてたらできないけれど、この本の扉をめくると、そこにいる人物たちの姿が見え、声を出してしゃべっているのです。

写真はこのために引っ張り出してきた、当時古書で買ったものです。35年以上前のもので何度か読んでるけどブックカバーのおかげで綺麗なままです。そう、ブックカバーはラテン大阪の人間なら一度は行ったことあるんじゃないかという天牛堺書店(天牛書店とは違う、悲しいかな去年倒産した)の当時のブックカバーです(古書なのにつけてくれてた)。中高と学校の帰りとかに毎日のように三国ヶ丘駅そばの店舗にいってました。懐かしいです。何もかもが懐かしい(by 沖田十三) w

ぼくはこのシリーズが大好きなので人にオススメしたいところでありますが、なんせいまのところ全部で172冊もあるので、、、、一年ぐらいコロナ自粛がつづくなら読破できますけどね(苦笑。それは困ります)。さっきも箱にしまってあるこの物語のずらっと並ぶ背表紙のタイトルを見るだけでびびびっとしびれてしまいました。また一から読みたいなあ。でも読み出したら最後、また全部読んじゃうんだろうなあ^^;

おわり。

(追記)
このシリーズ、あとがきを栗本さん本人が書いてるのですが、どの巻も出版されたころの時勢が反映されていて、それを読むだけでも、ああ、そんなことあったなあ、とか、そんな時期やったなあ、とか懐かしさが溢れてきます。これまた楽し、です。

伊坂幸太郎 – 首折り男のための協奏曲

久しぶりに伊坂さん。というか、前に読んでいたのだけれどレビュー書いていなかったので、また読んだ。やっぱり面白いし、驚きがある。

首折り男とよばれる殺人を請け負う仕事人が主人公で描かれる「首折り男の周辺」という短編から連なる、といっても連作として書かれたのではなく、伊坂さんが違う時期にいろんな依頼に対してバラバラに書かれたものだろうだけれど、まとめるにあたって加筆修正した部分もあって”首折り男”、”少年のいじめ”、”大人との約束”、”時空のねじれ”などによって繋がるようになっている(福永さんの解説より)。もちろんどの短編もそれ自体面白いのだけれど、直接ではないにしろ、各短編が少しずつ繋がっているように見えるのもまた楽しい。

どの短編も面白いなあとおもうけれど、特に好きなのは年老いた夫婦(夫は病床)の妻が自分が若い時に4日間だけ恋に落ちた相手を探してくれと黒澤(伊坂作品によく出てくる彼ね)に頼む「僕の舟」、最後にあああって気持ちがあったかくなる。そしてチャップリンの映画のあるシーンになぞらえて(映画のことがたびたび話題になるだけだけど)、トリックについても、そして短編全体についても同じ手法で描かれる「月曜日から逃げろ」。いやー、ほんとよく考えてるなー(それが暗にじゃなくて、わかりやすく)と感心させられる、そして面白い!

同年代の作家さんの作品って、なんだろう、全部言わなくても”感じ”が伝わってくることが多くて(時代背景とか、流行りとか、使う言葉とか。音楽についても!)読んでいてストレスもないし楽しい。伊坂さんの作品は繰り返し読んでも発見あって楽しいなあ。次は何読もうかな。

新潮文庫 2016

楽天市場にて詳細を見る
Amazonで詳細を見る

荻原浩 – なかよし小鳩組

nakayoshikobato

久しぶりに荻原さん。といってもあんまり読んだことないけど。社長と社員2名にバイト1名のすごく小さな広告代理店。そこで働く杉山。彼はアル中でバツイチになってしまってやさぐれていた。娘の早苗が遊びに来てくれると嫌がりながらも嬉しい。そんな広告代理店に大きな仕事が舞い込んだ。ほいほいとクライアントの元にいくと、そこはヤクザの事務所だった。このご時世ヤクザもイメージ戦略をしたいとCI(コーポレートアイデンティティ)戦略を頼んできた。こんな強面の人たちに囲まれて、仕事は成功するのか?

ハードボイルドにもできそうだけれど萩原さんが手がけるとユーモラスなお話になる。もちろん本当のところは怖いんだろうけれど、組員たちもクローズアップされると少しずつその顔がみえてくる。中間管理職だったり、やっぱり人の親だったり。まあ実際本当に怖く感じるようには描かないとは思うけれど、こんなにユーモラスにできるんだなーと。出てくるクセのあるひと、アクのある人もどこか好きになってしまう。

そして、その仕事の行方や会社の尊像とともに描かれるのが杉山の再生の物語で、離婚してしまったけれど、たまに会う娘が家に泊まりにきたり、アルコールをやめてみたり、走ってみたり。元妻のことを考えるようになったり。過去を振り返り、自分を見つめ直して、できる範囲で再び歩き始める様子が、大々的に感動的に描くわけじゃないけれど、すんと胸にしみてくる。いいお話でした。

登場人物というか、この広告会社が舞台の別の(前の)作品があるそうなので、それも読みたいな。

集英社文庫 2003

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

いしいしんじ – 東京夜話

tokyoyawa

もともとは「とーきょー いしい あるき」というタイトルで出版されたいしいさんデビュー当時の短編集。もしかしてほとんどが東京在住時のいしいさんの実体験と東京のあちこちの街から感じたインスピレーションで形作られてるんじゃないかと思うのだけれど、全部が全部ぜんぜんばらばらでとても面白い。ここに描かれる作品の切り口や語り口や、話のパターン、もうてんでばらばらなのだけれど、でもそこには”いししさん”という作家というか人間のキャラクターが横たわっていて、どの短編読んでもいしいさんだなーと思える。僕自身も普段やってる演奏はジャンルとかスタイルがばらばらだけれどよく聞いてみれば(うまくいってるのかな?)僕自身はずっと変わらない感じで一緒になってる(と思ってる)同じようなことなのかもしれない。

ちょっと不思議なSFぽいともいえる「真夜中の生ゴミ(下北沢)」「ベガ星人はアップルパイが得意なの(原宿)」「そこにいるの?(大久保)」「アメーバ横丁の女(上野・アメ横)」とか、いしいさんの体験のレポートみたいな「クリスマス追跡(渋谷)」「うつぼかずらの夜(田町)」「天使はジェット気流に乗って(新宿ゴールデン街)」「吾妻橋の下、イヌは流れる(浅草)」とか、もう想像力の賜物みたいな「クロマグロとシロザケ(築地)」「お面法廷(霞ヶ関)」「二月二十日 産卵(東京湾)」とかとか、もっとあるんだけど、様々も様々。どれも違うのでページをめくる食べ違う作家さんに出会うようでおもしろい。あと、話をまたがって登場する(たぶん同じであろう)シチュエーションや犬がいたりも楽しいところ。

個人的には浅草のと田町のが好きかなあ。前後して鬼海さんの写真集みてたりしたからかな。もともと浅草は好きなところだし、田町はちょっと思い出あるところってのもあるのかも。あと池袋が登場人物としてでてくるってのも面白いなあ。

あと主人公ぽい人が(まあ本人なのだろうけど)大阪弁なのも面白い。で、字で書いているのに大阪弁にちゃんと読めるのがおもしろい。関西弁しゃべらない人が書くとなんか違う感じがする(テンポ感の問題のような気がする)んだけど、いしいさんはさすが大阪の人なので、書いてある字も大阪弁のイントネーションで読めてしまうのが不思議。

これらの短編の延長に、いままでいろいろ読んできたいしいさんの作品があるんだろうなあ。物語的なものはだいぶ柔らかいというか少しまろやかなオブラートにつつまれた世界観になってる感じがするけれど、こういうトンがった感じがするのもいいな。いしいさんの別の面(というか物語的な作品にももちろん内包されているんだろうけど)を見た気がした。なのでまた同じ作品読んでも感触かわるかも。

新潮文庫 2006

楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る