Home > Archives > 2006-04

2006-04

栗本薫 – 風の騎士(グイン・サーガ 105)

なんだか急展開にまたなってきました。あのひとが出てきて大変なことになったと思ってたら、実はこの謎の仮面の騎士は・・・・・えぇぇーーーー!!!もうはるか昔に忘れてたよ。そんなヒトが幽閉されてたことさえ。

いやー、栗本マジックだわ。

はやくつづき読まんと!

早川書房 2005

栗本薫 - 風の騎士(グイン・サーガ 105)

栗本薫 – 風の騎士(グイン・サーガ 105)

栗本薫 – 湖畔のマリニア(グイン・サーガ104)

最近普通の本屋にいってなかったから、ずらーーっと新刊でてたの知らなかった。久しぶりのグイン、うれしいなぁ。

内容はともかくとしてアレがナニして脱出後のグインとマリウスの新たな冒険にちょっと新しい展開が・・・・あのひとがこんなところに・・・

あーどうなるのかなぁ

早川書房 2005

栗本薫 - 湖畔のマリニア(グイン・サーガ104)

栗本薫 – 湖畔のマリニア(グイン・サーガ104)

宮本輝 – 幻の光

この作品を読むまで宮本輝が神戸出身てしらなかった。

4つの短編からなる本。表題にもなっている「幻の光」という短編は一人称でずっと語られる物語なのだけれど、その大阪弁というか関西弁が見事。自分の叔母とかが暇ついでに昔話をしてくれているかのよう、めっちゃ自然で気持ちいい。なかなかここまで大阪弁を嫌味なく書いた文章も少ないんちゃうかなぁ。灰谷健次郎の小説のほうがちょっと言葉としてはきついし、自然にながれてない気がする(好きなんだけれど)

その表題作の話もとてもいいし、「夜桜」「こうもり」「寝台車」と、どの話も、とても身近な気分にさせてくれて、すっと腑に落ちるというか、小説なのに自分のことを追体験しているかのように錯覚させるほど、どの話も自然。ありふれたシチュエーションとかそういうことではなくて、景色が自分のいままでの生活のどこかに確かにあった、そんな気がする、そんな小説になってるから。

大阪の人間にしかわかんない感覚かもしれないけれどね。大阪というと”コテコテ”というイメージが先行しがちだけれど、この小説は読後に清涼感さえ感じる。

新潮社 1983

宮本輝 - 幻の光

宮本輝 – 幻の光

宮本輝 – 夢見通りの人々

  • 2006-04-20 (木)

あまり宮本輝は読まないのだが。この小説はふんわりしてていい感じ。なんでもない日常をちょっと情けない主人公の目を通して描いたもの。

大阪のどこかを想定して書いてるのだけれど、阿倍野でもなく千林でもなく、なんとなーく住之江のほうめんの雰囲気がする。昔はちょっとはやったけれど、いまはくたびれた商店街、そんな感じ。その感じが実際いまもそういうところがありそうで、リアルさを感じる。

しかし主人公があまりにものんびりというかだらだらしてるので、ちょっと危機感を憶えたりするのだけれど、実際自分がそのころはこんなんだったのかなと。

そんな主人公のわりには、なんだか明るい気分になる小説でした、ちゃんちゃん。

新潮社 1989

宮本輝 - 夢見通りの人々

宮本輝 – 夢見通りの人々

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

見に行ったのに書くのわすれてた。

こういうファンタジーもの大好き。ただディズニーが他の映画(ハリーポッターとか指輪物語とか)に対抗してやってるんだぜー的な感を感じなくもない。

お話は子供向けの夢あふれる「こんなことあったらいいなー」的なものだけれど、とくにこういう中世風な世界観は大好き、いわゆるヒロイックファンタジーというやつ?その割には主人公たち兄弟のキャラが薄いけれど。

きっと元の話は壮大すぎるので、2時間ちょいの映画につめこむのは難しかったのだろうか?ナルニア世界の約束事というか世界観がいまひとつわかんなかった。

でもおもろい。でもつづきあるのかな?

2005 アメリカ
2006年3月4日公開

井上靖 – 氷壁

先日NHKでドラマ化された小説。昭和30年すぎの時代設定なので、その時代背景の感じになれないとなんだか横暴な男ばっかりやなーと思ったり、会社適当やなーとおもってみたり。なんとなく森重久弥の「社長」シリーズの映画を思い浮かべてみたり(あれもうちょい時代こっちか?)

めちゃくちゃ長い小説なので読破するのに時間がかかってしまったが、ながい時間をかけて読むことによって作者が描きたかった主人公の人物像がじんわり自分のなかへうつってきて、なるほど山へ登りたいのいうのはこういう気持ちなのか?ということがうっすらぼんやりわかるようだった。

相棒の滑落の謎とそれにまつわる主人公の苦悩、そしてまきこまれた人間たちとの間の愛、葛藤などさまざまな人間模様が描かれるが、そういうどちらかというとじめっとしたもののなかにありながら主人公が山へ登りたいという単純でかつ最高の目的のためだけに淡々としている姿が妙にじんとくる。

結局「山男には惚れるなよ」という話なのか?

最後まで井上靖作品であることに気づいてなかった(^^ゞ

新潮社 2005

井上靖 - 氷壁

井上靖 – 氷壁

(旧)2006.4月の日記

  • 2006-04-01 (土)
  • Blog

2006/4/30
昼から出身高校の春のコンサートへ。
毎年いってるけれど、今回出演してる連中って、
もう年齢も半分だし、平成生まれで当然、1990年生まれなんてのんもおるからなぁ。
いやー、時間が流れるのは早い、早すぎる!!!

最近の流行はラテンとか8、16もの。
ふつーにベイシーものとかをじゃんじゃかやらなくなったのが先輩としては寂しい限りなのだが、
ま、これも時流の流れか。

終わって打ち上げ(なぜに!?)にいくというOBOGたちと別れて(いきたかったのよ!)大阪へ。
天神橋でちょっとラーメンひっかけて、と。夜、来週末にあるオンドリャーズのリハ

先月の「ナニワジャングル」に参加できなかったのよね。オンドリャーズ。
久しぶりの師匠とかにご挨拶。
そう、はやいもんで、このオンドリャーズに参加してから、
来週の春一番で一年よー。えらいもんじゃ。

去年できんかった曲とかもいれてのメニュー。
今年は某M田さんが音頭の歌詞を字にしてきてくれたので、
素人の僕とかにも師匠がどんな歌を歌ってるのかがわかるし、
ストーリーわかれば演奏もおのずとしやすい。

何度かやってみて、ちょっと仕掛けみたいなんとか、
交通整理とかをしてえぇ感じに仕上がる。
当日が楽しみね。野外はやっぱりいいもんな。


2006/4/29
オフ。
おうちで昼過ぎまでうだうだ。
ちょっと出かけてうだうだ。
こんな日も必要。もうだいぶだるいからなぁ。息切れしそうだわん。


2006/4/28
昼過ぎからGW末にあるたっちゃんBandのリハ。
今回も新ネタ含め南アメリカ風味満載。
ラテン系のリズムはなんだか体になじむのよね。
結構ようさん吹かねばならん曲もあって、難しいのだが、
楽しいからいいか。

リハおわって、
仕事があるというたっちゃんと一緒に梅田方面に歩いていくと、
その仕事場ハービスのとこにいたのが、
M口さんにM野くんにO野くん(笑)
冗談でリハみてたら「入ってよー」ということだったので、お邪魔してみたら、
そのまま本番まで参加してしまった、いいのか?(^^ゞ

4月末の気持ちいい空気と青い空の元での演奏は、
内容もさることながら、気持ちよくてうれしい。

すっかり涼しくなってしまったので、あわてて家へ戻る。
2日連続早く帰れるなんて、幸せ、家好き♪


2006/4/27
久しぶりに例の土建やさんへ。
PCがひとつ壊れた・・・というので。
電話ではどーも様子がわからないのでいってみたら、
省電力モードあたりのエラーだった。
というか、このマシン、リース期間切れそうだったんを延ばしたので、
ハード自体がぼけかかってるのよねぇ。
とりあえずの処置をして、ま、これで症状はでないでしょ。

久々に早めに帰宅して、
野球なんか見ながらごはん。
こういうことをたまにせんと息切れしそう。


2006/4/26


デジタルな卓

E.D.Fレコーディング@PARTITA、2日目

お昼前にあつまってコーヒー飲んだりしてゆったりしてから、
早速昨日のつづきを。

ちょっと今回久々に発掘した曲からはじめる。
やっぱりなれない曲は時間かかるなぁ。
数テイクやって、次へ。
そっからは普段やってる曲とかなので、
もうやっても2テイクぐらいでじゃんじゃん。

結局短い時間ながら、12曲ぐらい録った。
最後にちょっとだけ試しにダビングするものをやって終了~。お疲れ様。
さて、どれがどうなるかは今後のお楽しみ。
GWあけてからMIXするしねぇ、それ次第かなぁ。

終わって京都へ。
ホゲホゲ団@京都CANDY

RECのおかげでぎりぎりに到着。
ちょっとだけリハに参加してそのまま本番。
今日はなんだかかなり濃い(いつも濃いけど)目のJAZZ風味。
というか、結構えぇ音でしたなー。

かなり盛り上がって終電間近。
余裕をもって出るが、忘れ物を取りに帰って時間がなくなり、
中途半端なとこまでしか電車でいけず。トホホ


2006/4/25


広いのだ。

E.D.Fレコーディング@PARTITA、1日目

だーいぶ前からやるやるいうてずっと延び延びになってたE.D.F.の2枚目の話。
やっとメンバーのタイミング(やる気?)も合い、
季節もよくなってきたということで今月やろう!
と実はもう少し前に予定していたのだが、
いろいろ都合があわずに今日明日の予定となったのだ。

1月にもブルースのセッションRECできたPARTITA。
今日は思いっきり広く使えるので、
一応セッティングされてるスタジオの中で音をだしながら、場所をきめて、
とにかく一発録りで気持ちよくできるセッティングをみつける。
んでからサウンドチェックとか、曲のリハをちょっとやって、
昼過ぎからREC開始。

やっぱり普段やってるライブとは違って、
音として残るものなので、慣れてるとはいえなんだか緊張気味。
だから最初にやる曲も選びようよね。

数テイクやってこなれてきたころからREC開始。
ライブでやってる曲、今回のためにアレンジしなおした曲なんかをやる。

結局5曲ほどできたかな。
夜に仕事のあるメンバーもいるので夕方でUP。
そのあと、S水さんが一人でやる曲ってのを試してみる。
ついでに僕もはいって2人でやるのも試してみる。
なんだかいい感じよー。ふっふ。

明日もがんばろ。今日は早めに解散して明日に備える。


2006/4/24
MTのレコーディング、ほんとは昨日やる予定だったんだけれどな。
シングルの曲にとりかかっているところなのだけれど、
結構難航しているみたいで、メンバーは徹夜とかそんなんでみんなしんどそう。
お昼に行ったのだが、「仮眠しようとしてたとこ」だったらしい。えーーーっ。

ま、それでも〆切が近いみたいなので、やることやっちゃわんと。
何度か試しながらイメージのやりとりをしてどんなんがいいかを相談。
やっぱりやる限りはいいのん作りたいしねぇ。

ちょっと録ってみて、それを聞きながらイメージのすり合わせをしたり、
関係ないレコードを聴いてみたりしながら数回トライして、
最後にはうんうんいい感じなものをつくる。いいね。

その後ほかのものとったり、歌入れ、なんかもあるのをずっと眺める。
これはいい曲やなぁほんと。完成が楽しみ。

遊びに来てた魔Hを拉致して神戸方面でご飯。
その後家に拉致してうだうだ。しかし魔Hボンバーマン弱すぎ!
結局朝4時ぐらいまで話し込んでしまう。明日早いのにー!


2006/4/23
あったはずの予定が明日に延びたので今日はオフになった。
しっかし昨日呑み過ぎたわけでもないのに途中で沈没してしまい(最近めったにない)、
なんかいまいち・・・あーあ。体調も優れず使い物にならない。

久しぶりにテレビでナイター観た。勝った。うれしい♪
でもなんで中継19時からやねん!怒


2006/4/22
SHU@三宮BigApple

いつもはN秀さんと僕と3人で奏詩音というUNITでご一緒してるSHUさんだけれど、
それとは別に自分のバンドをやってるところに今回はおまけで参加。
先週のリハにいけなかったのでどうなるのかどきどき。
店に入ってメンバーに挨拶して準備。さてどうなるかなー。
一通りリハしてもらう。音源とかとは違うので、
生でこうやってやってもらうと自分の位置が良く分かる。

で、本番。SHUさんの歌とかキャラとかもさることながら、
バンドが楽しい音にしよう~という色をだすので、
がたがたっとしても結局はいい感じの演奏になる。楽しい。
もっとまとまったらよりいっそうえぇ感じになるだろうな。

終わってあんまりゆっくりもできずに大阪へ。
DJ KENTさんのイベントに。USH@三ツ寺abacab

狭いぞーといわれてたけれど、結構あるやん。
お客さんもいっぱい、知った顔もいてうれしい。
しかも、えー!!みたいな人もやってきて(某HS関係者)テンション上がる。
演奏はいつものように、ちょとオケの音悪かったなぁ、反省。

終わってからわいわいいうて飲むが、途中から記憶あやふや。
量飲んだわけじゃないのにー、2軒目おぼえてません・・・反省


2006/4/21
E.D.F.@桃谷M’sHall

ちょっと早めにいってぐだぐだっと。
んでからS水さんとご飯たべにいってたら、そこにT中君もやってきた。
一緒に食べてから店へ戻る。

今日は珍しいことに知った顔があまりいなかった。
そんななかでの春のライブ。
ちょっと曲もいつものナンバーからは大幅に変えて(何故かは秘密)やってみた。
やっぱS水さんの曲、えぇ曲おおいよねぇ。

ゆったりした演奏でゆったり流れる時間は素敵。


2006/4/20
昼過ぎから来月あるちょっとした仕事の打ち合わせ。
最初にいきなり服やさんに連れて行かれて衣装合わせ。
わーい、スーツもらった♪でももうちょい派手なやつが・・・・(^^ゞ

その後場所をうつして打ち合わせし、
それがおわってから一緒に仕事になるS村君、
Mコちゃんと喫茶店でうだっと。しばし和んでから移動。

ナガオクミ@中崎町CommonCafe

結局リハも何もできなかったので、当日勝負。
でも集合時間も遅くだったので、さささっとやってなんとか本番に。
クミさんの曲はなれてるから大丈夫だけれどねぇ。

最初にS田さんとAさんと僕のトリオで。
持ち寄った曲での演奏。JAZZっぽいけれど、
そうもなりきらないような、不思議な感じ。もっとなじむとよくなりそうな組み合わせやなぁ。

んでから後半にクミさん登場。
なれた曲をやったんだけれど、メンバー違えばここまで変わるか!
いうぐらいぶっ飛んだ演奏になった。実際跳んでたし(笑)
いやー、いつやってもめちゃくちゃ刺激的で楽しいわー。


2006/4/19
奥江美樹@京都RAG

また京都(T_T)。んでまたRAG。
一週間で3回ってありえへんよなぁ。あたしゃ京都人やないちゅーの(笑)

今日は対バンのライブなので、
リハが短い。なのでささっとやってしまう。
先日にリハしてるのでそれを全部さらう、なんとなくO江さん緊張気味?
曲難しいもんなぁ。

リハを終えてから、ふらっと街へでる。
なんとなくぶらぶらしたくなったので。
河原町通りと京極をうろうろ(といっても行って戻っただけ)。
なんかおもろいもんでもあったら買おうかなーぐらいだったんだが。
結局ご飯食べてもどる。

というか、そのご飯やさんにはいったら、
ちょうど会計してるひとらに「あ!」という顔をされた。
で、「あ!」から「あれ?」に。
だーかーらー、僕は西田氏(笑い飯)やないっちゅーの!(笑)

で、本番。
O江さんは思った以上に緊張していたようで、
最初はてんてこ舞いになりそうだったけれど、
でも途中からは落ち着いてきたよう。
ほんま曲難しいもんなぁ・・・・。
今日はMCが少なめだったので、横からさんざん突っ込んであげました(笑)


2006/4/18
房原忠弘(Tp)5@京都BlueNote

また京都(^^ゞ。
この1週間ぐらいはずーっと京都ばっかり来てる。
まるで京都の人のよう(それはナイナイ(笑))。

初めてのお店、京都のBlueNote。
老舗なのにいままで来たことなかったのよね。うれしい。
市ちゃんが根城にしていたということもあって、
なんかJazzを煮締めたような感じ。
もうお店自体がJazzの音する。

なかなかお客さんの出足がおそく、
結局始まるのもおそくなってしまったが、
だいぶこなれてきたこのUNIT。今日もえぇ音してる。
こういうハコ(神戸だったらBigAppleのような)だからこそ、
なんかかなりJazzな演奏・音になるのよね。
それがやっててわかる。楽しい。

今日もバラード吹いてて気持ちよかった。
最近ゆっくりな曲がなんかいい感じ。


2006/4/17
今日はレコーディングの予定だったのだが、
メンバーが一人インルフエンザ(!)で倒れてるそーで、キャンセル。
一日空いた。実は助かったーーー!と思ったのよねぇ。
なんか今月はえらいばたばたなので、現在少々息切れ加減。
ちょっと休もう・・・・・


2006/4/16
鬼塚大我(Ds)5@京都RAG

つい3日前も確か来たような気がするRAG・・・(笑)。
ゆっくり準備してリハ。今日もタイガくんは元気。

リハおわってから時間もなかったので、
階下のお好み焼きやさんでごはん。

で、本番。
今日はわりとがっつりしたJazzと、MITCHを迎えてのニューオリンズ系のものを交えて。
毎回いろいろ成長をみせるタイガくんにほんま驚き。
ついこないだまで悩んでた3拍子の曲でもふつーにソロやるようになったもんなぁ。子供恐るべし!

今夜もM木くんと吹きちぎったのでした。楽しかった。チャンチャン!


2006/4/15
朝からビミョーに雨がしとしと。。。。
しかし今日は甲子園へ今シーズン初参戦の予定なのだが。
天気予報とかネットとかとにらめっこしながら、
あるのかないのか・・・・
結局ないという発表がなかったので甲子園へGO!
天気よかったらチャリでいったろ思ってたのだが、
途中から雨脚が激しくなったために断念。

甲子園前で他のメンツ(F原とかとか)と合流して、
ライトスタンドへ。雨のせいか客足は遅い・・・がライトスタンドはいっぱい♪

しかし寒い。雨が嫌だー。
しかしそんな中でも選手たちががんばるので我らも応援盛り上がる!
やっぱ浜ちゃんのHRは涙でるわー。

雨は止む気配なく、
アルコールとかお湯とかで体を温めても寒くてがたがた。
それでも試合は最後まで観戦。勝利!いえい!
雨でもなんでも、こういう結果はうれしいぜ。

あまりにも寒いし腹もへったので、近所の居酒屋へ。
そこでほっこりして暖をとり、服とかを乾かす。
途中からI島さんも合流してわいのわいの。
いやー勝ったら楽しいなぁ。

しかし僕は夜予定があるので、中座。
いったん家に戻ってから大阪へ。
来月ある斉藤くんのレコーディングのリハ。

ぜんぜんなんの予備知識もないままのリハだったが、
S藤くんはえぇやつだし、バンドも今日最初なので、
様子伺いながら組み立てていく。最初にしてはえぇ感じかな?


2006/4/14
SOUL FEVER@南堀江KNAVE

いつものよーに集まって、いつものよーにリハ。
新曲をやる予定だったのだが、難しくて却下。次回に。
一通りリハを。ディスココーナーもだいぶこなれてきてしまったので、
前にやった曲とかを復活させたりして。忘れてるぞー(^^ゞ

本番は週末なのにちょっと寂しい目だったけれど、
最近のM田さんはそんなことお構いなしに飛ばしまくる。
それが結構えぇ感じなので、後ろで結構遊んで楽しかったりするのだな。
今日はへんてこなダンスをいっぱい踊ったった(笑)

えんやこらせーと持っていった重いバリサク、
今日は使わなかった、ふぅ(T_T)

終わってから京橋へ移動。
2日前にも来たBERONICAへ。

UNITED SOUL HORNZ@京橋BERONICA

今年に入ってからKENTさんにご一緒させてらもらう機会の増えたUSH。
今日は「ザ★DISCO」と銘打ったイベント。
なので僕らもディスコもん中心にやる。
お店はまぁ盛り上がってて、年齢層は若干高い目か。
これがKENTさんのイベントだからか、京橋だからかなのは未だ謎。

ちょっと店内でうだっとしてから本番。
最初は様子見だったお客さんも、
(多分)知ってる曲ばっかりやるもんだから、乗ってきてくれて・・・
短いステージだったけれども、結構がんばりましたよー。楽しかった♪

終わってから、
そこにセールスに来てたジャックダニエルガール(と呼ばれてた)達をいじって遊ぶ。呑んだらできるというくじ引きでTシャツ2回あてたった(笑)

深夜、Mこちゃんを送って帰る。
あー、楽しかった。でも眠い。


2006/4/13
見原洋子2ndアルバム「Momento De Milagre」発売記念ライブ@京都RAG

お昼過ぎにRAGに。べべだった(^^ゞ
早速準備。今日はM原やんの左側だよん。
なかなか座ってやるライブもないので、自分の陣地(基地とも呼ぶ)をつくるのは楽しい作業なのだな。
居心地よく、楽器を取りやすい空間をつくる。

んでからリハ、一通りざーっと。
いつも本番で感極まって泣いてしまうM原やんなのだが、
今日は何かが違うのかリハから泣いてる・・・これじゃ先が・・・楽しみだ(笑)

リハを終えて近所の蕎麦やにみんなでいってうだうだ。
M松さんと同じやつ頼んだのだが、これがヒジョーにウマかった♪
こんなことで幸せになれるってほんと便利ね>自分

お店に戻ると人いっぱい。
M原やんの人望もあるし、やっぱ久しぶりだから聴きたいひといっぱいいるよね。それにレコ発だし。

さて本番。
新しい曲から懐かしい曲まで、
いろいろ親しんだこととか、思い出とか、
なんかやりながらいろんなことを思い出す。
なかなか僕の場合、歌の人の歌詞が聞こえない(なんか癖でね)のだけれど、前々から思ってるようにM原やんのはよく聞こえるのよね。
単に好きだってのもあるとおもうのだけれど。
飾らないストレートな歌詞。
そんなんがすーーーっと響いてくるのよね。

意外にも(笑)本番では泣かなかったM原やん。
そう、実は横で涙ぐまれると、こっちももらい泣きしてしまうので・・・(^^ゞ
でも、「初めてライブを見に来てくれた」という父親からの花束をもらったときは感極まってたみたいねー。

しかし、いいライブだった。
曲もいいし、演奏もいいし(自画自賛!)、
なによりM原やんがよかった。

こんなライブをした夜は幸せ。
みんなに分けてあげたい。

2006/4/12
午前中から明日のリハ。
ほんとみんなと久しぶり(レコーディング以来?P氏とも最近会ってなかったし!)に再開。
新しいアルバムの曲(といっても前からやってた曲もあるし)とか昔からの曲とか。
久しぶりのライブなのでいろいろ忘れてるしねぇ、実際。
思い出しながらやるが、まぁ憶えていたりいなかったり・・・(^^ゞ

でもM原やんの歌は相変わらずで、楽しい。
今回はP氏もギター弾くし、明日はいいライブになるに違いない。
リハの終了を待たず、次があるのでお別れして京橋へ。

森村献 & NORA Special Latin Session@京橋BERONICA

先日ちらっと覗いたものの、今日がまぁ初めてのBERONICAになる。
いやー、内装にごっついお金かけただけあって、すごいや。家具がどれも。
ぎりぎりセンス悪くない、ぐらいを狙ったのかねぇ。

ま、そんなんに見とれつつ、リハ。JAPONISMOから。
んでからNORAさんと献さんとのセッション。
TPのT内さんとかPercのA藤さんとも久しぶり。
いやー、すばらしいリズムの中でやるサルサは楽しいなぁ♪
いろいろ忘れていた感覚がよみがえるわん♪

で、本番。
JAPONISMOのほうは僕だけ管(いつもはF留さんとか来てるそう)なので、
いろいろ責任重大・・・だったが・・・・えらい間違った、ごめんなさーい。
というか、ぜんぜん始まったのに気づかず(呼びにきてもらえなかった)、
「ん、なんかステージで音してるような気が・・・・」と思ったら始まっていたという・・・えらいハズカし思いしたがな(^^ゞ

で、休憩挟んで、セッション。
これが楽しかった!
セッションとは言えど手練ばっかりなので、めちゃグルーブするし、
曲は楽しいし、やりたい放題。いやー、ちょっとラテンの血が(って混ざってないけれど・・・多分(^^ゞ)騒ぎましたがな。
足がもつれるのも無視して踊っちゃったりして。わはは。
いいリズムだとほんとに楽しいねぇ。こういうのならサルサやりたいな。

長かったのだろうけれど一瞬でステージ終了。
あー楽しかった。NORA歌いいわぁ。

終わってからミナミ方面へ移動して、ちょいと打ち上げ。
帰れなくなるのでどうしようか悩んだが、送ってくれるということだったので。
呑みはほどほどにして、わいわいして楽しかった。
こういうセッション、またやってほしいなぁ。


2006/4/11
昨日今日と実はレコーディングの予定があったのだが、
それがちょっと延期になったので今日はオフ。いえい。
とはいいつつ、今週来週とライブだのなんだのがたくさんあるので、
それの予習とか。このところまったくまた練習してまへん状態なので、練習もせなかんしなぁ(といいつつしなかったが・・・(^^ゞ)


2006/4/10
昼過ぎからMTのミーティング。
アルバム制作のプリプロがだいぶ進んできたので、
ホーンをどう入れるか?とかの相談。
それとインストの曲のアレンジを書いていったのでそのためしを。

最初のたたき台をつくってそっからみんなであーだこーだやるのは楽しい。
どんどん形になっていくから。
一人で考えて完成までできるひとはいいけれど、
だいたい僕なんて詰めが甘いタイプなので、
こうやってみんなでアイデアをだして形作ってもらうと助かる。
結局かなりええ感じになってきました。今月後半から始まるレコーディング楽しみだわん。


2006/4/9
ようやくオフ。でも先日から頭痛が治らない。
昼過ぎまでぐーたらし、
阪神の試合を見ながら(金本、世界新おめでとう!)残っていためだかさまの水槽(卵用)の掃除をして、
夕方近くになってから出かける。
といっても近所の山というか甲山方面。
今年の関西の桜の開花はどうもおかしなパターンのよう。

ぐるぐるーっと走り回って、森林公園を散歩。
ソメイヨシノはもう満開だが、サトザクラとかはこれからのよう。
ちょっと高度があるだけでずいぶん違うみたい。

うれしがって梅とか桜とかの香りを匂っていたら、
やっぱり鼻水でて目がいたくなった・・・ダメだこりゃ。


2006/4/8
房原忠弘(Tp)5@梅田Mr.Kelly’s

先月から矢継ぎ早にこれで3度目(ほんとは4度目のステージのはずだったのだが、先週ドタキャンがあったので・・・(^^ゞ)。
今日はベースがM野くん。F原とは初めてだそう。
簡単にサウンドチェックをリハをやって、いったん解散。
どこにも用事はなかったつもりだったが、そういや買いたいCDがあったことを思い出して近くのTowerへいく。

戻ってきてうだうだしてるうちに本番。
いつものとちょっと入れ替えながらのステージだったんだけれど、
F原が「今日は大物ゲストがくるで」といっていたので、
いったい誰がくんねんなー、と思っていたら、
逸Pちゃんと嫁、Mッチーだった。
あかんねん、こいつらの顔わー!なんかにやけてしまうのよね。
こういうステージをじっと見られるのも恥ずかしいしー!

ステージ合間にどないしてんねん!的な話をさんざんしたり、
昔話からなんだらかんだら。相変わらず楽しいやつらよ。
別に来てくれてた大学同期とかとは「もうすぐ40やでー」的話も。
たしかにそうなのよねぇ。はっと気づくともうそんな歳か!

その後のステージも強引とも言える盛り上がりを見せ、
いままでで一番いい演奏したんじゃないかなぁ。いや、楽しかった。
個人的にはなんだか体がばらばらだったのが反省、なんかいやな感じ。

頭痛いのが治らない(T_T)


2006/4/7
しんどい、だるいー。
リハがあったのだが休ませてもらう。

自分の調子も悪いが、楽器がめちゃめちゃになっているのでそれの調整に出向く。それもちょっとしんどい。
必要最低限の用事だけ済ませて帰宅し、めだかさまの水槽の掃除をするが、
一つ目でダウン。何もする気が起きない。だらだらして、そのまま沈没してしまった。


2006/4/6
午後から、USHミーティング。3日にさぼってしまったので(ごめん)。
メンバーの問題でまだ始動できていないのだけれど、
ぼーっとしててもつまらんので曲作ったりしてるのだ。
いままでは個人でつくって「で、どうよ?」的やり方をしていたが、
今回はネタだけつくって3人で遊んでみよう、と。
僕も数ネタ、F原も数ネタ。聞きながらいろいろ雑談していると、いろんなアイデアがわいてくるので、それをその場で音に直してしまう。
んなことやってると3曲ほどネタが膨らんで曲になった。いえい。この方法いいよねぇ。

あとは雑談したり、こんな曲好きやねんというの聞いたり。
しかしF原の歌ものの曲(ほんまにF原が歌を自分で歌って入れてきた)おもろすぎ。あまりにもおもしろいので採用(笑)!

その後ちょっと用事を済ませてから、
Dr.Koのお宅でHomeParty。
名古屋でお世話になったMarvin氏が来てるということなので。YちゃんやSTさん、
F原とかで押しかける。
Koさんがつくったというウマい料理を食べながらワインで乾杯。
しかしテレビの阪神に釘付け(笑)。

その後も四方山話しながら呑んで食べて大満足。
ついでにキタでずるずると呑んでしまった。それは反省。ま、楽しいからいっか。


2006/4/5
今日はリハ2本立て。まずは夕方から4/19用のリハ。
新しい曲がほとんどだが、元ネタからどうしたらいいんだ?って曲が多かったので、
それをどないするか相談しながら、音を出して様子を見て調整。こういうんは結構難しい。
いろいろ試してみて時間切れ、あとは当日だな。

そのまま京橋へ移動して4/12用のリハ。
久しぶりにサルサ、Y田さんともごっつい久しぶり。
以前やってたバンドの曲もあったりして(一応予習しといたが)うろ覚えとはいえまぁ、
できる曲もあるのだが、知らない曲もあるし、何よりもサルサの「感じ」を忘れてるので、
それを思い出すのに必死。でもちょっとやってたらなんとなーく体が思い出すのよね。もともと好きやからな。

12日はNORAさんのセッションだけれど、その前座のバンドにも参加することが今日になってわかった。
ま、いいか。とにかくきちんとやろっと。これもざーっと一通りやってあとは当日。

終わってからスタジオ隣のその12日出る店となるBERONICAを覗く。
あ、こりゃー好みだな♪こういう調度好きだもんなぁ。
ちょっと妖しい系?12日ライブで、14日のKENTさんのイベントもあるから、こりゃ楽しみだ。


2006/4/4
タイガ(Ds)と京都でストリート

やっと春になったのでまたストリートの季節だな。
というので第一弾(って別に続きがきまってるわけではない)は京都でタイガくんと。
でも夜から雨かもしれないということで、早めに集まって早めに始める。
ギターのO野くんがそれには間に合わないということだったが、
さっさとはじめておいたら1時間ほどおくれて彼も合流。
あとは楽しく・・・と思っていた矢先にぽつぽつ雨。
持つかな?と思ったが結局そのままどんどん降り出して、
いったんはけて様子見するが、回復する見込みなく、今日は終了。
残念。盛り上がってきたところだったのに!

ま、今年もぼちぼちあちこちでやりまーす。
通りかかったらじぃーっと見てね♪笑


2006/4/3
朝というか昼前ロビーにあつまってうだうだうだ。
そっから熱田神宮のほうへ向かってお昼ごはん。
今週は「ひつまぶし」へっへっへ。前にもメンバー一部で行った店だそうで、
2Fの座敷にあげてもらってゆったり食事。うまいなぁ。

ちょっとうだっとしてから出発。来た道を戻る。
ゆっくりしたわけでもなかったが、戻るとすっかり夕方。
さすがに疲れた。腰が痛い。


2006/4/2
TheMiceteeth@名古屋ダイヤモンドホール

何がうれしくて2週連続早起きで名古屋いくんやろ?
でも両方楽しいからいいや。
早朝にアジトに集合して、一路名古屋方面へ出発。
眠いがまあ無駄話をしながらの道。今回も混むこともなく、スムーズに名古屋入り。

そのまま会場へはいって積み下ろしして楽屋へ。
結構たくさんのバンドがでるイベントなので、楽屋は結構にぎやか。
なんせ僕は何もかもが初めてなのですみっこでひっそり(^^ゞ
で、なんだかんだでリハの時間。
ホーンが抜けて最初のライブなのでそんなんを覗きに来てる人もいたりして。時間内にささっと気になるところとかをチェックして終了。

その後いったん宿にもどって(なんせ眠い)だらだらと。
ちょっと昼寝をしたかったのだが、なんせ心配事ばかりなのであまりうまく眠れずに、一時間ほどまどろんだだけ。シャワーを浴びてしゃっきりする。

メンバーと待ち合わせて会場へ戻る。
ちょっと雨っぽくなってきてるけれどまだ大丈夫。ゆったり歩いて10分ぐらいか。途中の交差点脇に咲いている桜が見事。

楽屋入りして出番をまつ。ドーベルマンがライブやってるのを横から眺めたり。
もうここまでくるとやってしまうだけなのだけれど、
自分のこともさることながら、
ホーンが抜けたMTをお客さんがどう評価するのか、
入れ替わりでそこにいる僕がどういう評価になるのか、
ってことがさすがに気になる。ここまでそういうサウンドで出来上がってきてるからねぇ。

で、本番。
出て行ってそそっと準備。やがてインストの曲から始まる。
お客さんは(多分)新しく生まれ変わったMTがどんなんなのかを様子見してるよう。次の曲になってT松くんがでてきてふつうに歌いだしたらいつものように。ホーンがいない分さびしい感じもするが、大人な感じになったともいえるな。とにかく僕はやれることを全部やるだけー。でもそんなプレッシャーもある中でも、楽しいのよね。曲好きだし。「これよこれ」というメロディーがあるし。やっててめちゃ気持ちいい。ちっさなトラブルとかいろいろあったんだけれど、そんなことお構いなしね。ひたすら楽しいだけ。

最後の「ネモ」をやって1時間弱のステージはあっというまに終了。
いやー柄にもなく緊張したりしたけれど、めちゃ楽しかったし、
横でほんま楽しそうにしてくれてたK澤くんがうれしかった。
いろいろ助けられたしねー。

楽屋でお疲れさん&楽しかったー、と言い合って、片付け、ぼー。
ふぅようやく人心地ついた感じ。楽しかったが、どうだったんかなー。
ま、それはいいか。

イベントが全部終了してから積み込みをして、いったん宿にもどって荷物をおいてから、近所の打ち上げ会場へ。今回のイベントには大阪からのバンドがたくさんきていたみたいだったが、みんな早々に帰ってしまったそうで、そのほかのバンドの人たちと交流。沖縄からきてたSKYMATESというバンドが実は知ってる人関連のバンドだったので驚き。世間狭い!
そのまま深夜までうだうだ。でも酔っ払いきらないようにした(^^ゞ

あー、楽しかった。


2006/4/1
昨日に引き続き、MTのリハ。
さすがに曲を覚えきれないし、
譜面を一応見てもいいということになってるけれど、
体に入ってなかったらなんにもでけへんので。
数時間みっちりやったら結構疲れた。

終わってからうだうだして明日の段取りを決める。


Home > Archives > 2006-04

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。