Home > Archives > 2006-08

2006-08

乙一 – GOTH 僕の章

「夜の章」の続き(で、ええんかな?)となる作品。短編集。また不思議に怖い話がつづく。やっぱり人間の普通の感覚で、普通に存在している影の部分、そんなものがいってしまえば犯罪という形ででてくる、それを淡々と語る文体が、やっぱり怖い。今回もふつーに人が死ぬ。

しかし本格派(だったか?)ミステリー大賞をとるだけあって、文章中のトリックも見事で、一度読んで「あれ?」と不思議な感じになるやつもある。面白い。でも怖い。

角川書店 2005

乙一 - GOTH 僕の章

乙一 – GOTH 僕の章

ビューティー・ショップ

こういうわかりやすいコメディというか、ちょっとハッピーな物語って好き。休みの日とかに見るには最適。いい気分にさせてくれるからなぁ。べたべたの恋愛ものとかシリアスなドラマがどーもしんどいような時はこういうのが一番だ。

話は単純でさるサロンに勤めてた主人公がクビになって、自分の店をもって、そこからおこるドタバタってとこだけれど、舞台がアトランタで、出てくる人々の大半が黒人ということもあって、言葉のリズムや音楽がとてもかっこいい。ノリがよくてテンポもよくて、こっちもご機嫌さんになれる、いいわぁ。

ちょっと情けない悪役ででてくるケビンベーコン、いいわぁ。オカマ系キャラ、似合ってるやん!

バットマン ビギンズ

実はバットマンのことはよく知らないのだなー。なので面白いかなーと思って見たのだが、面白かった!

しかしバットマンになる彼が鍛えられるシーン。師匠役がスターウォーズにも出てるクワイ・ガン役の俳優さんだったから、まるでスターウォーズ見てるみたい(しかも剣技だったし)だと思ったヒトは多いはず。

ちゅーか、バットマンて金持ちのボンボンかい!と突っ込んだヒトも多いはず。
ちゅーか、初めは何語かちんぷんかんぷんな言葉しゃべってた渡辺謙が途中から英語になるのはなんでやねん!って突っ込んだひとも多いはず。

いやー、突っ込みすぎた。

PROMISE <無極>

映像は綺麗ですばらしいなーと思ったけれど、筋がいまいちわからんというか、ほとんどないのか?というか、なんだかなーって感じなので、途中で飽きそうだった。これっってギャグなのマジなの?

冒頭のシーンはかなり笑えるんだがー。牛より速い!

乙一 – GOTH 夜の章

久しぶりに乙一。続き物となるように書かれた短編もの。今回ものっけから淡々とヒトが死んだり傷ついたり。あまりの起伏のなさがあまりにも怖い。

現在生きる人たちの、とくに若い人たちの、闇の部分と言うか、普通に隣り合わせに持ってしまっている、ふつうなら子供のときにもっていても失ってしまう、感情のない残酷さが、鋭く描かれてると思う。こわい。

角川書店 2005

乙一 - GOTH 夜の章

乙一 – GOTH 夜の章

栗本薫 – ボルボロスの追跡(グイン・サーガ 106)

106巻!100巻出たの去年なのに、もう106て!えらいペースでこのところ進んでるけれど・・・、さていったいどうなるのやら?しかも読み遅れてるし

内容については書かないけれど、このところグインがメインででてきてるからうれしい。強いグインがいると楽しい。こういう風なトーンがいいなぁ。

でも、なんかむかしに比べて時代は中世風だけれど、登場人物の言動とかコトバの端々に現代を感じちゃうのよねー、ま、いいか(^^ゞ

早川書房 2006

栗本薫 - ボルボロスの追跡(グイン・サーガ 106)

栗本薫 – ボルボロスの追跡(グイン・サーガ 106)

栗本薫 – パロへの長い道(グイン・サーガ 108)

108巻まできたぜ。著者のだんないわく「”ちょっと峠の寄り道”のような巻」。なるほど、本編のことなのだけれど、これ自体枝サーガ的な話になっていて面白い。しかもこんなところにこんな人がいて、あぁいう話をするかー!えぇぇ!というような内容だったりして(かけません)

グインってほんま何ものなのか?もう四半世紀ぐらい疑問だわ(笑)

早川書房 2006

栗本薫 - パロへの長い道(グイン・サーガ 108)

栗本薫 – パロへの長い道(グイン・サーガ 108)

栗本薫 – 流れゆく雲(グイン・サーガ 107)

ちょっとお休みのような巻。前巻の追っかけっこはおいといて、パロでのおなはし。ひさびさにまともなレムスが出てきた。まだなんだか頭の中では14、5歳のままなんだけれど、もう21かぁ。表紙も大人っぽいしなぁ。

アキレウス大帝とかも悩んでるみたいだし、お国元にはやくかえれますように>グイン

早川書房 2006

栗本薫 - 流れゆく雲(グイン・サーガ 107)

栗本薫 – 流れゆく雲(グイン・サーガ 107)

(旧)2006.8月の日記

  • 2006-08-01 (火)
  • Blog

2006/8/31
昼のかかりからPacificBridgeのリハ。
HNさんが春先に一度倒れてから復帰して、んでだいぶダイエットした、
という話だったので、どうなったかなーと思ったが・・・・
うわー、めちゃ痩せてるやん!

約1年ぶりの再会を喜んでからリハ。
今回はその春先の経験に基づいた楽曲を中心に。
一見難解な曲のオンパレードに見えるけれど、
ジャズとクラシックの間のようなサウンドもあるし、
やってみるとサウンド感がつかめて、
なるほどなーと思わされる。

短い時間にみっちりやって終了。
あんまり煮詰めると飽きちゃうしねぇ。

一度家までもどってちょっと休憩、仮眠。

SHU(Vo)@本町NuThings

先日のBigAppleにつづいて。
今日はちょっと実験的なこともやるーということで、
即興のようなこともありーの、この間の曲もありーのという感じ。
しかし、体調あかんのがひどくなってきて(熱が・・・)、
ステージ前からアカン具合。
演奏中はまぁ大丈夫なのだけれど、本領発揮できずでごめんなさい。

終わってそそくさと退散・・・あかんわ。

2006/8/30
AZUL。今月2度目。
いってみてわかったんだけれど、丁度1周年だとか。
昨日今日とそのお祝いというか、
ちょっと特別に2回目のステージはリクエスト特集。
どんな曲くるかとおもってたけれど、難しい曲こなくてよかった(ホッ)。

しかし、ご飯もお酒もうまいし、
演奏もきちんとしてて安いというのがほんまいいシステムで、
お客さんもわーっと来てくださるし、
いい店やなぁ。店長とも妙に仲いいし(笑)

2006/8/29
朝もはよからUSHのミーティング。
Mコちゃんがこないけれど、時間もないのでF原と2人でうだうだ。
10月のワンマンやらその後のやつに向けての曲の整理うんぬん。
そのうちにMコちゃんもやってきていろいろ3人で作戦会議。タノシ。

2時間ほどやってると他のメンバーも揃ってきたので、
そのままリハ。今日はカバーもの(Mコちゃん歌モノ)を中心に。
いやー、えー曲は何回やってもえー曲やのー。
メロディーもアレンジもいいなぁ。こういう曲のメドレーとかタノシそう。
みっちり3時間リハやって終了。

その後もいつものよーにうだうだっと過ごす。
そのまま若江岩田の盆踊りにいくつもりだったのだが、
なんか体調が怪しくなってきたので、B兄さんに断りをいれる。
しかも雨・・・嫌になるなぁ。


2006/8/28
昼前ぐらいに宿のロビーに集合して、うだっとしてから出発。
途中で昼ごはんを食べた後、魔HとO崎くんを岡山駅でおろして、
残りのメンバーで昨日も顔をだしてくれてたBッチの実家に遊びに行く。
目的は子供に会うこと。到着してみるとでかい実家!(゜o゜)

そこで子供と遊んだり(って、いじるだけだけど、写真撮ったり)、
うだうだしたり、ゲームしたり、A山くんの誕生日祝ったり、
なんだかんだといろいろしてくつろがせてもらう。
いいおうちだなー。ほんまご馳走様でした。

夕刻に出発。山陽道にのって大阪をめざすが、
快調にとばしていたのだが、いかんせん距離があるので時間がかかる。
そうこう言ってる間に今夜の京都に間に合うか間に合わないかーみたいな時間になってくる・・・ヤバい?

仕方ないので途中で降りてもらって宝塚駅に寄り道してもらい、
そこから電車で一路京都へ。ちょっと遅刻しちゃったけれどCANDYへ。

ホゲホゲ団改めSheetsOfSounds@京都CANDY

お店に入って準備してすぐライブ開始。
結構わたわたわたーってするかと思ったが、結構落ち着いてる自分。
音に慣れるのにちょっとかかったけれど、
今日はなんだか昨日の勢い?もあって体のバランスがいいというか、
なんかスムーズな感じ。
このUNITも今日はちょっと落ち着いたリズムの感じ。

名前が変わったせいか(笑)ちょっと落ち着いた演奏で、
S村君もちょいと楽器のセッティングかえていい感じ(僕好み)。
2回のステージとも気持ちよくできてよかった。

最近なんだかあんまり人前で演奏するのが、
積極的な気分になれないというか、
あんまり演奏する気分じゃない(ちうほどでもないが)というか、
なんか違和感を覚えることが多かったのだが、
今日はなんか力が抜けてすんなりしていて、自分的にもよかった。

ビールをくいっと呑んで、お疲れ様♪

2006/8/27
午前中からアジトに集合し、準備(ま、積み込みは昨日終わってるし)してから出発。
目指すは一路岡山は鷲羽山ハイランド。
2台の車はひゅんひゅん快調に走る。
天気もいいし、ちょっと眠い以外はえぇドライブ。

3時ぐらいに到着。まずは宿へ。
会場となる鷲羽山ハイランド(遊園地だよ)のすぐ横やん。便利ー。
ちょっと宿で一休みしてから一部で集合して、
機材をおろしに開場へ。
イベント自体はもう始まってる。
が、暑くてお客さんも日陰の中。盛り上がりはいまいち?(^^ゞ

荷物を降ろしてからちょっと休憩がてらご飯をたべて、
早速遊園地探索!(なんせ、遊園地自体久しぶりなんで(^^ゞ)
ま、ジェットコースターぐらい乗れるかなーとタカをくくっていたが、
乗ってみたら・・・・やっぱり怖い。あきません。
魔Hはめちゃへーきだそーだが。


これよ!

その後に、山の一番てっぺんにあるターボドロップ
(フリーフォールみたいなやつ)に挑戦。
だいたい高いところがアカンのだけれど、
これ山のてっぺんにあるから、めちゃくちゃ高い視点の景色なんだろけど・・・・というのはわかっていたのだが、
某Mから「レポートしなさい」とのご命令が下ったので、
魔Hとチャレンジ(彼は高いところは割と平気なほう・・・だったか?)。

・・・で。

あのね、あきません。高すぎます。
最初乗ったのはまだ日も高い時間だったのだが、
坂出の町みえるもん(^^ゞ。瀬戸大橋なんてはるか下のほう。
なんてったって海抜200mぐらいあるらしい。むりやって!(T_T)
ぐいぐいあがっていく途中ぐらいから「許してー」、
もうこの辺でえぇやろ、と思うぐらいからまだ上っててっぺん。
景色がよすぎ、こわすぎ、もうおろして!(^^ゞ

んで、シューーーっという空気圧の抜ける音がしてから数秒・・・・。
一気に、落ちます、落ちます、落ちてユーキーーまーーーーすーーーーーーーーーーーーー(T_T)・・・・・・・・・

ムリ!高いわ、落ちるわ、なんてムリ!
魔Hと2人でほーほーの体で降りたのでした。
でもその後コースターに乗った後にもっかい挑戦・・・やっぱりアカン(^^ゞ

ちょうどそうやってへたばってたところに他のメンバーも合流。
なんとそのうち数人がバンジーやるって?!マジで?!
ってんで、それを待つがなかなか始まらないので、
待ってるメンバーと久しぶりにあったBッチと友人を連れて、
さっきのやつにまた挑戦。
慣れたつもりだったが、やっぱり怖すぎ!ムリンコ!

で、そのあと見事なバンジー4連発を堪能。
夕日が綺麗な時間だったので、とんだモノ曰く
「めちゃ気持ちよかった~~」だそーだが、僕にはちっともわからんって(笑)。

その後もまたみんなでアレに挑戦し、
やっぱり高さと落ちる瞬間だけはたまらなく怖いことを認めて山を降りる。
一度宿にもどって汗をながし、休憩してから会場へもどる。

前のバンド「衝和ショッキング」がやってんのを見ながら準備。
それが終わってセットを入れ替えて、いよいよ登場!

TheMiceteeth@真夏の夜の夢 鷲羽山ハイランド


盛り上がりました!

TちゃんのMCからスタート。
今日もゆるーくスタート。で、いきなりシュガープールから。
その後もギルティー>メレンゲ>パープル・・・と、
新旧曲を交えながらの1時間のステージ。
新しいアルバムからの曲はもちろん初めてやるのばかりだったが、
これらが結構綺麗にハマッて、やってて気持ちよかった。

今日も魔Hとぐるぐる踊りまくったった。
ただし、前後のステップやってたら(サルサではふつーにやるやつ)
Tちゃんに「ださいださい」と言われたのがショック(笑)。
でも演奏はほんま最後までめちゃくちゃ楽しかった。
アンコールももらえたしねー。いやー、えぇイベントだったわん♪

終わってからビールを飲んで、ほっ。
その後は近所で打ち上げして、わいのわいの。
それがはけてからも、宿に戻って深夜まで魔Hとうだうだおしゃべり。
あー、楽しかった。

2006/8/26
昼すぎにアメ村タワレコに。
このお店、今月末で閉店だそう。
長い間ここにあったのに、なくなるって寂しいなぁ。
ということでこの店にゆかりのあるアーティストたちが昨日ぐらいから多数出演してるらしい。
1Fにどっかと広いスペースを空けてバンドを入れれるようにしてあった。
機材をおろしてセッティング。ちょっと休んでからリハ。
確認できたところで一度引っ込む。
機材