Home > Archives > 2009-01

2009-01

酒とつまみ編集部 – 酔客万来

飲んべえのバイブル?その名もずばり「酒とつまみ」という雑誌の人気コラム(?)から単行本化したもの。著名人に集団で押し掛けて呑みながらインタビュー するという記事で、その雑誌の第1~5号の分だそう。中島らも、井崎脩五郎、蝶野正洋、みうらじゅん、高田渡という錚々たる面子。みなさん酒豪なわけで、 インタビューする編集部員も受ける側もどんどん酔っぱらっていく様子が手に取るようにわかってめちゃくちゃ面白い。

受け手の話す内容も酒 にまつわるものから、人の噂話やらしょうもない話、もちろんお決まりの失敗談まで様々でどれも非常に面白い。けれどもやっぱり一番はその人となりがよくわ かる偶然にしてはよくできたインタビューの流れというか、時間の経過が分かる様子の進み方。まるで自分もその場にいてその飲みの輪の中に入って呑んでいる かのような錯覚をおこしてしまう。

お酒を飲むのは好きだけれど、いやー、ほんとこんな人たちと呑めたら幸せ、いい酒だろうなと思う。読んでるだけで、なんだか幸せになってしまうもん。残念なのは呑んでみたかったけれども、もうできなくなってしまった人がいること。らもさん、会ってみたかった。

酔客万来―集団的押し掛けインタビュー

酔客万来―集団的押し掛けインタビュー

栗本薫 – ミロクの巡礼(グイン・サーガ124)

124巻。イシュトバーンの実質上の長男スーティーの存在がいよいよイシュトも知るところとなり、スーティー親子が物語の鍵を握るようになっていく。その 親子はミロクの聖都であるヤガに向かった。それを捜しにゴーラが、パロが動く。パロの密命をうけた元参謀長のヨナはミロクの巡礼に混じってヤガに下るが、 いよいよ草原地帯にはいったとき・・・・。

物語が南の方へくだっていく。しばらくつづいたサイロンのどろどろから視点がかわってちょっと一息。景色もかわってよかった。懐かしい人も再び現れ、また物語はひとつへとまとまっていくのか?さてどーなるかなー。

しかし、栗本さん、手術無事終えて無事一年たってよかった。でもまだまだわかんないし、本人ももしかしたら最後までは無理かな、と思ってるようにも思える。どうなるんだろか。

ミロクの巡礼 グイン・サーガ124

ミロクの巡礼 グイン・サーガ124

奇跡のシンフォニー

原題「AUGUST RUSH」(8月の狂騒)。まー、このままのタイトルだったら映画の内容わかりにくい(これは主人公の男の子が一時面倒をみてくれるおっさんにつけられた 芸名なのだが)から適当な邦題つけるのはいいと思うけれど、うーん、ちょっと違うような気がするけど、まぁいいか。「音に導かれて」とかそんなんのほうが いいよーな(笑)違うか(笑)。

偶然出会ったボーカリストの父とチェロイストの母。しかしそれは本人たちの希望とは裏腹に一夜限りの短い 出会いとなってしまい、2人はお互いが何者かもしらずに別れさせられてしまう。しかしそのとき母には子が宿る。しかしその子は不幸にも引き離され、施設に いれられてしまう。ところがその子には天性の音楽の才能が。彼は世の中のあらゆるところから音楽を受け取る事ができるのだった。

ストーリーはともかくとして、あちこちにちりばめられた音楽がすごくいい。主人公が開花させていく音楽の才能と、そこから生まれる音楽がすごく素敵。父親がやってたバンドのバラードがとても好き。全体に無駄に過剰な音楽がなくてよかったと思う。

物語のあちらこちらにでてくる音や音楽に関するちょっとした台詞がどれも沁みた。

絵に描いたような、でも嫌みじゃなく静かなハッピーエンドでよかったけれど、ハッピーエンドでなくてもよかったなとも思う。

奇跡のシンフォニー

奇跡のシンフォニー

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

ナルニア国物語第2章。第1章の筋を全然おぼえていないと最初少し背景とかでとまどう感あり。なので、第1章から見た方がいいかも。でも筋としてはすごく簡単なのでこれでけ見ても楽しめるかも。

ナ ルニアあるの世界としては第1章からかなりの時間がたった世界でのお話。ナルニアの人々は人間から虐げられ絶滅の危機に陥っている。そんななか同じ人間の 国での跡継ぎ問題で暗殺の危機にさらされた王子は密かに王家の秘密を知る博士から角笛をたくされナルニア人たちがひっそりくらす森に逃げ込む・・・・。

中世おとぎ話的な世界観やたくさんのキャラクターが楽しいけれど、映像やら美術が素晴らしい割にはそれらを十分に活かしきっていない気がするなぁ。もったいない。原作を読んでないからなんともいえないけれど。

個人的にはねずみの剣士たちが好き。

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

(旧)2009.1月の日記

  • 2009-01-01 (木)
  • Blog

2009/1/31
MITCH@京都RAG

もうはやいもんで市川さんが亡くなって3年になる。
今日はその3回目の追悼ライブ。でも追悼というより、
彼のことを思い出してパーティーしよう、っていう感じのライブになってきた。

久しぶりに大我に会う。先週だかバルセロナにいってたらしく、
すっかりスペインかぶれになってるあたりが可愛い。
しかしリハで見てびっくりしたけれど、ほんまタイコ上手くなった。
というか前回見たときからまたずいぶん変わってる、すごいな。

ちゃちゃっとリハを済ませて、近所でご飯というか酒盛り。
やっぱ景気よくいかんとねー。
なんせ早めに切り上げちゃったのでライブまで2時間ぐらいあり、
ゆっくりだけれど呑んでたら結構飲んだ。
これがまたええ感じの座敷のある居酒屋で、アテも旨く、
何時間でもいついてしまえそう、危険キケン。

店に戻ってライブ開始。まずは大我のバンド。
インストやってからY枝さん登場。相変わらずの豪快さ。すばらしい。
またベースのK村くんが今日も絶好調だった。好きだわー♪

んでから僕らの出番。
いつもMITCHのバンドやってる時は思わないのだけれど、
今日この日にここRAGでやると、彼のお葬式のことをすごく思い出す。
それでFly Awayなんかやったときにゃぁ、涙が出てしまう。
そんなんもぐっと堪えて楽しくステージ。
市川さんも湿っぽいよりは楽しいほうがいいやろしなー。

最後は2バンドに来ていたミュージシャンも交えてセッション。
結構熱く盛り上がったせいか、終電を逃してしまう(^^ゞ。ま、いいか。
おかげでKさんに送ってもらうことになっちゃったけれど・・・。
ほんまスンマセン&おおきにでした。

いっちゃん、また来年なー!

2009/1/30
お休み。なのにあいにくの天気なのがとても残念。
出かけるが、降るのか降らないのかーの微妙な感じ(笑)。
天気も不安定なせいか体調も不安定。おなか痛いぞー!

2009/1/29
昼から来月あるしのMINTのリハ。
ところが肝心のSみんが昨晩調子悪くなって・・・が、なんとか復活して登場。
それでも無茶はしちゃだめなので、新曲とかをかるーく通して終了。
そっからまたスタジオへこもる。終わったらすっかり夜。

一日そんなになんやかんやとしたわけでもないのにぐったり。
どうしてかなぁ。肩こりもひどい。

2009/1/28
今日はめちゃくちゃ天気がいい。小春日和というやつか。
スタジオに向かう車の中もぽかぽかでこのままどこかへいってしまいたい気分。
夕方また神戸に戻る。

武井努3@甲東園CANDY

今日は以前Crossroadでやって非常に楽しかったメンバーで。
ギターにK作くん、そしてボーカルにK村さん。
ひさしぶりにK作くんとやったけれど、
やっぱとてもやりやすいし、楽しい。何にもしばられない。

そんなDUOにK村さんはすっと入ってくる。
なんの打ち合わせもなくとも築きあげられるこの音の空間。
すばらしい。あー、K作くんとなんか作りたいなぁ。

2009/1/27
オフ。家事とかする。やっぱ家好き♪

2009/1/26
MITCH@梅田Shangri-La

今日は心斎橋のBar Muszeの新しい企画で、ちょっと大人な雰囲気と音楽というのがテーマだそう。
対バンだったので、リハ時間にいくと、
めちゃ久しぶりにPfのH谷くん、そしてSaxのT島くんに会う。
バンドはとてもよくできた、そしてよくリハしてんねやろなーという感じの音楽。
言語化しやすいというか、イメージのはっきりしたJazz。いまはこういうの流行るんだろな。
しかしすごいなぁ。

MITCHのバンドは前座の前座(笑)みたいなんと、ほんちゃんと。
ギターにはバンバンバザールからT永さん。実はめちゃめちゃ昔に一緒にステージ上がったことある。
ご無沙汰でーす。
リハをちゃちゃっとやって、となりでご飯。ここでもうだうだと。

やがてイベント開始したのでお店へ。
いい雰囲気。やっぱMuszeのお客さんてほんといいな。
ジュニアさんの雰囲気つくりもばっちりだし。

てな感じで最初にちょろっとステージ。
ゆるーく盛り上がって会場もあったまった感じ。さすがMITCH、人気者。

ステージを対バンにゆずって楽屋でうだうだ。
昔話やら、ミュージシャン話やら、かけない話やら、楽屋話はほんとおもろい。
こういうときのM原さんの話もほんまおもろいし。

で、またMITCHのステージ。
今度は最初GtとDUOでゆったりしたシーンから。
ジュニアさんの絡みもあって、そっからバンドINN。
ダンスチューンもいれて、会場のボルテージがほんと上がっていくのを見てるのは楽しい。
演奏もとてもよかったと思う。
いやー、いいイベントだわ。

帰り、電車もなくなる時間になってしまったので、
M原さんに近所までおくってもらう。おおきにです!

2009/1/25
ちょっと仕事。外は雪までちらつく寒い日だったけれど、
なんだかピンとした空気が気持ちよかった。だからそれだけよかった。

2009/1/24
MITCH@宝塚Salah’sCount

昨日に引き続きMITCH。今月の月末はMITCH大会やなー。
メンバーが集まるまで待って、準備。
ちょっとだけ音だししたらもうOK。

このお店は一見さんのお客さんが多いような印象だけれど、
今日はさすがMITCHだけあって彼を見に来た人も結構いたような。
いつもピアノの調律をしてくれる人も来てくださり、
冬だから難しいという調律をしてくれたおかげで、
ピアノがとてもいい音に。もともとここのピアノていいんだけれどな。

おかげか、今日もいい演奏、いいライブだった。
なかなか上品な感じのお客さんが多いここ宝塚だけれど、
スタンディングオベーションまであって、なかなかにぎやかで楽しかった。

帰りMITCHに送ってもらうついでに久しぶりに西宮駅前の中華そば屋へ。
やっぱしうまいなぁ。

2009/1/23
MITCH@淀屋橋RoyalHat

今年最初のRoyalHat。
ちょいと早めにいって準備。今日も寒いなぁ。
メンバーもMITCH以外そろったところで、サウンドチェックだけしてOK。
今日はギターにTAKU。
みんなでご飯をたべながらうだうだ。

今日は少しお客さんたちの出足がおそかったからスタートも遅くなってしまった。
しかもなんだか1回目のステージはちょっとすれ違った感じ。
なんだかお店もミュージシャンもお客さんもずれてる感じというか、
みんなお互いに引っかかりそこなってるというか・・・・。
Tがやたらと緊張してたせいというのもあるというウワサだが(笑)。

でも2回目にもなるとみんなリラックスして、
いい演奏になった。やっぱり幸せなサウンドやなぁ。
自分的にはもっともっとコントロールできるようになりたいのだが。
ま、それはおっての課題だな。


2009/1/22
あいにくの天気。寒い時期の雨は堪えるなぁ。
ひさしぶりにMOE呑んだらやっぱりウマい!

2009/1/21
MITCH@梅田ニューサントリー5

ちょっと買い物してたのでお店についたらべべ。
ささっと準備してみんなとうだうだ。
今年もこのお店でできるのうれしいな。

ライブが始まったあたりではお客さんも少なかったが、
やがて進むにつれていっぱいに。
常連さんもたくさんでうれしい、さすがやねMITCH。
しかし今日僕はなんだかリードがあわずに、
やたらと吹きにくくて、あんましコントロールされた演奏にならんかった。
悔しい。

あと、曲、なかなか覚えられない。ううむ。
しかしS水さんのピアノはほんと見事だった。
ロッキンチェアとか、ほんま、そーそー、って感じやもんな。

2009/1/20
オフ。一日ほぼおうちにいた。

2009/1/19
松田一志@西宮焼肉工房CS

昨年にM田さんとやった西宮のえるえるでのライブで急遽入れてもらうことになって、今日。
だって家から近いんだもん(笑)。
だってマスターえらく気さくなんだもん(笑)。
ちゅうか、普通にこのお店の客なんだけど、僕(^^ゞ。

客席の一部をとっぱらって急作りでステージを。
そこにPAやらをセットして、ぎゅーぎゅーで。
とくにリハをする必要はないので、
サウンドチェックだけささっとやったら、もう開店時間。

お客さんがつぎつぎにやってくる。
ライブ開始まではだいぶ時間があるから、
みなさん焼肉をもりもり(そりゃ当然か)。

で、ライブ。
今日は長く1ステージ。
今日もM田さんのMCが快調。あるいみ大阪のおばちゃん的なMCは、
やっぱり万人ウケするのよね、うまいわー。
今日はオリジナルに比重をおいて。
やっぱりM田はそのほうが合ってると思うし、
日本語のほうがよく聞こえるなー。

こういう音楽やましてやライブなんて初めてっていう人でも、
M田さんのライブってなにかしら楽しめる、
そんなとこがエンターテイナーとしてすばらしいと思う。
ぼくも微力ながらうまく乗らせてもらって。
やっぱやってるとつくづくこういう音楽も好きやなーと。
楽しいなーと♪(笑)

終わってから、店のマスターも交えて打ち上げ。
さすが焼肉屋さんだけあって、めちゃウマウマウマ♪
最近はそんなにたくさんお肉とかたべれないはずなのに、
食べる食べる、めっちゃ食べた、だってウマいんだもん。

いやー、マスター、おおきにでした!御馳走サマです!

2009/1/18
ちょろっと買い物をしにいく。
もうだいぶ空いているだろうとガーデンズにいってみるが、
雨だったこともあったのか車の大渋滞。もういやになったので、
そのまま伊丹のダイヤモンドシティへ。
でもこっちも混んでいた。うーん、到着しただけで疲れた(笑)

買いたかったものとか、余計なものとかを買う。
今年はちょっときちんとしようと(何を?)思って、
ジャケットなんてみてみるが、あまりピンとこず。
うーむ。もうちょい探そう。

以前はやたらと広いとおもったこの伊丹ダイヤモンドシティも、
ららぽーと甲子園や西宮ガーデンズに比べたらだいぶちっちゃかった。
それでも歩きつかれた、が(笑)。


2009/1/17
震災14年目。はやいもんだ、ほんとにはやいもんだ。
今日も早起きしようと目覚まし時計をあわせたが、
ならず!!!もうぼけてきてるのよね、僕の目覚まし。
なので目が覚めたら5:50ぐらいだった(;_;)。
しかしもうこの時間になったらなんの震災関係の報道もしていない。
それぐらい時間が経ったということなのやな・・・・。

いったん寝てからまたおきて、ネットをみてたら、
震災当日の映像をまとめてるサイトがあって、
そこで当日流れてた主にニュースの映像をみた。
やっぱり編集された番組とちがって、まさに今!的な映像。
見ているとあの日のあのときのことをじんわり思い出す。
訳も無く涙がぽろり。哀しかったとか怖かったとか、
そんなんではなくて、あのときの印象はもう消えずに体の奥底で生きていて、
全部をひっくるめて自分にとってすごく大きな衝撃だったことを、
いまでも体が覚えている。

あの圧倒的な自然のパワーに畏怖し、
同じ体験をもった人間たちの悲しみや嘆き、
そして生き残ったものたちがやさしかったこと、
何もかもそぎ落とされた状態ででてしまう人間の性分、
ほかの世間とのギャップ、
そのほかいろいろいろいろいろいろ、
それらすべてがまぜこぜになった感情が渦巻いておしよせてくる。

ぜんぜん忘れてないねんな。
それでも忘れちゃあかんよな。

あれは大きな衝撃だったけれど、
それから得たものも大きかった(と思ってる)。
明らかに人生観変わったし、
誤解を怖れずに書くと、体験できてよかった、と正直思っている。
あの日がなければ、今の自分はなかったとおもうし、いろんな点で。

というわけで、
いろんな気持ちが錯綜したまま出かける。

武井努3@甲東園CANDY

めちゃ久しぶりにO野くんとKースケという顔ぶれ。
Kースケのバンドやってたとき以来やなぁ。
セッション的なライブであっても、
なにかただのセッションとは違うまとまり感というか居心地のよさというか、
任せて大丈夫的な空気がでる。
O野くんのギターいいなぁ。大人だわ。
こじんまりしてたけれど、いいライブだった。

2009/1/16
E.D.F.@桃谷M’sHall

今年一発目のE.D.F.。
今年からここM’sHallでのライブの時間を少し前倒ししたいとS水さんは言っていたが、
お客さんもいままでの20:30スタートというのが染み付いているので、
結局はできず。でもちょっとずつ前倒ししていきゃーいいのかねぇ。

今日は珍しくライブ前からこの辺の曲をやってみようとプランをたてるS水さん。
おかげでしばらくやっていなかった曲やら、
ほんとに久しぶりな曲なんかも含めて11曲もやった。すごい。

しかし昔の曲って結構ハードバップバンドっぽい曲とかもあったりしたので、
今日のライブはいつになく激しく、いわゆるジャズバンドっぽい演奏だった。
これが新鮮でめちゃ面白かった!いやー、やるなー、E.D.F.。
最後には新曲もでるし。今年もどんどん躍進するE.D.F.でありたいな!

2009/1/15
オフ。一日家でごちゃごちゃ。
夕方ごろにちょっとまえから壊れかけてきてて、
たまにちゃんと回らなくなるチャリのペダル
(これ回らないと非常に運転しづらい)を直しにいこうと、
チャリを買った自転車やさんにいくが、お休み、ガーン。

腹いせに(?)ミドリ電化にいってデジカメを眺める。在庫処分セールやってた。
欲しいなーと思うが、実際使うかなーとか、持ち歩くかなーとか、
高いなーとかいろいろ迷って結局冷やかしただけ。わはは。

しかし寒いなー。でも冬って感じでうれしいけど。


2009/1/14
神田芳郎(B)5@心斎橋COMODO

今日はリハもしないということだったので、
割とぎりぎりにお店へ。
すでにT中くん以外到着してたので、新年の挨拶したりして準備。

しかし準備を怠った(テキトーにした)ため、
1回目のステージのとき非常に吹きにくい状態で、
やっててなさけない気分になってしまう。いかんなぁ。ちゃんとしなきゃ
(リードが思ってた以上にへたっていた)。
なので2回目以降はちゃんとした状態に。

やっぱハードバップ難しいなぁ。
T中くんの感じやHさんの感じをみながらまねしてみようとするが、
どーしてもへんてこな感じになってしまい、
自分ぽくやったりそれっぽくやったりとやってたら、
ごちゃごちゃになってしまった。アカンなぁ。

2009/1/13
ベースのIさんのレコーディングへ。
彼とは先月SHUのライブで初めてご一緒したのだけれど、
なんだか惹かれあうものがあった(?)ようで、
いま目下製作中というアルバムのレコーディングにお呼ばれして。
南森町に割と最近できたというスタジオ。綺麗で居心地抜群♪
内装がなんだかちょっとおしゃれなおうちみたい。

お昼に集まって、いろいろ段取りやら、曲のことやらをアレンジャーのAさんに指示してもらって、
早速開始。曲のイメージとか、そこに欲しい感じとかを、
やりながら、言葉で埋めながら、形作っていく作業はとても楽しい。
また今日はそういうことを楽しめるメンバーと音楽だったので尚更。
そういう期待に応えられたら、とてもうれしいし。

当初2曲の予定だったところをもう1曲おまけで。
3曲とも違うカラーの曲だったので、いろんな抽斗が出せたというか出て面白かった。
どんなアルバムが出来上がるのかとても楽しみだな。

2009/1/12
昼過ぎからちょっと大阪でうろうろ。
ちょっと楽器屋さんにも寄る。

成人式があったからか、あちこちに振袖のひとたちが。
でもなんだかカラフルすぎるような気も・・。ま、いいけど。
風邪の治りも、もうちょいか。

2009/1/11
中島教秀(B)3@豊中 我巣灯

我巣灯にくんのん、ほんまに久しぶり!
阪急豊中駅前がずいぶん変わっていたので、最初いきなり迷ってしまった。
でもなんとか昔の記憶をたどってたどり着く、ふぅ。

久しぶりのこの雰囲気、好きだなぁ。
お昼の時間帯にライブをやってたY内さんにHさん、Tもみちゃんがいた。
新年の挨拶なんかしたりしてだらだら。
入れ替わって僕らが準備してそのままサウンドチェック、リハ。
先日やったけれど、またちょっと曲に慣れるために確認とか。

ご飯を食べたりだらだらしたり。
お客さんもぼちぼち集まってきてライブ開始。

3人で少し半円になるような感じの立ち位置で。
練習と違ってライブになると少し違った感じになるし、
その場での音を紡いでいくから、
慣れたN秀さんの曲でもどんどん変わっていく。
そんな状況を楽しみながらライブ。
A井くんのすばらしい楽器のコントロールにひたすら感心。
僕が最近書いた曲もすごくいい感じの演奏になってうれしい。

2回目になると3人のアンサンブルというか、
バランスの取り方とか意思の疎通もよくなってきて、
演奏も混沌のようで整理されていたりとかとか、
やってて面白い、自由だ。Sax2とベース1のアンサンブルがこんなになるなんてほんま楽しい。
こういう音楽のやり方ってのをもっとたくさんの人間でできたらなぁ。

またやりたいなぁ。
N秀さんの曲好きだし。

2009/1/10
西宮のえべっさんへ行く。
今日は朝から本当に寒かったので、雪でも降ったらどないしようと思っていたが、
そういうことはなく、逆にぴーーんとした冴えた空気が気持ちいい一日になった。

このところ毎年参拝する人が増えていってるので、
今年も不景気だ不況だってので増えてるだろなーと思い、
なんとなく微妙な時間にいってみたが、やっぱり一杯だった。
境内に入るのにも入場制限が。えらいこっちゃなー。
下手をしたら本殿前に行くまでに1時間近くかかってしまいそう。

それでもなんとか本殿にたどり着いてお参り。
入場制限しているおかげで本殿前は割と空いてた。
ゆっくりお参りして、
さらに外にある小さなお社にも一通りお参り。
ようやく年が明けたような気分になった。

その後はおみくじ引いたり、
笹をもらったり、それにいろいろつけてもらったり。
これ楽しいのよね。それに験を担ぐ意味もあるし。
今年もなんだか正念場、頑張ろう。

しかし寒い!!

今日読みおえた本:酒とつまみ編集部 「酔客万来」

2009/1/9
河村VS武井@元町JustInTime

夕方にお店へ。僕が一番。
このお店も久しぶり。マスターも元気そうでうれしい。
昨日の余韻からか、なんだかハイテンションな僕。
そのうち今日のドラムM田さんがやってきて、
K村くん、K藤くんもやってきた。明石にたこ焼き食いにいってたそう。

Mっちゃんを交えてリハ。今日も楽しくなりそう。
その後K村くんおすすめの餃子屋さんにいく。うまーい!
なんぼでも食ってしまいそう。

お店に戻るとお客さんも。
遠くからみにきてくれた方もいらっしゃったそう。
うれしいな。
みんなでコーヒーもらって落ち着いてからライブスタート。

昨日の印象がのこっていたので、
最初K藤くんとMっちゃんの組み合わせに馴染まなかったけれど、
やっているうちにMっちゃんの自由ないい感じがでてきて、
昨日のシャープな感じとは違い、まるくておっきくなったりちっさくなったりする感じ。
これまた楽しい。
今日は両ステージともバラードがとてもいい演奏だった。
景色の見えるというか、話のよく通ったというか。

僕は昨日の演奏の余韻から、
なんだかうまくやったろうという欲が出たのか、
ちょっと堅くなってしまった気も。
でも今日もみんなの演奏を聞いて、ほんと感心したし、うれしくなった。

こんなライブやらせてもらえるなんて、なんとうれしいことか。
お客さんもマスターもお店の人もみんな喜んでくれたよう。
最後のほうにはEみちゃんも遊びに来てくれたし(久しぶり!)。

あー、2日間楽しかった。いい仕事始めだな。

終わってからみんなでもっこすへ。
実に20年ぶりぐらいか。うまいなー。でも夜中のラーメンは危険キケン!

2009/1/8
河村VS武井@芦原橋cafeMake

ちょっと早めにいってると、入り時間のだいぶ前にK藤くん登場。
めちゃ久しぶり!元気そうでうれしい。
そのうちTっちゃんもK村くんも来る。
みんなまじめやなー(笑)。

コーヒー呑みながらうだうだっとしてから何やろかなーとリハ。
去年東京でやったときにやった曲とか、思いつきで持ち寄った曲とかとか。
適当にちゃちゃっとやって終わり。

年始めというのもあってかお客さんの出足が遅く、
ちょっと内心ドキドキしていたのだけれど、
そのうちいろんなお客さんが来てくれて、ほっ。
ちょっと押してライブスタート。

始めてすぐわかったけれど、
K藤くんとTっちゃんの組み合わせがとても素晴らしい、ワンダフル!
上に乗っかってる僕らは翻弄されたり、持ち上げられたり、
めちゃ楽しい。
それに4人が4人とも好きにやるけれど、バラバラじゃない、
そんな高度に有機的な演奏が繰り出されたような気がする。
いやー、すごいな。

しかしK村くん、相変わらずかっこよくてほれぼれ。
K藤くんのようなベーシスト、関西にいないなぁ。いいわぁ。
明日も楽しみ。

2009/1/7
週末にあるライブのリハ。N秀さんとこにいくのめちゃ久しぶり。
しかしサックス2人とベースでいったいどんなサウンドになるのか?
どんなんするのかまったく不明だったので、
最近書いた曲とかももっていったり。

うだうだしながら練習。N秀さんの曲をたくさん。
前にやってた曲が懐かしい。案外覚えていたりいなかったり(笑)

しかしA井くんうまいなぁ。ほとほと感心。
帰りがてら練習する場所がどーのこーのとか話す。
僕が彼の年ぐらいのときって何してたかなー。

2009/1/6
病院にいくが、先生に「風邪のようなんですー」というと「ビミョーやなぁ」と(笑)。
そりゃ熱は36.7℃だもん、フツーのひとは平熱やもんな。僕にしては高いのだが(平熱35度台)。

2009/1/5
今日からみんな仕事なので、ぼくも仕事・・・はないので(笑)、
久しぶりに楽器を出したり。うーん、手が忘れてるなー、だめだなぁ。
でも今年は去年以上にもうちょい練習まじめにしてみようと。

風邪の調子はいまひとつで、目を瞑るとくらくら。
しかしかかりつけのお医者さん、今日まだ休みやーーーん(;_;)

2009/1/4
相変わらずしんどいが、そうも言ってられないので起きる。

夕方から新しいバンドというかセッションというか、
なんか今年から新しいことしようとKちゃんがいいだしたので、
集まってだらだらしゃべったり、ちょっとセッションしたり。
これはいろいろできそうな気がする。楽しみやなー。バンドになるかなぁ?
久しぶりのKちゃんは相変わらずやった。あのトーン好きやわぁ(笑)。

今日読みおえた本:栗本薫 「ミロクの巡礼」(グイン・サーガ124)

2009/1/3
実家に帰ってる間は気がはってたのか、いきなりしんどくなる。
一日中寝てた。昨日呑んだのがまずかったかなぁ?

今日観た映画:奇跡のシンフォニー

2009/1/2
引き続き実家でだらだら。
箱根駅伝の5区の東洋大のひと、すごいな。
明日から両親は親戚と旅行いくそうなので、
僕も西宮に戻る。
父親に風邪をうつしてないかが心配。

今日観た映画:ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

2009/1/1
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします!

実家に戻って親子水入らずでほんわりお正月。
父親の調子もよさそうで一安心。
今年のウィーンフィルのニューイヤーはとてもよかった。
母親と深夜までけんかしたりしながらだらだらしゃべる。これが以外と楽しいのだな。

今年もいろいろあるだろうけれど、がんばろう。

Home > Archives > 2009-01

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。