Home > Archives > 2009-03

2009-03

群ようこ – 猫と女たち

猫についてのショートエッセイたちと、女性を描いた短編集。

群さんの近所に住み着いてる猫たち、そして飼い猫のしい。猫を飼ってるもしく は猫大好きなひとならすっごくわかる、そんな話や描写ばかり。読んでいてほほえんでしまったり。そうやって町中にいる猫にたくさん出会える町に住んでるっ ていいなぁ。そんなかわいい猫たちとそれを取り巻く人々を実に実にほほえましく描いている文章がどれもかわいくていとおしい。猫好きなんだーってことがす ごく伝わってくる。あ、犬もね。

一方女たちを描いた短編集はなんだか別の人が書いたような。でてくるひとたちが実にリアルというか飾り気ないというか、小説っぽくない。実にずばっと入ってくるような文章なので、うろたえるというか「そんなんでいいのか?」と思ってしまう。でもどの人もすてきだな。

猫と女たち

猫と女たち

村上春樹 – 中国行きのスロウ・ボート

めちゃ久しぶりに村上さん。彼がデビューして間もない頃に書かれた短編たち7編。どの短編も村上さんぽい、なんとも抽象的なとらえどころのない、という か、すごく高尚なことを伝えようとしてるような気がするけれど、実はただの愚痴だった、みたいな、いったい何がいいたいのかわからないのだけれど、でも実 は一生懸命何かを伝えようとしているということは伝わってきてるような気がする、と思わせられる、でも実はなにもない、のような、文章。このレビュー自体 もそんな文になっちゃった。でも面白いのよ。理解をはずして、感覚や色やサウンドで追っていけば、なんだかすとんと落ちてきたりするのよね。不思議。「貧 乏な叔母さんの話」はたのしい。「最後の午後の芝生」はなんか男だけがわかる、若いときのアノ感じっぽい。

中国行きのスロウ・ボート

中国行きのスロウ・ボート

石田衣良 – 池袋ウエストゲートパーク6(灰色のピーターパン)


IWGPの6冊目。今回も4つの短編。今回もやっぱり面白い。ちっとも飽きない。やっぱりネタの面白さ、と、石田さんの話の切り口のつくりかた、そして魅力的なキャラクターたちがいるから、だろうなぁ。

とくに2編が気に入った。傷害の被害者と加害者の間をえがく「野獣とリユニオン」、無認可の保育園を取り巻く問題を描く「駅前無認可ガーデン」。当たり前に 存在している社会問題を、暗くなることなく、やたらとドラマティックすることもなく、両方ともうまくわかりやすく描いてるのがすごいとおもう。

仲間っていいな。

辻仁成 – いつか、一緒にパリに行こう

2003年からパリで暮らしている辻さんの、極々個人的なパリ初心者にむけたパリのガイド本、といったらいいのか、ただの「ぼくパリ好きだもんねー」的自 慢(?)本といったらいいのか(笑)。少なくとも彼にとってはパリ、そしてフランスはとても馴染みやすい魅力的な場所のようで、そこを愛する気持ちがあふ れている。パリ好きなのね。ま、似合ってるなぁ。

とりとめなくパリやらフランスの、風俗やら人々やらについて雑多にかいてある。ちょっと 文体が嫌みったらしい感じもしなくはないけれど、でも、それでも、「あ、パリってフランスって刷り込まれてるイメージとはちょっと違って、あれ?素敵か も?」なんて思えてくるあたりはさすがというか。とくにフランス人に関しての観察(恋愛感であるとか、優しさとか勝手気侭さとか、ヴァカンスのこととか、 とにかく自由が生まれた国の住人である自負とか)はなるほどなーとうなずくことばかり。さすが暮らしているだけあるなぁ。

パリというか、ヨーロッパにいってみたくなる、そんな本。

いつか、一緒にパリに行こう―パリ・ライフ・ブック

いつか、一緒にパリに行こう―パリ・ライフ・ブック

宮部みゆき – 幻色江戸ごよみ

また宮部さんの時代もの。時代劇時代劇しすぎていず、普通に現代ものの時代を300年ぐらい前に持ってきました~的な普通な感じがいい。

今 回はすこしオカルトチックな短編が12話。どれも結局人情がらみっぽいところが宮部さんぽいところか。どれもかなりの貧乏暮らしの人たちが主人公になって おり、その描写が見事。すごく読みやすい文体なのに江戸時代の風俗(っていうても知らないけれど)がありありと眼前に浮かぶ。

幻色江戸ごよみ

幻色江戸ごよみ

石田衣良 – アキハバラ@DEEP

漫画やらドラマにもなったんかな?この作品。やっとこさ読んだ。すごく分厚いけれど、すっと読める。革新的なサーチエンジン「クルーク」を生み出した6人の天才たちとそれを奪おうとする大手ソフト会社がアキハバラで戦う。

あ まりよくしらないけれど何かとイメージが先行するアキハバラという町の風俗や人々、それに数年前までのITバブルのときのコンピュータ関連の世界的な熱 気、そんなものがごちゃまぜになった雰囲気がよく伝わってくる。そのなかで苦しみながら立ち上がっていく主人公たちの冒険談がすごく楽しい。なにかやって やるぞ、という気持ちがわいてくる。

ストーリーは実際にごろごろしていそうなもの。秋葉原やこの業界に縁のない人には気持ち悪いかもしれ ないけれど、ごく普通なことだ。ストリートファイトがあるんかはわかんなけれど。きっと石田さんのことだから、また綿密な調査をしたんだろうなぁ。AIっ てのがどこまでプログラミングできるのかはよく知らないけれど。

この先どうなっていったかも、読んでみたいなぁ。書いて欲しい。

アキハバラ@DEEP

アキハバラ@DEEP

 

(旧)2009.3月の日記

  • 2009-03-01 (日)
  • Blog

2009/3/31
箕作DUO@萱島音や

ちょっと久しぶりかな?
混雑を避けるために(年度末だしねぇ)普段と違う道でいったら・・・迷った(^^ゞ。
それでもなんとかたどり着く。
しばしK作くんやお客さんとだらだらしゃべってから、
そのままだらだらはじめる。

それがよかったのか、いい塩梅なだらだら加減の音。
リラックスしまくってるというか。
今日は2人とも冴えがいいというか、気楽にやったらええやんが、うまく交じり合って、
すばらしく楽しい演奏になった。
2回ともなんの肩肘張ることもなく。
うん、こういう演奏いつもできたら、いいのになぁ。

2009/3/30
昼からスタジオへ。今週末にあるM原やんのライブのリハ。
昨年秋以来だからみなさんひさしぶり。
よく会うはずのP氏も今年はじめてだし。うーん。

新しいネタも含めてたくさんの曲を練習。
やっぱりM原やんいいなぁ。とくに春にはとっても似合うような気がするなぁ。
しんみりしたり。
終わってからいったん家にもどって三宮へ。

荒崎BigBand@三宮BigApple

年度末だからか交通機関が混んでいる。
予定の時間になってもメンバーあつまれず、
集まり次第リハ。今日も新しい譜面が・・・でもそんな難しくなーい。

今日は珍しく女性のお客さんが多数。
そんななか演奏が始まる、が、なんだか勢いはあるがまとまり感がない。
もしくはまとまってるけれどスピードない感じか。
あちらこちらに面白さのタネは転がっているのに、
うまくかみ合わない発展しない感じ。うーん、ストレス。

終わってからK藤さんやA崎さんといろいろしゃべったり。
もっといいバンドになれるのにもったいないなーと。

今日読みおえた本:群ようこ 「猫と女たち」

2009/3/29
昨日から続いてめちゃ寒い。
体がかちんこちんなので風呂へいく。
1時間以上ずーっとはいってたら、ようやくちょっとほぐれた感じ。
よかったよかった。

2009/3/28
昨日ぐらいからちょっと風邪気味。
気温の変化に体がついていってない感じ。
それと生活時間の不安定さからかなぁ。。。トホホ。

2009/3/27
昼から来週あるクミさんのライブのリハ。
時間通りにスタジオ近辺までついたのに、スタジオがどこか皆目わからず
(秘密の練習場のようなところだった)遅刻する(笑)。

今回のクミさんのアルバム「ケシキス
の曲の数々は8人のプロデューサーでつくってるので、
そりゃもうバラエティー豊か、サウンドグッド!なので、
さてどうやって演奏すんねん?!ってところから始まったのだけれど、
クミさんがいろいろイメージ持っていたので、
それに合うように変化させながら。

結構長い時間のリハでちょっとくたびれたけれど、
こりゃ楽しいライブになりそう。
終わってから桃谷に移動。

E.D.F.@桃谷M’sHall

先月はなかったのでえらい久しぶりな感じ。
しかし寒い。3月末とは思えない気温。
M’sの店内もストーブが点いている。
今日はベースがAさんなので、到着したらリハしてた。
3人で連れ立っていつものご飯。

で、今日は期末ということもあってか、
お客さんも少なめで、
その分アットホームというか、S水さんのしゃべりもこれまた絶好調で、
いろんな曲もやったし、楽しかった。
いやー、今日のライブ聞き逃したの、損やわなぁ~。

2009/3/26
昼からちょいとスタジオへ。今週スタジオよー行ってるなぁ。
ちょっとだらっとしてたため遅くなったので、急いで三宮へ。

Shu@三宮BigApple

リハはやったけれど初顔あわせ的なライブになるのでどーなるかなーと。
しかしS野さん、Iさん、M田さんの組み合わせは面白くなるに違いない、と。
それにShuのある意味適当な歌が乗ったら、結構楽しいんじゃないか、と。

ま、そんなことで今日のライブとなったけれど、
予想通りというか予想以上にいい感じ。
やっぱり各々が各々の音をもってるし、
やっぱ電気ギターには電気ベースよね。音が合うわん。
もうそれだけで今日は大満足。
Shuも予想以上の感じだったようで、めちゃはしゃいでた。

こいつはいろいろまだまだ世界広がりそうやなぁ。
楽しかった!

2009/3/25
朝からスタジオへ。ちょっとレコーディングの仕事。
アルトとテナーとバリサクをもってでかける。
いったいどんなんかなーと思ってたらCMだった。
まずは華麗なジャズ的アンサンブルを録る。
ちっとも練習してなかったけれど、なんとかクリアできて、ほっ。

その次にちょっとボケた感じの短い音たちを。
これがなかなかイメージどおりに行かなくて時間かかってしまう。
意識してダメに吹くってでけへんなー、無意識に修正してしまう。うーん。
それでもなんとかみなさんの力とアイデアをかりて終えることができた、ふぅ。

いったん家にもどって、ちょっと昼寝してから京都へ。
日のあるうちはあったかくていいけれど、
翳ってくると急に気温も寒くなる。
降り立った河原町はだいぶ寒い。
それでも木屋町やら祇園はだいぶ桜が咲いていた。きれいやな。

ホゲホゲ団@京都CANDY

リハっぽいものもすることなく、さて今日はなにしようかーと皆で相談。
でもぎりぎりまで決まらず、今日はある意味珍しくスタンダードな曲の数々を。
逆にこれが功を奏したのか、ホゲホゲっぽい演奏になったような。
たまにはすき放題やるっても、いいよねぇ。

今日読みおえた本:村上春樹 「中国行きのスロウ・ボート」

2009/3/24
夜スタジオへ。
一時あったかかったのに、また寒くなって、夜はめちゃ寒い。
アルトを吹いていろいろ遊ぶ。まだまだ学ぶことだらけやな。


2009/3/23
MITCH@梅田シャングリラ

1月にもあってすごくよかったJさんのイベントMODERN ROOM。
今日も楽しいイベントになるかな?
ちょと早めにいってセッティングなどなど。
そのうちメンバーも対バンのT本さんもやってきて。
彼も交えていろんな曲を試す。
このところMITCHはJazzスタンダード歌ものが気に入ってるのか?(笑)
今日はピアノにK林さんなのですこぶるご機嫌。

終わってから近所でゆっくりご飯。
昭和な香りがするこの喫茶店、落ち着くなぁ。

終わって楽屋にもどりうだうだしてると、
ごみ箱な連中がやってきたので、ひとしきり盛り上がる。
そのうちT本さんのステージもはじまり、やがてわれわれの番。

今日もフロアはたくさんのお客さん、しかも音楽好き、でいっぱいで、
お店自体がそういう活気・雰囲気に満ち満ちている。
こういう場や時間がもっとジャズよりな世界でもあって不思議でないのに・・・。
やっぱりなんか違うのよねー。中身は同じなのに。

今日もいろんな曲をやって盛り上がったり、じんわりしたり。
やっぱりK林さんのピアノめっちゃいいなぁ。
T本さんのギターもブルージーだし。
ホントにいいライブ。ライブっぽいライブ。MITCH魅せるもんな。

終わってからも楽屋でうだうだ。
こんなイベント、ほんといいよなぁ。もっと広がって欲しいよなぁ。

2009/3/22
しんどい。なんもしなかった。

2009/3/21
お昼過ぎから高槻へ。Jamesのバンドで久々のJK Cafe。
みんなぎりぎりに来るので打ち合わせもちょっとですぐライブ。
まぁ何度もやってるから大丈夫なんだけれど。
譜面もだいぶ見慣れた(笑)し。
あわただしく終えて、JR高槻まで急いでいって三宮へ。

高田英子(Vo)@三宮BasinStreet

ちょっと遅れて到着。
初めてのお店なのでちょっと緊張。
でも先輩諸氏に囲まれてなんだかリラックス。
Pfのフィリップと一緒にやるのははじめて。
Hでこさんの曲は先月やってるのでなんとなく覚えている。

ライブは満員のお客さんの中スタート
(途中でいろいろ入れ替わったからたぶんかなりの人が来場した模様、すばらしい)。
Hでこさんの知り合いとか、各ミュージシャンの知り合いとかとか。
演奏もよかったし(僕は個人的にちょっとトライしてることがあって、
それがうまくいってるのかどうかよくわからない)、
なんといってもアットホームな雰囲気がとてもよかった。
Jazzのライブライブしてない感じが。

終わってからもいっぱい写真とったりして、
なんだか幸せな時間だった。おおきに。

2009/3/20
Christy@本町Mrs.Dolphine

時間通りに到着して準備。
リハやったときからお店の中はだいぶ模様替えされてて、
素敵な感じ。
今日も頭からいろいろ確認しながらリハ。一通りやったら結構疲れた。

ご飯をたべたりロビーでだらだら
(Mrs.Dolphineはホテルの地下にあるのだ)してるうちに開演時間。
結構入ったお客さんの暖かい拍手をもらってのスタート。
全体的に曲数が少なくてもったいないなーという気もしたけれど、
Christyのライブパーティー的には、
おしゃべりもあり、弾き語りもあり、などなどいろんな景色が出せてよかったんじゃないかなーと。

このロビーの売店がもう閉店するらしく75%オフセールやってたので、
筆記具をしこたまかってしまう(笑)

2009/3/19
オフ。Powerbookの容量がだいぶ足りなくなってきたし、
ちょっとだけパワーアップしてあげたかったので、久しぶりに日本橋へ。
すっかり電気屋街からオタク街へと変化した日本橋の行きつけの店を数軒覗いて、
欲しいものをささっと買って変える。あんまりこの時期外に長くいたくない。

帰ってさっそく取り付けて(ハードディスクの交換はいつやっても緊張する)、
交換したハードディスクを外付けにしようと、
買ってきた外付け用の箱をセットするが・・・・あ、Win用やった・・・・とほほ。

なので、現在Powerbookくんは、空っぽの状態。OSだけあってもつまんなーい。
データ戻したいようようよう。

2009/3/18
MITCH@梅田ニューサントリー5

わりとぎりぎりにお店に入って準備。
今日はなんだか街がさわがしい。
なんやろなーと思ってたら、卒業式とかそんなんが多かったそう。

ちょっと思うところあって、
マウスピースをいつもと違うやつでやってみる。
何度かトライしてきてるのだが、だいたいうまいこといかない。
慣れとは怖いもの、ま、いいんだけれど。

2つ試したが、最初のは、うーん。なじめばいいのだが、いまひとつコントロールできずにあきらめる。
2つ目は、まあ近いのもあって、なんとか。これで2ステージ吹いてみた。
ま、周りはわかんないのかもしれないけれどー。僕には大きなことなのです。

でもそんなこと関係なく、今日のライブもめちゃ楽しかった。
たまにMITCHに曲のテーマを振られたりするのにも慣れてきた。
でも、覚えてなかったりするけどー(^^ゞ

2009/3/17
昼からスタジオへ。今日は一段と花粉がきつくて、到着した時点ですでにへろへろ。
考え事とかできなくなるからつらいよなぁ。
夜は別のスタジオで月末にあるShuのライブのリハ。
前にIさんとShuと三人でやったときに出てきた構想で、
ギターのS野さんとタイコにM田さんを加えてのユニット。
音出してみてわかったけれど、やっぱりこりゃ面白い!Shuも喜んでくれてよかったよかった。
こりゃ26日が楽しみだなーと。

今日読みおえた本:石田衣良 「池袋ウエストゲートパークVI」

2009/3/16
松田一志@西宮焼肉工房CS

1月に引き続きこのお店で。3度目のライブ。
今日はマスターもスペシャルゲストで参加するのだけれど、
もう最初っからえらい緊張だったようで、終わりまでもつのか?とちょと心配。
今回は準備もあんまりできてないので、
早めに店に入って準備してリハ。

今回はSparklezも参加してくれるので、そのリハから入念に。
ほぼ全曲やったらもう開店時間超えてて、こっちもすでにへろへろ。あーつかれた!

で、マスターの心配をよそに満員になったなかライブスタート。
かわいいSparklezのステージから始まって短く1セット目を終え、
ちょっと休憩してM田さん登場。やっぱステージ慣れしてるというか、
お客さんもぐっと寄ってくるというか、やっとこさライブらしくなっていく。

今回はメニューも多いし人間も多いしてな中、
一番喝采を受けて登場したマスター。
20年ぶりぐらいに吹くというユーフォニウム、めちゃがんばって汗いっぱいかいて熱演。
本番が一番かっこよかったし上手かった!イヤー、盛り上がりましたねー。
あとは最後までいい感じでライブをつづけ、ほんまおなかいっぱいで終了。
お疲れ様でした!

終わってから打ち上げ。今日も美味しいお肉をたくさん食べさせてもらえて幸せ。
そのまま近所ということもあってぐだぐだぐだぐだ。すっかり深夜になってしまう。

2009/3/15
実家に帰る。父がパソコンを新しく買いたいというので。
事前にいろいろ調べていたようで、だいたいあんなんが欲しいというのがあったので、
お店に行って迷うこと数分であっさり決まる。簡単でいいなぁ。

僕とかさんざん迷うからなぁ。

途中で昼ごはん食べてから帰ってセッティング。
というてもほっとくだけで大丈夫だけれどな。
必要なことだけやってOK。

夕方大阪にもどってそのまま心斎橋MUZSEへ。MITCHのライブに遊びに。
先月もそんなことしたよーな。
今日はベースはKOさんだわ、僕ともうひとりおまけにギターのTいるわ、でフツーのバンド構成。
今日もいいお客さんがたくさん集まってくれて、ライブも最初からいい感じ。
というかKOさんやっぱりいい感じすぎ。全部変わってしまうもんなー。

休憩時間はKOさんらと(デイリーの人も来てたりしたので)野球の話ばかりで盛り上がる。
さてさて、WBCは、今シーズンはどーなるのだろう。


今日読みおえた本:辻仁成 「いつか、一緒にパリへ行こう」

2009/3/14
予定していた仕事がなくなる。花粉があまりにもつらいので家で引きこもる。みんなごめん。

2009/3/13
中島教秀3@JazzOnTop ACTIII

あいにくの雨。
昼間はましだったけれど、夜になるにつれ本格的な降り。あーあ。
ACTIIIがどこにあるかってことはちゃんとわかってたはずなのに、
近所まで来て迷ってしまう、トホホ。

遅れて到着すると2人はすでに準備万端。
早速準備してリハ。前やった曲がほとんどだけれど、
それを確認したり新しいネタを試したり。
今日は僕の曲はお休み。もうちょい考え込みたい。

終わってから近所でごはん。
皿うどんをたべる。うまい。
よくいく中央軒とは兄弟弟子だそうだが、
こっちのほうが麺が圧倒的にうまい。ちゃんと師匠のいうた通りにつくってるんだとか、へー。

雨のせいかお客さんの出足が遅く、はじめたのが遅めだったが、
2回目なので、ちょっとなじんだ感がある。
A井くんほんまにうまくて、かっこいいなー。いいなー。

前やった曲でもアプローチ変えたりして、ちょっと楽しくなってきた。
もっといろいろできそうね、このトリオ。

2009/3/12
朝から仕事。あんまり眠れないので、おきるのは難しくないが、常にねむい。
世間は女性のパワーで動いてるんやなと、当たり前ながら実感。

そのあと来週あるM田さんのライブのリハ。
M田さんともう一組でるほうのバックも。
いつもやってるようなディスコチューンをKeyとGtだけでやるてのは難しいなぁ。

2009/3/11
午後から来週あるライブのリハ。
その会場でのリハだったけれど、こんなとこにこんなスペースあるのねぇ。
ホテルの半地下みたいなところだけれど、もともとなんやったんやろ?
めちゃめちゃめちゃ久しぶりにドラムのラリー(黒いほう)に会う。
バネあるなぁ。

夜、COMODOへ。

お客さんの出足が遅く、始まったのは結構遅くから。
HさんとHさんと(なんやわからんな笑)ラリー(褐色のほう)と。
このトリオとやるの初めてだが、最初は立ち位置がまったくわからず、
どないしてえーんや迷ってしまうが、
これはみんな独立してやらんとあかんねやなーと思う。それが普通なのかも。
ラリーはそんなドラムだった。正確やし。自分の脆さが際立った、あーあ。
でも概ね楽しかったけれど。


2009/3/10
箕作元総DUO@関目ブラウニー

めちゃめちゃ久しぶりにブラウニーへ。
いったいいつぶりやろ?店に入るとマスターM岡さんが迎えてくれた。
相変わらずだけれど、今日は「調子悪いわー」てなことで、
あんまりいつもみたいじゃない。ま、そういう日もあるか。
ライブ開始ぎりぎりになってK作くんも登場。のそっとライブ開始。

今日もなんも決めずに。2人でやんのんしばらく空いたので、ちょっとぎくしゃく。
というのと、どーーも花粉症の影響でぼくがしゃきっとせず。
2回目のステージになったらちょっとましになったけれど。
このしゃきっとしない感はなんとかせんとなー。でも薬とか飲みたくないしなあ。

それでも今日も1つか2つ、とてもいい演奏があった。まぁそれでいい。

2009/3/9
昨日ぐらいからすごく花粉症がひどい。
昨日もいい加減ぼーっとしていたが、
今日は本当に典型的な花粉症の症状で、黙ってても鼻水たらー。
考え事もできない集中力ない・・・あぁ、穴にでももぐっていたい。

2009/3/8
生田さち子~小前賢吾@西宮CornerPocket

ちょっと早めにお店に行って準備。
コピーに行こうと店をでたらK前くんに遭遇。
彼とはいつぞや夜中に呑んだぶりだけれど、
演奏するのは実は数年ぶりだ。しかも実は2度ほどしかやってない。
なのにすきなのよねー。

メンバー揃って早速リハ。
I田さんのオリジナルやオリジナルアレンジの曲を。
どちらもI田さんっぽい感じ。いい感じにおしゃれでかっこいい。
童謡とかそんな曲たちのアレンジ。あれいいなぁ。

ついでに僕の曲たちも。
きっとI田さんやK前くんならキャッチしてくれると思ってたが、
やってみると想像以上にいい感じで。。。ありがとう。
G上くんもさりげなくナイスプレイだし。

てなわけで、リハに時間えらいかかってもう本番時間。
ちょいと押してスタート。

CPでのライブはいつも緊張する。
いい演奏したいなーというのもあるけれど、
ちゃんとやらんとアカンという無言のプレッシャーがかかるから。
でも音がいいし、お客さんアットホームやし、やりやすいのよね。
1曲目からかなり楽しい展開に。
花粉症でぼけぼけの僕と宿酔いのK前君だったが、
それゆえかいらん緊張なく、様子見あったけれど、だんだんとなじんで。

I田さん以外はそんなにお互いに何度も演奏してきたわけではないので、
しっくり行くまでは時間がかかる。
でもお互いなんかいい音楽作ろうと思ってたら自然となじむもの。
それは経験とかそんなんとはまた関係なく。
今日はそんなことが起こりそうなライブだった。
お客さんもかーちゃんもそういうところ聞いてくれるし。うれしいな。

なかなか最後までスリリングで、盛り上がったというよりも、
じわっといったなーというライブだったので、スカっと感はなかったかもしれないけれど、
なんとなくみんな今後も期待できるなーと思えたライブだったんじゃないかな。
あー、体調いいときにまたトライしたいな。

終わってから、K前くんとうだうだ呑む。
音楽のこととかをぽつぽつと話すのは楽しいし、
それを理解してくれ興味もってくれるかーちゃんの存在は本当にありがたい。

今日もみなさんありがとう。

2009/3/7
ちょっと仕事。アットホームなパーティーで感じよかった。
天気もよくてよかったよかった。

2009/3/6
夜、キタのお店でちょこっとフライヤー配り。
なんか大人な音楽のイベントしたいよねー、なんて話をしたり。
ほんとどの店もご無沙汰で申し訳ない・・・

今日読みおえた本:宮部みゆき 「幻色江戸ごよみ」

2009/3/5
本当は今日S水さんとかとスキーの練習に行こうと
(彼は最近スキーに行くようになって、もうちょっと練習したらパラレルができるようになるそう)
言っていたのだが、どーも先月こけたときの手首の痛みが取れないので、
それはゴメンとキャンセルすることにし、
その代わりS水さんとこでご飯いただいて、んで治療もしてもらうという話になったのだ。

なので夜にS水さんちへ。実は行くの初めて。
あんまり僕は人の家いかないもんなー(笑)。
前に一度家の前まで来たことはあったけれど、場所はぜんぜんわからなかったのだが、
駅からほどちかくて便利。

着いて準備して鍋。うまいなぁ。
録画してあった「夢をかなえるゾウ」を3人で見ながら笑いこけたり。
手首は指摘されるほど今は腫れてて、痛みはましなのだが、
やっぱり状態よくないってので、いろいろ面倒みてもらう。
腰もよくないっていわれた。とほほ。

でもなんのかんのおーきにでした。感謝

2009/3/4
昼からスタジオ。終わってから来月あるUSHのライブのフライヤー撒きにいく。
久しぶりに夜のミナミの街をうろちょろ。
行きたい店(というかフライヤー置いてくれそうな知ってる店)があちこちに散らばってるので、
難波から心斎橋、四ツ橋、堺筋あたりをぐるぐる歩く。
水曜だったためか、行った店が全部あいてた。
中には定休日だったけれどたまたまいてくれて渡せたり。すばらしい。
しかし歩きつかれた・・・

見かけたら手にとってね!ピンクビラみたいに見えるけど(笑) >>こんなん

今日読みおえた本:石田衣良 「アキハバラ@DEEP」

2009/3/3
ひなまつり。今日もやる気なし。一段となし。なにもしなかった。しかし寒いな。
寒い日の雨は堪えるなぁ。

2009/3/2
オフ。たまってる家事したり。

ずーーーっと前から気になっていた、171号線沿いにある中華料理屋「揚子江」。
僕の好きな揚子江ラーメンと関係あんのかなーと思ってたんだけれど、
勇気を持って(?)いってみたところ、あのラーメンだった。しかも400円。安!
もしかして揚子江ラーメンチェーンの親元なんかなあ?

2009/3/1
3月、はやいもんだ。なんもする気起こらない。

Home > Archives > 2009-03

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。