Home > Archives > 2011-05

2011-05

2011.6月のスケジュール

■■■ リーダーライブ ■■■

6/25(Sat) 武井努4
大阪 心斎橋 COMODO 06-6258-8088
20:00~ 2,500-
[メ]武井努(Sax)、堀智彦(Pf)、原満章(B)、御薬袋一男(Ds)

■■■ その他のライブ ■■■

6/2(Thu) 武井~馬田DUO
寝屋川 萱島 OTO屋 080-6126-1529
20:00~
[メ]武井努(Sax)、馬田諭(Gt)

6/3(Fri) たけタケともみ
大阪 天王寺 The BAR ARITA 06-6772-8807
20:00~
[メ]清水武志(Pf)、東ともみ(B)、武井努(Sax)

6/4(Sat) MITCH’s Lil Brats Brass Band
大阪 アメリカ村 Blow Bar 06-6211-4300
Open 18:00 / Start 20:00 Adv.3,000-/Door 3,500(w/1drk)
[メ]Mitch(tp)、Atsushi(tp)、Tsutomu Takei(sax)、Kenji Suzuki(sax)、 Tb Cozy(tb)、Akihiro Tuda(tb)、Michiyasu Nagata(b,drum)、Oji(s.drum)、Tamotsu(tuba)
[DJ] Show-Nen. Nashi&Goreng and more

6/5(Sun) 竹田達彦4
■GREAT JAZZ SERIES vol.3
吹田 メイシアター 大ホール 06-6380-2221
Open 15:00 Start 15:25 Close 20:00
前3,000 / 当3,500
[出演]Aqua Jazz Orch. / Heart Beat Dixieland / JJS / Pair Shape / Somosmbo / Flores / Fresh Breeze / Steps / Marvelous Duo / Golden Senior

6/6(Mon) hikari(Vo)
大阪 心斎橋 アメリカ村 Soap Opera Classics 06-6121-6688
Open 18:30 / Start 19:00
adv 2,000 / door 2,500(別途1drink&1food 1,000)
[出演]栗山まき/hikari/加藤謙太(opening act)

6/9(Thu) Words Of Forest
神戸 三宮 Big Apple 078-251-7049
19:30~ 前1,800 / 当2,000
[メ]森本太郎(Ds)、清野拓巳(Gt)、三原脩(B)、武井努(Sax)

6/10(Fri) MITCH(Tp,Vo)
大阪 淀屋橋 ROYAL HAT 06-6204-1327
20:00~ フリー (チップ&カンパ制)
[メ]MITCH(Tp,Vo)、武井努(Sax)、永田充康(Ds)、杉山悟史(Pf)、宮上啓仁(B)

6/11(Sat) しのMINT
大阪 芦原橋 studio & cafe MAKE 06-6562-3294
19:00~ 前2,300/当2,800
[メ]大倉詩乃美(Vo)、清水武志(Pf)、折笠誠(Perc,Cello)、武井努(Sax,Fl)、林三菜子(B)

6/15(Wed) MITCH(Tp,Vo)5
大阪 梅田 ニューサントリー5 06-6312-8912
Live Time 19:50~20:30/21:00~21:40/22:10~22:50 1,800
[メ]MITCH(Tp,Vo)、永田充康(Ds,Vo)、武井努(Sax)、杉山悟史(Pf)、宮上裕仁(B)

6/16(Thu) Roko(Vo)4
■Cherry Jam 周年!
大阪 堂島 CHERRY JAM 06-6346-2323
19:30~
[メ]Roko(Vo)、宮川真由美(Pf)、福呂和也(B)、武井努(Sax)

6/17(Fri) Soul Fever
大阪 北新地 Mr. Kelly’s 06-6342-5821
1st 19:30/2nd 21:15 入れ替えなし
前4,000/当4,500
[メ]松田一志(Vo)、東原力哉(Ds)、西田まこと(Gt)、村瀬正樹(Key)、羽田北斗(B)、武井努(Sax)、堂地誠人(Sax)、横尾昌二郎(Tp)、江崎愛(Cho)、河合かずみ(Cho)

6/18(Sat) 福呂和也(B)3
大阪 北浜 RUMBA 06-6222-6700
18:00~ カンパ制
[メ]福呂和也(B)、武井努(Sax)、森本太郎(Ds)

6/22(Wed) E.D.F.
大阪 なんば Jazz Spot 845 06-6633-6288
20:00~ 2,200
[メ]清水武志(p)、西川サトシ(b)、武井努(Sax)、田中洋一(Tp)、光田臣(Ds)

6/23(Thu) 山内詩子(Vo)
大阪 天満 じゃず家 06-6377-1130
20:00~ 2,500(1drk,1food付)
[メ]山内詩子(Vo)、牧知恵子(Pf)、武井努(Sax)

6/24(Fri) たけタケ
大阪 桃谷 M’s Hall 06-6771-2541
20:00~ 1,800-
[メ]清水武志(p)、武井努(Sax)

6/27(Mon) たけタケ
愛媛 松山 千舟町 Bar Tommy’s 089-935-6220
2,000 (1st 21時/2nd 23時 2回ステージ入れ替え有り)
[メ]清水武志(p)、武井努(Sax)

『種を蒔く』ライブ

昨晩はMPP主催の東日本大震災チャリティーライブ、題して『種を蒔く』ライブでした。『種を蒔く』・・・主催の徳本さん(実は彼女は大学軽音の後輩である)の言葉によれば、こういうときに「花を咲かそう」とか「立ち上がろう」とかそういう言葉でいうほど自分は力強くできないけれど、種を蒔けばきっとそこから力強く芽がでて花が咲くでしょう、だからみんなで種を蒔きましょう、という想いからつけたとのこと。すばらしくいいトーンだと思いました。

今回のイベントの話を振られたときから、どんな風にできるか?普通でいいのか?誰が力を貸してくれるのか?という心配事ばかりだったのですが、ひとりひとりがそんな大きな力や気持ちをもっていなくても、気にしている人たちが少しずつ気持ちと力を持ちよれば、すごく素敵なものができてくるのだ、ということが身にしみてわかりました。自分がしょうもない心配していたのが恥ずかしいです。

台風近づく悪天候のなか、わらわらと集まって準備やリハも十分でないなか、カレー呂のお客さんや出演者の知り合いの方々など、たくさんの人が集まってぎゅうぎゅうの状態ではじまったイベント。最初にSugami(Vo)&泉尚也(el-b)のユニットの透き通った豊かな演奏があり、次に僕と大友孝彰(Pf)、千北祐輔(B)、吉川元(Ds)カルテットでの演奏をちょっとやって(自分の曲やらせてもらったけれど、若い力に押してもらってすごく楽しい音になった)、ボーカルの古田てるみを迎えてぐっとくるナイスな演奏がありました。そして最後はうだうだのセッション(笑)。宣言どおり酔っ払いでやってきた光田臣(Ds)や金澤琴美(Vo)、絹川くん(el-b)なんかに参加してもらいました。

そして間の時間には岡田幸史さんとロンドンズのみなさんでのコント。実はこれが一番観たかったのですが、2回ともめちゃめちゃシュールで面白すぎました。パキューン!(見た人しか意味わからないです)。そしてカレーも今日だけ特別の合いがけ(イチジクのやつと・・・なんかのキーマ、忘れてしまった)が抜群においしかったです。

客席もステージもそしてカウンターの中もみんな一体となって聴いて笑って喋って飲んで食べた、楽しいイベントでした。そしてこれが微力でも震災のなにかの役に立てればと思います。お越しいただいた皆様、出演してくださったみなさん、協力いただいた方々、カレー呂のみなさん、本当にありがとうございました&お疲れ様でした!!

また、こんな機会をMPPと協力して作っていきたいと思います。

MPP:Music Power Project

カレー呂

カレーがうまいのです!

トリオ@芦原橋cafe Make

昨晩は芦原橋cafe Makeにてリーダートリオライブでした。26日のPOCHIに引き続きだったので、3人の息もさらに合ってすごく楽しいライブになりました。いらしてくださったみなさま、Makeのみなさん、本当にありがとうございました。

自分のライブをやるということが最近またえらくプレッシャーがかかるようになってきてしまっているのですが、昨夜のように自分の曲たちを自分の好きなように演奏して、それを楽しんで聴いてくださるみなさんがいて、一緒に楽しんでくれる仲間がいて、というのはすごく幸せなことだと心底思い、やってよかったなーと思えました。ごく当たり前のことなんですけれどね。

新しく書いた曲たちもいい感じになっていきそうだし、前からやってる曲も宮上氏、小前氏がすごく理解してくれて、自分の想像以上におもしろく演奏してくれるので、見ていて楽しくて仕方ありませんでした。こんなライブできるなら、まだまだ演奏やっていけるなーと思えた夜でした。

まだまだやりたいこと、目指すことはたくさんあるので、そんなに頻繁なペースでなくても自分のライブやっていきたいと思います。またまたよろしくお願いしますね >みなさま

 

MCしてます(下手(^^ゞ) photo by AKIちゃん

MCしてます(下手(^^ゞ) photo by AKIちゃん

 

 

 

トリオ@明石POCHI

今夜5/26は結構久しぶりに明石のPOCHIでリーダートリオでした。リーダーライブやるのも久しぶりだし、POCHIはもしかして今年初めてだったのかな?今日もちょっとうっとおしい雨の中、ドキドキして行ったのですが、変わらない感じでN店長もお店の子たちも、オーナーもごきげんで楽しい夜でした。

システムがちょっと変わって3ステージだったのですが、結局前面オリジナルばっかり(まぁスタンダードをちょっとやったけれど)やってしまいました。でももうここまでいつもどおりできてしまうと、自分の曲たちがスタンダード。久しぶりやった曲もあったけれど小前くんも宮上くんもちゃんと憶えていてくれるので、すごく楽に、そしてすごく楽しんで演奏できました。曲が出来てすぐではなくて、こうやって何度もやって時間が経っていくと、みんな各々の曲のイメージが出来てて、それらを演奏しながら持ちよってやれるのが何よりうれしいです。

今日は結局新ネタは1曲だけだった(カリプソの曲、タイトルまだなし)けれど、いい感じになりそうな予感。もうすこし詰めるというか、足せる部分ある(小前くんからアイデアもらった)ので、それが出来たら完成のような気がしています。めちゃ単純な曲だけにどう育つかが楽しみです。

で、このトリオ、明後日28日にもやります。大阪 芦原橋cafe Makeで19:30~。自由に楽しく紡ぐ音を聴きに来てくださいね。待ってますー。

演奏終わって、ふぬけな3匹

江國香織 – いつか記憶からこぼれおちるとしても


たとえるなら江國さんの紡ぐ文章というものは、ひとくちで食べられるほど小さな、でもゆっくり味わえばほのかにでもはっきりとしためくるめく香りと味を楽しむことの出来る甘いお菓子のようなものなんじゃないかなと思う。一見するするっと流れる文章のなかに突然現れる確固たるおかしなテイスト(でもそれがおかしくは感じない)や、はじまった瞬間から周りの音が消えてなくなるほど隔離され確立された孤独感や、ゴール間際になって初めて思い知る長いゆがみの曲線たち。それらの香りや味がたくみに(それが狙ったものなのか、自然に生まれるものなのかはともかく)並べられ、一口くちにいれた瞬間から江國さんの世界のとりこになってしまう。

あと、漢字とひらがなとカタカナの選び方、バランスが絶妙だと思う。とくに好きなのは「ずぼん」そして「りぼん」(この物語には「りぼん」が何度も出てきた)。往々にしてカタカナで表記されやすいこれらのことばをひらがなにしたときに、その音のおもしろおかしさや、すこしだらっとした感じや、かわいらしさを醸し出せることを知る(「ぼん」という発音がそうさせるのかも)。割とひらがなが多いのはきっと本人のくせもあるのだろうけれど(女の人の独り言に含まれる子供っぽさのよう)、本を開いたときの文字がつくる模様が、がしがしした感じがしないためかも。物語もそうだけれど、目に触れる形としてもあまりひっかかりがないようにしている感じがする。

さて、この物語は女子高生たちの初冬のちょっとした物語たちだ。まだ大人でない分、素直にそして残酷になれる彼女たちの姿がさらりと描かれている。こうして彼女たちは生きているのだろう。何かを訴えることもなく、とくにおおきな事件が起こるわけでもなく、結論が生まれるわけでもないけれど、その6つの短編を読んだ後にはなにかほのかに心がわさわさする感じが残る。でもそれを確かめようとするとはかなく消えてゆく。これが江國さんの魅力なのか。

個人的にはひとつめの短編「指」が好き。

装丁の黒猫(白いソックスを履いている)がかわいい。

朝日文庫 2005

Home > Archives > 2011-05

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。