Home > Discography > Very Shippolly / Ensemble Shippolly

Very Shippolly / Ensemble Shippolly

veryshippolly Very Shippolly / Ensemble Shippolly

ピアニスト・作曲家の西島芳率いる「アンサンブル・シッポリィ」第一弾。斬新かつメロディアスに、3つの管楽器と声、ピアノが重ねる息づかいをDCシステムで収録。  管楽器と声のアンサンブルを中心に据え、即興的な要素を取り入れて表現するその音楽は、前衛的な一面を持ちつつも、メロディアスで骨組みのしっかりした楽曲、ピアノという楽器に支えられ、驚くほど耳にすっと馴染むものになっている。落ち着きや安心感、親密さ;まさに京都弁でいう「しっぽり」とした雰囲気を醸し出している。

リーダー西島はデビュー作「王様の足許に跪く女」、スウェーデンで録音した「White In Dark」に並び、情景の浮かぶような楽曲を書き下ろしている。主翼メンバーには、関西を拠点にジャンルも地域も縦横無尽に活躍する武井努、ジャズのエッセンスを巧みに取り入れ歌い上げる中山雄貴、芳垣安洋ほか欧州のミュージシャンらと共演し即興演奏家としての才覚が注目される有本羅人。

2015年より活動を開始、時にヴィジュアル・アートや他の楽器のゲストを迎えながら、満を持して2017年夏、管楽器の響きのよさで定評のある兵庫県加東市コスミックホールにて録音。五島昭彦による’金田式バランス電流伝送DC録音 システム’を採用し、息づかいやアンサンブルの機微までを生け録りにした作品に仕上がっている。

【Member】
西島 芳 Kaori Nishijima(piano/voice)
武井 努 Tsutomu Takei(tenor&soprano saxophone, clarinet,flute)
中山雄貴 Yuki Nakayama(trombone)
有本羅人 Rabito Arimoto(trumpet, flugelhorn, bass clarinet)

【Tracks】
1. A Year Goes By(Kaori Nishijima)
2. Ships Confidential Return Home (Kaori Nishijima)
3. 七夕(Kaori Nishijima)
4. スマイル (Tsutomu Takei)
5. Summertime (Du Bose Heyward / George Gershwin)
6. Bran New Cubic(Kaori Nishijima)
7. 手紙 (Yunaka Kouta/Rabito Arimoto)

2018/2/28
NITECO STUDIO & MUSIC ARTS NS-0717
税込2,160円 (税抜2,000円)

[取り扱い]
楽天
Amazon
HMV
DISK UNION
Tower Record

Home > Discography > Very Shippolly / Ensemble Shippolly

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。