ホーム > タグ > グインサーガ

グインサーガ

栗本薫 – サイロンの光と陰(グインサーガ121)

サイロンに戻ったグイン。大歓迎を受け、本人も、大帝も、臣下たちも皆大喜び。読んでるこっちも「ああ、戻ってきたんだなー。万歳!」なんて思ってしまう ほど(笑)。が、そのなかにあって誰しも口にしないことがあった。それはグインの妻のこと。実は長い間人前にでてないらしいのだ。それを聞き、彼女に会い にいくグインであったが、そこで彼が見たものは・・・・・

ひええー、な展開でございます(笑)。ま、もともと不貞な感じの人ですけれど、そこまでめちゃくちゃじゃなくていいんじゃないかーとも思ったり、仕方ないなーとおもったり。もしかして作者、暗に彼女を亡きものにしようとしてるんじゃーないでしょうねー???

やっ とこさグインがケイロニアに戻った。今回の遠征も長かったなー。しかしようやくアキレウスが元気になってうれしい。やっぱりするべきなのは親孝行か。昨年 末から病床にあった作者だけれど、あとがきを読む限り元気そうでなにより。でもこの物語がいったいいつまで続くのかは、ファン一同不安なところだろうな。

サイロンの光と影―グイン・サーガ〈121〉

サイロンの光と影―グイン・サーガ〈121〉 – Amazon

栗本薫 – 旅立つマリニア(グインサーガ120)

記憶の喪失の旅を終えてパロにたどり着いたグイン一行。そして古代機械によってまた新たに記憶を塗り替えられてしまったグイン。その後も治療と記憶の再生 を試みられるが、まだ完全ではない。しかも意図的にパロや中原の情勢に影響を与える事柄を微妙に伏せられてしまい、グイン本人もなにかしっくりこない中、 彼は病床に伏す義父のもとへ旅立たねばならなくなり、また問題のフロリー親子も旅立つことに。一人マリウスは宮廷にしばらく残る決意をする・・・・

しかし情勢が情勢だけに今後の展開も非常に気になるところ。ミロク教の妙な伏線もでてきたしな。さてどうなりますやら。

旅立つマリニア―グイン・サーガ〈120〉

旅立つマリニア―グイン・サーガ〈120〉- amazon

Home > Tags > グインサーガ

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。