Home > Blog > (旧)2000.10月の日記

(旧)2000.10月の日記

  • 2000-10-01 (日) 0:00
  • Blog

2000/10/31
来月からも譜面の用意やらなんやらかんやらをしないといけないので、
ようやく重い腰を(ほんとは尻軽(^^ゞ)あげてMACくんに立ち向かおうと、
DTM関係のソフトの解説書(やっぱり何もなしでは何もわからん)を探しに行くが、ない。
パソコン屋のほうがいいのかな。

今日はハロウィーンだったはずなのだけど、
街にはそんな兆しはまったくない。ケーキ屋とか行けばすこしはあったのかもしれないけど。

本場?欧米では大人から子供までそろってハロウィーンを楽しんでいるようで、
なんかすこし羨ましい、、、ような気もするけど。
別に日本で悪魔払いは必要ないかー。

ホットカプセルから「さぬきうどん全店制覇攻略本2」が遂に発売!!
が。その辺の本屋には置いてないぞー。ほしいぞー。

2000/10/30
夜、1時ごろ床についたのだけれど、なかなか寝付けない。
なぜかはわからなかったが。。。。と、そこに地震が!
最初はそうでもなかったが揺れは結構長く、大きくなっていった。
夜寝静まったころの地震というのは本当に怖く、
忘れかけていた5年前の大震災のときの記憶を呼び起こすのに十分だった
(うちは5階なので結構揺れるのだった)。

頭上近くにあったモニターが落ちてこないか心配しつつも、TVをつける。
しばらくして地震の情報が。今度は愛知か。
頻繁に、しかもわりと大き目の地震がつづくこのところ、不安で仕方ない。
一時「地震の時期にはいった」と言われていたのは本当なのかもしれない。

余震におびえつつも再び寝床へ。結局なかなか寝付けなかった。
最初に眠れなかったのも、もしかしてこの地震の予感があったのかも。

数時間前に話しは戻るが、今日はストリートだった。
しかしこのところめっきり寒くなってきたので、
ストリートも終わりのほうになってくると手がかじかんでくる。

途中用事があってTELしたついでに誘ってみたら、隊長が参加しにきた。
しかし隊長、どうみてもピアの弾きには見えんぞ。
なんでそんなにアルトやクラが上手いんや?(昔アルトはやってたけど)

ストリートをやっているといろんな人が前を通過していったり、
立ち止まってくれたりするわけだけど、最近特に目に付くのが、
歩きながら煙草を吸ってる女性の多さ。
気になるからかもしれないけれど、結構多いようにおもえる
(無論男のほうがだいぶ多いのだけど)。

でも女性の場合、これは偏見かもしれないのだけれど、
ぜんぜん似合ってない人がほとんど。なんか様になっていない。
立ち止まっているとそうでもないのだけど、歩きタバコはなんかカッコ悪いぞ。
と言うか妙におっさんくさい感じに見えるのだ。ちょっと嫌だなぁ。
#だいたいにおいて歩きタバコ嫌いなんだけど > σ(^_^)

2000/10/29
2日連続でゆっくりできるとは何と幸せなことか!

しかし天気が悪いので、洗濯ができない。
悩んだ末(そんなことに悩むなといわれそうだが)、
洗濯機をまわして、干すかわりにコインランドリーへ。
ほっておいたら乾くから、ほんと乾燥機って便利。

夕刻、先日仙台まで結婚式に出席しに行ったいとこの披露パーティーがあったので、
それに出席する。
今回は夫婦ともども黒の衣装。なかなか似合ってた。

またリクエストでソプラノを吹いたんだけれど、
相変わらずピッチがわるい、ほんと悪い。情けない。
慣れるための練習をしないといけないのだけど、
今日みたいに時間があったけど、天気がわるいとなぁ。。。。
カラオケボックスとかいくかなぁ。

CD NOWに発注したCDがまだ届かない。
10日も経ってるのにー。AirMailのはずなのにー。
どうしてだ?郵便番号かいてなかったからかな?

2000/10/28
久しぶりに何もない日!さー家事に洗濯に・・・・と思っていたが雨(T^T)。
雨の日の掃除というのはなんとなくきれいにならないような気がして、
気が進まないのだが、この2週間ほどまったくしていなかったので、
部屋は散々の様相を呈しているので、がまんして掃除。

今回のメインは机の上まわりの整理整頓だったので、
いらない書類などを思い切って捨てたり(って、要らないんじゃないの?>自分)、
別の場所に移したりして、場所をあけ、
今は平面に展開されているFAXやノートパソコン類を積み上げるために棚を買ってきてならべる。
おかげで今まで床にころがっていたプリンタまでちゃんと机に載った。うれしい!

でもこの作業でえらいつかれてしまった。
早く就寝する。ええことや。

2000/10/27
ゴローちゃんとCooleyの新曲のプリプロについての相談。
といってもMDを渡してもらっただけだったけど(笑)。

来月半ばくらいにはだいたいのアイデアを提出しなければならないので、
そんなに時間はない。また最初のプリプロのためのミーティングにどうやら
参加できなさそうなので、こっちのアイデアを具体的な音にしておいたほうがいいと
思われるので、うーん、ついにDTMに手を出さないと。
譜面だけじゃわからないことばかりだから。

飲みながらバンドの話やら音楽のよもやま話に花が咲く。
やっぱりやるなら一生懸命音楽だけやりたいし、
どういう音を目指したいとか、なんとかかんとか。。。。

今年はいろいろバンドが始動しはじめた年だったけれど、
来年ははばたく年になったらいいなあ。

2000/10/26
久しぶりの夜オフ(^^ゞ。

ここ何日かまともに飯を食っていなかったので、
お気に入りのT源に行ってたくさん食べる。うまいなぁ、幸せ。
餃子のたれには思いっきり酢を入れた。うまい!

2000/10/25
Sabrosura のリハーサル。

先日までやってたレコーディングがすべておわったので、
簡易にMIXしたものを聞く。まぁまぁな出来栄え。
あとはきちんとMIXしてマスタリングする。

この音源はネスレ関係の何かになるらしいのだけど、
それは置いておいて、マキシシングルとして売り出す予定。
発売は予定通りいけば、1月14日に行われるサルサイベントで発売。
もしくはCD発売記念ライブを別途やってかもしれない。
でも時期的には来年1月ということに。

ということはプレスとかもやらないといけないので、
もうさっさと残作業をやってしまわないといけないらしく、
ジャケ写やアルバムタイトルやらいろいろ用意が必要。
リハーサルの間の休憩ではこんな話題に終始。
なかなかいいジャケ写のアイデア、
アルバムタイトルのアイデアがでない。

どんなものになるかはお楽しみ。
僕も楽しみ!

なんかええアルバムタイトルないかなぁ。

2000/10/24
秋も深まり、空気がさわやか。
金木犀の香りがほのかに街に漂っている。
とても好きな香りなので、気分がいい。

ストリート。

昨日とは打ってかわってよい天気、暑いぐらい。
第一生命ビル前でやっていたが、またしても人が少ないなと思ったら、
今日もサッカーだと(結局勝ったらしいが)。うーん、ついてないなぁ。
しかし、こうもてき面に変わるものかなというくらい人通りが違う。
ほんとかな。

途中、しつこいくらい駐禁がくる。おまけに工事関係者も。。。と思ったら、
実際に工事を夜中するらしい。びっくりした。

2000/10/23
Sabrosuraのレコーディング。
今日でホーン隊の音入れは終わらないといけない。
作業は吹き込んだ4曲のまずい部分の修正&ソロ。

ボーカル入れが終わるのを待ってからのREC開始。
最初にソロを取ってしまえというので、ブース内にはいる。
僕が担当するのはチャチャチャの曲で別に難しい訳じゃないのだが、
なにかあわなくて、ぼちぼちなテイクしかとれない。

時間かけてもだめそうだったので、次に譲る。
TbのM田くんもえらい苦労してた。

その後、ホーン隊の修正を。
一曲ずつまずは確認して修正個所を洗い出しての作業。
修正する個所はそう多くないものの、時間がかかる作業。
4曲とも終えたときには、すでに5時。あーねむ!!

それでもソロが気に入らなかったので、録り直させてもらう。
最初よりはなんかなじんできていたので、2テイクぐらいで、まぁまぁなものが。
でも理想には程遠いけど・・・・・・・・。

また、自分の未熟さにトホホとなった一夜だった。

2000/10/22
そのままくーやんと友人宅でごろ寝。よく寝た!!

昼過ぎまでうだうだし、
一宿のお礼じゃないけど、おかしかったRISKYのホームページを手直し。
まだおかしいのだけど、なんとかごまかして一応動くようにした。

実は今日の帰りの飛行機の便がまだ取れてないのだけれど、
それはGんちゃんに一任してあるのだが、、、、、連絡がとれんぞ!
寝てるのかなぁ?いつも寝る間ないっていうてるもんなぁ。

一抹の不安をだかえ、一向は町へご飯をたべに。
トンカツがうまかった!肉厚でジューシー、それでいて堅くない!
あー、幸せ!

そのままグレッチへ顔をだすが、昨晩「夕方にグレッチで」と約束した
Gんちゃんは現れず。TELも相変わらずつながらない。
まぁ、飛行機のれなくても船も電車もバスもあるんで、
明日朝までにはどうやってだて帰れるけど、
飛行機が楽だからなぁ。。。さて、どうしたものか。

19時のフライトなのに18時になってもまだ連絡ないので、
そろそろやばいなぁ、と思っていた矢先にTELが。

「ごめーん、寝とった~」

(笑)。普段寝てないからそら疲れがたまってるんでしょ~。
何にせよ、一安心。

が、グレッチに来て飛行機の予約状況を確認すると(i-modeで。便利ですなぁ)、
なんとなーく予想してた通り、満席!あせるGんちゃん!

とりあえず空港行ってみよ、というんで行ってみた。
普段はとろとろ運転しかしないGんちゃんも、さすがにアクセル踏む踏む(笑)。
JASのカウンターで聞いてみれば、ちゃんとあったあったキャンセルが。
その席をありがたーく頂戴して、無事搭乗。いやはやGんちゃん、おつかれさま&
ありがとう!

今回もまたまた松山の方々に多大な世話になってしまった。
ほんと、ありがとうです。またよろしく!

2000/10/21
松山グレッチでライブ。このライブはかなり久しぶり、
ずっとスケジュールがあわなかったからなぁ。

伊丹から飛行機に乗り、ぐぐっと上ったかなーと思いつつ本を読んでしばらくすると
もう降り始めて、「まもなく松山空港です」。ほんと近いよなぁ。
キャノンボールみたいに走って(しかも地道)いくとほんと遠いのになぁ。

今日いっしょに演奏するGんちゃんに迎えに来てもらい、
その足で前々から行きたかった三津にあるうどん屋「おどるうどん永木」へ。
あまりにも美味かったので、肉うどん、しょうゆ、ひやひやと3杯もたべた。
だって美味いんだもん(言い訳)。

その後会場となる徒町のGretschへ。しばしコーヒー&漫画でのんびり。

そのうちマスターやNたくんがやってきたので、
おもむろにリハーサルを。今日やる曲は結構難しい。
感触がつかめる曲もあれば、どうなるか不安なものもありで、、、、
まぁやってしまえば一緒(?)なのだけれど。

本番は盛況でお客さんも随分来てくれた。ありがとうございます!
やっぱり難しい曲は難しく(アタリマエ)、
思っていた感じに仕上がらなかったものもあったけれど、
全体的には頑張ったほうかな。
でもやっぱり自分の未熟さにトホホ・・・・となるのであった。

おわって、三番町のRISKYへ移動し、眠い目をこすりながら、
あーだこーだしゃべって飲む。途中なんども寝てたみたいだけど・・・・
はっと気がつくともう朝。それでもくーやんをはじめとして、
みなで飲み続け、はけたのは7;30頃。

さらに恒例のごとく、朝ご飯をたべに割烹「小六」へ。
しんどい朝にもここの味噌にゅうめんはやさしく腹におさまるのだった。
あーねむい。

2000/10/20
EDFのライブ。ひさびさの雨。

雨のせいか、お客さんの出足は悪かったのだけど、
時間が経つほどに集まってきてくださって、最終的には満員になりました。
ほんと、みなさんありがとう!

今回はN川さんがだめでそのトラ(エキストラね)に若手ホープのM野くんが来てくれた。
彼がハード目のプレイをしたせいか、いつもとベーカーさんの音が明らかに違う。
いつもよりぐぐっとJazzドラムっぽい(笑)。
いや~、M野くんがすごいのか、それを感じ取るベーカーさんがスゴイと言うか。

隊長はいろいろ思うところがあったようだけど、
ライブ自体の内容はよかったと思う。
幸せ感よりドライブ感のでたライブだったんじゃないかな。

また一つ年をとった。
年をとる毎に自分の未熟さがよく見えるようになってくる。
いろんな意味で、いろんな面で、もっともっと鍛練していかないといけないな。
また新しい一年を迎えるにあたって、
僕を支えてくれている人たちみんなに感謝。

2000/10/19
急遽USHのミーティング、12月のライブの内容の検討。

メンバーそれぞれ忙しいので、このくらいから内容を検討して、
スケジュールを立てて行かないと間に合わないかも、
というので、ホーン隊+事務所での相談。

12月のライブはまさにクリスマス当日で、
しかも「Holy Night For Lovers」というタイトルで行うもんだから、
まぁ、いつもとは違い(というかいつもに加えて)、”らしい”演出とか選曲が必要になる。
一同頭をつっつきあわせて、あれやこれやと選曲、アイデアだし。

候補は山ほどでるけれど、出来る出来ない、とか、そぐわない、とか、
曲順にするとどーも。。。とかいろいろあって、足したり引いたり。オリジナルもしたいし。。。
なかなか時間のかかる作業。

結局、大まかなコンセプト、大体の曲順なんかが決まった。
文章で書いたらこれくらいやけど、5時間くらいかかったもんな。
(いらん話してた時間も長いけど・・・・・(^^ゞ)

さーて、次回どんなライブができてくるのかは、来てのお楽しみ。
各人のフューチャーものとか、またゲストとか・・・・いろいろあるっす。
#って、誰も読んでないか・・・・(T^T)

2000/10/18
友人たちと集まって飯でも、と。

さぬ探の補佐N澤の意見にそって、あつまったのは天満。
いろいろあって楽しそうなのは知ってるんだけど、探索したことはないし、
行くといっても、行き付けの寿司屋と天神祭ぐらいだもんな、この辺。
だから今回どんなとこいくのかは非常に楽しみ。

で、JR天満で集合し、まず向かったのは天5にある「奴寿司」。
おまかせでほいほい出してくれるので、考えずに食えるので楽、
しかもええタイミングに当たれば、
ええネタがじゃんじゃんでてくるとのことで、期待大。
(どんなネタがのってても一皿300円なのだった)

が、わりと閉店時間に近かったせいか、ネタも切れ気味で、
それなりにおいしく楽しめた。
N澤言うには、土曜の昼がオススメらしい。

その後ぶらぶらと天神橋商店街を探索。
メインのストリートも大概いろいろあるんだけど、
一本裏に入ると、そこはまるで別世界。
というのもここ、戦後は闇市だったところだそうな。
小さな商店が軒を連ねている。

有名どころではうなぎの天五やとかね。

でも、今回の目玉というか穴場として案内してもらった
(あまりにもディープなので前通っただけ)のが、
「上海食堂」という店。
店自体は4畳そこそこしかなく、あとは店の前にテーブルならべていて、
タイとか中国の屋台を彷彿とさせる雰囲気。
名前の通り出しているのは上海料理で、シュウマイとか肉まんとからしい。
いや、大阪でこんなディープなシチュエーション持ってる店にであうとは。

それ以外にもどうみても飲み屋にしか見えないイタメシ屋とか、
実際の店舗が隠れて見えないお好み焼きやとかとか、、、、、いろいろ見た。

いやー、天満、奥深いとこですねぇ、これは。
ぜひ再探索しにいかねば!

2000/10/17
ストリート。リーダーの指令(?)で今日は珍しく京橋。

ここでストリートするの何年ぶりだろ?
だいぶ長い間やっていない。Jazz系のミュージシャンもそうはやっていないのは、
実は以前某Hくんがややこしい系の人(謎)ともめたことも原因のひとつらしい。

半月ぶりくらいなのでがんばろっと、と思っていたけれど、
ここでは同じようにややこしい系の人(謎)が仕切っているらしく、
大きな音ではやれない。実際にやってる途中に一度注意されたそうな(僕は見てなかった)。

なのでアンプはなし、タイコも極力小さな音で、
無論管も小さな音で。

これがごっついストレス。ばーーーーっと吹きたくなる衝動をおさえて、
小さな音でやりつづけるのは!
でも体力はぜんぜん消耗しないし、
実はいい鍛練にもなるのだけれど、、、、、、うー、やっぱりストレスや!

おまけに途中で救急車に中断させられるし(さすがに救急車がきている付近ではやれんですよ)。
しかもそのまま時間切れでフェードアウトしてしまったし。。。。。
あー、えーことないなぁ。
いつもより人がすくないような気がするな、とおもったら、サッカーやん!またか!!

でもそういう中でも暖かく聞いてくれた方々、どうもありがとうございました。

●世間への苦情シリーズ(その3)
道をとってストリートやってる我々も悪いのかも知れんけどさ、
通り掛かる人たちの中にはチップ入れてもらうための箱とかを知らずに蹴って、
一瞬「あ!」とか思うくせに、そのままほっていく輩がよーけおる。
まだ謝る奴はましやけど、知らん振り決め込むやつのほうがおおい。
たいていケータイでしゃべりながら歩いてるやつ。
おまえらなぁ、元に戻していけよ!それかせめて謝るかせーよ。
むっちゃ気分悪いわ!!

2000/10/16
スタジオへと43号線を車ではしっていると正面におおきなお月様。
地表近くだと大きく見える月、今日のはなにか清々しさを感じさせる。
秋の空気になってきた証拠かも。
なぜかうれしくなってしまう。
ふと頭を過ぎるのは「おぼろ月夜」のメロディー。

Sabrosura のレコーディング。
今日はオリジナル新曲2曲。譜面づらはそう難しくないのだが・・・・・

勢いのある曲だとセクション内のこまかいピッチはそれほど気にならないのだが
(むろん正確であるに越したことはない)、
今日の2曲はどっちもゆっくり目なので、きちんとハモらせないと、聞こえが悪くなる。
なので、そういう点で時間を食ってしまった。
超一流の集まりだったらできるんだろうけどな、我々ではとてもトテモ・・・・(^^;;;

しかも、何と、1曲はフルートだった。
じぇんじぇん満足に吹けないのにイキナリRECはつらいのだけど、
やらなきゃならん!というので頑張ってみたのだけど、、、まぁ、及第点ぐらいにはできたけど、
理想には程遠いような気も・・・・・・・するな。こりゃ鍛練が必要かと。
いろいろ勉強させられる点もあったし。

結局またまた3時過ぎまでかかってしまう。
まだソロパートや前回REC分の直しがあるんだけれど、
もうスタッフも含めくたくただったので、今日はここまで、次回に。

スタジオを出ると来しなには地表近くだったお月様はすっかり頭上に。
すこし雲がかかって薄ら明かりのおぼろ月。
まさか、歌のせいじゃないよな?

明日は雨かな?

2000/10/15
結局4:30帰りだったのだけど、昨日免許の更新ができなかったので、
センターの受付開始と同時ぐらいにいってやろうと、3時間ほどの睡眠で起床
(休みの日には滅多にしないのに!)。

受付開始9時の15分ぐらい前に到着した、、、、が、、、すでに長蛇の列が?!
しかももう更新終わったらしい人もちらほら(帰っていっている)。
「?」と思いつつもセンター内に入ろうとするが、すでに人がいっぱい。
少なく見ても300人はいる。こんな調子じゃとてもじゃないが昼までに終わりそうもない。
そう、今日は昼からUSHのストリート、そして天満音楽祭がある。

今日を逃すともう更新に行く日がないのだが(やばい)、仕方なく諦めて(どないしよ)帰る。
そのまま大阪へむかってもよかったのだが、ちょっと時間が余るので、
いったん帰宅し、忘れ物をとって(そう、昨日METROにリードケース忘れてきた、悲しい)、
コーヒーを飲んで一休み。

ストリートは阪急FIVE公認のもので、FIVEとHEPPの間で。
毎週日曜日昼にいろんなアーティストが変わりばんこに出演しているらしい。
僕らもそれにならって40分くらいのステージを(といってもストリートだけど)。
道行くひとが立ち止まってみてくれたりするのはとてもうれしい。

その後すぐに移動して天満音楽祭へ。
Unitedの出演場所は先日出演したパタパタのある帝国ホテルに程近い「明福寺」。
お寺で音楽というのもなかなか。
そこでは僕らと大阪のアマチュア老舗ビッグバンドのひとつ「レイバーズOche」との交代ステージ。

寺1Fのスペースをあけて、さらにオープンエア
(というと聞こえはいいが、実は境内)にしたスペースに席をならべてのステージ。
お線香の香りがほのかにするのがとても心地よかった。
演奏はなんだろ、まーまー、な出来でしょうか。
さすがに特設のステージだけあってやりにくかったのは仕方ないけど、
あの狭いスペースで爆音を聞いてくれたお客さんたちに感謝!

控え室にあてられていた2Fの部屋(ご本尊があるとこ)には納骨所もあって、
ちょっとコワかったのだった。

2000/10/14
さすがに疲れて眠りこけるが、昼過ぎに起きる。
免許の更新に行かねば!

久しぶりに電車で降り立った明石はだいぶ雰囲気が変わっていた。
昔の駅の雰囲気よかったのになぁ。
どこにでもある駅になりつつあるような感じがする。
ってJR西日本はいまどこもそうか。

さらにバスに揺られて免許更新センターまでいくが・・・・・・、
あら?閉まってるやん!ちゃんと調べてこなかったのが悪いのだけど。。。。悲しい。
時間と金を無駄にして(本はゆっくり読めたけど・・・・・(苦笑))家に舞い戻る。

夜中はSabrosuraのライブで京都までいかないといけないのだが、
昨日の疲れか、マコちゃんの風邪がうつったかで、発熱し、動けない。

結局18:30の入りにはいけずに本番前の11時ぐらいに京都京阪丸太町のMETROへ。
夜のうちに帰りたかったので車でいったんだけど、ほんとつらかった、運転が。

肝心のライブは、うーん、最近のSabrosuraにしては珍しく、失速気味。
音が悪かったせいもあるんだろうけど、ライブ自体のノリがよくなかった。
METROはこういうサルサナイトの9周年記念ということでお客さんはたくさん来てくれてて、
隙間もないほど踊る人だらけだったんだけど。。。。バンドのほうが圧倒されてたのかも?

しんどい体に鞭打ってなんとか2ステージこなして、すぐに帰路へ。

豊中~西宮ぐらいの名神のストレートってほんま、眠い。

2000/10/13
United Soul Horns、パタパタでのライブ。

今回は割と余裕をもって迎えられた(と、僕はおもってる)このステージ。
内容は以前と同じものもあるし、新しい試み(コーラスとかね)もあるし、やるほうも楽しみ。
そして何よりも今回はダンサーがゲストとして参加してくれる。楽しみ。

いつものよーに始まったライブだったけど、
1回目のステージはみな落ち着いてやれたんじゃないかとおもう。
グルーブはよかったと思う。2回目はだいぶやんちゃしてしまって粗くなっちゃったけど。

ダンサーも期待通りに踊りまくってくれたし、
ちょっと強引だった(いつもか・・・)けれどお客さんも踊ってくれたし、
マコちゃんは相変わらずのプレイを聞かせてくれたし、やりながらも楽しめてよかった。
ま、反省しだしたらキリないんだけど。

打ち上げはミナミの焼き肉屋、その名も「Sex Machine」で。
分厚いロースがむちゃくちゃうまくて食べまくってしまった。
途中でJAYEさんが現れたりなんじゃかんじゃ楽しい宴会になった。
飲み過ぎないようにと思ってたけど、それは甘かった。。。。。反省。

その後も懲りずにまたまたSoulFacktryへいくが、眠くて意識は朦朧。
何をしていたか覚えていない < 寝ていたはず。
FとかSが脱いだとか脱がないとか、、、、、あーはずかしー。

おまけになんとかSくんを送って、自分も帰路についたのはついたのだが、
あまりにも眠くて43号線で「ちょっと・・・・」と車をとめて仮眠し、
おきてみたら4時間もたってた。。。もっとはよ帰ろうとおもってたのに、
すっかり太陽は中空、悲しい。

やっぱりUnitedもホーン+リズム隊という図式ではおのずと限界があるから、
今回みたいにダンサーいれてみたり、ボーカル招いてみたり、いろいろ試してみたいな。

2000/10/12
Sabrosuraのレコーディング。
今回のRECはネスレ関係らしいのだけど、詳細はしらない。
どうやらオムニバスのCDを制作するそうなのだが、
Sabrosuraはオリジナルを4曲提供することになっているらしい。

今日は2曲のみ、しかもいつもやっているやつなので比較的楽かと思われたが、甘かった(苦笑)。

あたりまえだけど、細かなアーティキュレイションとかを決めてやっていくわけだけど、
ぜんぜん揃わない(苦笑)部分とかもあって、6時間くらいかかってしまった。
一人でソロとかで録音するときは、何テイクもどんどん一人でとっていけばいいのだけど、
セクションとなると、全員がバシッと揃わないとOKテイクがでない。

大きなスタジオだったら各人がブースに分かれてばらばらにとればいいのだけど、
今回お世話になっているのは部屋が2つしかないので、
TP×2とTb×2+Saxに別れての録音だったので、2人または3人が同時にうまくやらんと、
OKテイクがでない。っていうわけで時間がかかったのだった。

とくにねぇ、Tpとかは結構きつい譜面をガーガ-吹かされている(笑)ので、
テイクを重ねるごとにしんどくなっていくので、さっさとOKにしていきたいのだが、
一度ハマッてしまうとなかなかね・・・・。

ま、そんなこんなの苦労もあり、2曲は無事にとり終えた。
出来は、、、まぁまぁか?あとはMixのマジックに期待しようっと(苦笑)。

2000/10/11
Sabrosuraのリハーサル。今日はホーン隊が妙にハイテンションだった。
あすのレコーディングは大丈夫なのか??

明日のRECに向け、ホーン隊のみですこし練習。
新曲が2曲あるので、結構大変かもしれない。

2000/10/10
もともと今日が体育の日だったんだけどな。
なんかやっぱり10月10日=体育の日のほうが語呂(?)もよくてそれっぽいのにな、
と思うのは僕だけではないはず。

疲れが抜けない。

2000/10/9
いとこの結婚式。

とてもべっぴんさんだった、いうことないよ~、
幸せになってほしい。だんなもいい奴だし、そんな心配してないけれど。
恵みがたくさんありますように!

帰りはもちろん飛行機だったわけなのだけど、
今年になってできたという Fair Inc(フェアリンク)という、
まだ仙台-関空間しか就航していない(しかも機体も一機だけ)会社の便だった。
カナダの会社がつくっているという50席しかない小さな機体だったけれど、
とてもいい空のたびだった(揺れたけど)。

途中で機長がその航空会社や会社の今後のこと、機体のことなどをいろいろ説明したりしたし、
お客さんも少ないわけだから、その分客室乗務員さんたちのサービスもこまやかで、
身近に感じれるものだったし。

大手航空会社が採算の悪化から地方路線をなくしていってる昨今、
こういう特定航路のみに小さな機体で効率いい運行をする会社は、
重宝してほしいし、がんばってほしいな。

2000/10/8
仙台へ。明日はいとこの結婚式なのだ。

午後に空き時間ができたので日本三景のひとつである松島へ。
が、明日マラソンがあるとかで混んでいるらしいので車はダメ。
JR仙石腺でいくことに。

が、なんも確認せずに乗ったのが災いし、
最初に乗った各駅停車が途中でおわってしまって、
そこから乗り換えたもののそれも松島海岸の2駅前でおわり。
きいてみたら次の列車は40分後、なにーっ!?
ってなことで、急遽タクシーを拾うが、案の定混み混み、あーあ。

会食の時間もあったので、大好きな遊覧船にも乗れず
(そう、日本各地の観光地の遊覧船、お城は欠かさず入ってる。好きなの!)、
島々を海岸からながめたのと、
近くの瑞厳寺(杉並木がとてもすばらしい!)に入ったのと、
名物「笹かま」をたべただけ。

悲しい~、またチャンスを見つけて行ってやる!

北の地方はどこでもだと思うけど、
列車の扉は自動ではなくて(自動だけど)、
ボタンを押して開閉するようになっている。
あまりにも珍しいので停車中(行き止まったとき)に
あけたりしめたりして遊んでしまいました。ごめんなさい > JR (笑)

2000/10/7
USHのリハ。実はようやく全員揃ってできる最初で最後のリハだったりする。
曲もだいぶこなれてきたし、つなぎもまぁOKか。あとは本番のノリやねぇ。
いつもより心配事が少ないので、気が楽。

結局 Keyb は B氏がだめになっちゃったので、
もともとのPくんに頼むことになったんだけど、
もうばっちし、文句なしというか Good Sound, Men! でゴキゲン。
本番もたのしそう!

免許更新にいきたかったが時間なし。

2000/10/6
もう69回を数えるという「御堂筋Jazzギャラリー」。
当初の予定とはだいぶかわって、
今日はなぜか僕のリーダーバンド Vs H比野リーダーバンドという図式のライブに。
H比野相手はやりにくいなぁ。。。。(本音)

午後から会場入りし、簡単なサウンドチェックとリハーサル。
会場は横長にセッティングされており、また響く壁なので、
なかなか音がきまりにくい。ピアノのN井さんは苦労していた。

リハがおわってから軽く食事~本番まちだったのだけど、
もうここでは書けないようなおもろいはなしが続出。
あー、人生勉強したわー。GのM山さんサイコーでごんす。

本番は今回のまとめ役となったT辺さんの非常な営業努力の賜物により、
満員+立ち見の状態。すごいすごい。

演奏は、、、、実は自分的にはダメ。内容もなぁ。うーん。
PA付きのライブというのに慣れていないというのは言い訳になってしまうのだけど。
ひどいとは思わないけど、思ったとおりできなかったのが悔しい。
またリトライしてやる!

Hくんはかっこよかったし、ええバンドだった。

終了後近くでかるく打ち上げ。
1時間ほどしかなかったが馬鹿話で盛り上がる。
おもろかった!

鳥取西で大きな地震。
阪神大震災を経験しているだけあって、震度6強ということは相当な揺れだったはず、と心配。
TVやラジオではぜんぜん状況がわからない。
とくに知り合いがいるというわけでもないが、とても心配。
そのときちょうど電車にのっていてとまったぐらいだったもんな。

2000/10/5
明日のライブための練習をしないといけないのだが・・・・調子が悪い。
実は明日演奏する曲で吹けない曲があったりするのだった (^^;

2000/10/4
微熱・・・・・・・・さがらない。
というかずっと何かしんどい。明後日までに調子もどせるか心配。

ドイツの壁崩壊から10年。もう10年、まだ10年?
世界情勢は開放へ開放へといく部分もある反面、
いまだに戦闘の絶えないところも幾多。
僕たち日本人には理解し難い部分がたくさんありそう。
嘆かわしいけれど、なんともできない。

2000/10/3
疲れからか微熱がずっとつづく・・・・・つらい。

JR西日本の車内アナウンスで、
携帯電話に関する要望が変わったのしってます?
以前までは”車内では周りの迷惑になるので携帯は使用しないでね”
程度のものだったのだが、10月にはいったころからは、
「心臓ペースメーカなどに影響を与える恐れがあるので、
電源を切ってください」というものに。

なぜこうなったかは知らないけれど、
僕はとても感心したし、支持したい。
社会的にもこういう影響が大きいということが認められてきて、
病院以外の場所でも少しずつこういう常識ができていっていい頃合いかもしれない。
狭いところでべちゃくちゃしゃべられたらうるさくてかなわないし(とくに関西)、
周りに迷惑かけたくないしね。
どんな人が横にいるのかはわからないし。

こんなこと考えたくもないけど、
いってしまえば社会的弱者であるペースメーカなどの利用者の方々が、
逆においやられるようなことにはなってほしくないな。

今後ますます携帯を含めたモバイルメディアが発達していくだろうけど、
このような小さなこと(本当は大きいことだけど)をちゃんと救っていくことが、
メーカー、利用者、社会の義務、美徳となるように願いたいな。

2000/10/2
United Soul Hornsのリハーサル。
今回も仕事の都合でこれないメンバーがいたので、
完全なリハーサルにはならないんだけれど、
新曲の確認、つなぎの確認などをした。

で、今日のメインは今回ライブを手伝ってもらう、
ダンサー達とのいろいろなあわせ。
いままでのUSHのステージだと、まぁ、
ぼくらメンバーでいろいろあの手この手?でやってきたわけだけど、
演奏はともかくとして、それ以外の部分、
歌うとか踊るとか、
ソウル系の音楽についてまわるこれらの部分は実現が難しかった。

でも最近バンドを中心にいろんなつながりができつつあるし、
協力してくれる人たちもいる(感謝 > ALL)ので、
いろんなことが現実にできるようになってきている。

こうやってダンサーを入れようというのもそこから。
やっぱ「餅は餅屋」だし、「ダンスはダンサー」< そんなんはない!

ライブではある部分で参加してもらうことになるのだけれど、
まだどういう形になるのかは見えていないけれど、
どういう作戦でいくか、などなど相談などしてるとわくわくする。
これでステージもより一層おもしろくなると思う。
乞うご期待!(多分USH関係者は誰も見ていないとおもうが・・・・(笑))

2000/10/1
といってるまに10月。

昨日サボった(?)おかげで、今日は過密スケジュール。
宿題になってた今夜のレコーディングの譜面書き(というか構想練り)を午前からやって、
夕方からは今週末のライブのリハーサル。
さらにそれが終わってから、サブロスラの本番。

今回は集団サルサということでサルサバンドが5つほどでていて、
いろいろ聞けておもしろかった。Tiqreのホーンはやっぱ上手い!

さらにその後にY倉氏のオフィスにあつまり、飯をくって
(これがやっすい韓国料理屋でとてもいい!
なんかほとんどなんでも600円)、
スタジオへ。夜中開始のレコーディング。
A面は歌、B面はインストなのだ。曲はザッパの「風は吹かなかった」

結局ほとんど全部のうわものをぼくがやってしまうことになったので、
まずはバックになるSaxセクションから。
簡単なリフやらフレーズを4本のSaxをつかってREC。
一部どうしてもクラがほしかったので、
急遽S水隊長にたのんで吹いてもらう(本職じゃないのに・・・・ごめん)。
でもねらったサウンドになって満足。

4時間ほどかかってぜんぶのバックをとりおえる。
さすがにほとんど一人で全部やるとなると休憩がないのでつらい、
が、どんどん時間は経つのでこのままメインのメロに突入。

ぼんやりとしたイメージはあるのだけれど、
へんないきかたしてしまうと演歌になってしまったりするので、
ええ感じのところをださねば。
試行錯誤とY倉さんの根気あるおだて(笑)でどんどんええ感じに。

最初は「クールな雰囲気に」といってたのに、
最後はえらくアナーキーなサウンドになってしまった。
でも面白いからOKOK!

結局帰ったらすっかり朝、うーん。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2000/10/01/%e6%97%a72000-10%e6%9c%88%e3%81%ae%e6%97%a5%e8%a8%98/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
(旧)2000.10月の日記 from Ending Of Beginning II

Home > Blog > (旧)2000.10月の日記

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。