Home > > 辻仁成 – 千年旅人

辻仁成 – 千年旅人

3編からなる中編集。

どの編も少し寂しい。せつない。そして狂ってる。とくに3編目である「記憶の羽根」は小説、文章というよりコトバの色彩という感じ。相変わらず読むのに作者が意図したものと同じスピードで読ませることを強要させられるかのような文体。

1編目「砂を走る船」は自らの手で映画化されているそう。

集英社 2002

辻仁成 - 千年旅人

辻仁成 – 千年旅人

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2006/02/20/%e8%be%bb%e4%bb%81%e6%88%90-%e5%8d%83%e5%b9%b4%e6%97%85%e4%ba%ba/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
辻仁成 – 千年旅人 from Ending Of Beginning II

Home > > 辻仁成 – 千年旅人

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。