Home > まんが > 小島剛夕・小池一雄 – 子連れ狼

小島剛夕・小池一雄 – 子連れ狼

子供のころにテレビで萬屋錦之介主演のシリーズを見て以来ファンである「子連れ狼」。子供心にあの殺陣とか、錦之介の台詞「我ら親子、冥府魔道の道を・・・」とかいうのがやたらと格好よく、今でも時代劇といえばあれやな、と思ってるぐらいのものだった。

その原作漫画。読んでみるとテレビシリーズが結構原作に近く作ってあるのがわかる。しかし錦之介ってうまかったなぁ(太ってしまったのはさておき(笑))。

原作も拝家と柳生家の確執を、詳しい時代背景のもとに描いているのでリアル感がある。本当の侍がいた時代、そんなんに憧れさえ覚える。

「胴太貫」とか「水鴎流」とかそんな言葉がでてきて、それだけでわくわく。でもWikipediaによると、漫画中の数々の技は創作だそう。ちっ。

小学館

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2006/06/29/%e5%b0%8f%e5%b3%b6%e5%89%9b%e5%a4%95%e3%83%bb%e5%b0%8f%e6%b1%a0%e4%b8%80%e9%9b%84-%e5%ad%90%e9%80%a3%e3%82%8c%e7%8b%bc/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
小島剛夕・小池一雄 – 子連れ狼 from Ending Of Beginning II

Home > まんが > 小島剛夕・小池一雄 – 子連れ狼

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。