Home > > 宮部みゆき – かまいたち

宮部みゆき – かまいたち

宮部さんが時代物書いてたってしらなかった。それで驚いて手にした一冊。デビュー当時に書かれたものをまとめた短編集。

時代小説にしては あまりいわゆる時代物のように読みにくさとか複雑な時代背景をしらないと理解しにくいような物語ではなく、すごく読みやすいなという第一印象。解説におい て笹川氏が書いているように、宮部さんは現代ものと時代物との書き方の区別をいい意味でしていないよう。たまたま素材が時代的だったから時代物だというよ うなトーン。なるほどねぇ。

いわゆる謎解きものではなくて、コロンボのように(ふるい?)犯人やら結果が読者にわかっている上で、人間の 物語を描いていくのが宮部さんらしい。あまりおどろおどろしくもなく、えぐくもなく、かといってあっさりもしてないので読み進むごとに楽しい。よくできて るなぁ。デビュー当時からこれか、すごいなぁ。

かまいたち

かまいたち

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2008/12/13/%e5%ae%ae%e9%83%a8%e3%81%bf%e3%82%86%e3%81%8d-%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%a1/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
宮部みゆき – かまいたち from Ending Of Beginning II

Home > > 宮部みゆき – かまいたち

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。