Home > > 宮部みゆき – ステップファザー・ステップ

宮部みゆき – ステップファザー・ステップ

ひょんなことで忍び込もうとした家のとなりの家の住人(双子の兄弟)につかまってしまい、しかもなぜか「お父さん」と呼ばれ、奇妙な関係がスタートする、職業泥棒と双子のおはなし。

ちょっとしたミステリーやマジックぽい話のネタやストーリー展開もいいけれど、このまったくの他人同士の間に時間とともに生じてくる一種家族のような気持ちや意識の通じ合いがどんどん濃くなっていく様子の描き方が見事というか。話自体はわりと軽いのでさっさかさーと読めるのだが、そんな擬似親子の気持ちの通じ合い、そして実際の社会とのギャップでの悩み、それによる不信、などなどまるで恋人の話のよう。おもしろい。

講談社文庫 1996

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2009/07/09/%e5%ae%ae%e9%83%a8%e3%81%bf%e3%82%86%e3%81%8d-%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%97/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
宮部みゆき – ステップファザー・ステップ from Ending Of Beginning II

Home > > 宮部みゆき – ステップファザー・ステップ

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。