Home > > 誉田哲也 – ストロベリーナイト

誉田哲也 – ストロベリーナイト

少女時代のトラウマから警察官になり若くして警部補にまでなった姫川玲子。ちょっとした死体遺棄事件がその陰に潜む「ストロベリーナイト」と呼ばれる謎をひっぱりだす。

まるで自分が警察内部の人間であるかのように錯覚させる視点で描かれていて、またその警察の捜査のやりかた、内状なんかも非常に詳しく、でてくる警察官たちのキャラも生き生きしていて、少し厚みあるけれど一気に読んでしまえるスピード感あふれる作品で、おもしろい。

ストーリーも複雑だしミステリーの部分もなかなか手が混んでていい。核心にせまるまでの右往左往が面白い。ネット関係の捜査のあたりがもうちょい面白く描けているといいなーと思ったり。でも描きにくいものではあると思うけれど。ラストはもっとえぐくなるかとおもったけれど、そんなにではなかった。でもなるほどーな展開。読めたかもしれないけれど。

シリーズらしいので他も読んでみたいなー。

光文社文庫 2008

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2010/07/21/%e8%aa%89%e7%94%b0%e5%93%b2%e4%b9%9f-%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%88/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
誉田哲也 – ストロベリーナイト from Ending Of Beginning II

Home > > 誉田哲也 – ストロベリーナイト

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。