Home > > 阿刀田高 – コーヒー・ブレイク11夜

阿刀田高 – コーヒー・ブレイク11夜

初めて読む阿刀田さん。というか男性作家の本を読むのは久しぶり。11の短編を、コーヒーを飲みながらすごす11の夜にたとえて、という洒落たタイトル。

どれもすこしリアルさがあって、ごく身近な誰かのお話のよう。ちょっぴりヒヤリとするかんじ。どのお話も至極リアルで実生活的な星進一ショートショートのような読後感(ちょっとしたどんでん返し)があって、面白いのだが、それが実にリアルなので、ドキッとしたり。

あーあとやるせなくなってしまう「あなたに捧げるブルース」、ロマンチックな「骨の樹」、皮肉な結末「不完全な男」あたりが面白かった。

やっぱり男性が書く文章ってすこし角があるというか、現実的というか、理路整然としているところがあって気持ちいいけれど、もっとアンニュイなんがすきなのよねぇ。

文集文庫 1984

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2010/11/17/%e9%98%bf%e5%88%80%e7%94%b0%e9%ab%98-%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%ef%bd%a5%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%af11%e5%a4%9c/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
阿刀田高 – コーヒー・ブレイク11夜 from Ending Of Beginning II

Home > > 阿刀田高 – コーヒー・ブレイク11夜

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。