Home > Archives > 2012-06

2012-06

2012.7月のスケジュール

■■ ?リーダーライブなど ■■

7/5(Thu) 武井努4
神戸 元町 JUST IN TIME 078-333-1858
19:30~ 3,500
[メ]武井努(Sax)、木畑晴哉(Pf)、萬恭隆(B)、小前賢吾(Ds)

7/7(Sat) 武井努4
大阪 谷町五丁目 グラバー邸 06-6768-5963
20:00~ 2,500
[メ]武井努(Sax)、木畑晴哉(Pf)、萬恭隆(B)、小前賢吾(Ds)

7/13(Fri) 河村~武井
明石 POCHI 078-911-3100
19:30~ 2,500
[メ]河村英樹(Sax)、武井努(Sax)、木畑晴哉(Pf)、三原脩(B)、橋本現輝(Ds)

7/15(Sun) 河村~武井
大阪 芦原橋 studio & cafe MAKE 06-6562-3294
19:30~ 3,000(1drk付)
[メ]河村英樹(Sax)、武井努(Sax)、木畑晴哉(Pf)、時安吉宏(B)、小前賢吾(Ds)

■■ ?その他のライブ ■■

7/1(Sun) The Big Wind Jazz Orch.
大阪 梅田 ROYAL HORSE 06-6312-8958
Open18:00 1st 19:00~、2nd 20:30~
2,500円(1ドリンク、1フード別途)
[メ]飯田憲司(As)、落合智子(As)、武井努(Ts)、後藤重樹(Ts)、松並真嗣(Bs)、 横田健徳(Tp)、菊池寿人(Tp)、黒岩洋輔(Tp)、福中 明(Tp)、 堀田茂樹(Tb)、太田健介(Tb)、大島一郎(Tb)、坂本裕樹(Tb)、 志水 愛(Pf)、宮 詠子(Pf)、片岡耕一(B)、箕作元総(Gt)、森山和弘(Dr)、Momoko(Vo)

7/4(Wed) たけタケ
神戸 三宮 Big Apple 078-251-7049
19:30~ 前2,300/当2,500
[メ]清水武志(Pf)、武井努(Sax)

7/10(Tue) チャーリーニーシオ
■Elvis Swing Night
大阪 京橋 Beronica 06-6939-9292
19:00~ 前2,500/当3,000
[メ]チャーリーニーシオ(Vo)、村上剛(Pf)、多田義則(B)、三夜陽一郎(Ds)、武井努(Sax)

7/12(Thu) Words Of Forest
神戸 三宮 Big Apple 078-251-7049
19:30~ 前2,000/当2,300
[メ]森本太郎(Ds)、清野拓巳(Gt)、三原脩(B)、武井努(Sax)
ゲスト:島田篤(Pf)

7/16(Mon) 松田一志
西宮北口 えるえる 0798-65-0571
19:00~ 前2,500/当3,000 1drink付
[メ]松田一志(Vo)、城野淳(Gt)、武井努(Sax)

7/18(Wed) MITCH
大阪 梅田 ニューサントリー5 06-6312-8912
Live Time 19:50~20:30/21:00~21:40/22:10~22:50 1,800
[メ]MITCH(Tp,Vo)、永田充康(Ds)、武井努(Sax)、時安吉弘(B)、杉山悟史(Pf)

7/21(Sat) Satoko(Vo)
大阪 天満 じゃず家 06-6377-1130
20:00~ 2,500
[メ]Satoko(Vo)、清水武志(p)、武井努(Sax)

7/22(Sun) 松田一志
■泉南ライブシリーズ vol.1
泉佐野 音楽倉庫 072-457-7398
Open 18:00 Start 19:00 前2,500 / 当3,000 (1drk付)
[メ] 松田一志(Vo)、城野淳(G)、土本浩司(B)、武井努(Sax)、小林隆司(Ds)、Myah(Vo)
[問] 06-6344-3430

7/23(Mon) 武井~箕作DUO
寝屋川 萱島 OTO屋 080-6126-1529
20:00~ 2,500
[メ]武井努(Sax)、箕作元総(Gt)
※恒例の持ち寄りパーティーです。持ち寄るもよし、セッションするもよし、楽しみましょう!

7/24(Tue) 永田充康5
大阪 梅田 ニューサントリー5 06-6312-8912
Live Time 19:50~20:30/21:00~21:40/22:10~22:50 1,800
[メ]永田充康(Ds,Vo)、武井努(Sax)、TAKU(Gt)、 生島大輔(pf)、宮上啓仁(B)

7/25(Wed) 武井~野江Duo
東大阪 八戸ノ里 BAR 蓄音機 06-4307-0080
20:00~ 1,500
[メ]野江直樹(Gt)、武井努(Sax)

7/26(Thu) たけタケともみ
大阪 谷町五丁目 グラバー邸 06-6768-5963
20:00~ 2,000
[メ]清水武志(p)、武井努(Sax)、東ともみ(B)

7/28(Sat) Joe-Guy’s Band
■うえろくブルースカーニバル Vol.3
大阪 上本町 はいはいタウン
詳細後日

7/29(Sun) FRIDGE vs Joe-Guy’s BAND
京都 Live Spot RAG 075-241-0446
19:00~ 前2,500/ 当3,000
[出]FRIDGE:酒井ちふみ(Vo)、静沢真紀(G)、有福珍(B)、堀尾哲二(Ds) / Joe-Guy’s Band:Massie(vo) 、林達郎(gt)、佐野隆士(ds)、清水亮(b)、岩崎明(key)、Kay(Rap & Mc)、西野欣哉(per)、武井努(sax)、堂地誠人(sax)、横尾昌二郎(tp) ゲスト 山岸竜之介(gt)

7/30(Mon) Joe-Guy’s Band feat. 山岸竜之介(Gt)
神戸 三宮 Chicken George 078-332-0146
Open 18:30 Start 19:30 前2,500 / 当3,000 (飲食代1,000別途要)
[出] Joe-Guy’s BAND : Massie(vo) 、林達郎(gt)、佐野隆士(ds)、清水亮(b)、岩崎明(key)、Kay(Rap & Mc)、西野欣哉(per)、武井努(sax)、堂地誠人(sax)、横尾昌二郎(tp) ゲスト 山岸竜之介(gt)
FRIDGE : 堀尾哲二(ds)、酒井ちふみ(vo)、静沢真紀(gt)、有福珍(b)

リーダー2Days

flyer

来月頭に久々にリーダーでライブをやります。すごく信頼がおけて楽しいメンバーと。毎回リーダーでは僕の曲ばっかりやったりしますが、メンバーの曲とかも入れたり、できたら新曲ももっていけたらなーと思っています。

7/5(thu) 神戸 元町 JUST IN TIME 078-333-1858
19:30~ 3,500

7/7(sat) 大阪 谷町五丁目 グラバー邸 06-6768-5963
20:00~ 2,500

[メ]武井努(Sax)、木畑晴哉(Pf)、萬恭隆(B)、小前賢吾(Ds)

きっと楽しいライブになると思います。お時間あるかた、ぜひいらっしゃってくださいね!よろしくお願いします。

キミとボク

千秋楽の舞台挨拶

千秋楽の舞台挨拶(吉本Webより)

もう先週になってしまいましたが、吉本百年物語5月公演が千秋楽を迎えました。連日本当にたくさんのお客さんに入っていただいて、すごくうれしかったです。ぼくを含めバンドの皆さんも最初は様子もわからず大変緊張していましたが、途中から同じ舞台に立つ役者さんたちや芸人さんたち、ダンサーのみなさん、そしてスタッフのみなさんとも仲良くなって、とても楽しみながら舞台に立つことができました。

バンドのみなさん

バンドのみなさん

初日から数日間はほんと大変でした。とくにバンドはいわゆるライブのように普通に演奏するだけの場所というのはまずなく、芝居と緊密に絡んでの演奏ばかりだったので、部分部分は覚えていても、毎日少しずつ変わる芝居に合わせるのは難しかったです。もっと稽古の時間があって芝居自体を憶えてしまえば(普通は役者さんのセリフ全部憶えるぐらいやったほうがいいですよね)大丈夫なんですが、時間の限られたなかでの稽古やリハーサルでいきなり本番を迎えたもんだから、段取りだけで憶えていると、いつタイミングがやってくるのか分からないので毎日くたくたになってました。演奏自体はそう難しくないのにねぇ。

でも同じバンドマンという役で出演されていた西村和彦さんがえらく仲良くしてくれたり、憧れの六角さんや板尾さんにはたくさん呑ませてもらったし、中川家、やすとも、ギャロップ、南さん、立川さん、菰池さん(毎日芝居素敵だった)、ダンサーの皆さん、そして内場さんらとも毎日顔をあわせているうちに、挨拶してちょっと話したり、少しずつ仲良くなったりしていくと、やはりそれが舞台に活きてくるのがわかり、どんどん楽しくなっていきました。本当に没頭できると、ぼくらバンドでさえ普通に芝居に溶け込んでいっていると実感できました。

出待ち中

出待ち中。TVでもおなじみのあの場所です。

ぼくのような演奏者は毎日違うことばっかりやってるので、こうやってひとつのところでずっと同じ事をやるというのは稀な機会です。しかも箱バンやオケピのバンドとは違い、ステージの上で芝居の一部として出演するというのはなかなかないチャンスで、難しい反面すごくたくさんの経験ができました。普段も人前に立っているけれど、また違う角度から”見られ方”みたいなものを教えてもらったような気がします。改めて芝居好きだなーと思いましたし。

—–

ぼくはこのところステージに上るときになるべくそのまんま普段と変わらない感じで立ちたいと思い、それをなんとなく心がけてきたのですが、こういう舞台では逆に、ちゃんと自然に立ち振る舞っているように見せる、というのがいかに難しく大切なことなんだなと感じました。あまり自分のキャラクターを自分で演じるようなことにはなりたくないのですが、幾分そういうところもやはり必要なんだなと思います。でもそれさえも創るのではなく自然にそこへ持っていけるようになれたらなーと思います。

—–

最初リハーサルや稽古が始まったときは「ほんまにこの舞台うまいこといって、無事終わるんやろか?」とまで思うほど厳しく長い道のりに見えましたが、始まってみると、すぐに中日がきて、あっという間に千秋楽でした。20回の公演というのが多いのか少ないのかは分かりませんが、「始まれば終わる」というのをそのまま実感したような一月でした。この吉本百年物語、来年3月まで続きますが、チャンスあったらもう一度出たいなぁ。なんてったって関西人の憧れの舞台、NGKですからね。

ほんとみなさん、ありがとうございました。

おまけ

NGK玄関脇にある出演者案内

NGK玄関脇にある出演者案内

4場前の幕裏にて

4場前の幕裏にて

 

Joe-Guy's Band with 竜之介

昨夜はアメリカ村のBig Catにて西日本最強女子ブルース部との対バンでした。Big Catすごく久しぶりでしたが、Joe-Guy’s Bandもちょっと久しぶりで楽しかったです。しかもステージでの演奏ではなくて客席に輪になってのステージング(西日本最強女子ブルース部の音頭にあわせてだったのでした)で、これまた面白かったです。

こんな感じでした

こんな感じでした

何より昨夜はゲストに天才少年ギタリストとして名を馳せる山岸竜之介くんがきてくれました。彼とはたしか「なにわジャングル」のレコーディング以来だったので、5?6年ぶり?!たしかに聞いてみたらあのとき5歳だったので、いやー、月日が経つのははやいもんです。彼ももうたくましいギタリストになっていて(うまいのは当たり前だけど)びっくりしました。

竜之介くんと

竜之介くんと

そしてJoe-Guy’s Bandは来月にちょっとしたツアーみたいなことがあるのですが、そこに竜之介くんも参加してくれることになりました。バンドもええ感じですが、彼がはいってより一層ヒートアップしそうです。刺激的!楽しみですわー。

【ミニツアー予定】

7/28 大阪 上本町6丁目 はいはいタウン ”うえろくブルースカーニバル”
7/29 京都 三条木屋町 RAG
7/30 神戸 三宮 Chiken George

札幌後記

8~10日の3日間ほど札幌にいってました。2年ぶりでした。思っていたよりもだいぶ涼しくてびっくりしました(だってもう関西は30℃いく勢いなのに、札幌の夜は15℃とかですからねぇ)。

今回はボーカルのSatokoが組んだquartet musicaというユニットの最初のライブのためでもあったのですが、一日だけというのは面白くないので、先日大阪でSatokoに紹介してもらったベースの瀬尾くんと一緒になにかやろうということで、ライブをやることにもなったのです。

大地!

大地!

すこしうす曇のなか北の大地、そして整然とならんだ田畑が見えたとき、やっぱりごみごみした都会とはちがうし、たくさんのひとの開拓の努力の結晶なんだなーと思いました。そして深い森やたくさんの木々、済んで濃い空気に触れると、太古の波動を感じるようでした。素晴らしい土地ですね、北海道は。

瀬尾君とのセッションは札幌すすきのにあるJERICHOというお店で。はじめましての工藤拓人くん(ピアノ)と館山健二氏(ドラム)でのカルテット。ぼくの曲や瀬尾君の曲、そしてSatokoにもゲストではいってもらって演奏しました。何に勢いを得たのかやたらと長い演奏をしちゃいました(反省)でもめっちゃ楽しかったんですよねぇ。工藤くんも館山さんも素晴らしいです。実は札幌4度目だけれど、あんまり地元の人とやってないんですよねぇ。

JERICHO

JERICHO

Satoko、瀬尾君、工藤君

Satoko、瀬尾君、工藤君

次の日のお昼は暇だったので、だらだら街を散策。ちょうど開催していた北大の学祭をひやかしにいき(博物館がよかった。いろんな研究面白い)、昨日ちょっと話にでていた大倉山のジャンプ台を見に行こうと思ったのですが、行きかた分からず(ちゃんと調べればいいんですが・・・(^^ゞ)とりあえず路面電車の駅にあった”ロープウェイ前”までいったら、そこは藻岩山でした。でもいいやー、ということでロープウェイとケーブルカーにのって山頂まで。風がきつくちょっとうす曇でしたが、とてもいい眺めでした。日本海までみえるのね。

北大なかほどにある池で一息

北大なかほどにある池で一息

ロープウェイでゆらゆら

ロープウェイでゆらゆら

いい気分になってちょっと山を歩いて降りたり。そしてメンバーと集合して、Tやんに薦められたお寿司屋さんトリトンへ。やっぱり回転すしでもうまいうまい!普通のものなんか頼まずに地のものばかり食べました。ほたて、かに、なまこ、たこ、えてこetcetc.(笑)やっぱり海産物美味しいですねぇ。

その後まだちょっと時間あったので、瀬尾君が連れて行ってくれたのは坂ビスケットというお菓子のお店。でも目的はビスケットじゃなく”レトロスペース”というとこなのですが、どんなとこかはここでは書けない(まぁ懐かしいものがたくさん置いてあるのですが、それだけではない、という。館長さん不在だったので、また会いにいきたいです)ようなロマンあふれるスペースでした。

そして夜はいよいよ quartet musica。事前に何もしていないので、ざざーっとリハーサル。Satokoのアイデアとかは結構難しく、なかなかイメージどおりに固まりにくかったのですが、なんとかライブはできるところまで。実際の演奏では結構難局を迎えたりしましたが、ここから拡がっていく可能性をとても感じました。また南山さんの素晴らしいこと!こんな人が札幌にいるんですねぇ(しかも熱烈な阪神ファン)。4人での演奏はもっとやれば魔法のようなことができるんじゃないか、と思いました。

ぼく、南山さん、瀬尾君、Satoko

ぼく、南山さん、瀬尾君、Satoko@K’s Bar

そして終わってからはぼくがだだをこねまくった(?)のでジンギスカン。初めてきた名店「だるま」。いやー、やっぱり美味しいなぁ。前に札幌きたときも思ったけれど、羊食べられるなら牛いらんかも。ほんと美味しいです。その後もだらだら呑んで、夜は更けていくのでした。というか、3時半ぐらいに明るくなってきてびっくりしましたけど(^^ゞ

だるま

だるまのジンギスカン!

最終日は午前の飛行機だったので、全然どこにもいけずでしたが、また車窓から見える街並みや森や空を眺めながら、近いうちにまた来たいなぁとすごく思いました。ほんといいところ、いい人たちに出会えてよかったです。ビバ北海道!

 

Home > Archives > 2012-06

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。