Home > Archives > 2013

2013

2013 ありがとうございました。

20131231

あと7時間ほどでこの2013年も終わりを迎え、新しい2014年がやってこようとしています。

思い起こせば今年もたくさん演奏できましたし、おかげでいろいろな場所にも行くことができました。そして新しい人との出会いもあって充実した一年だったと思います。もう少しCDなどの作品づくりをやりたかったですが、それはまた来年以降への楽しみにしたいと思います。

今年の自分なりのトピックは、やはりCorner PocketのDVDの制作〜完成、そして仔猫(とはもう言えないぐらい大きくなっちゃいましたが)Pちゃんがやってきたことです。演奏はコンスタントにつづけるものが多かったように思います。今年はちゃんとしたリーダーライブを一本もやらなかったが残念ですが、そういう年があってもいいのでは、といまとなっては思います。曲も一曲も書けなかったですし。

いろいろ迷うことや悩むことも多いですが、それでも何かが停滞していたわけでも、大きく躍進したわけでもなく、でも自分なりに自分のペースで、自分のことを少しは表現できて、ちょっとは前進できたかなーとは思えるので、それは良かったということなのでしょうね。

来年も変わらず、でも少しは変わって、いろいろ頑張りたいと思います。やってみたいこともたくさんありますし。

こんなことをのんびり言えるのも、今年お会いした、お会いしなくても応援してくれる、なにか関わりもつ方々のおかげです。みなさん、本当にありがとうございました!!

来る年がみなさんにとってまた充実した素晴らしい一年となりますよう。

2013.12.31 武井努

伊坂幸太郎 – SOSの猿

他人の心情が映像となって見える男、二郎。そしてとにかく物事の原因を調べ上げる男、五十嵐。彼等の前に幻想なのかそうでないのか出現しては謎のヒントを残す孫悟空。絵の修行にイタリアにいったのに悪魔払いのまねごとをするようになった二郎がひきこもりの男を助けたり、ちょっとした入力ミスで会社に三百億という負債を負わせた男のミスの原因を調べ上げる五十嵐。やがてこの2つの話が交錯していく。そしてその間には孫悟空。。。。

なんかこうやって書くとトンデモ話みたいだけれど(いや実際へんてこりんな話というか、ちょっとトリップ感あるよねぇ)謎が謎を呼ぶということでもないのだけれど、いろんなキャラがテンポよく現れてちょっとずつ物語が紐解かれたり、意外な部分がちょっとずつリンクしていったりするあたりがとてもおもしろく(伊坂さんらしい)一気読みしてしまった。ちなみにこの物語はもともと2008から2009にかけて読売新聞に連載されたものだそう。さらにこの物語は五十嵐大介の『SARU』という漫画と対になっているそう(なので入手したw、はやいとこ読もう)。物語の中だけではなくこうやって別作品と関連性をつくっていったりする試みすごいなぁ。

このところ伊坂さんの作品てわりと明確(でもないか)にテーマを提示している感じがする。この本の場合は”本当に悪いのは誰?”というのが一番出てくるテーマか。あと「モダンタイムス」あたりから”本当のことは隠れていてわからない”てのもずっと引っ張っているような気がするな。どんどんわかりやすく読者に現代社会が抱える問題を提示しているような気がするんだけれどどうだろう。

この本のおかげで西遊記を読みたくなってしまった。実際どんなお話か知らないし、孫悟空が山から出たあとの話しか知らないし、その前がどんなかも知りたいもんなー。

中公文庫 2012

Amazonで詳細を見る
楽天ブックスで詳細を見る

田中啓文 – 禍記


「落下する緑」などの音楽ものとか、笑酔亭梅寿謎解噺のシリーズとか「蹴りたい田中」や「銀河帝国の弘法も筆の誤り」のような作品には触れてきたけれど、いままで田中さんの気色悪い系は避けていた。だって気色悪そうだから。昔からスプラッタ系の映画とかも不得意なので、もう文章読むだけでおえっとなったらどうしようとか思ってこのあたりの作品は読んでいなかったのだけれど、魔がさしたのかふと手にした本。

「禍記(マガツフミ)」といわれる謎の古史古伝には闇に葬られた世界の話が記されているという。その書物に興味をもったオカルト雑誌の編集者である主人公がふとしたことからその世界に足を踏み入れてしまい。。。。という背景で描かれている伝奇もの。5つの短編(エピソード)からなるのだけれど、どれもいつもの軽快な(?)ギャグは足を潜めて、おどろおどろしい世界が展開される。でも想像していた「読んだだけでウエッとなる感じ」は大丈夫だった。それでも描かれている様子(赤子大の蝶の中身とか、ひゃくめさま、とか)はするっと読んでしまわないと、じっくり想像なんかした日には気持ち悪くてウエッとなってしまうので、なるべく考えないようにして読まないと、やっぱり気色悪かった。

どちらかというとそういった映像的気色悪さよりもこの本は心理的じわじわ気色悪さのほうが濃いような気がする。夜中に読んでいて、ふとまわりのしずけさにじっとりとした重みを感じるような、あの感じ。何もないのに何かいるような感じ。純日本的妖怪的気持ち悪さ、それが見事に描かれてるなーと思う。面白くて一気読みしてしまった。

しかし田中さんの物語はいろいろ蘊蓄がわんさかで楽しい。よくここにこんなことひっぱってきたなーとか感心しまくってしまう。あまりにも細かいというか深いので、どこからどこまでが本当でどっから先が作り物なのか区別できない。調べてもいいのだけれど、そのまま鵜呑みにしたほうが面白いのでなんでも「へー」と思って読んでいくのだけれど、いやしかしよく集めたなーと思う。

個人的には「妄執の獣」が好き。気色悪かったのは「天使蝶」。

次何読んだらいいだろう。「ミズチ」は読んだけど、ずっと前に。

角川ホラー文庫 2008

[猫日和]2013.12.25 Pちゃん

おねえ化のためアンテナ仕様P。これでちょっとおとなしくなる、かな?

おねえ化のためアンテナ仕様P。これでちょっとおとなしくなる、かな?

有川浩 – ラブコメ今昔


有川さん、相変わらず甘アマですごくこっ恥ずかしくて楽しい。「クジラの彼」につづくような自衛隊が舞台のラブコメの小作品集。でも最後の話がまた最初にくるっと戻ってくるちょっとした芸が憎かったり。

いわゆる自衛隊3部作でもその「クジラの彼」でもおもったけれど、有川さんの自衛隊(とかメカとか)に関する知識というか観察眼が徹底しててまずそこがすごくいいなぁと思う。そしてそのメカメカしたところに甘アマの恋愛話をするっとくっつけられるあたりにこの人の物語をつくる高い才能を感じてしまう。でも甘アマといっても全面的にべたべたしてるわけでなくて、うまいポイントでするっと出してくるのがまたいい。すごく濃厚なジャムがちょろっと使ってあるあんぱんのような(違うかw)。

でもこのシリーズの面白さというのはそういう部分だけではなくて、解説で誉田哲也氏が書いているように、描かれている自衛隊員さんたちの姿勢がぶれていないこと、だと思う。物語はおもしろおかしく描かれているけれど、彼等が常に心に誓っていることは「国を守る」ということであって、それをぶれさせることなくきちんと描いていることなんだと思う。ただたまたま面白い素材が自衛隊にあった、ということではなくて、こういう話を書くことによって、普段政治に左右され世論にさらされる自衛隊という組織、無論そこには生身の人間がいるわけなんだけれど、彼等がどういう立場におかれようと「国を守るのだ」という姿勢を第一に常に考えていて、彼等がいるからこそ市井のぼくたちは国の外で起こる物事に対して安心していられる(自分がその立場にはならなくてよい)のだ、ということをぼくらに語りかけているんじゃないかと。

この辺のことは文庫本には「文庫本あとがき」として有川さんの心情が書かれている。「(前略)総理大臣が出す命令ならどんな命令でも従わなくてはならないということで、近年は非常に歯がゆい命令が多すぎました。しかし、どんな理不尽な命令でも、彼らは命を懸けるんです。」、(自衛隊だけでなく警察や消防なども含め)「それを「仕事ですから」と誇ることさえせずに命を懸けるすべての人々が、正しく報われる世の中であってほしいと思います。」

全くそのとおりだと。いままで有川さんのこのシリーズを読んでいてもそんなこと意識できなかったけれど、これはとても大切なこと。ちゃんと意識しないといけない。とおもうと、自衛隊三部作もクジラの彼も、この本も、そして図書館戦争シリーズも有川さんは同じような立場で繰り返し同じことを言っているんじゃないかなと。

2012 角川文庫

Home > Archives > 2013

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。