Home > > 浅田次郎 – プリズンホテル【2】秋

浅田次郎 – プリズンホテル【2】秋

2作目。任侠団体専用の宿として別名「プリズンホテル」と呼ばれる奥湯元あじさいホテル。ちょっとした偶然から今回投宿することになったのは、警視庁の慰安旅行団体だった。同宿するのは桜会の大曽根一家、往年のスター真野みすず、アイドル崩れの歌手とそのヒモのようなマネージャー、そして実は指名手配されている男。もちろんホテルオーナー仲蔵の甥である作家・木戸孝之介もなぜか秘書兼愛人清子の娘・美加を伴ってやってきた。さぁ、ヤクザとマル暴が同居する一夜、どういう騒ぎが起るのか?

分かりやすいといえば分かりやすいネタかもしれないけれど、今回もとてもいい感じ。普段は公僕とその敵対組織。宴会が隣同士だったことからホテルサイドはすごく警戒するが、その警戒を吹っ飛ばすかのような騒ぎ。でもどちらも実は社会の隅においやられた男たち。ちょっとした諍いから始まるが、最後はなぜか傷をなめ合う仲間になったり。ほんとどじくさい男達が可愛くなってくるから不思議。

でも一番かわいいのは美加ちゃんかな、けなげだわ。

集英社文庫 2001

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2014/03/27/%e6%b5%85%e7%94%b0%e6%ac%a1%e9%83%8e-%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%ba%e3%83%b3%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e3%80%902%e3%80%91%e7%a7%8b/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
浅田次郎 – プリズンホテル【2】秋 from Ending Of Beginning II

Home > > 浅田次郎 – プリズンホテル【2】秋

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。