Home > > 牧野修 – リアード武侠傳奇・伝(グイン・サーガ外伝24)

牧野修 – リアード武侠傳奇・伝(グイン・サーガ外伝24)

今度は牧野さんによる外伝。グインの外伝シリーズではいろんな人が主人公になるけれど、今回は本当にひさしぶりにノスフェラスが舞台で、セム族が主人公。

本編などの物語の後半ではもうリンダに付き添っていったセムの少女スニぐらいしかた出てこなくなってしまったので、彼らがこうやってたくさんでてくるのは久しぶり。ほんと30年ぐらい昔にグインやイシュト、そしてリンダとレムスがさまよった広大な砂漠の物語が思い出される。あのとき大口とかイドとか魑魅魍魎溢れるこの不毛の大地はとても不気味で怖かった。そしてそこで最初は人間の敵として現れるセムやラゴン。半獣半人のようなl彼らは不気味に映るが、彼らは間違いなくノスフェラスの民であり、彼らの文化・歴史を持っている。ああ、グインがラゴンを伴って現れたときの話、しびれたなあ。

その独自の文化をもつ彼らがグイン去りし後、それを武勇伝として、神の物語として語り継ぐセムの旅の一座のお話。彼らはリアード(つまりグイン)が見せた数々の冒険や戦いを語りと芝居をもって表現し、砂漠のあちこちの村を回っている。ある村で出会ったキタイの物売りがもたらした情報から彼らの禁忌が侵されようとしていることが分かる。勇気をもって立ち上がる彼ら旅の一座。しかしそれは大きな罠だった。

ほんとずーっと楽しみにして読んでいたこのシリーズだけれど、栗本さん亡くなっていったん終わってすごく悲しかったけれど、こうやって天狼プロダクションの作品として蘇ってくれるのとてもうれしい。そして、このセムの話のように昔すごく興奮して読んだ大いなる物語の記憶を呼び覚ましてくれるのがさらに嬉しい。なんか懐かしくていろんな気持ちが戻ってくるよう。

最初は栗本さんのではないグインシリーズに、当たり前だけれど、テイストも違うその感じにちょっと不満じゃないけれど、歯がゆい気持ちだったけれど、こうやって何冊か読んでいるうちに、また新しい世界がひろがって行くよう。もっと続けていろいろ新しい知らない世界を見せてほしい。

ハヤカワ文庫 2012

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2015/01/29/%e7%89%a7%e9%87%8e%e4%bf%ae-%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%89%e6%ad%a6%e4%be%a0%e5%82%b3%e5%a5%87%e3%83%bb%e4%bc%9d%ef%bc%88%e3%82%b0%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%ac/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
牧野修 – リアード武侠傳奇・伝(グイン・サーガ外伝24) from Ending Of Beginning II

Home > > 牧野修 – リアード武侠傳奇・伝(グイン・サーガ外伝24)

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。