Home > > 宮部みゆき – パーフェクト・ブルー

宮部みゆき – パーフェクト・ブルー


宮部さんの本を読むのも久しぶり。最近のは長編が多いので読むのに時間がかかってしまう(当たり前か)のでちょっと避け気味になっていたのだけれど、たまには読みたいなーと思って手に取った本。何も考えずに手に取ったが、実は彼女の長編デビュー作だった。設定がおもしろくて元警察犬のマサが主人公。物語は彼の視点から描かれるのだけれど、途中から犬が主人公であることを忘れてしまうぐらい、スムーズに進む(例えば犬だから人との意思疎通が難しく、その説明があったりして話が横道にそれる、というようなことがない)ので楽しく読めた。

マサは出会いあって蓮見探偵事務所の用心棒として飼われている。そこに持ち込まれた少年・進也を連れ戻してくれという依頼に事務所の調査員・加代子と向かうのだが、彼を無事連れ帰る途中で不可解な事件に出くわす。それがすべての始まりだった。彼の兄で高校野球界のスーパースター・克也が焼き殺された。野球部内の確執か、それとも高校野球界の闇か、それとも。。。

謎がウエハースのように何層にもなってて、表面的に解決しても(物語上でも焼死事件はたやすく解決する)その裏にまた違う顔を潜めている、という構成がうまくできている。どんでん返しみたいなことにはならないんだけれど、それでも最後まで事件の全体像が見えず、それでも最後まで飽きずに読めるのもさすがという感じ。最後ちょっと説明おおくなっちゃうけどね。でも宮部さん初長編という感じはまったくせずに、すごくこなれた感じで素晴らしいとおもう。

人間の闇的を描くことはあまりなく、もうすこし軽い感じというか、徹底的な悪がなくてちょっとほっとした。そういうドロドロしたところがでてくるとこんな長さでは書けないだろうしなぁ。少年たちが主人公なので、爽やかな感じがするようにしたのかもね。

創元推理文庫 1992

Amazonで詳細を見る
楽天ブックスで詳細を見る

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2015/05/07/%e5%ae%ae%e9%83%a8%e3%81%bf%e3%82%86%e3%81%8d-%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
宮部みゆき – パーフェクト・ブルー from Ending Of Beginning II

Home > > 宮部みゆき – パーフェクト・ブルー

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。