Home > > 宮部みゆき – あかんべえ

宮部みゆき – あかんべえ

akanbe1 akanbe2

宮部さんの江戸もの。深川に出店した料理屋「ふね屋」。長年の念願であった出店だったが、最初の宴でいきなり抜き身の刀が出現して暴れまわるという怪異現象がおこって宴はめちゃめちゃに。いきなり出鼻をくじかれ、客もさっぱりになったふね屋に今度は霊払いの宴の話までもちあがって、、、、お化けのでる料理屋として有名になってしまった。

一方この料理屋の娘おりんはある日高熱をだして生死をさまよい、不思議な夢をみる。それはまるで三途の川のようだった。そこで不思議な男に出会う。その夢を見て以来、おりんはこの料理屋で起こる怪異の原因は亡者だと知るようになる。あかんべえをする少女、美しい侍、艶やかな姉さん、あんまをして病人を治癒するおじいさん、そして例の騒動のもとになったおどろ髪の侍。

すこしずつ彼らと打ち解け、なぜ彼らがここにいるのか、どうしたいのか?そういうことを知るようになっていき、やがて昔の大きな事件へと繋がっていく。

彼らは何者なのか?成仏できるのか?おりんは、料理屋ふなやはどうなるのか?

ミステリーとしても、時代を感じる小説としてもよくできてるなーとひたすら感心。目の覚めるような話の展開をしたり、大きな感動を呼ぶわけでもないけれど、しみじみとした味を感じる。怖いけど怖くなくて、優しい気持ちになれる作品。よかった。

新潮文庫 2007

楽天ブックスで詳細を見る(上巻)(下巻)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2018/10/01/%e5%ae%ae%e9%83%a8%e3%81%bf%e3%82%86%e3%81%8d-%e3%81%82%e3%81%8b%e3%82%93%e3%81%b9%e3%81%88/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
宮部みゆき – あかんべえ from Ending Of Beginning II

Home > > 宮部みゆき – あかんべえ

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。