Home > Archives > 2019

2019

いしいしんじ – プラネタリウムのふたご

puranetarium

いしいさんの本は、いつもどこかへ連れて行ってくれる。今いる世界とどこかで繋がっているような気もするけど、もしかしたら時間も空間も別な場所なのかもしれない。でもなぜか知ってるような世界。

山に囲まれた小さな村、そこは田舎で人々が和気藹々と暮らしている。そこには大きな製紙工場があってたくさんの人がそこで働いている。製紙工場からでる煙や、昔からの土地の成り立ちのせいで一年中もやがかかったような空。そこにプラネタリウムがある。泣き男とよばれる男が毎日その素敵な語り口でその町では見ることのできない夜空を投影している。ある日、そこに綺麗な銀髪をした幼いふたごが捨てられていて、泣き男は彼らを受け入れて育てていくことにする。テンペルとタットルと名付けられた2人はすくすく賢く育ち、彼らの側にはいつも泣き男の夜空の、星座の神話のおはなしがあった。

ある時町に手品師のテントがやってきてふたごは魅了される。そしてひょんなことからテンペルはその一座についていってしまうことになり、やがてテンペルは手品師(しかもすこぶる腕のいい)に、そしてタットルはプラネタリウムの星の語り部となる。二人の行く末は、村の未来は?

いしいさんは村のはずれにすむ不思議なおばあさんの口を借りて言う「だまされる才覚がひとにないと、この世はかっさかさの世界になってしまう」。手品はその高い技術でもって現実にはありえないことを目の前で起こせてみせる、そしてプラネタリウムは実際の夜空ではないのに、それ以上に美しく星々を投影してみせる。夢のあること。でも両方ともたねや仕掛けがあって、目にはそう見えたとしても、本当は上手につくりあげたうそ。でもそれを信じて騙されないと楽しめない。悪い人に騙されるのは違うけど、そうやって気持ちよくちゃんと騙されることによって世界はとても滑らかに繋がっていく。

とかくなんでも四角四面に、細かなことも明らかに、ルール、とりきめ、そういうものでしか回せないような世の中はもうギスギスしてきている。そうじゃない、いい嘘とそれとわかって気持ちよく騙されることによって滑らかになることはたくさんある。そんなことを教えてくれる物語。実際そうあって欲しい。いやだ、いまの世の中のかっさかさ加減。

もっと感想あるんだけど、物語のこまかいことより、この言葉が嬉しかった、沁みる物語。いしいさんありがとう。

講談社文庫 2006

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

FUNKY SAX NIGHTありがとうございました!

fsn1212


先日12/12のFUNKY SAX NIGHTにいらして下さった皆さま、ありがとうございました!

いつもにも増してグルービーでファンキーで、そしてメロウ、演奏してる側が一番楽しんでいたんじゃないかと思うほど楽しませてもらいました!梅ちゃんのタイトなタイコ、TAKUのカッティング、あだっちゃんの合いの手、そしてドクターグルーヴ興さんの太いボトムに囲まれて、ひたすら幸せな時間の連続でした。ありがとうございます!

次回は春頃の予定です。またぜひこの組み合わせでもやれたらな、と思います。
改めてみなさんTHANXです!

島田荘司 – 御手洗潔のダンス

mitarai-dance

初めて読む島田さん。この本はたしか伊坂さんが面白いシリーズでって書いてたので手に取ってみた。御手洗シリーズの何冊か目なので、設定がいきなりわかんないところもなくはないけれど、1話完結みたいな感じなので違和感なく読めた。

天才の名探偵御手洗が、世の中に起こる摩訶不思議な事件を彼の奇想の中でひもとく。空を飛べると言い放つ画家の謎の死、そこにいないはずの人間による犯罪、ふらふらと謎の踊りを踊ってしまう奇病の原因とは、などなど、どれも状況からはまともな事件には見えないが、それを御手洗がみごとに解決する。

全然違うところから、いろんな要素や状況が集まってパズルのようにぴたっとはまって全体がわかる、っていうパターンでは伊坂さん好きそうだなーっておもう。そして物語の書き方も、御手洗の事件の様子とその解決をその助手のようなことをしている石岡が記事として書く、というスタイル。視点が石岡なので彼も読者と同じく、謎がわからない状態で話にはいっていくので物語に入りやすい。

物語上でもこの謎めいた人物・御手洗はとても女性に人気あるという設定になってるんだけど、確かにこの謎多い人物は魅力的。文章だから容姿はわかんないけれど、面白い人物なんだろうなーと想像。シリーズの他の作品も読んでみよう。

講談社文庫 1993

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

詩子と製麺隊

seimentai1205

昨夜はほんと久々の「詩子と製麺隊」でした。いっときはまあまあのペースでやってたのに、あまりの人気のなさ(でも料理は毎回美味しかった)にやめにしていたのですが、Big Apple 30周年ということもあって復活したのでした。なので、僕も久しぶりにうどん打ちしました。

このところさすがにうどんへの執着も減ってきたので打ったりすることが減ってたのですが(まあまれにやったりするけど、自分のためじゃなくて、なんかの集まりでーとか)、久しぶりにやるとやっぱり楽しいです。なんか小麦粉こねているときは土遊びしているみたいで。

いつもたまに香川を通るときに栗熊の前場うどんさんで小麦粉を小分けしてもらうのですが(店主と少し話せたりすると、小麦粉事情とか教えてくれたりも)、今年建て替えのために閉店中なので、いまもってる粉がなくなったらどうしようーという感じです。まあうどん打つのには中力粉があったらいいけれど、やっぱり日讃製粉とかの讃岐向けの粉が美味しいんですよねえ。ビールも(たぶんパンも)だけれど、小麦粉の香りが大事だとおもうのです。

余談だけれど、うどんの出汁や薬味、あれってやっぱり麺によって性格違う方がいいと思うのですよね。小麦の香りの強いものは、カツオや昆布の出汁では負けるので、やっぱりいりこや鯖、アゴとかのほうが合うと思います。で、そういう出汁や麺には七味じゃなくてやっぱり生姜だとおもいます。で、ぼくはそういうのが好きです。あ、あと、えーって言われるけど、こういう麺にはすし酢が合います。

で、昨日は一番好きかもーと思っている通称緑あひるを使ったのですが、これいつもだいぶ固めにできてしまうので、昨日は作業を楽にしようと少しだけ塩水の加水を多くしたのですが、そのおかげで伸ばしたり打ったりするのはとても楽だったけれど、肝心の小麦の香りがだいぶ薄かったです。なんでだろう?加水してたときはいい小麦の香りしてたのだけれどなあ。。。

早くに準備しすぎてダレたのか、湯がいてるときのお湯が多すぎたか(そんなのはないですよねえ)、ちょっと腑に落ちてないので、また様子見てうどん打ってみよう、とか思ってます。年末は年越しうどんかなw

ま、それはさておき、演奏はたっぷり楽しく(のりひでさんのアレンジはやっぱりいい)、うどんと中華麺(鶏の麺だった)、きんぴらにロースト肉(?)も美味しかったし、好評いただけてよかったです。何より今まででいちばんたくさんお客さんきてくれて嬉しかったです。

またやるかなー、やらないかなーw まあ大変だけど楽しい会でした。みなさんありがとうございました!

おまけ

seimentai1205-1 seimentai1205-2

seimentai1205-3 seimentai1205-4

 

中井知恵美ジャパンツアー後半

chiemitour2

もう先月のこととなってしまいましたが、NY在住のラテンピアニスト中井知恵美さんのツアーが無事終了しました。今回は計5箇所で、前半の倉敷-米子のあと知恵美さんは名古屋、東京と現地のメンバーでやったあとに、ラストは大阪でした。ここに僕も再び合流しました。

大阪ではドラムに岡本健太くんに入ってもらって、前半ドラムだったチーチョにはスペシャルゲストでパーカッションではいってもらうという豪華編成。やっぱりコンガが入るとだいぶはっきりラテン色が出るので、前半とは全然ちがったイメージで演奏できて面白かったです。グルーブの質が変わるのもだけれど、やっぱり皮モノの音って心というか体を揺さぶって来る感じしますねえ。

満員に近いお客さんに盛り上げてもらって演奏もかなり盛り上がりました。ドラムとパーカッションの掛け合いはほんと面白いし、さすが両者って感じでしたねえ。しかしまあ知恵美さんのMCの脱線ぶりには脱帽です。演奏とMCのギャップっていう意味では清水さんと一緒かそれ以上かもw

なんせ楽しいツアーでした。最近ラテンのものからは遠ざかっていますが、こうやってやってみるとやっぱりいいなーと思えるので、またこのセット(できたらドラム、パーカッションの)でやりたいです。

知恵美さん、山田さん、チーチョ、健太、お疲れ様でした。いらしてくださった皆さん、本当にありがとうございましたー!

2019.12月のスケジュール

<table style="border-style: none;" width="100%">
<tbody>
<tr>
<td>&lt; <a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/2019-11/">2019.11</a></td>
<td id="" dir="" lang="" scope="" align="right" valign=""><a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/2020-1/">2020.1</a> &gt;</td>
</tr>
</tbody>
</table>
<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/201912.jpg"><img class="aligncenter wp-image-9995" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/201912.jpg" alt="201912" width="570" height="763" /></a>

※先の予定は随時変更されることがあります。
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/1(Sun) 石崎道男4
丹波篠山 ボナンザ 079-552-7282
19:00-
[メ] 石崎道男(Pf)、北村裕史(B)、村田博志(Ds)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/2(Mon) 山本真央(org)武井Duo
西宮 <a href="http://www.three-codes.com/" target="_blank">Three Codes</a> 0798-55-5184
19:30- \2,000
[メ] 山本真央(Org)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/3(Tue) MITCH's Lil Brats Brass Band
■ ブルームーンカルテット クリスマス コンサート 2019
神戸 三宮 <a href="http://www.chicken-george.co.jp" target="_blank">Chicken George</a> 078-332-0146
OPEN 17:30 / START 18:30 前売\4,000 / 当\4,500
[出] Taco&amp;Jet /とんちピクルス /矢野絢子 / MITCH's Lil Brats BRASS BAND / ブルームーンカルテット
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/4(Wed) MITCH's Lil Brats Brass Band
大阪 梅田 <a href="http://www.newsuntory5.jp/" target="_blank">ニューサントリー5</a> 06-6312-8912
19:30- \1,800
[メ] MITCH(tp) Atsushi(tp) 武井努(sax) 鈴木健司(sax) 鈴木康司(tb)、西本翔一(sousa) 木村おーじ(s.d) 永田充康(b.d)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/5(Thu) 詩子とせいめんたい
■ Big Apple 30周年記念月間 番外編
神戸 <a href="http://bigapple.guy.jp" target="_blank">Big Apple</a> 078-251-7049
19:30- 前売\2,300 / 当\2,500
[メ] 中島教秀(B)、武井努(Sax)、山内詩子(Vo)
※復活!せいめんたい。噂のまかない麺料理付きライブが再び!中華vsうどん!

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20191205.jpg"><img class="alignleft size-medium wp-image-9981" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20191205-212×300.jpg" alt="20191205" width="212" height="300" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/6(Fri) Tommy(Tb)
京都 出町柳 <a href="https://jazzmurra.exblog.jp/" target="_blank">Jazz cafe むーら</a> 075-703-0120
19:00- 予約\3,000 /当日\3,500
[メ] Tommy(Tb)、武井努(Sax)、中島徹(Pf)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/8(Sun) 中島・岩佐・武井
豊中 <a href="http://www42.tok2.com/home/gastou/" target="_blank">我巣灯</a> 06-6848-3608
19:30- \2,500
[メ] 中島教秀(B)、岩佐康彦(Pf)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/9(Mon) たけタケ
大阪 本町 <a href="http://www.tomon-osaka.com/" target="_blank">燈門</a> 06-4708-8844
19:30-
[メ] 清水武志(Pf)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/10(Tue) 烏谷澄香
松山 <a href="http://jazz-gretsch.com/" target="_blank">Jazz in Grestch</a> 089-941-6054
19:30− \2,000 (学生\1,500)
[メ] 武井努(T.sax)、渡邊美砂(A.sax)、岩崎悠太(b)、山崎義徳(ds)、烏谷澄香(pf)
※ライブ後セッションあり!

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20191210.jpg"><img class="alignleft size-medium wp-image-9979" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20191210-211×300.jpg" alt="20191210" width="211" height="300" /></a>

<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/12(Thu) Funky Sax Night SPECTIAL! w/ 清水興
大阪 梅田 <a href="http://azul-umeda.com/" target="_blank">Azul Terrace</a> 06-6373-0220
19:30- 予約\3,000 / 当日\3,500 (TC\500)
[メ] 武井努(Sax)、TAKU(Gt)、足立知謙(Key)、梅本浩亘(Ds) special guest 清水興(B)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20191212funkysaxnight.jpg"><img class="alignleft size-medium wp-image-9980" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20191212funkysaxnight-300×168.jpg" alt="20191212funkysaxnight" width="300" height="168" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/14(Sat) Oceans Jam vol.21
京都 祇園 <a href="https://bondsrosary.com" target="_blank">Bonds Rosary</a> 075-285-2859
19:30- \4,500
[メ] 東原力哉(Ds)、ゲバラ(As)、武井努(Ts)、生田さち子(Pf)、佐藤洋(El-B)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/16(Mon) たけうまDUO
寝屋川 萱島 <a href="https://tabelog.com/osaka/A2707/A270702/27065263/" target="_blank">アナンカフェ</a> 072-823-5852
20:00- \2,000
[メ] 武井努(Sax)、馬田さとし(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/17(Tue) 武井・関谷友加里DUO
大阪 本町 <a href="http://www.tomon-osaka.com/" target="_blank">燈門</a> 06-4708-8844
13:30- \1,800 + 別途1ドリンク代(\600~)
[メ] 武井努(Sax)、関谷友加里(Pf)
※シリーズ化中、平日お昼のライブです。ぜひ!
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/17(Tue) 中島教秀・武井DUO
兵庫 尼崎 <a href="http://jammer-jazz.com/" target="_blank">JAMMER</a> 06-7177-7501
20:00- カンパ制
[メ] 中島教秀(B)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/18(Wed) MITCH(Tp, Vo) ALL STARS
大阪 梅田 <a href="http://www.newsuntory5.jp/" target="_blank">ニューサントリー5</a> 06-6312-8912
19:30- \1,800
[メ] MITCH(Tp,Vo)、武井努(Sax)、永田充康(Ds)、杉山悟史(Pf)、光岡尚紀(B)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/20(Fri) 武井3
大阪 梅田 神山町 <a href="http://www5.hp-ez.com/hp/shochu-bar-jun/page1" target="_blank">焼酎Bar純</a> 06-6585-0565
[メ] 武井努(Sax)、東ともみ(B)、広瀬正人Bar純マスター(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/22(Sun) 森朋子(Vo)
■ 昼下がりのジャズライブ
大阪 梅田 <a href="http://www.newsuntory5.jp/" target="_blank">ニューサントリー5</a> 06-6312-8912
14:00-16:00 \2,000 (1ドリンク、おつまみ付)
[メ] 森朋子(Vo)、杉山悟史(Pf)、米澤毅風(B)、ラリーランサム(Ds)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/22(Sun) 青緯(Vo)
■ Bar Third Stone 20th Anniversary Presents Live Part1
大阪 天満橋 <a href="http://www.rawtracks.jp/home.html" target="_blank">RAW TRACKS</a> 06-6358-0005
open 18:00 / start 18:30 \3,900(drink代要別途)
[出演] Heartful★Funks / NEIGHBORS COMPLAIN / 青緯 / 城領明子
[Dance Showcase] FUNKY MOVE
[DJ] Genyah Man

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20191222.jpg"><img class="alignnone size-medium wp-image-9998" src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20191222-214×300.jpg" alt="20191222" width="214" height="300" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/23(Mon) 竹田理恵(Org)
高槻 JK Cafe 072-671-1231
19:00- チップ制
[メ] 竹田理恵(Org)、竹田昌也(Gt)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/124(Tue) 黒木あさみ
■ White Christmas With Asami
大阪 梅田 <a href="http://azul-umeda.com/" target="_blank">Azul Terrace</a> 06-6373-0220
19:30- 予約\3,000 / 当日\3,300 (+\500 チャーム)
[メ] 黒木あさみ(Vo)、加納新吾(Pf)、芝田奨(B)、伊波大輔(D)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/26(Thu) E.D.F.
大阪 堂山 <a href="http://www.jazzontop.com/shop/act3.htm" target="_blank">Jazz On Top Act III</a> 06-6311-0147
19:30- 予約\3,500 / 当日\4,000
[メ] 清水武志(Pf)、武井努(Sax)、田中洋一(Tp)、西川サトシ(B)、光田じん(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/28(Sat) E.D.F.
大阪 芦原橋 <a href="http://www5f.biglobe.ne.jp/~make/" target="_blank">studio &amp; cafe Make</a> 06-6562-3294
19:30- \3,500 (1drink付)
[メ] 清水武志(Pf)、武井努(Sax)、田中洋一(Tp)、西川サトシ(B)、光田じん(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/29(Sun) YY’s Especial
大阪 靱公園 <a href="http://www.chovechuva.com/" target="_blank">CHOVE CHUVA</a> 06-6225-3003
15:00- \2,500
[メ] 山田良夫(B)、おーたかずお(Pf)、村上孝則(Perc)、武井努(Sax) guest 古賀マリ(Vo)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />
12/31(Tue) We are SOUL FEVER!
■ 大晦日年越三本締ライブ 第一部
京都 三条木屋町 <a href="https://www.ragnet.co.jp/livespot/" target="_blank">Live Spot RAG</a> 075-241-0446
19:30- 前\4,300 / 当\4,800
[メ]東原力哉(Ds)、松田一志(Vo)、小林充(Sax)、武井努(Sax)、羽田北斗(B)、Kenmichank(G)、横尾昌二郎(Tp)、江崎愛(Cho) ほか
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line2.jpg" alt="line" />

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

JOKER

joker

先日観に行って来た。これも予告編で面白そうだなあと思ったのと、周りからもバッドマン知らなくても楽しめるという話を聞いたから。実際バッドマンは全然しらない。少し前にこの映画の公開に合わせてテレビでバッドマンのどれかの映画を放送してて、それを観て興味を持ったのもある。基本的にアメリカのアメコミのヒーローものってあんまり興味ないんだけれど。

思ってたよりも静かな映画でよかった。バッドマンは映像は暗い目(夜が多いから?)だけれど派手な映像っていう感じがするけれど、このJOKERはもっと哲学的というか、人間ドラマで好感がもてた。でも結構残酷なシーンもありで、上映中に「うわっ」とか声出ちゃったり^^; バッドマンでは単にヒールとして描かれるJOKERがどうやって誕生したかというのを上手に表現していたとおもう。

それにしてもJOKER役のホアキン・フェニックスの演技のすばらしさよ!かなり難しい(変な?)性格の人物像だったけれど、いやー、本当にそんな人なんだって思い込んでしまうほど。表情だけじゃなくて、体つきも何もかもがJOKERそのもの(って漫画も読んでないから何もしらないけれど、そういう印象だった)という風に見えた。

単に面白かった、というより、何か心に波紋が起こって、それが静かにずっと揺れ続けているような感覚。悪とか正義とかそういうところじゃない、もしかしたら誰もが持っている心の闇の部分を開け広げられた感じかな。誰にだってJOKERがいう言葉のどこかにひっかかるところがあるんじゃないかな。同じだって。

余談だけど、デニーロはいつまでたってもかっこいいねえw

Yesterday

8a453a200b913685

先日映画「Yesterday」を観に行ってきた。以前何か別の映画を観に行ったときに、上映予告をみて、これは面白そうだーと。

ある出来事があって世界中からビートルズの存在に間することが消え去り(存在しなかったことになった)、ある売れないミュージシャンだけが彼らのこと、彼らの曲を覚えていて、その名曲の数々を自分のものとして世に発表していくのかどうか?と悩む、というお話。この発想自体とてもおもしろいし、映画の中でもちょっとした表現やジョークにビートルズの歌詞の引用したところ怪訝な顔をされる、というシーンもあって、普段そんなに意識していることじゃないけどビートルズって今の世の中に浸透しているよなあと。

ビートルズが演奏した音はかからないけれど、主人公がカバーした演奏がいくつもあって、(本人がやってるのかどうかわからないけど)彼の歌声がとてもよくて気持ちよかった。彼だけが覚えているという設定なので、さすがに歌詞はわからないけど、曲がちょっと違っていたり、(たぶん)わざと間違っていたり(うろ覚えだからだろうねえ)するのも面白い。ビートルズ好きには暖かくみちゃうところじゃないかな。

ネタバレになるけれど、最後のほうにジョンレノン(役の人ね)がでてきて、つまりビートルズがないものだから彼は音楽やってなくて漁師でという設定で、主人公が彼に会いに行くのだけれど、そこで交わされる会話がとても素敵だった。ミュージシャンじゃなくてもレノンはレノンで、ということか。二人が腰掛ける船の名前も! きっと英語で聞いたらいろんなこまかなビートルズネタが仕込まれてるだろし、画面にもきっといろいろ出て来てるはず(全然気づかなかったけど)。そういうのを探すのも楽しいかも。実際ビートルズに関わる場所もたくさんでてくるし。

なんせビートルズ愛に溢れていて、素敵な映画だった。やっぱり好きだなビートルズ。

中井知恵美ジャパンツアー前半

chemitour1

NYで活躍中のラテン系ピアニスト中井知恵美さんのツアーが幕明けて、その倉敷と米子の公演を無事終えました。全5公演のうち僕は倉敷、米子、そして大阪で僕は参加予定です。

知恵美さんとはもう随分古くて、学生時代かそのすぐ後ぐらいに出会って、セッションしたりライブしたりしたはずなのですが、もうお互いちゃんと覚えてません^^;。Big Appleで彼女が歌も歌うライブをやったのは覚えてるのですが、それ以外はとんと。同時期に学生だったことはないのですが、間に親しい人がいっぱいいる(そしてミュージシャンになった人も)ので、いろいろ顔を合わせていたんだとは思います。

一緒にやるのは数年前のYokoさんのサルサバンドツアー以来だったかと思いますが、今回のメンバーがベースは山田さん、ドラムはチーチョということもあって、同窓会(ではないけど)のような雰囲気で、移動する車の中では喋るわ喋るわの大騒ぎで楽しい時間でした。もちろん演奏も2日続けて密になっていく感じで。いい意味で砕けてるけど力強くラテンというような、知恵美さんのキャラが存分に発揮されるツアーになっていてとても楽しいです。

倉敷ペニーレインではママの歓待を受けてとても美味しく楽しい時間を過ごさせてもらいましたし、すぐ近所の美観地区をちょろっと散歩できました。また米子では地元ということもあって知恵美さんのたくさん同級生が公演を手伝って下さってとても有り難かったです。しかしすごいパワーで驚きました!またホールがものすごくいいホール(私設だと思う)で、ピアノが深くていい音だし、ホールはいい響きだし(ラテン系には少し鳴りすぎかとも心配したけれど、全然大丈夫だった)、楽屋も何もかもが素敵すぎて、、、いやー、リラックスしました。米子の海岸も綺麗でしたし。たしか”大山漬け”とおっしゃった漬物がやたらと美味しかったです。あれどこに売ってるんだろう。

このあと知恵美さんは名古屋、東京と回りますが、そこでは現地のメンバーで。大阪にまた月末に戻って来てツアーの総仕上げです。

■ New Album “Ascendant” Japan Tour 2019
11/29(Fri)大阪 梅田 Royal Horse 06-6312-8958
19:00- S=\3,500 A=\3,000 barcounter=\1,500
[メ] 中井知恵美(Pf) from NY、武井努(Sax)、山田良夫(B)、岡本健太(Ds)

ここにはチーチョも来てくれるという噂も。アルバムの曲も素敵ですし、全力で楽しみたいと思います。

倉敷、米子でいらして下さったたくさんのみなさん、お手伝い下さったみなさん、お店やホールのみなさん、本当にありがとうございました。また倉敷も米子も訪れたいです!

chiemitour2

(photo by おおいさん)

小川洋子 – 人質の朗読会

タイトルがまず不思議。小川さんって感じ。日本から遥か遠く離れた場所で旅行者を襲撃する事件があり、日本人8人が拉致された。最初は事件にこそなったものの勾留は長く続き世間からは忘れられて行った。しかしある日その国の特殊部隊が彼らを解放しようと突入したのだが、犯人グループが爆破したため人質は全員死亡という悲しい結末になってしまう。

そこから年月が経った時、その突入作戦のために盗聴をしていた兵士から、その録音テープが遺族にもたらされる。ある記者がそれを聞きつけ、遺族たちと話し合って、それが公開されることとなった。その内容は勾留を嘆いたりするものではなく、彼らがその時間を苦しくないものにするため、一人一人それまでの人生で記憶にのこる出来事をまとめ記して朗読するというものだった。

全体の話の作りはおいておいて、9つの話(人質となった8人と、盗聴していた兵士1人)が出てくるのだけれど、どれもが、いわゆるすごく普通の人生を送っている人の、なんでもない出来事だけれど、ふとした時に思い出すような、少し特別な出来事、というものが語られる。それらはその人にとっては少し特別であっても、普通は埋もれてしまうようなもの。でも小川さんがいうように、誰にもひとつふたつは人が耳を傾けたくなるような出来事があるもの。それくらいのお話が淡々と語られる。

ぼくは「B談話室」と「やまびこビスケット」の話がとても好き。夜とか日陰のような目立たない場所で、ほんの少しの人の間だけで起こったり共有されるような出来事。ほとんどはそういうことの積み重ねで人生なんてできていると思う。それらは大きくドラマチックで派手ではない普通の物事なのだけど、そうした小さな物事の中にもさざ波はあって、それらによって人生の、時間の、濃淡が出来上がっていくんだと思う。そういうほんと小さいことを丁寧に描写する小川さんの文章は本当に素敵。9つの話はどれも、誰かが実際に体験してそれを語ってくれたことのように、しっとりした感触、生きている感じがする。でもすこしどのお話もズレた感じがする。でも誰の人生にもそういう瞬間や時期があるなあ、とも思える。

手のひらでそっと包んで大事に心に受け止めたくなるこの物語、なぜか寂しくでも嬉しくなって、繰り返し読んでしまう。いい本。ありがとう。

中公文庫 2014

楽天ブックスで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

Home > Archives > 2019

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。