Home > > 川崎草志 – 長い腕

川崎草志 – 長い腕

ちょっと、結構怖いミステリーだったな。初めて読む川崎さん。セガにいたひとらしい。なので、話の半分ぐらいにでてくるゲームソフト会社の描写(このへんはコンピュータソフトの会社と類似してるのだろう)が、感覚的によくわかるので、おもしろかった(といってもそういうトコに勤めていたわけではない)

舞台が半分愛媛だったり、そういうコンピュータやネットとかいう世界があったり、ごたごたしたあたりが好き。ミステリな部分もちょっとどろっとしてて僕にはちょうどぐらい。これ以上怖かったら読めん。

リアルな話として捉えると、結構世の中怖いことがすぐそこにあるのだと実感。ま、実際そうなのだろうけれど。盗聴のあたりとか、ほんまにそうだもんな。

角川書店 2004

川崎草志 - 長い腕

川崎草志 – 長い腕

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2006/06/29/%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e8%8d%89%e5%bf%97-%e9%95%b7%e3%81%84%e8%85%95/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
川崎草志 – 長い腕 from Ending Of Beginning II

Home > > 川崎草志 – 長い腕

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。