Home > > 田口ランディ – ドリームタイム

田口ランディ – ドリームタイム

わりとオカルトチックな短編集。13のいろんなお話が描かれているが、どうもほかの本のことを思い出してみると、ランディ氏本人の体験に基づいた物事から ひろいおこしてみたお話の(つまり体験談+脚色)のよーな気もするけれど、こんな体験ばっかりしてたら、まいってしまいそう。怖くはなく、どちらかという とあったかな、ありがたい気持ちになる物語ばかり。

「シェルター」の中で描かれる遊びはやってみると楽しい(辛らつかも)。「生け贄」の中で描かれる中国の不思議な村にいってみたい。「繭のシールド」着物、なるほど、なるほど。

このひとの本を読んでいると、その向こうに存在する、まだ知らない世界に気づかされ、すごく興味が湧く。エネルギーをもらえる本だ。

文藝春秋 2007

ドリームタイム

ドリームタイム – Amazon

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2007/12/12/%e7%94%b0%e5%8f%a3%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3-%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
田口ランディ – ドリームタイム from Ending Of Beginning II

Home > > 田口ランディ – ドリームタイム

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。