Home > 映画・DVD > ブレイブ ワン

ブレイブ ワン

恋人と散歩中に突然なんのいわれもなく恋人を殺害され、自分自身も重傷を負い、トラウマにおびえ、心に復讐を誓う女性の話。

日本でも最近「誰でもいいから殺したかった」という無差別殺人事件が頻繁におこるようになってきてしまったが、勝手なイメージだとたぶんアメリカとかの方がもっとひどいんだろうな。殺したいと思って殺す病的な殺人から、ゲームのような殺人まで。この映画では後者か。

し かし救いようのない展開が続くので結構ダメージをくらう。自分の中の別の自分が「制裁者」として動き、社会的悪を裁く、なんて字で書いたらかっこいいけれ ど、実際はめちゃくちゃなこと。しかし自分がその立場にたってしまったらどう考えるか、ってのは想像できない。だから少しはわかる気がするけれど、やっぱ りできないと思うな。いまの司法でもこの辺りの裁きはとても難しいだろうな。だから裁判員制度、どうなるのやら。正直あたりたくない。

最後はやっぱりアメリカ映画のええ話ぽい終わり方で、ちょっと全体とアンバランスやないんかなぁ?

ブレイブ ワン

ブレイブ ワン – Amazon

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2008/07/21/%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%96-%e3%83%af%e3%83%b3/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ブレイブ ワン from Ending Of Beginning II

Home > 映画・DVD > ブレイブ ワン

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。