Home > > 栗本薫 – 黒衣の女王(グイン・サーガ 126)

栗本薫 – 黒衣の女王(グイン・サーガ 126)

前巻の最終章で突然出てきたイシュトバーン。いきなりパロにいきたいと言い出す。そう、それまで怪我しておとなしくしてたんだった、そうだそうだ。

その彼が突然パロに現れ、クリスタルが騒ぎとなる。
もちろんタイトルの黒衣の女王といえばリンダ。話の展開は読めてしまうけれど、通らなきゃならないターにニグポイントか。でもリンダがほだされてしまって・・・・ていう展開になってしまったら?なんて考えても面白い。

イシュトとパロ。なかなか因縁だなぁ。

ハヤカワ文庫 2009

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2009/06/10/%e6%a0%97%e6%9c%ac%e8%96%ab-%e9%bb%92%e8%a1%a3%e3%81%ae%e5%a5%b3%e7%8e%8b%e3%82%b0%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%ac-126/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
栗本薫 – 黒衣の女王(グイン・サーガ 126) from Ending Of Beginning II

Home > > 栗本薫 – 黒衣の女王(グイン・サーガ 126)

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。