Home > > 村上春樹 – アフターダーク

村上春樹 – アフターダーク

なんだか、カット割りされた映像をみているような描き方の物語だった。ある一晩の、姉妹と、トロンボーン吹きと、従業員さんと、ホテトルと・・・あまり普通はかかわり合わないような人たちが、ささいなことでつながって、ある一つの事件に関わったり、それとは関わらず眠り続ける姉、などなど、散発的なシーンがコラージュのようにでてきては、消え、焦点を絞るのが難しいように見えてしまう物語。読みやすいのだけれど、全体の物語のゴールがわかりにくくて、一度読んでもわかんない。でも不思議にそれが嫌な読後感になったりしない、不思議なタッチの文章だとおもう。

感想書くのもやはり難しい。もいっかい読まないとわからない。
でもおもしろくないかといわれたら、そうではない。
なんか新鮮。

講談社文庫 2006

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2009/10/04/%e6%9d%91%e4%b8%8a%e6%98%a5%e6%a8%b9-%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%af/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
村上春樹 – アフターダーク from Ending Of Beginning II

Home > > 村上春樹 – アフターダーク

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。