Home > > 栗本薫 – 運命の子(グインサーガ129)

栗本薫 – 運命の子(グインサーガ129)

129巻。ヤガに乗り込んだヨナとスカールだったが、「新しきミロク」によって追い詰められる。無事ヤガから脱したかに思えたが、追っ手は執拗でヨナも再び捕まってしまう。一体この新興勢力は何者なのか?そしてフロリー親子の運命は?

物語は急展開していく。まるで著者の余命が少なくなっているのをわかっているかのように。ここにきて外伝一巻「七人の魔道師」との絡みが急にわいてきたり、なんのかんのと物語を少しでも収束する方向に導こうとしている意図が感じられるのにもさえ、栗本氏の焦りが感じられるなーと思うのは、考えすぎ?

なんせ、あと1巻しかない・・・・

ハヤカワ文庫 2009

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2010/01/04/%e6%a0%97%e6%9c%ac%e8%96%ab-%e9%81%8b%e5%91%bd%e3%81%ae%e5%ad%90%e3%82%b0%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%ac129/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
栗本薫 – 運命の子(グインサーガ129) from Ending Of Beginning II

Home > > 栗本薫 – 運命の子(グインサーガ129)

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。